てんちむ 薬。 かねこあや、親友てんちむと絶縁→訴訟へ発展…てんちむは未だこの件には触れず…一体どちらの言い分が正しいのか

YouTuberてんちむ、糖尿病治療薬を痩せる注射と紹介して炎上

てんちむ 薬

人気ユーチューバーの「てんちむ」が動画で紹介したダイエット法に物議を醸している。 てんちむが13日にアップした「痩せる注射を1ヶ月打ったら痩せるの?」という動画。 動画の中で、てんちむは銀座にある美容クリニックから紹介されたとして、「痩せる注射」を取り上げた。 医師がその効力を説明していたほか、てんちむも「針は家で捨てない」「針は使い回さない」などの注意事項を紹介しつつ、自ら注射を打っていた。 しかし、この動画についてネットからは、「健常者が使うの本当に危険なのに気軽に紹介しないで」「自分でインシュリン作れなくなって病気になる」「血液検査もしないで処方されるの怖すぎ。 身体ボロボロになる」という批判の声が殺到。 また、同席していた医師にも「健康な人にインスリンを勧めるって医療従事者としてどうなの?」「利益のためだからってやっていいことと悪いことがある」という厳しい声が集まっていた。 「『ビクトーザ』は一般的に2型糖尿病治療のために使われており、食事によって高くなる血糖値をコントロールする役割を持っているとのこと。 動画のコメント欄では、健康な人が使用すると、低血糖などの重篤な副作用が出ることが指摘されており、注射痕が大量に残る可能性も。 また、てんちむはインスリン注射を打つ前に必要な空打ちもしておらず、その点でも、苦言が寄せられていました」 芸能ライター 批判殺到後、てんちむは動画を削除したが、ツイッターや動画での謝罪、釈明はないまま。 てんちむが発信したことで、若者に情報が拡散される恐れを指摘する声も多く上がっていた。 livedoor. 整形ユーチューバーの動画によく出られているクリニックみたいですね。 ちなみにビクトーザでインスタなどでタグで調べたら他のクリニックもでてきますので流行りつつあるのでしょうか? 目次• 動画は? 批判殺到のため動画は削除されました。 画像は拾い画です。 ビクトーザとインスリンの違い 動画を見た人の中にはインスリンと言われていましたがビクトーザとインスリンは全く働きが違うものだそうです。 調べてみました。 まずインスリンは糖尿病の方に打つ注射でよく知られてますよね。 糖尿病は、インスリンが十分に働かないために、血液中を流れるブドウ糖という糖(血糖)が増えてしまう病気です。 インスリンは膵臓から出るホルモンであり、血糖を一定の範囲におさめる働きを担っています。 血糖の濃度(血糖値)が何年間も高いままで放置されると、血管が傷つき、将来的に心臓病や、失明、腎不全、足の切断といった、より重い病気(糖尿病の慢性合併症)につながります。 また、著しく高い血糖は、それだけで昏睡(こんすい)などをおこすことがあります(糖尿病の急性合併症)。 ncgm. html 01 1型糖尿病では、膵臓からインスリンがほとんど出なくなるため、血糖値が高くなります。 生きていくために、注射でインスリンを補う治療が必須となります。 この状態を、インスリン依存状態といいます。 2型糖尿病は、インスリンが出にくくなったり、インスリンが効きにくくなったりすることによって血糖値が高くなります。 原因は、遺伝的な影響に加えて、食べ過ぎ、運動不足、肥満などの環境的な影響があるといわれています。 インスリン製剤 1型糖尿病の人が使用 作用: インスリンそのものを外から補う GLP-1受容体作動薬 ビクトーザ 2型糖尿病の人が使用 作用: 血糖が高い時にインスリンの分泌を促し、グルカゴン濃度を低下させ、血糖値を下げます。 また、胃・腸管での食べ物の移動が遅くなり、消化のスピードが遅くなる、食欲をおさえる作用などがあります。 アメリカでは肥満症の薬として承認されていたり、お隣の国ではが美容目的で取り扱うクリニックが増え、人気のため希少となり使用されたものが中古品で出回るなどと社会問題になったりしていた。 副作用もありますし、したくないダイエット法ですね。

次の

かねこあや、親友てんちむと絶縁状態…愛猫死去で精神状態が不安定!?家政婦が手に掛けた?真相は一体なに?

てんちむ 薬

人気ユーチューバーの「てんちむ」が動画で紹介したダイエット法に物議を醸している。 てんちむが13日にアップした「痩せる注射を1ヶ月打ったら痩せるの?」という動画。 動画の中で、てんちむは銀座にある美容クリニックから紹介されたとして、「痩せる注射」を取り上げた。 医師がその効力を説明していたほか、てんちむも「針は家で捨てない」「針は使い回さない」などの注意事項を紹介しつつ、自ら注射を打っていた。 しかし、この動画についてネットからは、「健常者が使うの本当に危険なのに気軽に紹介しないで」「自分でインシュリン作れなくなって病気になる」「血液検査もしないで処方されるの怖すぎ。 身体ボロボロになる」という批判の声が殺到。 また、同席していた医師にも「健康な人にインスリンを勧めるって医療従事者としてどうなの?」「利益のためだからってやっていいことと悪いことがある」という厳しい声が集まっていた。 「『ビクトーザ』は一般的に2型糖尿病治療のために使われており、食事によって高くなる血糖値をコントロールする役割を持っているとのこと。 動画のコメント欄では、健康な人が使用すると、低血糖などの重篤な副作用が出ることが指摘されており、注射痕が大量に残る可能性も。 また、てんちむはインスリン注射を打つ前に必要な空打ちもしておらず、その点でも、苦言が寄せられていました」 芸能ライター 批判殺到後、てんちむは動画を削除したが、ツイッターや動画での謝罪、釈明はないまま。 てんちむが発信したことで、若者に情報が拡散される恐れを指摘する声も多く上がっていた。 livedoor. 整形ユーチューバーの動画によく出られているクリニックみたいですね。 ちなみにビクトーザでインスタなどでタグで調べたら他のクリニックもでてきますので流行りつつあるのでしょうか? 目次• 動画は? 批判殺到のため動画は削除されました。 画像は拾い画です。 ビクトーザとインスリンの違い 動画を見た人の中にはインスリンと言われていましたがビクトーザとインスリンは全く働きが違うものだそうです。 調べてみました。 まずインスリンは糖尿病の方に打つ注射でよく知られてますよね。 糖尿病は、インスリンが十分に働かないために、血液中を流れるブドウ糖という糖(血糖)が増えてしまう病気です。 インスリンは膵臓から出るホルモンであり、血糖を一定の範囲におさめる働きを担っています。 血糖の濃度(血糖値)が何年間も高いままで放置されると、血管が傷つき、将来的に心臓病や、失明、腎不全、足の切断といった、より重い病気(糖尿病の慢性合併症)につながります。 また、著しく高い血糖は、それだけで昏睡(こんすい)などをおこすことがあります(糖尿病の急性合併症)。 ncgm. html 01 1型糖尿病では、膵臓からインスリンがほとんど出なくなるため、血糖値が高くなります。 生きていくために、注射でインスリンを補う治療が必須となります。 この状態を、インスリン依存状態といいます。 2型糖尿病は、インスリンが出にくくなったり、インスリンが効きにくくなったりすることによって血糖値が高くなります。 原因は、遺伝的な影響に加えて、食べ過ぎ、運動不足、肥満などの環境的な影響があるといわれています。 インスリン製剤 1型糖尿病の人が使用 作用: インスリンそのものを外から補う GLP-1受容体作動薬 ビクトーザ 2型糖尿病の人が使用 作用: 血糖が高い時にインスリンの分泌を促し、グルカゴン濃度を低下させ、血糖値を下げます。 また、胃・腸管での食べ物の移動が遅くなり、消化のスピードが遅くなる、食欲をおさえる作用などがあります。 アメリカでは肥満症の薬として承認されていたり、お隣の国ではが美容目的で取り扱うクリニックが増え、人気のため希少となり使用されたものが中古品で出回るなどと社会問題になったりしていた。 副作用もありますし、したくないダイエット法ですね。

次の

てんちむとかねこあやがなぜ裁判に?絶縁宣言から訴訟まで時系列まとめ

てんちむ 薬

動画の中で、てんちむは銀座にある美容クリニックから紹介されたとして、 「痩せる注射」を取り上げた。 医師がその効力を説明していたほか、てんちむも「針は家で捨てない」「針は使い回さない」などの注意事項を紹介しつつ、自ら注射を打っていた。 しかし、この動画についてネットからは、 「健常者が使うの本当に危険なのに気軽に紹介しないで」「自分でインシュリン作れなくなって病気になる」「血液検査もしないで処方されるの怖すぎ。 身体ボロボロになる」という批判の声が殺到。 また、同席していた医師にも 「健康な人にインスリンを勧めるって医療従事者としてどうなの?」「利益のためだからってやっていいことと悪いことがある」という厳しい声が集まっていた。 まず、一番よろしくないと思ったのが 「痩せる注射」として薬をPRしているところです。 別の動画でもお伝えしたのですが 薬と毒というのは表裏一体だと考えていて 副作用よりも効果が大きい状態を「薬」と呼んでいて 効果よりも副作用が大きい状態を「毒」と呼んでいる にすぎないです。 そのことを理解せずに、健常者に対して糖尿病の治療薬をむやみに勧めるのは、毒の危険性を高める行為です。 また、注射というのは、扱い方に注意がすごく必要なもので 医療従事者でもない素人が注射を扱うのは、感染症のリスクが高い危険な行為でもあります。 そういった点で、安易に「痩せる」目的のために、痩せる注射として勧めるのはかなり問題があると考えています。 また、動画内で使用された「ビクトーザ」という薬は、インスリン注射ではなく、インスリンの分泌を促す効果がある薬なのですが 本来は、2型糖尿病の患者に対して使用する薬であるのです。 それなのに、健常者に対して使用してしまうということは、一時的に痩せるような効果が見られたとしても その注射を打つのをやめてしまったら、インスリンの分泌が促されなくなり、すぐにリバウンドしたり、元の体型に戻る可能性もあります。 つまり、その薬を使ったところで 持続性もなければ根本の解決にも繋がらないのです。 今回の薬だけでなく、サプリや健康食品に頼ったところで、根本の解決には繋がらず 半永久的に商品を買わされて、販売側の思惑に引っかかってしまうだけです。 それよりも自分が毎日行っている生活習慣を少しずつ改善すれば 確実かつ持続的に自分の体に変化が現れるものです。 しょうもない商品やサプリに手を出すぐらいなら、自分の生活を見つめ直して改善すべきです。 また、僕は健康に関する動画を毎日公開していて 主に生活習慣に対してアプローチをおいた情報をお伝えしています。 「実際、何から始めたら良いのかわからないです」 という方はぜひ僕の動画を参考にしていただければ わかりやすく解説していますので、ぜひご覧いただければと思います。 ぜひ僕のSNSのフォローお願いします! 僕は現在では、YouTubeやTikTok、TwitterやInstagramを始めとした各種SNSで情報発信を行っています。

次の