冷房 と 暖房 電気 代。 毎日ほぼ24時間エアコンを使い続けた結果電気代がえらい事に・・・

冷房と暖房どっちが高い?気になるエアコンの電気代

冷房 と 暖房 電気 代

エアコンの冷房と暖房 電気代がかかるのは? Last update 2018-07-12 21:08 エアコンの冷房と暖房、どちらのほうがどのくらい電気代がかかるのでしょうか?実際に同じ部屋、同じエアコンで比較してみました。 どちらも記録的な暑さ、寒さを記録した2017年8月と2018年1月の1ヶ月間のトータルのエアコンの電気代や外気温なども参考に比較してみました。 ただし、稚拙な文章でとても長くなってしまったため、結果だけを知りたい場合は、に進んでください。 Sponsored Link 目次• 比較する前に 条件など まず、でも書いたのですが、エアコンの消費電力と外気温の関係は非常に密接していて、1日のエアコンの電気代はほぼ外気温で決まります。 が、気温の変化を見てみるとびっくりするほど日によって気温が違います。 こちらは上が2017年8月の 最高気温と 最低気温。 下が2018年1月の 最高気温と 最低気温です。 例えば8月の気温は、35度の日があるかと思えば、最高気温が25度を下回る日が4日もありました。 1月に関しても最低気温が7. 5度の日もあれば、-2. 7度の日もあります。 あとで紹介しますが、夏の場合最高気温が25度を下回る日は、ほとんどエアコンは稼働させなくても快適に過ごすことができます。 エアコン 冷房 の1ヶ月の電気代 では、1日単位の電気代を調べましたが、今回は 2017年8月の1ヶ月のエアコン 冷房 にかかった電気代を調べました。 こちらのグラフは最高気温と冷房の電気代です。 このグラフを見ると、その日の最高気温と電気代は非常にシンクロしていることが分かります。 また、設定温度を28度にしていると 最高気温が25度以下の場合は、ほとんどエアコンを稼働していないか、稼働しても送風だけで電力を使っていなかったのどちらかになります。 35度なのに電気代が19円? 先ほどのグラフでは、9日に35度を記録したのにエアコンの電気代は19. 48円でした。 実はこの日は山登りに行っていて、お昼から翌日にかけて家を空けていたんです。 なので、夜間から明け方にかけてつけていたエアコンの電気代のみになっています。 サラリーマンやOLのように昼間働いている人は、10~16時の時間帯のエアコンをオフにするだけで、クーラーの電気代を3分の1ぐらいに減らすことが出来ます。 8月の1ヶ月のエアコン 冷房 の電気代は? さて、2017年8月にかかったエアコン 冷房 の電気代、 一ヶ月の合計は1,140円でした。 1日の平均電気代は、36. 8円でした。 またシーズン中 6月から9月 のエアコン稼働状況はこんな感じ。 6月中はほとんどエアコンを稼働させていなかったことが分かります。 また、9月に入ってからもガクッとエアコン稼働状況が落ちています。 グラフを見ると2017年は梅雨明けも早かったせいか、7月の方が8月より多くエアコンが稼働していたようですね。 また、シーズン中 6~9月 にかかったエアコン 冷房 の電気代の合計は、 2,586. 2円でした。 私が一人暮らしをしていたときの1ヶ月の電気代が、だいたい5000円。 年間だと6万円。 とすると、2,586円というのは約4. エアコン 暖房 の1ヶ月の電気代 今度はエアコンの 暖房の1ヶ月の電気代を調べてみました。 1年で最も気温が低いのは2月ですが、2018年の1月は記録的な気温の低さで、2月よりもずっと寒かったし1月は31日あるので8月との比較がしやすいので、1月の暖房費を調べてみました。 なおエアコンの設定温度は、20度です。 2018年1月のエアコン(暖房)の電気代の合計は、 1,609円でした。 1日あたり51. 89円になります。 8月の冷房の場合、1,140円で平均が36. 8円なので約1. 5倍、暖房の方が電気代がかかる計算になります。 私の友人やうちの両親は、暖房の設定温度を22度にしています。 エアコンは1度設定温度を変更すると、1日あたりの電気代が10円ほど上がります。 なので22度設定にしている場合は、1日あたり20円、電気代が加算され、1ヶ月に換算すると610円ほど高くなります。 暖房は1日中つけない 冷房の時はほぼ1日中つけっぱなしでしたが、暖房は寝ている間や昼間はスイッチをオフにしていました。 こちらが1月の最低気温と1日のエアコン 暖房 の電気代。 8月と違い、最低気温が高いときは電気代が安くなる点に注意。 ちなみに普通は、就寝時は暖房を切ると思いますが、つけっぱなしで寝た場合、真夜中は最も暖房がフル稼働する時間帯(外気温が低いため)なので、15日のように電気代は軽く130円を超えます。 都市伝説として、エアコンはつけっぱなしの方が安いというものがありましたが、暖房に関しては倍近くに跳ね上がるので、注意してください。 冷房と暖房の電気代の比較 さて、結局冷房と暖房、どちらが電気代がかかったのでしょうか? 2017年の8月の電気代と2018年1月の電気代を重ねてみました。 オレンジ色が暖房の電気代。 青色が冷房の電気代です。 冷房はほぼ1日じゅうつけっぱなしにしましたが、先ほども書いたように暖房は15日や23~25日以外は、必要がない時 昼間や寝ている時 は消しました。 にもかかわらず、暖房のほうが明らかに電気代がかかっていることが分かります。 もう少し詳しく見てみます。 8月25日の時間単位の電気代 こちらは最も冷房の電気代が高かった8月25日の電気代を1時間単位で調べたグラフです。 山のような形をしているのが分かります。 1月25日の時間単位の電気代 続いて最も暖房の電気代がかかった1月25日の1時間単位で電気代を調べたものがこちらのグラフ。 ただし、11~14時は太陽が登ってあ多々高いので、暖房もほとんど稼働していません。 が、それ以外の時間は常に暖房が稼働している状態です。 暖房のほうが電気代が高い理由 暖房の方が電気代が高い理由はすごく単純で、 冷房の場合は設定温度28度と外気温の差がせいぜい多くても7度 35度の場合 しかないのに対し、 暖房の場合は設定温度20度と外気温の差が最大22度 -2度の場合 と大きく開きがあるためです。 温かい日でも最低気温は7度程度なので、設定温度20度との差は13度もあります。 夏の場合は最高気温が設定温度の28度を下回る日も意外と多いため、冷房を稼働させない日も多いし、夜は大抵25度まで温度が下がるので、送風だけになることが多いからですね。 シーズンを通した電気代 今度はエアコンを使ったシーズン全体の電気代を出してみました。 6~9月に使った冷房の電気代の合計は、2,586円でした。 続いて12~3月に使った暖房の電気代の合計を求めてみます。 12~3月にかかった暖房の電気代は、3,609円でした。 暖房の方が1,000円ぐらい高くなりました。 1時間の電気代の推移 インバーターエアコンは、温度によって消費電力を調節するようになっています。 そのため、稼働すると一瞬だけ600W近くまで上昇し、その後は400W台で5分ほど稼働し続けます。 そのごは200Wまで落ち、20分(設定温度より下がる、もしくは上がるまで)稼働し、設定温度以下になると10分(もしくは設定温度より上がる、もしくは下がると)ほど送風だけになります。 これは冷房も暖房も同じような動作をします。 グラフを見ると平均200W(1時間で5円ほど)で推移しているような感じですね。 そこでエアコン以外の電化製品の1日の電気代を調べてみました。 パソコンの1ヶ月の電気代 デスクトップパソコンの1日の電気代(1日8時間ほど使用)を計測してみました。 ただしモニター(消費電力20~40W)は含めていません。 パソコンの場合、40~100Wの間を行ったり来たりします。 パソコンの場合は、1日にかかる電気代は6. 7~20. 5円でした。 平均すると15円前後だと思います。 また、モニターも含めると20円(モニターの消費電力を25Wとし、1日8時間稼働させたとする)になります。 1ヶ月のパソコンにかかる電気代は、20円 x 30. 電気ポットの電気代 続いて電気ポットの電気代も載せておきます。 ただし、このときは6月で室温が28度ぐらい合ったので、冬場はもう少しかかっていたかもしれません。 こうしてみるとパソコンも電気ポットも同じぐらいの電気代(13円前後)のようですね。 なお、6月27日から電気代が7円前後に下がっているのは、新型の省エネタイプの電気ポットを購入したからです。 1ヶ月の電気ポットにかかる電気代の合計は、旧型の製品だと、 13円 x 30. 5円 新型の省エネタイプだと、 7円 x 30. 5円 まとめ 多分、個人としては、ここまで徹底的にエアコンの電気代について研究(?)している人はいないのではないでしょうか? 笑) 今回私は暖房の設定温度を20度にしましたが、実は平年は18度にしています。 というか、16度以下にならないと暖房はつけないんです。 なので毎年12月や3月は、ほとんどエアコンは使いません。 ただし、椅子に敷くホットカーペットを併用しています。 このホットカーペットは80Wなので、1時間に2円程度。 1日8時間稼働させたとして、16円程度になります。 その代わり暑さが苦手なのですが、温暖化対策として、設定温度は政府が指定する28度にし、代わりに扇風機を2台用いてしのいでいます。 扇風機の消費電力は10~20Wと、エアコンに比べると微々たるものなので、今回は計算に含めていません。 実は効率がよいエアコン エアコンは他のヒーターなどに比べ、非常に効率がよいです。 暖房のエアコンがなかった時期は、ニクロム線の電気ヒーターを使っていたのですが、常時800Wもするので、コーヒーメーカー(1000W)と同時に使うと、ほぼ確実にブレーカーが落ちていましたが、暖房付きのエアコンに変えてからはブレーカーが落ちたことは一度もありません。 ちなみにオイルヒーターは、1600Wほどもあるので、エアコンの8倍ほどの電気代がかかります。 関連ページ• 最終更新日 2018-07-12 21:08 Sponsord Link.

次の

エアコン暖房・冷房の電気代1か月の料金は?つけっぱなしでも意外と安い?

冷房 と 暖房 電気 代

電気代の計算方法 ・ ・ ・ どちらの電気代が安い? ・ ・ ・ 品番別の電気代 ・ 1時間あたりの電気代の計算方法 1時間あたりの電気代は、次の式で計算できます。 11kW 0. 25kW 1. 75円 と計算できます。 冷房運転時1時間あたりの電気代は「最小2円~最大33円」となります。 冷房・暖房の、1時間あたりの電気代の目安を品番別に確認できます。 最小消費電力と最大消費電力があるのは エアコンは、室内外の温度と設定温度の差で消費電力が変動します。 差が大きいと強力な冷暖房運転をおこない、室温が安定して設定温度との差が小さくなると、緩やかな運転に切り替わります。 つけっぱなしのほうが電気代が安くなることも エアコンを停止させると、室内の温度と設定温度の差が大きくなっていくので、再開したときに再び強力な運転をおこないます。 短時間の外出なら、穏やかな運転を続けるほうが電気代が安くなることもあります。 リモコンの「お知らせ」ボタンで電気代を確認 機種によってはリモコンの「お知らせ」ボタンを押して、電気代の目安を確認できます。 詳しくは、をご確認ください。 <エコ情報> 前年と今年のエアコンの電気代比較グラフや、前月・今月などの電気代の目安を確認できます。 <つけっぱなし判定> 「運転したまま」にした時と、運転停止して 「帰宅後に運転再開」した時の『電気代』と『帰宅時の室温』が予測できます。 また機種によって利用できる機能が異なります。 待機時の電気代の計算方法 エアコンの待機時の消費電力は、の仕様ページで確認できます。 リモコンで「停止」のとき 19Xシリーズの場合 リモコンで「停止」のときの消費電力は約0. 8Wです。 1000W=1kWなので、 1時間あたりの電気代 0. 00008kW 0. 0216円 と計算し、待機時の1時間あたりの電気代は「0. 0216円」となります。 1日あたりの電気代は「0. 5184円」、1ヵ月(30日の場合)あたりの電気代は「15円」となります。 リモコンで「停止」で本体の無線LANランプ点灯中のとき 19Xシリーズの場合 無線LANランプ点灯中、「停止」のときの消費電力は約2Wです。 002kW 0. 054円 と計算し、待機時の1時間の電気代は「0. 054円」となります。 1日あたりの電気代は「1. 296円」、1ヵ月(30日の場合)あたりの電気代は「38円」となります。 シーズンオフは、電源プラグを抜いても抜かなくてもいい 待機中の電気代が気になる場合は、電源プラグを抜いたほうが多少の節電になります。 ただ、コンセントが手の届きにくい場所にある場合は、無理して電源プラグを抜かずにそのままにしておいても電気代に大きな違いはありません。 1年間の電気代の計算方法 1年間の電気代は、期間消費電力量をもとに、次の式で計算できます。 <期間消費電力量の掲載例> 上記の場合 期間消費電力量が1,182kWです。 期間消費電力量とは 期間消費電力量はエアコンが1年間に消費する電気の量の目安です。 この数値は、(社)日本冷凍工業規格(JRA4046-2004:ルームエアコンディショナの期間消費電力量算出基準)に基づき、以下条件のもとに運転した時の試算値です。 実際には地域、気象条件、ご使用条件等により電力量が変わることがあります。 算出基準• 外気温度:東京をモデルとしています。 期間:冷房期間(5月23日~10月4日) 暖房期間(11月8日~4月16日)• 使用時間:6:00~24:00の18時間• 住宅:JIS C9612による平均的な木造住宅(南向き)• 部屋の広さ:機種に見合った部屋の広さ 期間消費電力量について、詳しくは下記をご覧ください。 除湿と冷房、どちらの電気代が安い? 消費電力が同じなら、冷房と除湿の電気代は同じです。 一般的には設定温度が高いほうが消費電力が少なく、電気代が安くなります。 再熱除湿搭載機種は、冷房より除湿のほうが 電気代が高い 2014年度モデルまでの3種類の除湿切換がある機種は、再熱除湿です(冷房除湿を除く)。 室温が下がらないように、除湿運転で冷えた空気を暖めてから室内へ戻すため、消費電力が多く、冷房より電気代が約1. 2倍高くなります。 暖房と冷房、どちらの電気代が安い? エアコンは運転を開始してから設定温度に到達するまでがもっとも稼働し、電力を消費します。 そのため外気温と設定温度の差が大きいほど強力に冷やしたり暖めたりするので、消費電力が多くなり、電気代が高くなります。 一般的には冬のほうが温度差が大きい日が多いことから、暖房運転のほうが電気代が高くなる傾向があります。 温度差が同じ場合でも、冷やすよりも暖めるほうが電力を消費するため、暖房運転のほうが消費電力が多くなり、電気代が高くなります。 消費電力が同じなら、電気代は同じです。 同じ畳数用のエアコンで100Vと200Vの機種がある場合、一般的には200Vタイプのほうが強力に冷暖房でき、より早く設定温度に到達するため、電気代が安くなることがあります。 200V機種のメリット 機種によっては単相100V機種と単相200V機種で、能力が異なる場合があります。 この場合、消費電力が低い機種を使用する方が電気代が安くなることがあります。 例)17Xシリーズ 単相100Vと単相200V機種の場合 ・期間消費電力量が、210kWh少ない ・暖房最大能力が、4. 4kW高い ・低温暖房能力が、3. 4kW高い 100Vと200Vではコンセント形状が異なる 100V用のコンセントしかない場合やブレーカー容量が足りない場合は設置ができませんので、200V対応の室内配線工事が必要となります。 1時間あたりの電気代の目安(品番別) 下記に品番を入力してください。 冷房・暖房の、1時間あたりの電気代の目安を表示します。

次の

毎日ほぼ24時間エアコンを使い続けた結果電気代がえらい事に・・・

冷房 と 暖房 電気 代

今年の夏は例年に比べて暑い日も多くなかなか辛いですね。 暑い夏を快適に過ごせる便利な家電製品にエアコン(冷房)がありますが、 ついつい快適すぎて設定温度を下げてしまいます。 私もこの間1日家にいた日はずっとクーラーをつけっぱなしでした笑 しかしその時に不安になるのが、電気代ですね。 ただこの時期になると熱中症になってしまう可能性などのもあるので 我慢しすぎるのは逆に命の危険に関わります。 それで計算してみると、1日当たり8時間運転した場合の、1ヶ月の電気代は9,000円となります。 電気代の差は1ヶ月で2,664円ほどになるようです。 それで計算してみると、1日当たり8時間運転した場合の、1ヶ月の電気代は9,000円となります。 電気代の差は1ヶ月で2,664円ほどになるようです。 冷房をこれまで通りに利用するので 冷房にかかる電気代を安くすることは厳しいです笑 しかし、その分、他の光熱費を安くすれば、 月々にかかる費用は変わりませんね! プロパンガス代は光熱費の中でも金額が高く ガス会社によって金額が大きく異なるのが特徴的です。 そのため、ガスの節約は契約しているガス会社を切り替えるだけで 可能なのです! 夏はあまり費用がかかることはありませんが、 冬などは暖房代やお風呂代でお金がかかります・・ またガスは冷房とは違い年中使うものなので、 適正な料金の会社と契約することで大幅な節約効果が見込めます! enepiのサービスでは皆様のガスの請求額から、 お客様一人一人にあったガス会社を紹介しています。 また紹介に当たって手数料などもかからず、 無料で自分にあったガス会社を選ぶことができます。 また見積もりをしたからといって 必ずガス会社を変更しなければならない訳ではないので ぜひお気軽に試してみてください!.

次の