キラキラ女子 末路。 キラキラ起業女子の残念な話

キラキラ起業女子に衝撃を受けた妻の話【起業セミナーがネズミ講かどうかを見分けるには?】

キラキラ女子 末路

おめでとうございます。 彼女たちの結婚を心から祝福します。 ブライダルのプロとして働く友人が 「あそこは3年以内に女子が不倫に走るか、モラハラが加速して女子がメンヘラ爆発すると思う」と見立てていて私もまったく同感すぎます。 でも私たちは何も言わない。 ただ祝福だけする。 理由は4つあります。 ハイスペモラハラ男子と自己愛モテ女子は本当にお似合いだから• 自己愛モテ女子に事実を言うと、うんこを投げつけられるから• 自己愛モテ女子は友達ではないから• 他者を搾取する者どうしがくっつくと、恋愛市場が平和になるから 今回は、女子たちが知っていても口にしない暗黙の掟、「不幸が見えている結婚を見送る」怖い話をお送りします。 お互いのニーズがマッチする。 お互いの結婚相手ニーズはだいたいこんな感じ。 ハイスペモラハラ男: 外に出しても恥ずかしくない程度の容姿と頭が必要。 顔はよければよいほど華として連れ出し甲斐があるのでいい。 ただし、自分に反論したり意見をいうのはもってのほかなので、 従順であり、論理攻撃をしたら反論しないことが必須要件。 自己愛モテ女子:とにかく生活に直結するスペック重視。 会社・ポジション・年収が平均値よりも高いことがマスト。 周りから羨ましがられる結婚生活をすることが命題。 「愛される」自分が最も価値が高いため、男から愛されるためなら自己チューニングを怠らない。 見てください、この需要と供給のバランス!マーシャル恋愛曲線もびっくり! 見た目(男子のハイスペックとモテ女子の外見)も、内面(従順さを望む男のニーズと男に愛されるために自己改変を怠らない女子のニーズ)も驚くほどマッチ! ちなみに周りのカポーはこんな感じ。 「自分から好きになったことない。 いつも告白されるからしょーがなく」「男から頭よすぎって崇拝されるからさ私w」と言っていましたが、合コンで出会った戦略コンサル男に一般教養のなさとの甘さを指摘される&「でも君は頭がいいよ」の恒例・飴鞭コンボをかまされて陥落。 何度彼氏の思考トレースをさせられ、取扱い説明書を作らされたことか…。 「私が本当にすごいって思えるのはあの人だけ」といってセックスできるママとなりました。 彼に見捨てられないために、 夜中の3時に呼び出されてもタクシーで向かってうどんを手打ちする謎の滅私奉公ぶりに私を含め周囲ドン引き。 セックスできるママを徹底&自分もセフレ数人をローテして「私ってすごいよね!?」「でもこの人しかいない!」のシーソーゲームをしていたら、直前でメンヘラ爆発して婚約解消。 あと3か月もてばゴールインしていたでしょう。 彼女のあまりのわがままぶりにコンサル男がブチ切れ、「おしおき教育」という名のもとに 「彼女が一番楽しみにしていたおうちクリスマスディナー(彼女が全部料理を作っていた)を当日にブッチして、『言うことをきかないからだよ』というメッセージをプレゼントボックスに残して彼女の家にあった荷物を全部引き上げる」という地獄のメリークリスマスをやってのけました。 なにこの暗黒武術会。 というぐらいの殺伐ぶりですが、モテ女子たちは「他人の搾取がデフォ」なのでいたって普通に実況してくるのが恐ろしいところ。 見てのとおり、お互いが相手の痛みにまったく思いを馳せないので容赦ないデスロードと化すのですが、だいたいはモテ女子が 「とにかく結婚したい」という思いに負けて奴隷宣言するようです。 自己愛モテ女子に事実を述べるとウンコを投げつけられる さて、上記のように端から見ているとドン引きする案件でも、彼女たちにとっては「初めての本気の恋」。 「彼氏の人格やばくない?」「モラハラなんじゃない?」と、一般人相手の答えを言おうものなら、想像もしていなかった壮絶なクソリプを投げつけられます。 「ぱぷりこは私に嫉妬してるからわざとダメにしようとしてる」 「あの子は、高次元の人に相手にされたことないから分からないだけ」 「コンサルとかできる人と付き合うって話、聞いたことないし」 だから、身内にいるから嫌なんだってば。 おかげでこの無駄な分析癖とコンサル男のトレースマインドが生まれ、だから絶対にハイスペモラハラを選ばないと決めているにもかかわらず、その前提を全て放り投げて「嫉妬される」というに集約。 彼女たちからすれば「自分の幸せをダメにしようとする嫉妬深い不幸な女」らしい。 しかもこういう悪評を知り合いにぶちまけるぶちまける。 そりゃ、うなずきにもなるよね。 「そうなんだ〜年収すごい〜結婚したらやばいんじゃない〜?」 「いいな〜いつもそんないいワイン飲めて〜」 「忙しい彼をちゃんと支えてあげてすごいね〜私は真似できないな〜良妻賢母になりそう〜」 「厳しいこと言うのって愛があるからじゃない〜?どうでもいい人だったらそんな真剣にお仕置きなんてしないよ〜愛されてるんだよ〜だからそんなに落ち込まないで?」 生き延びるためには、こう対応するのが正解です。 今のように妖怪の参与観察を心得ていなかった時代、「人類は話せばわかる」「自分のわかる範囲で意見を述べよう」という「ママのおっぱいでも飲んで寝てなチェリー!」みたいな精神を完膚なきまでにデストロイしてくれたのが彼女たちだったので、その点では感謝している。 自己愛モテ女子は友達ではない 予想がつくリスクに対して何もアラートを出さずに見送る相手は、当然のことながら友人とは呼べません。 だって、本当のことを言ったらウンコ投げつけられるし。 がやばすぎるし、無理無理。 当然、私以外の女友達もすさまじい勢いで離れていくので、 披露宴には呼べる女友達の深刻な人手不足、という悲劇が起きるのがこのカップルの特徴。 ハイスペ側が無駄にすごい上司陣を呼んでくるので、新婦側も焦って役員クラスをどうにか引っ張ってきて、空いている友人席を埋めようとする。 「都合のいいことしか言わない取り巻きばかりを集める」のって、耄碌して権力に固執した幹部おじさんの十八番かと思っていましたが、むしろ自己愛女子こそが全力で霊圧を駆使して自己愛亜空間を作るようです。 自己愛女とモラハラ男が結婚して訪れる、つかの間の平和 結局のところ、あれだけ自我と搾取の殴り合いをしていても「恋愛」と思い込める、お互いのニーズがマッチしている、二人の自己中レベルが似ている、ということを踏まえると、彼らが惹かれ合うのは当たり前。 皮肉でもなんでもなくお似合いなのだと思うし、結婚すべき。 そこが結婚すれば恋愛市場はつかの間、平和になります。 どちらかの相手が 「搾取がデフォルト設定」じゃない一般人の場合、間違いなく飲み込まれて搾取されてメンタル壊されるからね。 あの強靭な認知と時空の歪みに一般人を巻き込むよりは、妖怪どうしがラブラブ殴り合っていた方がパワーバランスが取れている。 というわけで私は結婚を祝福するわけです。 恋愛市場は平和になるが、家庭は地獄と化す 同時に心の底から絶望もする。 彼らが子供を持った時、子供は何もしていないのに、モラハラと自己愛にさらされ続けて育つことになるからです。 モラハラファザーってマジで鬼畜で、人間の感情の機微や弱さを一切認めずに「甘え」「自己責任」「できないのは怠け」の一言で済ませるし、子供を認めない。 息を吸うだけで歪む空間、それが家庭。 自己愛マザーにとって子供は「皆に羨ましがられる家族」を作るの一つなので、高確率で「教育ママ」化します。 自分はそれほど学歴が高くないから、父親と同じようなレベルに合わせようとする。 もしも子供が優秀ではない場合、 「君(の遺伝子)が悪い」と夫および夫家族にフルボッコされるので、「教育」に走るのは自然の摂理です。 子供の未来を考えるだけで、暗澹とした気持ちになる。 子供はどんな非道な親だろうと、愛されたい、認められたいと渇望し、必死に頑張ろうとするものなので、ただつらい。 逃げるにも、経済状況と教育環境を考えると高校生以降じゃないと逃げられないし。 モラハラに耐えかねて離婚するか、メンタルを壊して離婚するか、どちらかの不倫により離婚するか( 高確率で女側です)、だいたいこのパターンのカップルのいく先はこの3つです。 どのパターンにいっても、子供に深刻なダメージを与えるのできつい。 結論:スペック婚のいきつくところは搾取地獄である ハイスペモラハラ男子は「社会的に必要な人当たりの良さ」をきちんと心得ているので、対外的には「イケダン」です。 経済的基盤もしっかり。 そしてそのイケダンに選ばれた私という超ウルトラスーパー承認欲求を満たしてくれるポジションだけで「幸せ」を感じていられるのはせいぜい2~3年。 「幸せ」というのは泡のような瞬間的な高揚感であり、持続可能なものではありません。 モテ女子は加齢とともに、モラハラ男から見た「価値」が激減しますからね。 だってスペック=顏だったんだもん。 で、女子はスペックを失い、「愛されてる」という実感がなくなって発狂する。 「前より愛されてると感じなくなった」「子供が思うようにキラキラしてくれない」「私の存在意義ってなんなんだろう」という理由で、 元モテ妻は自己愛を満たせなくなって、バカ高いエイジングケア・教育・不倫・メンヘラ・スピリチュアルのいずれか(可能)にハマり、家族破綻するのが王道パティーン。 キラキラ女子アカウントがだいたい結婚すると音沙汰がなくなるのは、だいたい後ろがこうした地獄になるからです。 スペックどうしで結婚していきつく先は搾取地獄。 幸せは数年しか続かない。 親は好きになぐり合っていればいいけれど、いちばんの被害は子供なので、10年後を思うと心から絶望もする。 搾取する者は搾取される。 スペック婚の絶頂は3年まで。 10年後を思え。 最たる被害者である子供を思え。 現場から言いたいことは以上です。 結局のところキラキラ女子がハイスペ男性にトロフィーワイフ的な扱いを受けることを受け入れる(疑問を持たない)のって、自分も記号的に「ハイスペ男性」を見ているから。 自分が記号を求めているから、記号として扱われることへの抵抗がない。 それよりも「キラキラしている私」でいることが重要。 — ぱぷりこ papupapuriko でもその「キラキラ戦略」は、「結婚(というより結婚式)」、よくて「第一子出産」くらいまでの非常に短い間の「幸せ感」を操縦するための戦略で、「結婚生活」を通した「幸せ」を体現するためのものではないんだよね。 でも彼女たちは「いい相手と結婚すれば結婚生活は幸せ」と考えているように見える— ぱぷりこ papupapuriko ハイスペと結婚すれば自動的に「VERY」的な幸せ結婚生活もセットだと信じられるのは幸せだけども、周りからどんなに「幸せそうな家」に見えたって中に入れば魔窟なんて例は腐るほどある。 「記号婚」はそのリスクを高めるだけ。 — ぱぷりこ papupapuriko だいたい男の方が早く死ぬので、老後は女子会リユニオンしているのを非常によく見る。 「感覚で人生を決める女たち」を待ち受ける地獄について書いたよ! 搾取する人たちを理解する本 ひさしぶりに自己愛モテ女子のことを思い出していたら、この本にある「自己愛性パーソナリティ障害」に該当しすぎてすぎてびっくりした。 下記9つのうち5個以上があてはまったらダウトらしいですが、 ほとんど当てはまるじゃないかいい加減にしろ(発作のあまり、該当するものは太字にしてみた)• 自分が重要であるという誇大な感覚(例:業績や才能を誇張する、十分な業績がないにもかかわらず 優れていると認められることを期待する)• 限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。 過剰な賛美を求める。 特権意識(つまり、特別有利な取り計らい、または自分が期待すれば相手が自動的に従うことを理由もなく期待する)• 対人関係で相手を不当に利用する(すなわち、自分自身の目的を達成するために他人を利用する)。 共感の欠如: 他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない、またはそれに気づこうとしない。 しばしば他人に嫉妬する、 または他人が自分に嫉妬していると思い込む。 尊大で傲慢な行動、または態度.

次の

痛いキラキラ起業女子にならないために。プロはぜったいにやらない2つのこと

キラキラ女子 末路

2017-09-01 リンク貼っておきますがポチらないでくださいね。 ライブドアブログのアマゾンアフェリの機能は「こんな本あります」とお伝えするのに便利だから使っているだけなので。 女性のための「愛され起業」コンサルタントの大東めぐみ氏は、これまで100人を超えるクライアントを起業させ、売り上げを軌道に乗せてきた。 夫の転勤で香港に住み、小さい子どもを育てながら起業し、ビジネスを大きくした。 いったいそのノウハウとは? いつか「起業」し、収入を得たいと漠然と夢みている人も多いだろう。 本書によると、女性が起業するのにピッタリな時代がきているようだ。 早く夢を現実にしなければもったいない! 「起業とは経済的にも精神的にも自立し、自分らしく自由に生きるための最善の方法」とは、仕事をやめ海外で子育てする中、うつになりそうだったという日々を体験した著者ならではの説得力ある言葉だ。 この本のどのあたりがクソかって? 子育て中のただの主婦がラグジュアリーなホテルに泊まってプールサイドで仕事wして年商3000万て、この記事書いたライターさんも「どんなバカがこんな与太話に引っかかるんだろう」って薄眼に半笑いで書いてたんじゃないの? カウカウファイナンスのウシジマくんでも 「金を稼ぐならしっかり働け」 って言うはずですよ。 自分のファンをつくることが大事な「自分ブランディングサービス」は、簡単にスタートできる。 SNSで発信するだけでよいので、スマホ1台からでも始められるのだ。 ニーズがあるのは、ビジネス(資格、勉強)、投資・マネー、美容・健康、スピリチュアル、恋愛など。 FacebookやTwitterなどのSNSやブログを使って発信していくだけ。 YouTubeも使って、爆発的に口コミを広げることが可能な時代だ。 自分ブランディングビジネスにWEBマーケティングというツールをかけあわせれば、ビジネスの効率化 利益の最大化がはかれる。 まず友達上限5000人と100「いいね! 」を目標に。 ブログでは情報交換や潜在的なお客様を増やせるしくみがあるアメブロがオススメ。 あ゛あ゛あ゛あぁぁぁあああーっっっ!!!!! あぁ、もう聞き飽きた聞き飽きた聞き飽きた! ネットに溢れてる!そういう奴らとその手の情報! 類似のクソ本もすでに沢山出版済みですよ。 なん十万も払って講座に参加することもなく、1000〜2000円払って本を買う必要もない。 この手のやつは教えてもらわなくても読まなくても中身が分かります。 少なくとも本の中に書いてあることはネットに無料で落ちてますから。 「ブログや本には書かれていない秘密がセミナーに行けば教えてもらえるかも」 いえいえいえいえ、セミナー招致したこともある私が自信を持って断言します。 誰でもお金を払えば教えてもらえる「秘密」なんて存在してません。 それじゃ「秘密」の定義がおかしいだろ。 何のスキルもないくせに自称コーチ、自称コンサル、自称アドバイザー、自称セラピスト、すでに需要の数十倍の供給があります。 せま〜い界隈にUFOキャッチャーの人形くらいひしめいてるから、箱の底の方にいる人は息もできずにつぶされてます。 SNSしてブログ書いてりゃ営業できるって…w で、あれでしょ。 毎日ブログ書いてもだぁ〜れも読みに来ないし、Facebookに友達1000人居るはずなのに「いいね」が0〜10しかつかない。 あれれ〜、おっかしいなー。 (コナン風に) となって、次はブログの書き方講座とかSNS活用講座に何万円も払うんでしょwww それでもダメだと人気と勢いがある風の人のセミナーやコンサル受けて、せっせとタグ付けして人気にあやかろうとごますりコバンザメになるんでしょ? 華やかなセンセイ方に近づいて、 「あぁ、そうか。 この手の女子起業ビジネスで儲けるには、私も彼らと同じこと(羽振りの良さを演出して、借金してでもセレブを装い、涼しい顔で他人を騙す)をしなくちゃいけないんだ」 と早めに気づいて、センセイのものまねを実行に移せる人たちだけが稼げるようになるんですよね。 言われた通りにやってみたけれど、それでも売れなくてそっと消えて行くほとんどの人たちは、売れるような魅力も能力もないけれど、 少なくともやっていいことと悪いことの判断はつく善良な人たちです。 私はそんな人の道を踏み外さなかった方の人たちが好きです。 では、ここで私の体験を踏まえたはお話をしましょう。 私がハンドメイド作家として活動していた頃、都会では開催されているらしいハンドメイドセミナーに強い興味を持ちました。 そして、高知のハンドメイド作家さんたちにもセミナーを受ける機会があれば、一人でも多くの作家さんがハンドメイドを趣味ではなく仕事にできるかもしれないと期待をもち、コンサルタントを自称していた女性にコンタクトを取り高知にセミナーを招致しました。 そのセミナーの料金は1万円でしたが、コンサル先生が自信たっぷりな割には薄い内容でした。 とはいえ、まだハンドメイドブームも女子起業ブームも始まったばかりの時期であったため、セミナーの内容も「まあこれはこれで一つの仕事術だし成功法則かな」と思いました。 その時のセミナーで教えられたのが、 ・自分を演出してブランド化し ・アメブロを書いて読者登録1000人し ・Facebookで友達2000人作って情報発信しなさい という、上で紹介した本と丸かぶりの内容でした。 セミナー後もFacebook上でおつきあいが続いて行く中で、私は次第にこの自称コンサル先生に違和感を覚えるようになりますが、決定的な出来事は2つありました。 まず、一つ目は「独学だけど服作りのプロ」を自称していたにもかかわらず、センセイにオーダーして、何ヶ月も待って届いた3万円のワンピースの出来があまりにお粗末だったこと。 とても着られるようなものではないので、知り合いのプロの服飾作家さんにワンピースを切ってスカートに作り直してもらったのですが、結局センセイの縫製技術の稚拙さ以前の問題として、服の素材(布地の質)が悪かった。 ごわごわちくちくして、そのスカートを履いているといつも肌が痒くなりました。 お金がかかったのだからもったいないとしばらくは我慢して履いていましたが、結局我慢するのがアホらしくなり捨てましたね。 素材の悪さは直しようがありませんので、早く捨てればよかったです。 お直しをお願いした作家さんにも忙しい中お手を煩わせてしまいました。。。 そして、もう一つの出来事は「どう見ても詐欺師やろ」というおばはんとコラボセミナーやコンサルを始めたことです。 コラボ相手が私の感覚では、どっからどう見ても「こいつには関わってはいけない」と赤信号灯ってるタイプの自称コンサルでしたが、ハンドメイドコンサル先生がその人とコラボを繰り返し、ついに 「高級ホテルのスイートルームで高額コンサル」という禁断の果実に手を出した瞬間に、違和感どころか嫌悪感が胃酸と一緒に喉元までせり上がってきて、ついに「友達削除」をして絶縁しました。 そのどう見ても赤信号がともってる自称コンサルさんとはこの方です。 そして、二人がコラボし始めたのはちょうど2年前の10月ですね。 「売れる女になるための最強グループコラボコンサル」というのがそうです。 ちなみに私が高知でハンドメイドセミナーをしたのは2年前の8月末でした。 この自称コンサルの何がおかしいって、自分を「人集めブルドーザー」だと言い、SNSやブログで 「ただ私に会うだけであなたのビジネスが上手くいくようになります。 ビジネスは誰に会うかが重要なのです」 と連日発信していたのですよ。 アホか?アホなのか? そんなのと嬉々としてコラボしている時点で「おっと、同類かよ!」と。 そして、東京都内の高級ホテルのスイートルームで秘密の高額コンサルときたもんだ。 まあ、察するに泣き寝入りでしょうね。 詐欺の被害者って、自分が騙されたと認めたくなくて、あるいは自分が低級な詐欺に引っかかったバカだと周囲の人たちに知られるのが怖くて、被害を訴えでない人が多いから。 この人たちは自宅でひたすらちくちく制作してる純朴なハンドメイド作家さんたちから荒稼ぎしたんですよ。 ごく控えめに表現して 腹・が・立・ち・ま・し・た。 だから、私は縁を切った後もずーっと観察してるんですよ。 詐欺は引っかかるカモの数には限りがあるんです。 だからいつか必ず行き詰まるし、それでもやめなきゃやがては食い詰める。 その日をじーっと観察しながら待っているのです。 私は執念深いので。 威勢がよかった起業家wの先輩方がどういう末路を辿るのか、よく見たほうがいいですよ。 この「私に会うだけでビジネスが上手くいきます。 まずはブログを書きなさい。 話はFacebookで友達2000人作ってからです」と言ってた自称コンサルさんですが、Facebookは今年の7月を最後に新規の投稿がされていません。 しかも投稿に付いている「いいね」はかつての半分以下です。 去年の前半までは1日3記事のペースだったブログの更新も、次第に減り始めて今では1日1記事が精一杯のようですね。 しかも、あらぁ〜。 どうしたのかしら? 最近の募集ではコンサル料もずいぶん下がってますね〜。 コンサル料が高額でも、お値段以上の価値があるんじゃなかったの? 「人集めブルドーザー」なのに値下げしていかないと人が集まらなくなっちゃったのかしら〜? 今一度言います。 「自分ブランディング」で「小さく起業」して、好きなことでゆるく働いて年収1000万円を夢見るレディーたち。 ネットを利用したキラキラ起業詐欺でお金を集めることができるのは短い間だけです。 けれど、お金を巻き上げた相手から買った恨みとデジタルタトゥーは一生引きずりますよ。

次の

偽装“港区女子”のキラキラブログが大炎上「2ちゃんに貼られて人生が急変…」

キラキラ女子 末路

「Thinkstock」より フェイスブックやインスタグラムなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス( SNS)の普及とともに、「キラキラ 起業女子」と呼ばれる人たちが増加している。 キラキラ起業女子とは、文字通りキラキラと充実したライフスタイルをSNSで発信して集客する女性起業家のことを指す。 一時期に比べてブームは落ち着いたかのように見えたが、実は現在進行形で増え続けているという。 なぜ、キラキラ起業女子が増えているのか。 起業支援コンサルタントの相馬一進氏は、「その理由は参入障壁の低さにあります」と語る。 相馬氏によれば、「もっともわかりやすい特徴は、ことさらにSNSで豊かな生活をアピールするところ」だという。 「ビジネスの内容よりも、自身のライフスタイルや自撮り写真をアップするのが彼女たちです。 これ見よがしに高級ホテルのラウンジで仕事やミーティングをしているのも、特徴のひとつでしょう」(相馬氏) キラキラ起業女子が手がけるビジネスは多岐にわたるが、なかでも目立つのは美容コンサルタントや心理学コンサルタント、起業支援といった領域だ。 SNSで参加者を募ってセミナーを行い、その売り上げが収益になっているという。 また、「起業」といっても法人化しているケースは稀で、ほとんどが自営業か副業の枠を出ないそうだ。 しかも、それなりの収益を上げているのは、ほんのひと握りにすぎない。 そのため、相馬氏は、SNSなどの写真だけを見て「この人は成功している」とうかつに信用するのは危険だと指摘する。 しかし、実際にはそんなブランド品を買えるキラキラ起業女子はほとんどいません。 経済状態は常に困窮していて、自己演出のためのお金が大きな負担になっている人は、かなり多いと思います」(同) 実際、あるキラキラ起業女子はブログに「起業初期は、ホテルラウンジのお茶代がかなりキツかった」と堂々と書いているほどだ。 キラキラ起業女子は本の出版がゴール? では、儲かっている人はひと握りにもかかわらず、なぜキラキラ起業女子が増えているのか。 それは、相馬氏の分析にあったように、キラキラ起業女子は非常にシンプルなビジネスモデルで参入しやすい市場だからだ。 「店舗や事務所を持つ必要がないので、自己資金がなくても簡単に起業できますからね。 コンテンツを起業コンサルや美容セミナーにすれば、商品開発のための費用も必要ありません。 また、集客もブログやインスタグラムでできるので、極端な話、知識がない人でも簡単に起業できてしまうのです」(同) キラキラ起業女子は、資金集めや商品開発、人材育成など、一般の起業家が持つような悩みとは無縁なのである。

次の