聯合 ニュース。 聯合ニュース

金正恩氏は手術を受けてない―韓国大統領府高官=聯合ニュース

聯合 ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国防衛事業庁は26日、防衛事業推進委員会の会議を開き、「空の指揮所」と呼ばれる航空管制機の国外からの購入計画を盛り込んだ「航空管制機第2次事業推進基本戦略案」を審議、議決した。 具体的な導入数は公開されていないが、2機を新たに導入する可能性が高いとみられる。 現在空軍は早期警戒管制機E737(ピースアイ)4機を運用している。 航空管制機は敵のミサイル・航空機などの目標を探知し、自軍を指揮・管制する役割を担うもので、空中早期警戒管制機とも呼ばれる。 防衛事業庁は「周辺国の脅威の高まり、韓国防空識別圏(KADIZ)の拡大による追加任務の遂行条件の保障、監視の空白の最小化のため航空管制機を新たに確保する」と説明した。 航空管制機の第2次事業は2021年から27年まで行われ、総事業費は約1兆5900億ウォン(約1420億円)だ。 また、現在運用中の信号情報偵察機「白頭」の能力補完事業案もこの日の会議で議決された。 朝鮮半島周辺で発生する信号情報を収集する兵器体系を確保する事業で、国内で研究開発を推進する。 白頭は北朝鮮の軍事施設から発信される無線通信を傍受し、ロケットエンジンの火炎まで探知できるという。 事業期間は21年から26年までで、総事業費は約8700億ウォン。 航空管制機の追加導入と白頭の能力補強により、韓国軍独自の対北朝鮮監視能力が強化されると期待される。 このほか、防衛事業庁は戦術入門用訓練機「TA50 Block2」を新たに導入することを決めた。 戦術入門用訓練機は、空軍の戦闘操縦士養成のための航空機だ。 現在は高等訓練機「TA50」が空軍の戦術入門用訓練機として使用されている。 導入が決まったBlock2は、これまでの訓練機に比べ性能が向上したバージョン。 事業は24年まで進められ、総事業費は約1兆ウォンだ。

次の

金正恩氏 20日ぶりに公務に現れる=聯合ニュース

聯合 ニュース

韓国のトップ通信社である「聯合ニュース」は、株式の支配構造からすると、既に明らかな「国営通信社」だが、彼らは「韓国の基幹通信社」と名乗る。 報道姿勢の面で「国営通信社」にはなりたくないという意地があったのだろう。 だから、斜に構えて「国営通信社」らしからぬ政権に対する批判精神を見せることもあった。 文在寅(ムン・ジェイン)政権の「共産主義的言論政策」が、その背景にある。 日本では、ほとんど「笑い話」としてしか報じられなかったことだが、聯合ニュースの子会社「聯合テレビ」(ケーブルテレビ)が、文大統領の顔写真の下に北朝鮮国旗を配した映像を流したことがある(2019年4月10日)。 文氏の訪米を前にしたニュースで、ホワイトハウスをバックに、文氏とトランプ米大統領が並んでいる合成映像だ。 トランプ氏の下には星条旗、文氏の下には北朝鮮国旗。 思わず、「なるほど」と膝を打ってしまう映像だが、これはグラフィック映像編集過程での明らかなケアレスミスだろう。 聯合テレビに、そんな「確信犯」がいるはずがない。 ところが、すぐに韓国の新国技である「青瓦台への国民請願=ネットでの人民裁判」が始まった。

次の

【新・悪韓論】変貌する韓国・聯合ニュース… 中国や北のような“純国営通信社”への道 (1/2ページ)

聯合 ニュース

聯合ニュースは北朝鮮の朝鮮中央放送を引用し、5月1日のメーデーに金正恩氏が国内西部の平安南道順川市に建設された肥料工場の竣工式に現れたと記している。 竣工式には金氏の妹、金与正氏や内閣総理の金才龍氏といった党の幹部も出席した模様(ただし、ナンバー2として知られる崔竜海氏の姿はなかった)。 竣工式では金正恩氏自らテープカットを行い、工場を視察したという。 金正恩氏は工場の性能を高く評価し、「新世紀の要求にかなう化学産業の発達に向けて課題を明示した」と朝鮮中央通信は報じている。 金正恩氏が手術後にリハビリを受けていると韓国のデイリーNK紙が報じて以来、金氏重篤説が様々なメディアやSNSで飛び交った。 金氏重篤の報道を行ったデイリーNKやCNN、週刊現代はいずれも情報源を明らかにしていない。 また、SNSではこれらの報道をもとに金氏の死亡説まで飛び交う事態となっていた。 正恩氏の動静が最後に公式に伝えられたのは、4月11日の党政治局会議での姿。 米CNNによると、北朝鮮の国営メディアは27日、正恩氏が南アフリカのラマポーザ大統領に送ったとされるを公開した。 メディアでは連日、が流れた。 一方、スペインの朝鮮親善協会で委員長を務めるアレハンドロ・カオ・デ・ベノス氏はこの類の情報を「」としている。 また、によれば、米国研究グループは金氏の特別列車とみられる車両が北朝鮮東部の別荘近くに停車しているとする衛星写真の分析結果を公表し、金氏が別荘に滞在しているとの見方を強めていた。 関連ニュース• ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の