プルームテックプラス 味。 【必見】プルームテック・プラスに最強カスタマイズ・アイテムが登場!これを使えば「吸いごたえ」+「味わい」がダブルアップです。

プルームテックプラスのたばこカプセルの味は?|フレーバー全11種レビュー|いまいちど.ログ

プルームテックプラス 味

メビウス・ゴールド・イエローミント(レモン)• メビウス・ゴールド・レッドミント(アップル) 吸い応えがあると定評の「ゴールドリーフシリーズ」からの発売となります。 前回ご紹介したマスカット味「」を含め、全11種類のフレーバーラインナップになります。 最近はフレーバー数勝負ということもあってか、新フレーバーの発売スパンが短くなっている気がしますね! プルームテックプラスのたばこカプセルについては、別記事の「」にてまとめていますので、併せてご覧ください。 引用元:JT公式ニュースリリースより ゴールド・イエローミント(レモン味)を実際に吸った感想 まずは、ゴールド・イエローミント(レモン味)を実際に吸った感想です。 公式の案内にもあるように、完熟したフルーツの風味が味わえると共に、ゴールドリーフの深みのある濃厚な味わいを感じます。 ゴールド・レッドミントは、既に販売されている通常版のレッドミントを、さらに濃厚な味わいにアップグレードしたイメージです。 これもゴールドリーフを使用しているからこそだと思うのですが、とにかく吸い応えがあります。 おそらくゴールドリーフ版を吸ってしまったら、通常版は吸えないかもしれません。 一般的に20歳以上であれば、それぞれの販売店で購入することが可能ですが、CLUB JTオンラインショップで購入する場合には、事前に会員登録が必要です。 新型コロナウィルスの影響により、休業している可能性がありますので、新フレーバーの購入は先行販売もしているCLUB JTオンラインショップでの購入がおすすめです。 レギュラー系、メンソール系、そしてフルーティー系のフレーバーと多数発売されていますので、自分好みのフレーバーがきっと見つかるはずです。

次の

今度はレモンとアップル!「プルーム・テック・プラス」の新味は“吸いすぎ注意”な吸いやすさ

プルームテックプラス 味

こんばんは、戯言草々です。 品薄商法かどうかはさておいて 笑。 本当は詳しく書きたいところなんですが、いかんせん店舗受け取り時のテイスティングでの感想なのと、吸ってみた印象が「ん~」といった感じなので簡単に説明します 笑。 新型プルームテックプラスの味は… 旧プルームテックの延長線上でしかない かな。 購入当初よりもだいぶ印象が変わったレビューとなっているので、こちらも同時に読んでいただけると、よりプルームテックプラスの使用感がつかめるんじゃないかなと思います。 太さは2倍以上あるかもしれません。 質感 新型プルームテックプラスですが、カラーによって質感はかなり違います。 ・ ブラックの質感はアイコスやプルームエスの質感に近く、肌に吸い付くマットな質感といった感じです。 ・しかし、 ホワイトに関しては肌をはじくツルツルとした質感で、汗染みや手垢などを気にする人はこのホワイトかな。 今後プラスの方にも限定カラーが用意されているようですが、情報通りにメタリックカラーならこのホワイト同様にツルツルした質感が予想できます。 試したのは レギュラー MILDブレンド と メンソール COOLミント でありますが、結論をまとめますと旧プルームテックに比べ… ・吐き出せる煙量は3倍くらいはある。 ・味は基本的に旧プルームテックの延長線上。 ・のどのイガイガ感はやはり感じる。 これになります。 イメージとしては 旧プルームテックの味はそのままで吐き出せる煙量が増えて、キック感が多少強くなったと思ってもらえれば大丈夫です。 ただ、個別の印象としてはレギュラー味はだいぶ変化したとも思います。 ・専用たばこカプセル レギュラー:MILDブレンド の感想 旧プルームテックでは のどに対するイガイガが強すぎてまともに吸えなかったレギュラー味ですが、新型プルームテックプラスのレギュラーに関しては イガイガが無くなったわけではありませんがだいぶ印象が変わりました。 正直、プルームエスのレギュラーよりかは新型プルームテックプラスのレギュラー味の方がタバコ雰囲気はあるかも。 ただ、味はなんと言うんでしょうかねぇ。 吐き出せる煙量が増えメンソールのキック感も強くなりましたが、 味は旧プルームテックのたばこカプセルとほぼ同様な感じです。 とまぁ、味の感想はこんな感じですかね。 旧プルームテックの味が駄目だった方で、今回の新型プルームテックプラスを購入検討している方がいるのなら「買わない方がイイ」と言えるでしょう。 新型プルームテックプラスは無臭を維持できている!? プルームテックのアイデンティティである無臭感。 新型プルームテックプラスにおいてそれは継承されているのか。 答えは… 継承はそこそこ出来てます。 厳密に言うと吸っている時にほんの少しニオイを感じますが、吸い終わればそのニオイはすぐ無くなる感じです。 旧プルームテックの無臭感を求めるなら、新型プルームテックプラスのそれは継承されておりますので問題ないですね。 個人的にはそれよりもプルームエスのニオイなんですが、タバコ臭くはありませんが何とも言えないむわっとしたニオイなので、今のところそれが今後の私の課題といえます 笑。 プルームテックプラスの使用感。 予想よりかは面倒ではないかも。 ・組み立て方について 一度カプセルホルダーまで取り付けが終われば、あとはたばこカプセルの交換 5個 が終わるまでは再度組み立てる必要が無いので問題は無さそうです。 ・清掃について 実際に手に取り構造を見た感じでは、予想よりかはそこまで念入りに清掃をしなければならない感じでは無かったです。 リキッド漏れに関してもそこまでシビアに気にする必要はないかもしれませんね。 ・リキッド残量が見えるのでたばこカプセルも余らなそう 旧プルームテックで個人的に一番の問題点であった「たばこカプセル余る問題」でありますが、新型はリキッド残量などが目視出来ますので自己調整しやすそうです。 新型プルームテックプラスレビュー。 本日のまとめ。 プルームテックプラスの個人的な使用感についてまとめると… ・味は旧プルームテックとほぼ同様。 ・レギュラー味は旧型から変化がみられる。 ・けれど目新しさは感じられない。 ・でかい。 こんな感じになります。 Ploomストアのテイスティングでかなり長い時間試しましたが、これがその時の印象であります。 タバコ感を求めず、 無臭さを求め、 旧プルームテックの味に違和感がない方なら新型プルームテックプラスは問題ないかもしれませんね。 ただ、タバコ感や目新しさを求める方は「新型プルームテックプラスは買わなくていい」とも言えます。 これなら旧プルームテックでいいかなと。 さて、そんな新型プルームテックプラスのレビューでしたが、今後はリキッド派とたばこスティック派に分かれていくんでしょうかね? 個人的にはまだどちらの派閥でもありませんが、出来れば無臭なのにタバコ感がある「たばこスティック」を求めている今日この頃であります。 0が新機能搭載&メンソール特化型になって発売が決定しました!! 旧プルームエスを凌駕する新スペックで価格は3,980円です。 いよいよ旧プルームエス発売よりおよそ1年半で新型の登場です。 この流れはもしかすると年内に新型プルームテックプラス2. 0なども発売されるかもしれませんね。 発売当初は4,980円という価格設定だったプルームテックプラスですが、今では2,980円で発売されており、何か「少し待てば安くなるんじゃない」と思わせられている状況ですがどれくらい売れるのかは見ものですね。 それでは。

次の

【レビュー】プルームテックプラスを吸ってみた!臭いやキック感&吸いごたえは?

プルームテックプラス 味

プルームテックプラスのフレーバー種類 2020年現在、12種類の銘柄が発売されています。 うち1銘柄は限定販売 タバコ味、メンソール味、フルーツフレーバーとバリエーションは様々。 プルームテックプラスの特徴として、フルーツ系のリキッドに力を入れており美味しいです。 女性に人気なのも納得の味わい。 なお、通常のメビウスシリーズとメビウスゴールドシリーズの2つがありますが、ゴールドの方はゴールドリーフ由来の強い刺激がコンセプトで キック感が強い銘柄になります。 好みに合わせてみてください。 価格 500円 税込 内容 カプセル5個 カートリッジ1個 パフ回数 250回 1カプセルあたり50回 プルームテックプラスのおすすめフレーバーをランキングで紹介 2020年6月30日に販売された「メビウス・エナジー・スパーク・ミント」 こちらは限定販売の銘柄なのでランキングからはあえて除外しています。 詳しいレビューはこちらの記事をどうぞ。 通常販売されている11銘柄を比較しながら吸ってみると、それぞれの特徴が浮き彫りになって面白かったです。 ちなみにランキング作成者は普段、メンソール派でライトな味わいのタバコが好きです!銘柄選びの参考にしてみてください。 1位 コールドミント 2位 マスカットグリーンミント 3位 パープルミント 4位 マイルドブレンド 5位 ローストブレンド 6位 クリアミント 7位 ゴールドイエローミント 8位 ゴールドクリアミント 9位 ゴールドロースト 10位 ゴールドレッドミント 11位 レッドミント 画像引用: プルームテックプラスのフレーバーと種類 メビウス・クリア・ミント ペパーミント由来の爽快感に、ほのかな甘みのアクセント。 ペパーミントの味が爽やかなフレーバーですが、人によってはペパーミントガムのような味わいで、くどいと感じる人もいるかもしれません。 スッキリしたメンソールというよりも、ペパーミントの味わいが前面的に押し出されたフレーバー。 メビウス・コールド・ミント ジャパンミント由来の氷冷感に、キレのある刺激のアクセント。 公式サイトでも人気と謳っているだけあり、バランスの取れたフレーバー。 メンソール好きなら、まず間違いなく気に入るフレーバーだと思います。 良い意味でクセのないメンソールで王道のメンソールフレーバーといった感じ。 美味しくてずっと吸い続けられます。 メビウス・ローストブレンド 香ばしいたばこの味わいに調和する、奥深いコクのアクセント。 ローストされたタバコ葉の香りがクセになるフレーバー。 初めて吸った時に予想以上のロースト感に「おっ!」と声を挙げてしまいました。 レギュラー好きにはおすすめのフレーバー。 メビウス・マイルドブレンド マイルドなたばこの味わいに溶け込む、爽やかなうまみのアクセント。 喫味のバランスが取れたフレーバー。 タバコ葉の喫味に少しの甘みが心地よいです。 普段はメンソール系ばかりの人でも楽しめるフレーバー。 メビウス・パープル・ミント 華やかなベリーフレーバーに、キレのある氷爽メンソールの刺激。 プルームテックから評判のあるフレーバーで、プルテクプラスはさらに喫味がアップしています。 ブルーベリーガムのような香りが病みつきになるフレーバーです。 メビウス・レッド・ミント 爽やかなアップルフレーバーに、キレのある氷爽メンソールの刺激。 アップルフレーバーですが、りんご感があまり感じられないフレーバー。 それよりもタバコ葉の喫味・刺激の方が目立ってピリピリするだけに仕上がっています。 メビウス・ゴールド・クリア・ミント 特別原料「ゴールドリーフ」使用。 ペパーミントの爽快感に、ゴールドリーフの強い刺激でシャープなキレ。 特別なタバコ葉を使用し、キック感を増加させたフレーバー。 吸いごたえ重視の人には美味しいかもしれませんが、タバコ葉の喫味とメンソールがかなり強烈で吸い疲れを起こしてしまいました。 メビウス・ゴールド・ロースト 特別原料「ゴールドリーフ」使用。 香ばしいたばこの味わいに、ゴールドリーフの濃厚なコクで広がる余韻。 こちらはゴールドリーフのレギュラータイプ。 確かにタバコ葉のキック感は強いですが・・・ ライト派の自分には合いませんでした。 重めのタバコが好きな人には合うかも? プルームテックプラスのフレーバーの中で一番重いフレーバーでした。 メビウス・ゴールド・マスカット・グリーン・ミント ゴールドリーフ由来の強い刺激と、芳醇なマスカットの甘味をお愉しみいただけます。 実際に吸ってみましたが、味もかなり美味しいです。 普通のメンソールにプラスしてフルーツ系のフレーバーを楽しみたい人にはぜひおすすめしたい味。 メビウス・ゴールド・イエロー・ミント ゴールドリーフ由来の濃厚なコクと、完熟レモンのフレーバー プルームテックプラス初のレモンフレーバー。 レモンのキツイ酸味という味ではなく、どちらかと言うとレモンガムのような甘い感じの清涼感。 レモンとメンソールの相性が美味しいです。 メビウス・ゴールド・レッド・ミント ゴールドリーフ由来の濃厚なコクと、完熟アップルフレーバー レッドミントのゴールドバージョン。 タバコ葉の添加率が増加しておりキック感がアップしています。 と同時にりんごのジューシー感も増しています。 メビウス・レッド・ミントでは物足りないと感じていた人にはこちらがおすすめ。 まとめ プルームテックプラスのフレーバー全種類を紹介しました。 多くがメンソール系で占められており、プルームテックプラスはメンソール好きにはおすすめな加熱式タバコですね。 タバコ葉を加熱しないリキッドタイプなのでクリアなメンソールの味を楽しむことができます。 プルームテックプラスのフレーバー選びの参考にしてみてください。

次の