戸塚 ヨット スクール 校長。 戸塚宏

戸塚ヨットスクール

戸塚 ヨット スクール 校長

1年後の『昭和52年』に前述の通り設立当初の理念が形を変えて、マスコミや世間からヤンキーな児童たちが『改心』『更生』すると称えられ、新たにあたらしい理念が掲げられた。 それは問題行動、非行、虐め等の対象にある『未成年児童』たちを徹底的な指導で『救う』テイで、大きく歯車が狂いだしていくことになった。 1人目の死者 始まりは2019年『令和元年』よりちょうど40年前の昭和54年。 まだ小学6年か中学1年くらいの『未成年男児』が舞台の学びの庭にて命を落した。 どうして命を落したのか、原因は身体が冷え切ってしまったことによるもので、『戸塚ヨットスクール事件』が立件される事はありませんでした。 本当は1人目の『死者』となった若すぎる未成年男児も元凶かつ根源による、現代社会においては認められるわけないハードすぎる『体罰』のせいで心身共に衰弱している状況下も十分に考えられるでしょう。 同年の『昭和57年』にまたしても、小学6年か中学1年くらいの『未成年男児』の命が奪われた。 『体罰』という名目のもと行使した殴る蹴る等の暴行を亡くなった未成年男児の遺体から悲痛な『実態』を露わにした。 下記にどんな『傷跡』があったか記述して紹介します。 同じように『体罰』等が問題が起きた『日生学園高等学校』に興味のある方。 気になる方はこちらを是非合わせて読んでみてください。 体罰と思しき痕跡• アザの痕が多数• 硬い歯が欠けていた(破損)•

次の

戸塚ヨットスクール

戸塚 ヨット スクール 校長

フジテレビ『直撃! シンソウ坂上』 オフィシャルサイトより 4月26日放送の『直撃! シンソウ坂上』(フジテレビ系)に、「戸塚ヨットスクール」の校長・戸塚宏が登場。 「戸塚ヨットスクール事件」とは、1980年代に同スクールで多発した一連の死亡事件。 もともと体罰も辞さないスパルタ教育で注目を集めていた「戸塚ヨットスクール」だが、80年に入校5日目の訓練生が死亡。 82年には合宿から帰る途中のフェリーから、訓練生2人が飛び降りて行方不明に。 そして同年には、13歳の少年が訓練中に体の異常を訴えて、そのまま死亡している。 これら一連の事件で、83年に愛知県警は傷害致死などの容疑で戸塚を逮捕。 最高裁で実刑が確定し、懲役6年が言い渡された。 そんな戸塚は出所後もスクールを続けているのだが、現在も独自の教育論を掲げ指導を行っている模様。 同番組ではMCの坂上忍が、彼の教育に対する考え方を追求したのだが……。 「戸塚は番組のスタジオに登場して早々、『居心地のいいところで何の教育ができるの?』などと教育論を展開。 その後も『愛で育てる? ちゃんちゃらおかしい!』『甘やかすのが女の本性』『男が体罰をしても子どもは納得する』と持論を展開。 また過度な体罰について坂上が『服従させるってことになるんじゃないですか?』と聞くと、戸塚は『そうだよ? 服従させんことには何の教育ができるの?』と答えています」(芸能ライター) 戸塚の教育論に「戸塚ヨットスクール事件」を知っている世代の視聴者からは、「やっぱりこの人ヤバいな……」「もう教育者じゃなくて教祖様とかになったほうがいいんじゃ……」「完全にドラマの悪役」「前からヤバいと思ってたけどここまでヤバい人だったっけ?」「フジテレビもよくこれを流したな……」といった声が相次いだ。 「『戸塚ヨットスクール』の教育方針には、事件当時からさまざまな批判がされていました。 しかし今回の放送には、『なんだか時代から取り残されたおじいちゃんを見ているよう……』といった意見も。 かつて問題になった時よりも、現代になってさらに世間の常識と乖離した印象があります。 そんな戸塚の言葉に、『戸塚ヨットスクール事件』を知らない世代の人々は相当衝撃を受けたのではないでしょうか?」(同) ネット上では「放送事故だろ……」との声も上がった今回の放送。

次の

戸塚ヨットジュニアスクール

戸塚 ヨット スクール 校長

とつか ひろし 戸塚 宏 生誕 1940-09-06 (79歳) 国籍 出身校 職業 経営 肩書き 校長 戸塚 宏(とつか ひろし、 - )は、ので、(現在はの訓練をする全寮制の施設)「」の校長(法人登記上は)である。 在学中にヨット部の主将として活躍。 には記念「太平洋-沖縄・単独横断レース」でらを破って優勝し注目されただが、からにかけてが原因とする塾生5名の死亡事故を引き起こしたで、でされる。 19年を要する長期裁判となったがで懲役6年で確定。 、を満期出所。 スクールは一時閉鎖に追い込まれたが、に戸塚が3年ぶりに保釈されて再開。 にはを会長とする「戸塚ヨットスクールを支援する会」が発足するなど一部に熱心な支持者も多い。 来歴 生い立ち 生まれ、育ち。 、科入学。 在学中にに出会う。 、名古屋大学工学部機械工学科を卒業。 、記念横断レースで、シングルハンド(一人乗りヨット)による太平洋横断の最短世界記録(41日)を達成して優勝した。 戸塚ヨットスクールと事件 、開校。 当初はオリンピックでメダルを獲れるようなセイラーを育成するためのスクールとして発足したが、翌年の秋頃などのの更生に効果があると評判になり、マスコミで紹介されてからは、もっぱら情緒障害児のを目的とした活動へとシフトしていった。 同スクールの合宿に参加したが著した『』(支援者である主演で映画化されたが戸塚の逮捕によりお蔵入り、出獄後の2005年支援者によりDVD化、2011年に劇場公開された)では、同スクールの活動が生々しく報告されている。 コーチ陣の過度の訓練・体罰が近因となり死者5名(2名は傷害致死、1名は病死、2名は行方不明のまま)を出す。 、が発覚、コーチと共に監禁・傷害致死の容疑で。 7月、される。 で人物研究会の招きにより講演。 以後も「」など各種メディアに登場、を鍛えれば癌やアトピー、うつ病、登校拒否などあらゆる病状を克服できるという趣旨の「脳幹論」を肝とした持論を展開する。 、名古屋地裁は戸塚宏とコーチ6名に対して傷害致死罪で執行猶予付きの有罪判決、検察被告とも控訴。 、名古屋高裁は「訓練は人権を無視。 教育でも治療でもない」として一審判決を破棄し、戸塚宏に懲役6年、コーチ3人も実刑の判決を下した。 戸塚らは即日上告。 、「」に、発起人の一人として名を連ねる。 、はを。 2002年、無罪を主張するが退けられ6年の刑が確定。 「か、か」が争点となったが、自身を含む15人全員の有罪が確定した。 現在も体罰との因果関係は一切無かったとして無罪を主張している。 2002年、名古屋高等検察庁へ出頭。 出頭直後、で名古屋から静岡に護送されに収監される(懲役6年だが、未決勾留日数の一部を刑に算入されている為、実際の刑期は4年間)。 出所後 、静岡刑務所を満期出所。 出所後、戸塚は静岡市内で報道陣から「お帰りなさい、スクールはまだ続けますか」との問いかけに対し「まだまだ続けていく」と回答した。 その後も、が続いている。 人物像 「脳幹論」を基礎にしたが持論。 ただし、やではない。 刑期を終え出所した後も基本的にその立場を変えていない。 収監前の記者会見では「出所後はを開設したい」と抱負を述べていたが、出所後に静岡駅で支援者とともに会見した時には、ヨットスクールを続けていきたいと語った。 出所後、静岡刑務所内での処遇を著した自著の中で、「法の概念から外れたとんでもないことをやっている」「憲法に反する人権侵害」「刑務官によって自殺に追い込まれた受刑者がいる」などと述べている。 反「戸塚ヨットスクール」キャンペーンの先頭に立った『』(逮捕を報じた号ではをかけられて護送される写真が表紙を飾ったこともあった)を発行するの対応を良く思っておらず、同社の取材には一切応じない、との説もあったが、は出所直後の静岡市内での記者会見の内容(「は教育だ」などの発言)をいち早く報じている(支援する会のウェブサイトには以前、取材拒否する旨の記載があった)。 等を思想的根拠として所謂「」を主張し、のに対する活動を行っており、と激しく対立する。 思想・信条• 「人間は平等ではない」と自覚した時、進歩しようとする。 己をまず知らねば、進歩はなく、へたなは、の芽を摘む。 は創るものであり、あるものではない。 『』の第1条に、「人は生まれながらに…理性ととを付与されており…」とあるが、これはとんでもない誤りだ。 「・・・」これらは創るものであって、あるものではない。 「」はだ。 「力」を「」と混同し、力そのものを否定してはいけない。 力は群れのためにあり、自分のためにあるのではない。 は褒めると進歩しない。 本当のとは、「・・」のすべてが人より優れ、特に「知」において抜きん出ている人を指すが、日本の「インテリ」は「情・意」においては人並み以下、「知」は他人の知識の盗み取りに過ぎない。 行動力がないのは、「情・意」が弱いためで「褒める教育」が、これに拍車をかけている。 「褒める教育」はも強くする。 は、「インテリ」の集団だ。 浮ついた教育論を人に押し付ける。 が決定的に弱い。 をしなかったために生じたものだ。 - 『太平洋一直線』 オーシャンブックス• - 『私が直す!』 1985年11月にで文庫化• 1983年1月 - 『孤独の挑戦』 Zoom Books• 1983年1月 - 『私はこの子たちを救いたい - "殴らない父"と"愛しすぎる母"へ』 カッパビジネス• 1985年11月 - 『獄中記』飛鳥新社 (にて閲覧可能)• 6月 - 『敵は脳幹にあり』• 7月 - 『こんな輩が子供をダメにする - 偽善を排す異論・暴論63』• 1992年8月 - 『熱論戸塚宏 - 反平等主義論』• 4月 - 『教育再生 - これで子供は救われる』• 11月 - 『静岡刑務所の三悪人』• 4月 - 新潮新書212『本能の力』 著名な支援者・支持者• (政治家) 戸塚ヨットスクールを支援する会会長。 戸塚ヨットスクールを支援する会のホームページにて『スクールが「大自然との闘いで精神を鍛える」という方法により五百余名の情緒障害児 登校拒否、非行、家庭内暴力、無気力など を更生させ、心身の本当の健康状態を回復させることにも成功した事実には、教育と医学の両分野における画期的意義を見出すことができます。 』と述べる。 本人もヨット愛好者である。 (政治家) 戸塚ヨットスクールを支援する会発起人• (評論家、東京大学法学博士)• (評論家・フランス文学者、筑波大学名誉教授)• (元)• () ブログで『あえて厳しい環境の中に身をおいて、時に死の恐怖と戦うことによって「何が何でも死にたくない」と生に対する執着心が芽生えるもの。 戸塚ヨットスクールは極限状態を子どもたちに体験させ脳幹を鍛え生命力をつける教育なのだ。 』と言及。 脚注 []• 2018年12月27日閲覧。 totsuka-junior. com. 2018年10月3日閲覧。 34-35• 2016年4月24日時点のよりアーカイブ。 2013年7月1日閲覧。 - 「戸塚ヨットスクールを支援する会」会報『ういんど』創刊号 1988年9月1日発行 2013年7月1日閲覧• 書籍『それでも、体罰は必要だ! 』()で対談• アルピニスト・野口健のブログ : 2008年8月3日 2017年4月29日閲覧 関連項目• 外部リンク•

次の