アルコール 依存 症 末路。 アルコール依存症になった人にありがちな症状とその末路

『「アルコール依存症」の悲しき末路』: iCute

アルコール 依存 症 末路

この記事の目次• アルコール依存症とは? アルコール依存症とは、アルコールを長期にわたって飲み続けることで、アルコールを飲まずにはいられなくなる病気です。 ただ単に「お酒が好きだから、お酒を飲みたい」のとはわけが違います。 アルコール依存症は、 アルコールに精神的に依存してしまっている状態です。 「依存症」ですので、薬物依存と同じようなもので、 アルコールを飲まずにはいられなくなります。 そして、アルコールを飲む量を自分ではコントロールできず、さらにアルコールを飲まないと離脱症状が現れ、様々な症状から日常生活に支障が出て、最終的には社会的な地位を失い、家族まで失ってしまうことがある病気なのです。 アルコール依存症をわかりやすく言うと「 家族や仕事、社会的地位などよりもアルコールを飲むことを優先させてしまう病気」です。 普通に考えたら、いくらお酒が好きでも、家族や大切なものを失ってまで、アルコールを飲む続ける人はいません。 それでも、飲み続けてしまう、飲まずにはいられない病気がアルコール依存症なのです。 アルコール依存症は、男性の場合はアルコールを習慣的に飲み始めてから20~30年で発症、女性は10~15年で発症するとされています。 関連記事 ・ ・ アルコール依存症の患者さんは増えている? アルコール依存症の患者さんはどのくらいいるのでしょうか?日本で、飲酒日に大量飲酒をしている人は860万人とされています。 WHOや厚生労働省の調査によると、日本の飲酒人口は6000万人、そしてアルコール依存症の疑いのある人は440万人、 治療の必要なアルコール依存症の患者さんは100万人以上いるとされています。 宮城県仙台市の人口は約100万人ですので、仙台市の人口全員がアルコール依存症だと考えると、アルコール依存症の患者数はとても多いことがわかると思います。 しかも、アルコール依存症の患者数は増えているんです。 2003年に行われた調査ではアルコール依存症の患者数は80万人でしたから、この10年間で 大幅に患者数が増えています。 その女性の社会進出と団塊世代の高年齢化とされています。 女性の社会進出が進むことで、お酒を飲む女性が増え、そのままアルコール依存症になってしまうというパターンですね。 台所で料理酒などを飲むキッチンドランカーの女性も増えているんです。 さらに、団塊世代やその下の世代が続々と定年退職になっています。 定年退職になると、今まで仕事に打ち込んできた人はぽっかりと心に穴が開いて、時間を持て余し、ついついお酒を飲んでしまって、アルコール依存症になってしまうことがあるのです。 アルコール依存症の原因は? アルコール依存症の原因は、 アルコールの長期間にわたる多飲です。 アルコールは少量ならリラックスが効果があり、「百薬の長」と言われているように健康に良いとされています。 ただ、アルコールには依存性があり、長期間飲み続けていると、少量では満足できなくなり、飲酒量がどんどん増え続けてしまうのです。 ストレスがある時にお酒を飲むと、お酒を飲んでいる時はストレスを忘れることができたり、ストレスを発散できますので、「お酒を飲めば忘れられる」とどんどん飲酒量が増える原因になってしまいます。 そのため、アルコール依存症は決して特別な病気ではなく、飲み続ければ誰でも発症する病気なのです。 ただ、ストレスでお酒を飲み続けても、アルコール依存症になる人とならない人がいます。 この差は、 遺伝が関係していると考えられているんです。 アルコール依存症の原因を語る時に、遺伝は避けては通れないものです。 引用: アルコール依存の発症に遺伝要因が占める割合はおよそ2分の1から3分の2と推定されています。 引用: たとえば、お酒に強い人と弱い人がいますね。 あれはアルコールを分解する酵素の活性が関係していて、 遺伝的な要素がとても強いのです。 お酒に弱い人は、少し飲むだけで顔が赤くなり、頭が痛くなり、息苦しくなりなどの不快な症状が次々現れますので、お酒をあまり飲もうとしません。 これは、アルコール依存症の大きな抑制となっているのです。 逆に、遺伝的にお酒が強い人はお酒を飲んでも不快になることは少ないので、お酒の量がどんどん増えていき、アルコール依存症になりやすいのです。 アルコール依存症の症状 アルコール依存症は、精神的な症状と身体的な症状、精神的な合併症、身体的な合併症の4つがあります。 アルコールへの精神的な依存 アルコール依存症は、アルコールを飲まずにはいられなくなる病気です。 アルコールに精神的に依存している状態です。 ・手の震え ・多量の発汗 ・寝汗 ・動悸、頻脈 ・高血圧 ・吐き気、嘔吐 ・下痢 ・イライラ感、焦燥感 ・不安感、抑うつ症状 ・幻聴 ・幻覚 ・不眠 ・不整脈 ・集中力の低下 参考: このような離脱症状が出てしまうため、離脱症状を抑えようと、またアルコールを飲んでしまい、アルコール依存症が悪化するという悪循環に陥ることもあります。 身体的な合併症 アルコール依存症になると、アルコールを多飲することによる身体的な合併症が現れます。 そうすると、脂肪肝になり、さらにアルコール性肝炎、肝硬変と悪化していくことになります。 肝硬変になると、死亡率が非常に高くなりますので、とても危険な合併症なのです。 これは、肝障害で門脈圧が上がることが原因です。 食道静脈瘤が破裂すると、大量の吐血をして、ショック症状を起こしてしまいますし、肝障害が原因だと出血が止まりにくいので注意が必要です。 慢性膵炎の原因の多くはアルコールの多飲とされています。 膵炎が起こると背部痛や上腹部痛が起こりますが、膵炎の痛みは鎮痛薬が効かないことが多く、急性膵炎は死に至ることもあります。 アルコール依存症の代表的な合併症は以上の3つですが、これ以外にも次のような合併症が現れることがあります。 ・急性胃粘膜病変 ・胃潰瘍、十二指腸潰瘍 ・マロリー・ワイス症候群(食道や胃の粘膜に裂創が生じて大量吐血をする) ・吸収不良症候群(栄養を吸収できない) ・アルコール心筋症(心肥大や不整脈、動悸) ・アルコール・ミオパチー(筋肉の壊死や萎縮) ・ウェルニッケ脳炎(眼球運動障害、歩行障害、意識障害) ・アルコール小脳変性症(歩行障害、言語障害、振戦、筋緊張低下) ・多発神経炎(近く鈍麻、痛み、痺れ、運動障害) 精神的な合併症 アルコール依存症は精神的な合併症を引き起こすこともあります。 アルコール依存症の人は、 パニック障害やうつ病、不安障害などを合併していることが多いんです。 また、アルコールの多飲は大脳を萎縮させますので、認知症のような症状が現れることがあります。 大脳が萎縮することにより、知能低下、人格変化などを起こす。 進行すると社会生活は不可能になる。 引用: アルコール依存症、末期になると… アルコール依存症の患者さん本人は、自分がアルコール依存症だとなかなか認めません。 アルコール依存症は 否認と自己中心性が特徴的な病気であり、アルコール依存症だと周囲の人から指摘されてもそれを認めず、さらに自分の都合の良いようにすべて解釈してしまうのです。 そのため、アルコール依存症はなかなか治療が進まずに、どんどん症状が悪化してしまいます。 まずは、アルコール依存症の進行段階による症状や影響を見ていきましょう。 第一段階 ・毎日お酒を飲む ・お酒がないと物足りなくなる ・お酒の量が少しずつ増えていく 第二段階 ・お酒が切れると、発汗や微熱、悪寒、下痢などの離脱症状が出 る ・離脱症状を自覚していない ・飲まないと落ち着かない ・家族にお酒の量が多いことを指摘される ・健康診断でアルコールを控えるように言われる ・遅刻や飲酒運転、判断ミスなどお酒が原因のトラブルが出始め る 第三段階 ・離脱症状が出るために、朝からお酒を飲むようになる(迎え 酒) ・お酒が原因のトラブルが増える ・お酒が原因で家族との関係性が悪くなる ・お酒を隠れて飲む ・お酒を飲むために嘘をつく ・会社内での仕事にも明らかな影響が出始める 参考: ここまでがアルコール依存症の第三段階です。 これより先に進むと、アルコール依存症の末期になります。 アルコール依存症の末期症状をご紹介します。 <飲酒に関する症状> ・昼夜関係なくお酒を飲んでいる ・お酒の量をコントロールできない ・アルコールを飲まないとすぐに離脱症状が現れるため、飲み続ける ・酔いつぶれるまでお酒を飲む。 目が覚めるとまたお酒を酔いつぶれるまで飲む。 これを繰り返す <離脱症状に関するもの> ・お酒を飲まないと見当識障害が起こり、時間や場所、物事がわからなくなる ・小さな虫の群れが見えるなど幻視が起こる ・不安や恐怖から興奮状態になる <家族・社会に関するもの> ・アルコールが原因で仕事中にトラブルを起こすためクビになり無職になる ・経済的に困窮するが、有り金は全てアルコール購入費になる ・家族に見放される ・それでもお酒を飲むため、財産・社会的地位・家族、すべてを失う <合併症に関するもの> ・肝硬変が進み黄疸が出てくる ・食道静脈瘤破裂で吐血を繰り返す ・肝臓がんや食道がんを発症する ・膵炎による痛みに苦しむ ・アルコール性認知症で何もわからなくなる どうでしょうか?アルコール依存症を放っておき、末期になるとこのような状態になるのです。 家族や社会的地位、財産等大切なものを失い、さらには 健康を害し、 脳が委縮して若くして認知症を発症しても、それでもアルコールを飲まずにはいられないのが、アルコール依存症です。 アルコール依存症を放っておくと、貧乏でみすぼらしい状態で、吐血やがんなどが原因で孤独死をする可能性が高くなります。 それでも、あなたはアルコール依存症を否認しますか?治療を受けないのですか? アルコール依存症のチェックリスト 自分がアルコール依存症かもと思いつつも、「まさか自分は違うよね」と思っていたり、家族がアルコール依存症の可能性があると思っている人はたくさんいると思います。 アルコール依存症の可能性が高いかどうか、チェックリストで確認してみましょう。 ・第一段階= 解毒治療 ・第二段階= リハビリ治療 ・第三段階= 退院後のアフターケア 参考: アルコール依存症は基本的に 入院して治療を行いますが、 退院後も継続して治療を続けていく必要があります。 なぜなら、アルコール依存症の人は、治療が終わった後も飲酒量をコントロールすることができず、1回でもアルコールを口にすると、またアルコール依存症に逆戻りしてしまうためです。 そのため、退院後も治療を続けて、 断酒を継続していかないといけないのです。 そういう意味では、アルコール依存症は完治することはなく、上手に付き合っていく必要がある病気と言えるでしょう。 ただ、アルコール依存症の治療をしても、 断酒できる割合は20~30%しかありません。 残りの70~80%は断酒を続けられないのです。 アルコール依存症の人が断酒を続けるのは、とても難しいのですが、次の三段階の治療を行うことで、断酒への一歩を踏み出すことができます。 第一段階=解毒治療 アルコール依存症の治療、第一段階では解毒治療を行います。 解毒治療とは、 身体からアルコールを抜く治療になります。 アルコール依存症の人は、アルコールが身体から抜けると離脱症状が現れますので、離脱症状が辛くて、またお酒を飲んでしまうのです。 でも、アルコール依存症を治療するためには、アルコールを身体から抜かないと始まりません。 解毒治療は入院して、アルコールが絶対に手に入らない環境の下で行われます。 アルコールを飲まないと、幻視や幻聴、発汗、動悸、振戦などの辛い離脱症状に襲われますが、通常は 1週間程度で治まります。 第二段階=リハビリ治療 アルコールを身体から抜いた後は、リハビリ治療を開始します。 8週間の間にアルコール依存症に関する知識と回復の方法を学びます。 引用: このリハビリ治療の目的は、 どうやったら断酒できるかを知り、実行できることです。 そのためには、アルコール依存症の正しい知識を得ることが大切ですし、家族が一緒に治療に参加することも重要になります。 自助グループへの参加も、このころから少しずつ始めていきます。 第三段階=退院後のアフターケア 退院後のアフターケアは、次の3つが核となります。 ・病院、クリニックへの通院 ・抗酒薬の服用 ・自助グループへの参加 この3つは、アフターケアの3本柱となるのです。 定期的に通院することで、アルコール依存症の治療や断酒へのモチベーションを保つことができますし、医師にと面談することで、問題点等が浮かび上がってくることがあります。 断酒を続けるための補助的な役割として、抗酒薬があります。 抗酒薬はシアナマイドとノックビンの2種類がありますが、どちらもアセトアルデヒド脱水素酵素の働きをブロックする作用がありますので、 お酒が弱い人がお酒を飲んだ時の症状(フラッシング反応)がすぐに出るのです。 しかも、その症状はとても強く出ます。 フラッシング反応とは呼吸困難や動悸、頻脈、顔面紅潮、悪心・嘔吐、血圧低下、めまい、脱力、視力障害などです。 抗酒薬を飲んでいると、お酒を飲むとすぐにこの強いフラッシング反応が出ます。 お酒を飲んでも不快にしかなりませんので、断酒を続けることができるのです。 自助グループとは、 アルコール依存症の人が集まって、それぞれの自己体験を話すことが基本になります。 日本にはAA(アルコホーリクス・アノマニス)と断酒会の2種類がありますが、どちらも基本は同じで「アルコール依存症の人が断酒を目指す」ことを目的としています。 同じ目的を持ち、同じ病気で苦しんだという共通点を持つ人が集まることで、断酒の強い意識付けができるのです。 アルコール依存症の原因・末期の状態・治療法についてのまとめ ・アルコール依存症の原因 「アルコールの長期間にわたる多飲」「遺伝が関係していることもある」 ・アルコール依存症の症状 「精神的な依存」「離脱症状が出る」「身体的な合併症」「精神的な合併症」 ・アルコール依存症末期になると健康や大切な物を失う可能性が高くなる ・アルコール依存症の治療方法 「解毒治療」「リハビリ治療」「退院後のアフターケア」 アルコール依存症の原因や症状、末期の状態、チェックリスト、治療法をまとめました。 アルコール依存症は単なるお酒好きではなく、すべてを失ってもお酒を飲まずにはいられないという怖い病気です。 アルコール依存症になると、患者さん本人の健康を損なうだけではなく、家族を失い、財産や社会的地位など全てを失うことになりますので、早めに治療を行いましょう。 また、アルコール依存症の治療には家族の協力が必要不可欠です。 家族と一緒に断酒を目指して、アルコール依存症を克服していきましょう。

次の

アルコール依存症の芸能人32名~悲惨な末路の有名人も【2020年最新版】

アルコール 依存 症 末路

「自分で酒を止められるから、依存症ではない」「 お酒が飲めないから、依存症ではない」 そんな声を良く聞きます。 アルコール依存症は、朝から飲んでいる、 お酒が止められない、といった症状をイメージしますが、もっと広く、 「アルコールを飲むことによって、社会生活に問題を起こす状態」を、 依存症であるという定義もあります。 ですから、 ・お酒を飲んで遅刻する、 仕事の効率が上がらない ・お酒のせいで、家族が生活を楽しめない これも、 既にアルコール依存症が始まっているといえるのです。 アルコールという薬物 ・・飲めなくてもなる依存症 アルコールは、麻薬や覚せい剤と同じような、「依存性」のある薬物です。 合法だから、安全というわけではないのです。 依存症になった、とは脳の回路の中に、アルコールをほしくなる回路ができた状態で、本人の好みや意思とは無関係に欲しい状態ができます。 ですから、「アルコール依存症」は、人格ではなく病気なのです。 大酒のみでも依存的ではない人も ごくまれにですが いますし、ビール1杯で真っ赤になるのに、依存症になって苦しまれている方も本当にいらっしゃいます。 依存症・・・依存とは? アルコール依存症はかつてアルコール中毒 アル中 と呼ばれていました。 依存症と言う名称は、以下の4つの状態のうち依存がもっとも問題の中核となることから、使われるようになりました。 中毒:ある物質が体の中に入って障害が起こった状態 身体的な症状を表します。 乱用:つかの間の快感を追求するために物質を使用する 症状に関わらず大量に飲酒する状態• 嗜癖:なかなかやめられない、という悪い癖のような状態• 依存:薬物による快感を味わうためと、薬物がないことによる 不快感から逃れるため、自分ではやめられない状態 アル中というと、大量のお酒を飲んで酔っぱらった状態をイメージします。 しかし、病気の本当の問題はアルコール依存症です。 お酒を飲んでいなければ、何も問題はありません。 しかし飲んでいないときも「依存」への欲求が消えているわけではありません。 常にアルコールという薬物への依存の回路が存在しています。 ですから、依存症は飲んでいない状態でもなりたちますし、こころと脳の病気ですので、精神科での治療が行われています。 アルコール依存症は死にいたる病気 アルコール依存症にかかり重症になって、アルコールが体から抜けると、幻覚が見えたり、体がショック症状を起こすといった「禁断症状」が起こります。 アルコールほしさに暴れたり、場合によっては人のお金を盗んでしまう、という事件になる発展することもあり得ます。 しかしたいがいはそれより先に、内科の病気である、肝臓病や、糖尿病等の病気を引き起こします。 中でも糖尿病は、目が見えなくなったり、体が動かなくなったりといった症状を起こすことのある怖い病気です。 また、酔っ払って川に落ちる、家や路上で意識不明のまま倒れている、などの事故もあり、結果としてそのまま死に至ることもあります。 アルコール依存症になる。 仕事ができなくなる。 時間ができてまた飲む。 お金が無くなる。 家族が見放し離れていって、一人になる。 やがて色々な病気になったり事故に遭ったりして、気が付くと部屋で一人で亡くなっていた。 そんな末路を、数多く見る病気です。 依存症はまず、本人に自分が病気なのだ、という意識がありません。 しかし、それ以上に、家族自身も「意思が弱いだめな人」と思ってしまうのが、最大の問題です。 また、体調を崩してお酒が飲めず内科の病院に入院し、直ったら元気になってまた飲んでしまう。 そんなサイクルを作ってしまう病院にも、病気の意識が足りない、といえるかもしれません。 お酒を止める ・・それしか方法はありません! 「もう少し、うまい飲み方をしなさいよ」「一杯だけならいいよね」 よく聞く言葉です。 でも、覚せい剤や麻薬の中毒患者に、禁断症状がでて苦しそうだからと、少しだけ飲ませたりするでしょうか? アルコール依存症も同じです。 一杯飲めば、どうしても次が欲しくなる。 そのような頭の回路ができている=病気だからです。 「意志が弱い」というレベルの問題ではないのです。 ですから、 依存症になったら一切お酒は止める。 これしか方法はありません。 今日だけ、この一杯だけ、は 絶対に本人のためになりません。 あとの 禁断症状がつらくなり、よりお酒への欲求が高まるだけです。 かわいそうだ、と思う家族の気持ちが、逆に本人の病気を悪化させているのです。 依存症が進むと、こっそり隠れて飲む、暴れたり暴力をふるって無理やり酒を要求する、といった行動が出てきます。 家族が心を鬼にしても、きっぱりと「止めよう」と言える事が、病気から逃れる第一歩です。 アルコール依存症の方は、「お酒さえ飲まなければいい人」、ということが多いようです。 一切お酒を飲まない。 好きな方にとっては大変つらい決断ですが、これさえ守れれば、健康で幸せな生活を続ける事が出来るのです。 アルコールも 強い「依存性」のある「薬物」です。 薬を止めますか。 それとも人間を止めますか。 という言葉がありましたが、アルコールの場合も依存症になってしまってからは、まさにこの言葉が当てはまるのです。 まず、本人と家族が協力してお酒を断とうとするスタートラインに立つこと。 そこから全ては始まります。 関連|.

次の

アルコール依存症に関する誤解と真実|特定非営利活動法人アスク

アルコール 依存 症 末路

アルコール依存症は放っておくとどんどん進行していってしまう病気です。 治療を受けずに放置した場合、最終的にはどうなるのでしょうか。 ここでは、アルコール依存症が重症になってから、その末路まで、どうなっていくのかをお話します。 アルコール依存症が重症化したら アルコール依存症は前述のとおり、治療を受けずに放置しておくと、どんどん重症化してしまいます。 これには例外はありません。 何故なら治療を受けないのであれば、お酒を止める手段がないからです。 重症化すると、1日中お酒を飲むようになり、まともな会話ができなくなり、常に意識も朦朧とした状態になってしまいます。 家族に暴力を振るったりすることもあるでしょう。 そういったシーンはドラマなどで見たことがある人もいるかもしれません。 周囲の人には手に負えなくなってくるため、家族も逃げ出してしまうことが多いでしょう。 子供の場合は、家に寄り付かなくなってしまいます。 アルコール依存症の末路 上記のように重症化しても、治療を受けなければそのままお酒を飲み続けるだけです。 そして、やがて死に至ります。 アルコール依存症の人が死に至るケースは、アルコールの影響からの合併症で突然死・・・というだけではありません。 本人が自殺してしまうことも、少なくないのです。 アルコール依存症は、発症してしまうと、10年後生存率は6割と言われています。 6割なら多いと思うかもしれませんが、アルコール依存症自体は、ガンなどのように、すぐに生死が関わるような病気ではありません。 それにも関わらず、10年以内に4割の方が亡くなっているのです。 そう考えてみると、この死亡率はとても高いと言えるのではないでしょうか。 こんな末路を迎えないためにも、お酒は節度を守って楽しみましょう。 そして、アルコール依存症になったことのある人は、二度とお酒を飲まないようにしてください。

次の