髭男 ボーカル。 Official髭男dismメンバーのプロフィール・名前の由来も

ヒゲダンのボーカル、藤原さんが結婚 相手は一般女性「人生に沢山の色くれた」

髭男 ボーカル

事務所はポニーキャニオンなのですが、 実は、同じレーベルメイトでもある 歌手のaikoさんと親交が深いそうなんです! ただのレーベルメイトという関係だけではないようですが、 なぜ仲が良いのか気になりますね。 今回はヒゲダンとaikoさんの関係性や、 ヒゲダンが現在に至るまでに aikoさんからどういった影響を受けてきたのか? どんな交流があったのか? についてまとめてみました。 スポンサーリンク Official髭男dismについて ヒゲダンにはメンバーが4人います。 キーボード&ボーカル担当の藤原さん、 ギター&コーラス担当の小笹さん、 ベース&サックス&コーラス担当の楢崎さん、 ドラム&コーラス担当の松浦さんです! ヒゲダンの曲にはキーボードが入ることで、 よりポップな曲になっています。 通称 「ピアノポップバンド」 と呼ばれているようですね。 ヒゲダンの音楽は大衆に受け入れられやすい キャッチーなメロディが特徴的です。 また、印象的な歌詞にも定評があります! メンバーはそれぞれ音楽の好みが違いますが、 全員に共通するルーツは『ブラックミュージック』だそう。 これが、aikoさんとヒゲダンを結ぶ いわば共通点となります! スポンサーリンク aikoさんについて aikoさんはデビューから20年間、 JPOPの最前線を走り続けている歌姫です。 ピアノを弾きながら作曲しているため、 ボーカルとキーボードを担当するヒゲダンの藤原さんと、 作曲方法は同じということになりますね。 aikoさんの曲は、メロディラインが複雑で 音程がコロコロ変わるものが多いように感じます。 また、歌詞のワードセンスも独特です。 なんと、実は すべての歌詞は 実体験を元に書かれているそうですよ! ネタが尽きないのかと心配になりますが(笑) すごいですよね。 だからこそaikoさんの曲は、 多くの女性の支持を集めているのでしょうね。 特にaikoさんを好きなのが、 ヒゲダンのボーカル・キーボード担当の藤原さんです。 藤原さんは、いろんなところでaikoさんのファンであることを公言しています! 藤原さんは、高校生の頃からaikoさんのファンだったそう。 高校生の頃から作曲を始めた藤原さんは、 ブラックミュージックといったら 誰の曲がオススメかを友人に訊きました。 その時に、aikoさんを勧められたそう。 それからというもの、高校時代はaikoさんの曲を かなりハマって聴いていたということです。 藤原さんは洋楽ばかり聴いていた時期があったそうですが、 aikoさんの曲を聴いてから 歌詞の意味を深く考えるようになり、 作詞することがより面白くなっていったと 以前、テレビ番組で話していました。 ヒゲダンの 「115万キロのフィルム」という 歌詞がとても深い曲があるのですが、 この歌詞は aikoさんからインスピレーションを受けて制作されたものだそうです! aikoさんがいなかったら、そんな素敵な曲も 生まれていなかったかもしれません。。 そして実はaikoさんも、 そういった情報を知らなかったにも関わらず、 ヒゲダンがデビューする前から ラジオで彼らの曲を流したりするなど、 早くからその才能に注目していたようなんです! これはヒゲダンからすると、すごく嬉しいことですよね…! また、ヒゲダンの公式Twitterの情報によると aikoさんのライブに、メンバー全員で参戦されているようですね! aiko Live Tour 「Love Like Pop Vol. 19」に参戦してきました! 長年のファンであることをaikoさんに直接お伝えできて、メンバー一同感無量でございます。 — Official髭男dism officialhige 長年のファンであることを伝えることができた! とのことでした。 このツイートが2018年の5月頃なので、 デビューして間もなくということになります。 尊敬するaikoさんに想いを伝えることができ、 本当に良かったですね! また偶然にも同じレーベルメイトになれて とても不思議な気持ちだと、藤原さんは話しているそうです。 オフィシャル髭男dismの意外な関係!aikoから受けた影響とは?まとめ 今回はaikoさんとヒゲダンの関係についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。 ヒゲダンの藤原さんが書く素晴らしい歌詞は、 aikoさんからの影響によって 進化していった部分がありそうですね。 aikoさんを尊敬するヒゲダンと、 ヒゲダンを昔から応援してくれているaikoさん。 2019年の紅白歌合戦では共演もされており、 ヒゲダンのパフォーマンスを見守るaikoさんの姿が印象的でした。 この2組が今後もより活躍されるよう 応援していきましょう! 今回はこれにてまとめを終わります。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

ヒゲダンメンバー全員の結婚相手(嫁)と馴れ初めについて!(Official髭男dism)

髭男 ボーカル

この記事ではメンバーの基礎情報から バンド名の由来など「Official髭男dism」(おふぃしゃるひげだんでぃずむ)さんを語る上で基礎となる部分を説明していくゼ。 今回は現在大ブレイク中の島根県出身の4ピースピアノPOPバンド 「Official髭男dism(おふぃしゃるひげだんでぃずむ)」についてご紹介していきます。 Official髭男dismの結成までの経緯や、初見では「何て読むの?」と思ってしまうバンド名の由来、そして楽曲からは想像もつかないような 意外すぎるメンバーのプロフィールなどもお届け致します! 様々な楽曲で大ブレイク中のOfficial髭男dismについて詳しく見ていきましょう!• Gt「小笹大輔」(おざさだいすけ)• Vo&Pf「藤原聡」(ふじわらさとし)• 2015年の4月に1stミニアルバム 「ラブとピースは君の中」をリリースし、Lastrumよりインディーズデビューをしました。 2016年の2月には上京し、メンバー全員で共同生活を送りながら精力的にライブ活動を開始します。 その後、2018年3月には「関ジャム 完全燃SHOW」にて「Tell Me Baby」セッションを行い有名音楽プロデューサーからも大絶賛を受けて、なんと4月には 「ノーダウト」が月9ドラマの「コンフェデンスマンJP」の主題歌として起用され一躍人気となりました。 MEMOインディーズアーティストの楽曲が月9の主題歌に起用されたのは、 Official髭男dismが初めてだったみたいです! そしてこの「ノーダウト」をポニーキャニオンから1stシングルとしてリリースし、メジャーデビューしました。 そんな飛ぶ鳥を落とす勢いのOfficial髭男dismですが、楽曲はPOPなサウンドとキャッチーなメロディーが武器のいわゆる歌モノ… では終わらせません 「POP」という軸はブラさずに、ブラックミュージックからの影響を感じる、グルーヴィーなノリやストレートなロックサウンドまでを「ピアノPOPバンド」とは称しつつも、 様々な一面を持っている実力派グループです。 Official髭男dism・バンド名の由来は? 「Official髭男dism」という少しクセの強いバンド名ですが、このバンド名の由来は、練習をしていたスタジオに貼られていた外国人のギタリストのポスターがダンディーでカッコいい髭を生やしていたのを見てインスパイアされ、バンド名には 「髭が似合うような年齢になってもこの4人で楽しく最高の音楽をやっていこう」と言う思いが込められており、メンバーの仲の良さも垣間見れる素敵なバンド名となっております。 高校時代は吹奏楽部に所属し、パーカッションを担当していたそうです。 しかもなんと!ブラックミュージックのバンドとメタルのバンドを掛け持ちしていたそうで、 元ドラマーという経歴も持っています! ドラマーの頃から作曲は行なっていたようですが、自分の思うように歌ってもらうことができず、そんなジレンマがあり自身でも歌うようになったそうです。 しかし本格的に歌うようになったのはOfficial髭男dismを結成してからで、好きな音楽は上の事例から見ても分かるように• スティーヴィー・ワンダー• マイケル・ジャクソン• ブルーノ・マーズ といったブラックミュージックを主体に、メタルまでかなり広い幅のジャンルが好みみたいです。 しかしあまりアーティストには固着しないようで、曲単位で好きだったりすることが多いそうで、それでも自身が影響を受けたアーティストとして 「aiko」さんや 「ONEOKROCK」の名前を挙げています。 MEMOOfficial髭男dismといえば「恋愛ソング」のイメージが強いですが、藤原さん自身が大学を卒業してから地元で金融関係のサラリーマンを2年間していたこともあって、 その経験に基づいた人生観や学生時代の苦悩などが幅広い世代の胸に刺さるような歌詞を書いています。 伝説的メロコアバンドHi-STANDARDのコピーをしたのがギターを始めたきっかけで、好きな音楽も青春パンクやメロコアが多めです。 しかしOfficial髭男dismに加入となったきっかけは、藤原さんと別のバンドとして対バンをした際に、 お互いに「Children Of Bodom」が好きで意気投合したのがきっかけでした。 かなりデスメタル系のバンドなので、今のバンドのイメージからはかなりかけ離れていますね…。 学校では「電子情報システム工学」で「カオス理論」を研究していたことで、もはやそういった面もメタルに感じますね! Official髭男dismではギターソロが入っている曲は少ないですが「ClapClap」などの楽曲で熱いサウンドを鳴らしていて、 ギターの腕はかなりのものです。 主にベースをメインで担当していますが、お父さんがジャズミュージシャンという音楽一家に生まれ、楢崎さんも島根県の警察音楽隊に所属してサックスを吹いていた時期もあるそうです。 さらには!音楽の教員免許も持っていると言う… 音楽のセンス以外にも勉強もできるという楢崎さん。 好きな音楽は「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」から「銀杏BOYZ」まで、楢崎さんもかなり音楽のジャンルの幅が広い方です。 中学校では剣道初段を取得し、在籍していた剣道部では部長を務めており、団体戦では主将を務めるほど剣道に青春を捧げていました! 釣りが趣味で、メンバーの中でもかなりのアニメ好きで、ゲームも好きなんだとか。 それだけ音楽に対して愚直に取り組んでいると言うことなんでしょう! バンド自身も 「国民的バンドになる!」という強い意志を持っていて、幅広い層に受け入れられつつも、POPSの新たなスタンダートを作るようなバンドのように思えます。 耳に残るメロディーにハマる人が続出! Official髭男dismの楽曲は一度聞けばすぐに頭の中でなんども繰り返し鳴り続けるような心地よい耳に残るメロディーで、 彼らの楽曲にハマる人が続出しています。 新曲の『パラボラ』はカルピスウォーターのCMソングに決定しました。 『パラボラ』では様々なことが変わる時期の不安や期待が入り混じった感情が描かれています。 (配信終了日は追って追記致します。 ) — Official髭男dism officialhige 人気爆発中のOfficial髭男dismさんもYouTube上でライヴ映像を公開しています。 セットリストは超がつくほどの有名曲ばかり。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

藤原聡の歌唱力がスゴイ!髭男は全員上手いって本当?ワンオクTakaに声が似てる!?

髭男 ボーカル

一躍有名になった「Official髭男dism」 通称:ヒゲダン 今や、全国的に有名になった人気バンド「Official髭男dism」。 その中でも ボーカルを務める藤原聡は、一番人気。 作詞作曲も手がけており、その 音楽性が各方面から評価されています。 そんな藤原聡(ボーカル)ですが、実は、 デビューする前 は、 「島根銀行」のトップ営業マンだった!というのです。 藤原聡が、これまでのイメージにない 「銀行マン」に至るまでの道筋をまとめてみました。 田舎出身も高校から優等生だった? 鳥取県(米子市)出身の藤原聡(Official髭男dismボーカル)が高校のとき在籍していたのは、 米子東高校。 米子東高校は、全国的には知られていませんが、 鳥取県内ではナンバー1偏差値が高い有名な進学校です。 もはや有名「島根大学」髭男の結成時代 大学はあまりに有名ですが、鳥取のお隣「 島根大学・法文学部」。 島根大学と言えば、地方の大学ではありますが、言わずもがな 「 国立大学」の一つです。 最初は、東京や関西の大学に行きたかったそうですが、最終的には「 実家から近い」という理由で島根大学を選んだそうです。 学部は、本人の希望通り「 法律と経済」が学べる法文学部。 大学時代に「都会に出てさらに音楽活動に突き進んで行く!」という憧れもあったようですが、このころはまだ本気でプロを目指してなかったため、 地元で進学することを選んだそうです。 しかし実は、その 内定をもらった3ヶ月後・・・ インターネット経由で 音楽業界の人からスカウトがあったとのこと! 一部ネット上で「藤原聡の堅実な性格ゆえに、スカウトを断って銀行に就職した」という話がありますが、 これは 完全なる間違えで、藤原聡本人は、 内定が出る前なら飛び込んでいた と語っています。 このように、 またしても東京進出のチャンスを逃し、 少しのタイミングの差で「島根銀行」への入行が決まったのです。 大学在学中、もしくは卒業後すぐにデビューしていれば、もっとずっと前に髭男はブレイクしてた…? これも 運命のイタズラですね。 果たして、 藤原聡は 会社員時代どんな銀行マンだったのでしょうか・・・? さっそくみていきましょう! ビジネスマンとしても優秀! 藤原聡は トップ営業マンだった 藤原聡は、島根銀行に在籍していた 2年間の間に かなりの成績を残し ています。 勉強熱心で、 資格 もいくつか取ったそうです。 本人曰く、 同僚が親身になってバンドのことを応援してくれるからこそ、 本業もしっかりやりたい。 職場に貢献したいって思いも芽生えたりして。 こう 仕事へのまっすぐな想いを語っています。 また、有名なエピドーソとして、 退職時に上司からこんな手紙をもらったそうです。 本当はもっといろんなことを教えていこうと思ってたけれど、 きみの音楽が素晴らしいことも知っていた。 これからどんなに辛いことがあっても、耐え抜く心と素直さをすごく大事にしていけば大丈夫だよ。 手紙の内容から、上司にとても想われていたことが伝わってきますね。 遠回りなんてない!ここから名曲が生まれた そして、やはり「 人生に遠回り(ムダ)なんてない」と想わせてくれるもの。 Official髭男dismの名曲の1つ 「 コーヒーとシロップ」は、作詞作曲を手がけた藤原聡の 「島根銀行での営業マン」時代の実体験が元になっている曲として生まれたのです。 それから 『 FIRE GROUND』も、 社会人からアーティストになると決めた時の葛藤や、 見返してやるという気持ちが歌詞に込められているそう。 また 『 最後の恋煩い』という曲にも、元銀行員味が溢れ出している言葉が歌詞に出てくるようですよ! このように、 いろんな経験があったからこそ生まれてきた言葉(歌詞)、音楽があったのですね。 銀行マン時代は現在にも影響があった もう一つ、藤原聡が銀行マンだったときの話として、 お客さんとのやり取りでこんなエピソードがあったそうです。 僕、紅白出るのがひとつの目標なんです。 会社を辞める時に、あるお客さんのところに挨拶に行ったら 「 自分が死ぬ前に紅白歌合戦に出て欲しい」って言われて。 紅白って人が音楽に触れる場所として一番大きな場所なんだと思ったんです。 「Official髭男dism」は、このときまだメジャーデビューさえしていなかったものの、 地元では有名なバンドで、上司や同僚のみならず、お客さんでも藤原聡のことを応援していた人は多かったみたいですね! そして、この言葉を言われたわずか数年後・・・ 2019年末の紅白歌合戦、初出場を見事に成し遂げたのでした! 「誰かに応援してもらえることが力になる」とも言えるし、 「それほどみんなが応援したくなる人間性と音楽性を藤原聡がこのときから持っていた」と言えるのかもしれませんね。 スポンサーリンク 紆余曲折「島根銀行」を退職した真相とは? ではなぜ、そこまで 優秀だった「銀行マン」という地位を捨てて、ミュージシャンとなったのでしょうか? 実は、藤原聡(Official髭男dismボーカル)、 「島根銀行」に勤務していた際は、 毎週こんな生活を送っていたそうです。 (本人もかなりキツかったと振り返っており、胃腸炎になったそう。。 ) そしてついに・・・! インディーズデビューを果たて少し経った 2016年、仕事を退職し、上京する決意を固めたということなのです。

次の