ナナコ 7 ペイ。 セブンペイ(7pay)とナナコの違いは?iPhoneアプリでチャージできる?|かねろぐ

「セブンイレブン」でau PAY(auペイ)は使えるけど使い方は?キャンペーンはあるの?

ナナコ 7 ペイ

nanacoと7Payは、併用できません。 支払い時に残高不足だったら、すぐにチャージするか、残りを現金で出す必要があります。 電子マネーnanacoには、スマホでnanaco払いができる「モバイルnanaco」や「Google Pay」があります。 すでにそちらを利用中だと、わざわざ7Payに移行するメリットを感じにくいです。 7Payのサービス開始当初は、セブンイレブンでしか使えません。 そのため「利用する価値はあるのか?」という疑問も出てきます。 今回は違いを比較して、ナナコからセブンペイに移行するメリットを、考えてみたいと思います。 利用開始までの手続き nanacoカード セブンイレブンやイトーヨーカドーなど、nanacoカード入会受付店で、すぐに発行できます。 申込書に必要事項を記入して、発行手数料300円を支払うと、nanacoカードが手に入ります。 nanacoモバイル nanacoアプリをダウンロードして、新規入会登録をします。 発行手数料・年会費は無料です。 7Pay セブンイレブンアプリをダウンロードして、7iDに会員登録すると利用できます。 nanacoモバイルと同じく、発行手数料・年会費は無料です。 nanacoカードは、発行手数料が有料ですが、無料で手に入れる方法もあります。 その方法は、下記記事の「発行手数料無料でnanacoを手に入れる方法」で紹介しています。 よろしければご参考にしてください。 nanaco おサイフケータイ搭載のAndroid・ガラケーのみ 7Pay iPhone・Androidどちらにも対応 モバイルnanaco:おサイフケータイ対応機種のみ nanacoは、さまざまな形で電子マネーが利用できます。 いずれも おサイフケータイ対応機種での「かざして支払い」になるため、iPhoneや格安スマホでは使えません。 おサイフケータイ非対応のスマホに機種変更すると、nanacoモバイルが使えません。 古い機種で、残高を使い切る必要があります。 nanacoモバイルとnanacoカードは、まったく別のnanacoになります。 残高の引き継ぎはできません。 (nanacoモバイル対応機種は、で確認をお願いします。 ) 7Pay:対応機種ならどれでも可 7Payは対応機種なら、iPhoneや、おサイフケータイ非搭載のAndroidスマホでも利用できます。 セブンイレブンアプリが使える機種ならば、機種変更後も問題なく使えます。 ただし、ガラケーには非対応です。 7Payは電池切れや圏外になると使えない 7Payを含むコード決済タイプは、• 電池切れでアプリ自体が立ち上がらない• 圏外(オフライン状態)で通信ができない という状態になると、支払いができません。 以前、ソフトバンクで全国規模の通信障害が起こった際は、QRコード決済も利用不可になりました。 PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」の初日は、アクセスが集中し、決済できない事態になりました。 充電切れが起きやすかったり、通信(ネット接続)が不安定だったりするスマホの方は、肝心の支払い時に使えない可能性が高いです。 一方おサイフケータイは、スマホの電池残量が少しでもあれば、支払いできます。 完全に充電切れになると使えないのは、コード決済サービスと同じです。 おサイフケータイは、電波がなくても基本的な機能が使えます。 SIMカードを抜いて、Wi-Fiに接続していないスマホでも支払えます。 ネット経由で電子マネーをチャージするには、安定した通信環境が必要です。 Wi-Fiサービスなどを利用します。 年齢制限はどちらもなし nanaco、7Payともに、年齢制限はありません。 未成年者は、親権者の同意が必要です。 ただし、 nanacoモバイルは入会条件が16歳以上のため、小中学生はスマホでnanaco払いができません。 nanacoポイントの還元率に違いなし nanaco・7Payともに 200円ごとに1nanacoポイントが貯まります。 お買い物系の電子マネーは、どれも200円ごとに1ポイントが基本です。 100円単位でポイントが貯まる電子マネーnanacoは、お得度の高さが魅力でした。 7Pay開始の7月以降は、ほかのnanaco加盟店(例:マクドナルド、ミスタードーナツ、ビックカメラなど)と同じ、200円ごとに1ポイントになります。 セブンマイルプログラムでポイント還元率1%を維持する ただし、 セブンマイルプログラムと併用で、 ポイント還元率を実質的に1%に回復できます。 実店舗 セブンイレブン、イトーヨーカドー、西武・そごう、アカチャンホンポ、ロフト ネット オムニ7 1マイルは1nanacoポイントと交換可能(交換単位は50マイル)です。 「200円ごとに2nanacoポイント付与」と考えると、 ポイント還元率1%となります。 セブンイレブンアプリを利用していないナナコユーザーが、ポイント還元率を1%にするには、アプリのダウンロードと、7iDの会員登録が必要になります。 7Payは公共料金・税金の支払いに使えない 7Payはリリース当初、セブンイレブンでしか使えません。 利用金額に応じたnanacoポイント付与は、ナナコ・セブンペイともに「200円ごとに1ポイント」です。 セブンイレブンの対象商品を購入で、nanacoボーナスポイント付与に関しても、どちらも対象になります。 ただし、7Payで支払えないものが一部あります。 公共料金・税金などの収納代行• マルチコピー機の料金 これは、ほかのコード決済サービスも同じです。 そのため、電子マネーnanacoのように、クレジットカードでチャージをして、カードの決済ポイントを得て、実質値引きにするテクニックが使えません。 nanaco 7Pay 現金 レジ、セブン銀行ATM、nanacoチャージ機、ポケットチェンジ端末 レジ、セブン銀行ATM クレジットカード オートチャージ、nanaco会員メニュー セブンイレブンアプリ nanacoポイント レジ、nanacoモバイル セブンイレブンアプリ nanacoギフト nanaco会員メニュー 情報なし 7Payでは、残金が設定金額以下になったら、自動的に一定金額をチャージする「オートチャージ」が使えるかは不明です。 情報が入り次第、追記します。 クレジットカードからチャージで最大ポイント3重取り 最もお得なチャージ方法は、 クレジットカード利用です。 チャージ金額に応じて、クレジットカードのポイントが貯まるため、現金チャージよりもお得になります。 nanacoチャージで、ポイントが貯まるクレジットカードは、以下の3枚が人気です。 リクルートカード(還元率1. 2%)• Yahoo! JAPANカード(還元率0. 5%)• セブンカード・プラス(還元率0. 5%) たとえば、 セブンカード・プラスからチャージをして、セブンイレブンで利用すると、最終的に nanacoポイントの3重取りができます。 セブンカード・プラスからチャージする:200円ごとに1nanacoポイント セブンイレブンアプリの提示:200円ごとに1マイル nanacoまたは7Payで支払う:200円ごとに1nanacoポイント —————————— 合計:200円ごとに3nanacoポイント(ポイント還元率1. 5%) セブンイレブンの買い物にセブンカード・プラスを利用したら、200円ごとに2nanacoポイントが貯まります。 nanacoや7Payへのチャージが面倒くさいなら、直接カード払いすると残高不足の心配もありません。 セブンカード・プラスのお得な活用法は、下記記事でくわしくまとめています。 カード詳細: 後払いはnanaco(QUICPay)のみ使える nanacoカードでは、後払い電子マネーQUICPay(クイックペイ)の機能をつけられます。 QUICPay(nanaco)対応のクレジットカードを、nanacoカードに紐付けると、1枚でnanaco・QUICPay両方が使えます。 QUICPayが使えるお店で、会計時に「QUICPayで」と伝えて、読み取り端末にnanacoカードをかざすと、QUICPay払いになります。 利用料金は、紐付けたクレジットカード宛に請求になります。 後日、まとめて口座から引き落とされます。 QUICPay(nanaco)に対応のカード会社と、主なクレジットカードは以下になります。 セブンカード セブンカード・プラス(還元率0. 5%) JCBカード JCB CARD W、JCB一般カード(還元率0. 5%) セディナカード セディナカードクラシック(還元率0. 5%) nanacoチャージ用とQUICPay支払い用で、別々のクレジットカードを紐付けもできます。 詳細はこちら: 7Payはセブンイレブン利用者に最適な決済サービスに すでにnanacoカードや、モバイルnanacoを利用している人が、7Payへ移行する最大のメリットは レジの支払いがスムーズになる点です。 セブンイレブンの買い物でnanaco払いをするとき、ポイント還元率1%を維持するための手間は、かなり増えました。 nanacoカードとスマホを取り出す• セブンイレブンアプリを起動してバーコードを表示• バーコードをスキャナーで読み取ってもらう• nanacoカードを読み取り端末に置き、支払う• 商品を持ち、nanacoカードとスマホをしまう この面倒さは、現金やPayPay、LINE Payなど、そのほかの支払い方法にもあてはまります。 セブンペイになると、支払いとセブンマイル付与が、スマホひとつで完了します。 スマホを取り出す• セブンイレブンアプリを起動してバーコードを表示• バーコードをスキャナーで読み取ってもらう• 商品を持ち、スマホをしまう セブンイレブンアプリでは7Pay決済だけでなく、アプリ限定の割引クーポンなどをたびたび配信しています。 nanacoモバイルでは、そのような店舗限定のお得なクーポン配布はありません。 nanacoのみ支払える商品や料金には、引き続きナナコを利用する必要がありますが、基本的にはセブンペイで充分です。 とりあえず、 セブンイレブンでnanaco払いをしていた人は、7Payに移行する価値はあるといえます。

次の

「セブンイレブン」でau PAY(auペイ)は使えるけど使い方は?キャンペーンはあるの?

ナナコ 7 ペイ

セブン-イレブンでのお支払にnanaco(ナナコ)をご愛顧(あいこ)している皆さんに残念なニュースが舞い込んでしまいました・・・・。 一体何かというとこの記事のタイトルにもありますがnanaco(ナナコ)のポイント還元率が1. これによりnanaco(ナナコ)ポイントの貯まり方は以下のように変わります。 ・ (ねとらぼ) これはかなりショックな内容だと思います。 数あるコンビニの中でも利用するならセブン-イレブンという人はかなり多いと思います。 そんなセブン-イレブンでnanaco(ナナコ)はポイントがたくさん貯まる電子マネーとして使っている人も多いと思います。 そのnanaco(ナナコ)のポイントが2分の1しか貯まらなくなる・・・はっきり言って悲劇でしょう。 ちなみにこのnanaco(ナナコ)のポイント還元率の改悪は2019年7月1日からとなります。 この読みものの目次(もくじ)• いったいなぜ?nanaco(ナナコ)のポイント還元率が下がったのか? いったいなぜnanaco(ナナコ)のポイント還元率が下がってしまうのか? これは、良くも悪くもセブン-イレブンの経営戦略の一つなのかもしれませんが、セブン&アイが提供するスマホ決済の『7 Pay(セブン・ペイ)』が2019年7月1日にサービスを開始するからです。 ・ 公式サイト このセブン・ペイを利用するとnanaco(ナナコ)ポイントが0. つまり、nanaco(ナナコ)で減ったポイントが7 Pay(セブン・ペイ)へ移されたということになります。 7 Pay(セブンペイ)とはいったい何なのか? 繰り返しになりますが『7 Pay(セブン・ペイ)』は、セブン&アイが提供する新たなスマホ決済サービスです。 もう皆さんも覚えきれないかもしれませんが、LINE Pay(ラインペイ)やPayPay(ペイペイ)、Origami Pay(オリガミペイ)のお友達だと思ってください。 この7 Pay(セブン・ペイ)の特徴ですが、支払いでnanaco(ナナコ)ポイントとセブンマイルプログラムのマイルを同時に貯めることが出来るというのがあります。 セブンマイルプログラムに参加するには、事前にセブン-イレブンアプリをスマホにインストールしておく必要があります。 セブンマイルプログラムについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので合わせて読んでみて下さい。 なお、7 Pay(セブン・ペイ)の支払い方法は一般的なスマホ決済と同様にバーコードとQRコードの2種類があります。 nanaco(ナナコ)1つで支払いたいという人ならこちらのクレジットカードを併用するのがおすすめ 新たに誕生する7 Pay(セブン・ペイ)ではなく、これまで同様使い慣れたnanaco(ナナコ)での支払いをメインに利用したいという人もいるでしょう。 でもポイントが0. しかし、クレジットカードを併用すれば今まで同様どころか今まで以上にnanacoポイントを貯めることが可能になります。 そんなnanacoポイントを貯めるのに便利なクレジットカードを紹介します。 セブンカード・プラス まず、一番におすすめなのがセブン-イレブンの公式カードとも言うべきセブンカード・プラスです。 ・ (公式サイト) セブンカード・プラスならnanaco(ナナコ)へのチャージで200円ごとに1nanacoポイントと0. セブンカード・プラスについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので合わせて読んでみて下さい。 クレジットカードを活用してセブン-イレブンでnanaco(ナナコ)を上手に利用しよう 正直なところスマホ決済の『7 Pay(セブン・ペイ)』のためにnanaco(ナナコ) のポイント還元率を下げるというのは、さすがにセブン-イレブン経済圏の包囲網が厳し過ぎじゃないかと思ってしまいます。 新たなサービスに力を入れたいという企業側の気持ちは分かりますが、利用者側にとってはnanaco(ナナコ)、セブンマイルプログラム、7 Pay(セブン・ペイ)という3つのポイントの仕組みを理解しなければなりません。 おまけに使えるところがほぼセブン&アイグループと限られているので、利用できる場所が限定的というのもあります。 セブン-イレブンとしてはセブン&アイの経済圏での利用を限定することで顧客の囲い込みをしたのかもしれませんが、利便性の悪さでかえって顧客離れとならないかが心配です。 経済圏への囲い込みでは楽天のような例もありますが、やはり利用できるところが限定的というのは利用者にとってはマイナスなイメージになります。 nanaco(ナナコ)の利便性の高さは良いと思うので、その価値を下げないようにスマホ決済の7 Pay(セブン・ペイ)も使い勝手も可能性を広げていって欲しいと個人的には思います。 以上、2019年7月1日からnanaco(ナナコ )のポイント還元率が1. nanacoでセブン-イレブンを利用している人はどうすればいいのか?の記事でした。 読んで頂きありがとうございました。

次の

【7Pay(セブンペイ)】iPhoneで使えないnanacoモバイルの代わりにiOSスマホ決済が2019年登場?

ナナコ 7 ペイ

QUICPay(nanaco)は、nanacoカードにQUICPay機能を付けたサービスです。 1枚のnanacoカードで、先払い型の電子マネー 「nanaco(ナナコ)」と、後払い型が主流な電子マネー 「QUICPay(クイックペイ)」の両方が使えます。 利用にはnanacoカードと、QUICPay(nanaco)対応のクレジットカードが必要です。 スマホやケータイを使った「モバイルnanaco」では、QUICPay(nanaco)は非対応です。 今回は、QUICPay(nanaco)の使い方やメリット・デメリットをまとめて紹介します。 QUICPayとnanacoの違い nanacoとQUICPayはそれぞれ異なる種類の電子マネーです。 それがnanacoカード1枚で、各電子マネー支払いが可能になります。 QUICPay(nanaco)について話をする前に、まずは各電子マネーの特徴を解説します。 nanaco(ナナコ) はセブン&アイグループが展開する先払い型の電子マネーです。 nanacoで支払うと、200円ごとに1ポイントのnanacoポイントが付与されます。 5%に下がっています。 nanacoポイントは、電子マネーnanacoに交換(1ポイント=1円相当)すると、再び支払いに使えます。 セブンイレブンやイトーヨーカドーなどのnanaco加盟店のレジで「nanacoポイントを交換したい」と伝えて、nanacoカードをレジの読み取り部にかざすと、交換が完了します。 nanacoを解説: QUICPay(クイックペイ) はカード会社のJCBが展開する電子マネーです。 QUICPay対応のクレジットカードと紐づけると、 チャージ不要、後払い型の電子マネーとして、多くのお店で利用可能です(支払い回数は1回払いのみ)。 QUICPay利用額は、後日、クレジットカードと一緒に請求されて、登録先の口座から引き落とされます。 利用額もクレジットカードのポイント還元対象になり、現金払いよりもお得です。 紐づけるクレジットカードごとに、ポイント付与率が異なります。 5%)。 QUICPayを解説: QUICPay(nanaco)の使い方 QUICPay(nanaco)は、1枚のnanacoカードで「nanaco加盟店はnanaco払い」、「QUICPay加盟店ではQUICPay払い」が可能になります。 2種類の電子マネーが使えることで、1枚のカードで支払いに使えるお店が増えます。 ちなみにセブンカード・プラスは「nanaco一体型」が選べますが、こちらのカードにQUICPay機能を搭載はできません。 (1枚のカードで、クレジット払いとnanaco払いは可能だが、QUICPay払いは不可) nanaco:事前チャージが必要 nanacoカードにQUICPay機能を搭載しても、 電子マネーnanaco払いをする際には、変わらず 事前チャージが必要です。 nanacoカードへのチャージは、主に 現金、クレジットカード、nanacoポイントが利用できます。 最もお得なチャージ方法は 「クレジットカード」で、 チャージ金額に応じてカードの決済ポイントが貯められます。 (一部カード除く) nanacoクレジットチャージには、 オートチャージと クレジットチャージの2種類あります。 いずれもnanaco会員メニューからチャージ設定を行ないますが、チャージ方法や対応可能なクレジットカードが異なります。 オートチャージ セブンイレブンやイトーヨーカドーで支払い後、nanaco残高が設定金額未満になった時、自動的に一定金額が入金される。 対応クレジットカード:セブンカード・プラス、セブンカード クレジットチャージ ネット(nanaco会員メニュー)からnanacoにチャージする金額を申し込み、セブンイレブンやセブン銀行ATMで残高確認すると、nanacoに入金される。 対応クレジットカード:セブンカード以外のクレジットカードも可能 クレジットチャージは、JCBカードや三井住友カード、セゾンカードなど主要クレジットカードも使えます。 ただし、 nanacoチャージによる、クレジットカードの決済ポイントが貯まらないのが大半です。 nanacoへのクレジットチャージでポイント還元がある主なクレジットカードと、ポイント還元率は以下のとおりです。 ポイント1. 2%還元 リクルートカード ポイント0. 5%還元 セブンカード・プラス、ファミマTカード、JMB ローソンPontaカード、セディナカード 最もポイント還元率が高いのは、 リクルートカードです。 リクルートカードの通常ポイント還元率である1. 2%が、nanacoチャージにも適用されており、1,000円分のチャージで12円相当のポイントを獲得できます。 「ポイント付与対象金額は毎月3万円まで」と制限がありますが、nanacoへのクレジットチャージとnanaco払いで、合計ポイント還元率は1. 7%になります。 ただし、2020年3月12日以降、nanacoクレジットチャージサービスに新規登録可能なカードは、 セブンカード・プラスに限定されました。 3月11日以前に登録したクレジットカードは、引き続きチャージやポイント還元の対象になりますが、いつまで持つかは不明です。 ちなみに、以前は楽天カードやYahoo! カードもポイント付与対象でしたが、現在は「チャージ可能だが、還元率は0%」に改悪になりました。 nanacoへのクレジットチャージに関する詳細は、下記の記事で説明しています。 セブンカード(例:セブンカード・プラス)• JCBカード(例:JCB CARD W)• セディナカード(例:セディナカードクラシック) nanacoにチャージする用とQUICPayの支払い用で、別々のクレジットカードを紐づけも可能です。 「QUICPay(nanaco)の利用で貯まるポイントを統一したい」と思う人には、セブンカード・プラスがおすすめです。 セブンカード・プラス セブンカード・プラスは、セブン・カードサービスが発行するクレジットカードです。 カードにnanaco機能が付いた「nanaco一体型」と、nanacoカードやnanacoモバイルと紐付けて使う「nanaco紐付け型」の2種類から選べます。 QUICPay(nanaco)は、nanacoカードでしか使えません。 nanaco一体型を選ぶと、別途nanacoカードと紐付ける必要があります。 またnanaco一体型は、他のカードにnanaco残高やnanacoポイントの移行はできません。 解約や更新時に面倒に感じやすい部分なので、すでにnanacoカードをお持ちであれば、セブンカード・プラスは紐付け型をおすすめします。 年会費は永久無料です。 2019年7月以前は初年度無料、翌年以降は有料(年間5万円以上の利用で無料)でしたが、完全無料になり、持ちやすくなりました。 nanaco:合計ポイント還元率1% nanacoチャージ:200円(税込)ごとに1ポイント(0. 5%) nanaco支払い:200円ごと(税抜)に1ポイント(0. 5%) QUICPay:ポイント還元率0. 5% 200円(税込)ごとに1ポイント セブンカード・プラス:還元率1% クレジット払い:200円(税込)ごとに2ポイント ちなみに、イトーヨーカドーの毎日8のつく日「ハッピーデー」の5%OFFは、セブンカード・プラスの支払いやnanaco全額支払いが割引対象です。 そのため、イトーヨーカドーでQUICPay払いをしても、得られるポイント数が少なく、割引の対象外になるので「QUICPay払いで」と言わないように気をつけてください。 QUICPay加盟店で利用:QUICPay QUICPay加盟店では「QUICPay」がお得です。 セブンカード・プラスが使えるお店であっても「ポイント還元率は0. 5%」で変わりません。 nanaco 支払いに使えない QUICPay:ポイント還元率0. 5% 200円(税込)ごとに1ポイント(0. 5%) セブンカード・プラス:ポイント還元率0. 5% 200円(税込)ごとに1ポイント(0. 5%)い QUICPayを利用するメリットの一つに 「サインの記入や暗証番号の記入が不要」があげられます。 「さっとお会計を済ませたい」と思うときにも、QUICPay利用が向いています。 ちなみに、nanacoとQUICPayの両方が使えるお店では、 チャージと支払いでポイント2重取りできるnanacoの方がお得感が高いです。 QUICPay(nanaco)のメリット・デメリット クイックペイnanacoは「カード1枚で色々なお店の支払いをしたい」と思う人に、相応しい支払い方法です。 メリット ・手持ちのnanacoカードでQUICPayが使える ・QUICPay利用分は後払いなので、残高不足の心配なし ・QUICPay利用金額に応じたポイントが貯まる デメリット ・nanacoモバイルなど、スマホやケータイでは使えない ・QUICPay(nanaco)に対応するクレジットカードが少ない ・nanaco一体型のクレジットカードにはQUICPay機能が付けられない ・支払い方法が増えることで、使い方がややこしくなる ちなみに、Androidユーザーであれば「Google Pay(グーグルペイ)」アプリで、電子マネーnanacoとQUICPayを使う方法もあります。 興味があれば、下記の記事も参考にどうぞ。

次の