差し出がましい 類語。 「差し出がましい」の例文・使い方・類語・語源|敬語/ビジネス

「おこがましい」の意味とは?使い方の例文や類語との違いを解説

差し出がましい 類語

「おこがましい」ってどんな意味? 一言断りをいれる時や、会話でワンクッションおきたい時に使う「おこがましい」という言葉。 そもそも「おこがましい」とはどのような意味なのでしょう。 「おこがましい」は生意気・ばかばかしい 「おこがましい」には、身の程をわきまえないという意味があり、差し出がましい・生意気だという意味になります。 また、ばかばかしい・ばかげているという意味でも使用することが可能です。 主に自分に対して使う謙譲の意を持つ表現 「おこがましい」という単語は、主に自分のふるまい・状況に対して使用します。 相手に対して「おこがましい」と使うことはあまりありません。 自分を下に見て、相手を立てる「謙譲」のニュアンスを含む言葉です。 漢字で書くと「烏滸がましい」 「おこがましい」は通常ひらがな表記ですが、漢字で書くと「烏滸がましい」となります。 その由来は中国にあり、昔うるさいこと・やかましいことを水際(滸)のカラス(烏)に見立て「烏滸(おこ)」としていたことから、同様の意味としてこの漢字が使用されたといわれています。 また、「痴がましい」と表記することもあります。 こちらは、知恵が足りない・おろかという意味の「痴」を使った表現で、「ばかばかしい」の意味を的確に当てた表記です。 漢字で表すことはあまりありませんが、意味を覚えるのに役立ててみてください。 英語では「presumptuous」 英語で「おこがましい」を表現する際は、僭越な・無遠慮な、という意味のある「presumptuous」を使います。 「presumptuous person」というと生意気な人という意味です。 また、「It is presumptuous of him to criticize. (批判するとは差し出がましい)」という使い方もできます。 「おこがましい」の使い方は?ビジネスにおける例文 「おこがましい」という単語は、ビジネスシーンではどういった使い方がされているのでしょう。 具体的な例文とともに紹介します。 たとえば、上司に意見を求められた場合に、「私が口を挟むのはおこがましいのですが」のように前置きとして使うと、謙虚な姿勢が伝わります。 また、自分をへりくだった言い方をすることで、相手の受け取り方も寛容になるものです。 丁寧な印象を与えたい時にも使えます。 「おこがましいお願い」という言い方も可 相手に何かを依頼する際には、「おこがましいお願い」という使い方ができます。 たとえば、「おこがましいお願いで恐縮ですが」と言うと、差し出がましいことを依頼して申し訳ないという意図を伝えることができます。 また、何か対応してもらった後に、「おこがましいお願いをしてしまい、申し訳ございませんでした。 ありがとうございました」とすると、より深い感謝の意を伝えることができます。 たとえば、「おこがましいようですが、こちらのデータには誤りがあるように思います」というように、目上の人に対してどうしても指摘しなければならないようなシーンで便利な表現です。 自己アピールでは「自分で言うのもおこがましいのですが」 「おこがましい」の持つ、生意気なという意味で使用した例では、「自分で言うのもおこがましいのですが」という表現がおすすめです。 面接や営業など、自己アピールの場で使うことができます。 たとえば、「自分でいうのもおこがましいのですが、競合他社と比べ弊社製品は汎用性が高いことがウリです」というと、謙虚ながらもしっかりとPRが可能です。 「おこがましい」の類語表現 「おこがましい」に似た「~~しい」という表現には、ずうずうしい・あつかましいなどがあります。 それぞれどう違うのでしょう。 類語表現とともに紹介します。 「身の程知らず」とは身分や能力をわきまえないこと 「おこがましい」の意味としても紹介しましたが、「身の程知らず」が類語です。 自分の身分や能力、立場を心得ていない様を指す言葉です。 「おこがましい」の持つような謙虚なニュアンスはありませんが、「彼は身の程知らずだが、将来性を秘めている」という風に使うこともできます。 「あつかましい」は遠慮がない様子 「あつかましい(厚かましい)」は、行動・言動に遠慮がない、慎みがないという意味です。 「おこがましい」は、目上の人に対する配慮や申し訳なさを含みますが、「あつかましい」は文字通り、遠慮がないという点で異なります。 「ずうずうしい」は迷惑にも平気な様 「あつかましい」とも似た言葉に、「ずうずうしい(図々しい)」があります。 「ずうずうしい」は、迷惑をかけているにもかかわらず平気でいる様子に使います。 先に紹介した「あつかましい」が無遠慮で失礼なニュアンスなのに対し、「ずうずうしい」は迷惑をかけているという点がポイントです。 「恐れ多い」はより謙譲の意が強い言葉 「恐れ多い」とは、目上の人や尊敬する人に対し、失礼になり申し訳ないと思ったり、相手の厚意に対しもったいない・ありがたいと思ったりすることを指します。 「おこがましい」にも謙譲のニュアンスを持つ言葉として使われますが、「恐れ多い」は単語そのものに謙譲の意が含まれる点が特徴です。 「差し出がましい」はでしゃばること 出過ぎた感じがあること、必要以上に関与しようとすることを意味する「差し出がましい」も、「おこがましい」の類語表現です。 「おこがましい」の言い換えとしても使用することができます。 そのほか、自分の立場を超えて出過ぎたことをするという意味の「僭越(せんえつ)」なども、「おこがましい」の類語です。 まとめ 身の程をわきまえないという意味のある「おこがましい」は、生意気な・差し出がましい・ばかばかしいなどという意味で使用されます。 ビジネスシーンでは特に、意見したり依頼したりする際に、「おこがましいのですが」と前置きするクッション言葉としても重宝する表現です。 コミュニケーションを円滑にするワードとして活用してみてください。

次の

「おこがましい」の意味とは?使い方の例文や類語との違いを解説

差し出がましい 類語

「差し出がましい」の意味と類語 「差し出がましい」とは「でしゃばるようなこと」を意味する 「差し出がましい」とは「でしゃばるようなこと」や「余計なことをするような」という意味です。 相手に何かを伝える際や謝罪、お願いをする際に使われます。 例えば、相手に「でしゃばるようなこと(余計なこと)を言いますが」と伝える際は「差し出がましいことを言いますが」となります。 「差し出がましい」という言葉自体は敬語表現ではないため、上司や同僚・部下に使う際は前後の文章の言い回し方を変えて使ってください。 また、上司に対し言い出しにくいことを言う際のクッション言葉としても使われます。 「出過ぎたこと」を意味する類語「僭越(せんえつ)」 「差し出がましい」の類語である「僭越(せんえつ)」には「立場をわきまえずに出過ぎたことや出過ぎたまねをすること」という意味があります。 「差し出がましい」との違いは、使える相手が決まっているということです。 「差し出がましい」は目上・目下関係なく使える言葉ですが、「僭越」は立場が自分よりも上の相手に使います。 例えば目上の相手に対して意見を述べる際、「僭越ながら私からご提案がございます」となります。 「僭越ながら」や「僭越ではございますが」のほか、「僭越な物言いではありますが」などの言い回しができるので、状況によって使い分けてください。 「ずうずうしい」を意味する「厚かましい」も類語 「人の迷惑を考えずにずうずうしい様子」を意味する「厚かましい」も「差し出がましい」の類語です。 類語ではあるものの「差し出がましい」は「でしゃばるようなこと」を意味するのに対し、「厚かましい」は「ずうずうしい」「遠慮がなく迷惑な様子」を表す言葉となります。 ビジネスシーンではクッション言葉として「厚かましい」を使いますが、言葉自体はマイナスな言葉ですので使い方に注意してください。 類語である「おこがましい」は「身の程知らず」という意味 「差し出がましい」に類語の1つが「おこがましい」です。 「身の程知らず」という意味を持つ「おこがましい」は「差し出がましい」と同じ意味で使われ、クッション言葉としてもよく聞くフレーズです。 目上の相手への「差し出がましい」の使い方 「でしゃばった質問」を意味する「差し出がましい質問」 目上の相手に対してでしゃばった質問をする際、クッション言葉として「差し出がましい質問」という言い回しが使われます。 上記の例文の場合「でしゃばった質問をして申し訳ないのですが」とワンクッション入れることで、ただ質問をするよりも丁寧な印象を与えることができます。 「差し出がましいまね」とは「でしゃばったまね」 「差し出がましい」を使った言い回しの1つに「差し出がましいまね」があります。 「でしゃばったまね」を意味する「差し出がましいまね」という言葉は、立場が上である相手へ行動を起こす際のクッション言葉として多く使われます。 また、クッション言葉として以外にも「差し出がましいまねをして申し訳ございません」と、自らのでしゃばった行為に対して謝罪するシーンに使えます。 「差し出がましい」はメールでも使える 「差し出がましい」は話し言葉だけでなく、メールや手紙などの書き言葉としても使えます。 取引先の担当者や他部署の上司など、目上の相手とメールで連絡を取り合うことは多々ありあます。 例えばお願いごとをする際に、本題へ入る前のクッション言葉として上手く「差し出がましい」を取り入れることで丁寧な印象を与えることができます。 「差し出がましい」を使った例文 「差し出がましいことを申しまして、申し訳ありません」を使った例文 「差し出がましいことを申しまして、申し訳ありません」は、でしゃばった物言いをした際の謝罪の言葉となります。 例えば、良かれと思って放った言葉が結果として上司に迷惑を掛けることとなった場合「私は担当者でないにも関わらず差し出がましいことを申しまして、申し訳ありません」となります。 謝罪する際は「すみません」よりも「申し訳ありません」、更には「申し訳ございません」の方が丁寧な表現となります。 状況により適切な言葉を選んで使ってください。 「差し出がましいこととは存じますが」を使った例文 「差し出がましい」を使った言い回しの1つが「差し出がましいこととは存じますが」です。 例えば「差し出がましいこととは存じますが、こちらの資料を使った方が分かりやすいのではないでしょうか?」という文章だと、「でしゃばったまねだとは思うけど、こっちの資料の方がいいのでは?」という意味になります。 「差し出がましいことを申しますが」を使った例文 目上の相手に自分の意見を述べる際に「差し出がましいことを申しますが」が使えます。 例えば「差し出がましいことを申しますが、このままでは社員の不満が溜まる一方ではないでしょうか?」という文章だと、「でしゃばったことを言いますが」とクッション言葉として使われています。 まとめ 「差し出がましい」とは「でしゃばるようなこと」を意味する言葉で、謝罪やお願い事をする際に使われます。 本題に入る前のクッション言葉として使うことで、丁寧な印象を与えることもできます。 類語や言い回し方を変えて適切に使ってください。

次の

「厚かましい」の意味や使い方・類語表現を例文を用いて解説

差し出がましい 類語

指し出がましい人は、善意から他人の込み入った事にも関わろうとします。 しかし必要以上に関わろうとしてしまう為、周りの人達にとっては「おせっかいな人だ」と思われる事があります。 自分は「困っているようだから助けてあげたい」と思って行動していても、相手からすれば、他人には踏み込まれたくない状況である時もあります。 そんな時に根掘り葉掘り話を聞いてしまうと、差し出がましいと思われます。 周りの人の為に何か行動したいと思っても、1度冷静になって考えてみましょう。 もしかすると、その人自身が解決しないと意味のない事であったり、プライベートな事だから他の人に関わって欲しくないのかもしれません。 話を聞いて、手助けが必要かどうか判断してから動くようにしましょう。 そうする事で、おせっかいだと思われる事が格段に減ります。 世の中には自分に全く関係のない事でも、余計な手出しや口出しをしている人がいますね。 そんな人に対して、差し出がましいという言葉が使われます。 話の内容が的を射た物であれば、関係がなくても感謝される事があります。 しかし自分にとって関係ない話というのは、核心を突いたような事を話すのは難しいです。 そんな中で会話に加わると、大抵少しずれた事を話してしまいます。 そういった事が積み重なると「良く分かっていないのにでしゃばりだ」と思われてしまいます。 差し出がましいの由来、古語の「差し出づ(さしいづ)」は、出過ぎた事をするという意味です。 これに接尾語が付き「差し出がましい」という言葉が作られています。 でしゃばった事をして、周りに迷惑をかけてしまわない様に注意したいですね。 自分の身の丈に合わない事をすると、どこかで無理が出てきて、失敗する事になってしまいます。 自分自身のできる事・できない事を理解したうえで、他の人からの相談を受けてみると良い結果が得られます。 相談相手と自分自身の能力が同程度であれば、アドバイスや忠告も意味のある物になります。 相手もきっと、聞き入れたりアドバイスを取り入れたりする事でしょう。 もしこれが、その分野で相手の方が能力が高く、自分よりも優れていた場合はどうでしょうか。 おおよそ考えられる事をやりつくしている可能性が高く、他人が少し考えて出る様な解決策は、1度行っている事が大半です。 相手が悩んでいても、その分野に置いての熟練度合いを考えてみましょう。 とても高度な部分で悩んでいるのなら、愚痴を聞いてあげる程度に抑えておくのが得策です。 差し出がましいを使うときのポイント 敬語とともに使う 「差し出がましい」を敬語とともに使う事で、ビジネスなどの公的な場で使える言葉遣いになります。 元々が古語から来ているので、日本語としてもキレイですね。 婉曲表現が含まれる言葉なので、叱る時に使っていても言葉が強くなり過ぎないです。 普段からハッキリ喋る人は、気持ちが高ぶった時には意識して使うと良いですね。 日本語特有の奥ゆかしさや丁寧さが感じられるので、相手に対してしっかり話したい時や謝罪したい時などにも使えます。 何か失敗をしてしまった時に、敬語と合わせて謝罪しましょう。 こうする事で、申し訳ないという感情をしっかりと伝えつつ、相手に対して謝る事ができます。 全体的にキレイに言葉がまとまるので、どんな場面で使うかを考えイメージしておくと良いでしょう。 頭の片隅に残っていれば、使いたい言葉がスッと出てきます。 考えながら言葉を出すよりも、会話が途切れずに差し出がましいという言葉が出てくる方が相手の心象も良いですよね。 場面によって差し出がましい人は変わる 相手に対しへりくだる意味で、敬語として差し出がましいと使う事もあります。 しかし、おせっかいが過ぎて迷惑な人を指し、差し出がましい人だと言う事もあります。 その時々の状況に合わせて、差し出がましいの持つ意味が少し変わってしまう為です。 丁寧な意味でも悪い意味でも使えるので、どちらの意味かは話の前後を聞いて判断しましょう。 会話に出てくる差し出がましい人が、おせっかいな人なのか分不相応な話に口を出したい人なのか、それによっても対象者は変わってきます。 基本的に「差し出がましい」には「自分の領分を超えた」というニュアンスが大抵入っています。 その為、他人に使う時は基本的に、ある程度余計な動作をしている人が対象になっています。 その結果が吉と出るか凶と出るかで、話の内容が変わっていく事になるのです。 差し出がましくならない様に注意 どんな場合でもある程度使えるのが、差し出がましいと言う言葉です。 しかし、あまりに多用するのは考えものです。 「差し出がましい」という言葉の印象が強いので、多く使う事で周りの人に「差し出がましい人・出過ぎた真似をよくする人」の印象が付きやすくなってしまいます。 誠意を込める意味で使っていても、これでは本末転倒ですね。 また、そこまで多用している場合、自分の行動にも見直しが必要です。 謝罪の意味で差し出がましいという言葉を使っているのなら、その回数だけ行き過ぎた事をしているはずです。 丁寧な言葉を使うのは素晴らしい事ですが、その背景にある自分の行動自体にも目を向けなくてはなりません。 差し出がましい行動を取ってしまった事を反省し、今後の自分に活かす事で、周囲からの評価が良い方に変わっていきます。 」の様な例文が成り立ちます。 この様に、目上の人や、立場が上の人に具申したい時に敬語とともに使う事ができます。 相手に対して言いにくい事だけれど、どうしても言わなくてはならない場合もありますね。 このまま進めていけば失敗する事が予測される時や、もっと良い方法が他に存在する時です。 しかし、相手がその分野に精通していれば、口を出す事もためらわれる場合が多いです。 そんな時の「差し出がましい」の使い方が、話の最初にクッション言葉として敬語と一緒に使われている例文です。 事前に、自分には過ぎた真似だと言っておくと、話としても聞いて貰いやすいです。 これで相手の気分を損ねる事なく、自分の思っている事を十分に伝える事ができますね。 これは、他人に対し苦言を呈する事が多く、良い意味になる事が少ない使い方です。 例えば、その道の第一人者に対して、わざわざ言わなくても良い様な事・しなくて良い行動というのは存在します。 そんな時に使える例文が「あの人に対して、今の行動は差し出がましいですよ。 」となり、相手を諫める事ができます。 他人が何か余計な事をやってしまった時、傍から見ていてそれが分かる位に大きな出来事であれば、教えてあげた方が良いですね。 相手の事を気遣って行った事でも、相手や場合によっては、かえって失礼にあたる事もあります。 周りが気付いてフォローする事で、言った方も言われた方も、気分を害さずに済みます。 諫める為の表現としても品があるので、その場の雰囲気が悪くなり難いですね。 その他の例文 自分に対しても他人に対しても使えるのが「差し出がましい」という言葉です。 先輩や目上の人に対しても使え、後輩などの指導にも活用する事ができます。 目上の人に対して敬語と使う場合「差し出がましい事を口にしました。 」「差し出がましくも、申し上げます。 」と言う例文になります。 自分を謙遜して使う場合が多いです。 例文として「差し出がましい事をして、すみませんでした。 」という使い方もします。 自分に落ち度があり、余計な事をしたと感じた時に、謝罪とともに使います。 また、目下の人に対しての例文として「今のは少し差し出がましいよ。 」「あの人には差し出がましい事はしない様注意してね。 」があります。 後輩を叱責する時や、事前に注意すべき事を教える時にも使う事ができます。 色々な例文が作れる言葉なので、周囲の状況に合わせて使い分けましょう。 差し出がましいの類語の使い方は 間違えやすい類語・おこがましいとは 「差し出がましい」の類語としては「おこがましい」が良く知られています。 おこがましいとは、自分の身の程を知らないと言う意味で使われており、自分自身に対してのみ使う類語です。 「差し出がましい人」の様に、他人に対して使う事はありません。 他人に対して遠慮や謙遜をする時に使い「自分などが口を出すのは生意気ですが」の意味で、クッション言葉として使います。 差し出がましいと同じ様に、敬語と合わせて使う事のある言葉ですね。 言葉が似ているので、他人に対して「おこがましい人だ。 」等とは使わない様に注意が必要です。 スピーチでも使える類語 「差し出がましい」の類語として「僭越」と言う言葉があります。 大勢の人の前でしゃべらなくてはならない時、何かの代表者として話さなくてはならない時によく使います。 「出過ぎた事をする」といった意味があり、上の人に意見する時にも使われる類語です。 沢山の人の前でスピーチをする時には、話の前置きは極力短くしたいですね。 前置きが長いと、聞き手の集中力も続かなくなってしまいます。 そんな時に使える類語が「僭越」です。 「自分が前に出て話すのは出過ぎた事で、大変失礼ですが」と言う意味で「僭越ながら」を使います。 日本では謙遜し謙虚な態度をとる事が、多くの場合良しとされています。 しかし公的な場で長々と謙遜しているのも、聞き手からすれば疲れてしまいますね。 端的にへりくだった表現ができるので、意味と一緒に覚えておきましょう。 その他の類語の使い方 差し出がましいに対する他の類語としては「でしゃばり」や「ありがた迷惑」があります。 どちらも他人に対して、余計な事をしてしまった時に使われる言葉ですね。 善意であったり好奇心であったりと、根底にある気持ちとしては様々です。 どうにか力になりたいと思っての行動だったかもしれません。 しかし自分の力量を考えずに助けに入ってしまうと、却って物事が進まなかったり時間が余計にかかってしまいます。 そんな時に使われる言葉なので、良い意味は含まれていないですね。 他の類語も、ほとんどが「自分の分を弁えない」という意味の物です。 人の批判に使われる言葉が多いので、自分自身には使われたくないですね。 自分の能力や立場を意識して周囲の手助けをする事で「弁えずに出しゃばってくる人」の印象は避ける事ができます。 差し出がましいを正しく使おう 人の批判にも自分の謙遜にも使える「差し出がましい」は、意味を正しく理解する事で、使い方の幅が広がりますね。 あまり悪い意味では使いたくないですが、人をたしなめる時にも使えるので便利です。 他にも使い方が間違っていたり、レパートリーが多く言葉選びに悩む言葉もありますね。 例えば人に連絡をする時の敬語でも、数多くの種類があります。 どんな表現がその場にピッタリなのか例文等を調べておくと、会話や文章の中であわてる事がなくなります。

次の