キバット。 仮面ライダーキバ

キバットバットIII世とは (キバットバットサンセイとは) [単語記事]

キバット

キバットバットIII世とは、『』に登場するである。 名門一族の出身だけ合ってが高く気取ってはいるが、その反面として非常にで面倒見のいい性格をしている。 そのせいかご近所さんの静香も彼の存在には何の疑問も持たずに接している。 ただし、アームズらのことは見下しているらしく、劇中でルがイクサの手に渡った際も「あの!」と罵っている。 また、かなりの物知りで、彼のが披露されると同時に番組が開始される・・・・のだが、いつの間にか後から登場してきたタツとので始まるようになってしまった。 のでは欠かせない存在であり、彼が渡に噛み付くことで魔皇を注入。 そうして彼がベルトに納まることではじめてのが可となる。 そのでは、に彼が戦況をして、それに応じてェンジを行うなどのがほとんどだが、噛み付きや体当たりなど自身もを行える。 なお、ット世というを持ち、こちらはとは違って厳かで誇り高い性格。 は同じくが担当している。 一応、『』や『』にも登場しているが、そんなに出番はない。 演じるの熱演も合って、単なるに留まらない強なを発揮している。 主なセリフ 「ク、!」 「ろよ~」 「ガブ」 「行くぜ、渡!」 「って!行くぜ!」 関連動画 関連商品 関連項目• (のそっくりさんが彼と非常に似たをしている)• (以外に関係がないと思われるが・・・・?).

次の

キバットベルト

キバット

なお、この状態になって、初めて正式なキバットベルトとなる。 続いて出現する「キバの鎧」を身にまとうことで、キバに変身完了する。 を吹くと 、 を吹くと 、 を吹くと へフォームチェンジが可能。 また右側のフエッスロットには、 を召喚する 、 を召喚する 、そして必殺技「ダークネスムーンブレイク」を発動するために右脚の拘束具「カテナ」を断ち切る が装備されている。 紅渡の意志で腹部に出現し、キバットの装着マウントとなる。 このキバックルにキバットがついた状態を<キバットベルト>と呼ぶ。 フィッティングウインチ 紅渡の腰にキバットベルトを確実にフィッティングさせるための装置。 パワールースト キバットが掴まる止まり木。 表面は非常に滑りにくい加工が成されており、しっかりとキバットの脚を固定する。 フエッスロット キバットベルトの左右に装着されるフエッスルのホルダー。 左右に三つづつフエッスルをキープする事が出来、左にガルル、バッシャー、ドッガが、右にブロン、キャッスルドラン、右脚開放のフエッスルが装着される。 キバの意志によりフエッスルが抜かれるが、魔力のロックがかかり、常人では抜く事はできない。 マジックサークル キバットの身体を固定し、キバットが得たモンスターの力をキバに伝達する端子。 額には初代キバットバットより代々受け継いだ魔皇石をもつ。 適格者の肌を噛み、ベルトとして取り付くことで、その者の魔皇力を活性化させ、「キバの鎧」を纏わせる。 逆さ吊りポジションが最も落ち着く体勢の様だ。 美しいものをこよなく愛し、博識でプライドが高いが、時折オチャメな面もかいま見せる。 お気に入りの決め台詞は「キバッテいくぜ!」。 外敵から襲われた際は、攻撃武器ともなる鋭い爪である。 キバットスコープ キバットの視覚器官。 基本的に超音波で情報を得るため、眼はあまり良くない。 表面のレンズ体は周囲の力に影響を受けて変色する性質をもち、キバフォームの際は赤、ガルルフォームの際は青、と、流れ込む力に応じて様々な色に変わる。 魔皇石(碧石) 初代キバットバットより受け継いだ、キバット家代々に伝わる宝石。 魔皇力を蓄積増幅する力をもつ。 キバのペルソナの額に埋め込まれたものと同じもの。 キバット曰く、「爺さんの形見」。 キバットソナー 超音波を発することで、敵の位置情報や接近を知り、遠く離れたキバや仲間と交信する事ができる。 周囲約50kmの情報取得が可能。 キバットウイング キバットの主翼。 内側にインナーウイングを折りたたんでおり、展開すれば時速70kmのスピードで飛行することが可能。 翼はルシファーゴールドという強靱な魔金属で装飾されており、非常に硬度が高い。 高速飛行しながら敵を斬りつける<キバットカッター>なる技も、実は隠し持っている。 キバットクロー キバットの脚であり、手でもある部分。 500kgの握力をもち、掴んだものはそうそう離れない。 キバの腰に出現するベルト<キバックル>の止まり木<パワールースト>にとまる事で、変身ベルト<キバットベルト>となる。 キバットマウス 1tの顎力を持つ強力な顎と牙をもつ。 味覚もかなり発達している様で、なかなかのグルメ。 世界の美食に関する知識も豊富だが、本当に食した事があるのかは定かではない。 アクティブファング キバとなる者の潜在力を目覚めさせる起爆剤となる魔皇力、<アクティブフォース>を注ぎ込む事で、噛み付いたもののパワーを活性化させ、キバへと変身させる。 また、握った武器を噛むことでアクティブフォースを注入し、各武器の本能を目覚めさせ、必殺技を繰り出すきっかけをつくる。 キバット・ペルソナ(顔金色部分) キバットの顔をまもる、キバット家に伝承する黄金の鉄仮面。 ルシファーゴールド製で、マグナム弾をも跳ね返す強度を誇る。

次の

キバットバットⅢ世

キバット

キバットバットIII世とは、『』に登場するである。 名門一族の出身だけ合ってが高く気取ってはいるが、その反面として非常にで面倒見のいい性格をしている。 そのせいかご近所さんの静香も彼の存在には何の疑問も持たずに接している。 ただし、アームズらのことは見下しているらしく、劇中でルがイクサの手に渡った際も「あの!」と罵っている。 また、かなりの物知りで、彼のが披露されると同時に番組が開始される・・・・のだが、いつの間にか後から登場してきたタツとので始まるようになってしまった。 のでは欠かせない存在であり、彼が渡に噛み付くことで魔皇を注入。 そうして彼がベルトに納まることではじめてのが可となる。 そのでは、に彼が戦況をして、それに応じてェンジを行うなどのがほとんどだが、噛み付きや体当たりなど自身もを行える。 なお、ット世というを持ち、こちらはとは違って厳かで誇り高い性格。 は同じくが担当している。 一応、『』や『』にも登場しているが、そんなに出番はない。 演じるの熱演も合って、単なるに留まらない強なを発揮している。 主なセリフ 「ク、!」 「ろよ~」 「ガブ」 「行くぜ、渡!」 「って!行くぜ!」 関連動画 関連商品 関連項目• (のそっくりさんが彼と非常に似たをしている)• (以外に関係がないと思われるが・・・・?).

次の