サカイ 引越 センター。 サカイ引越センターCM女優は誰?青い服の新人女性とパンダを調査!

「サカイ引越センター,冷蔵庫」に関するQ&A

サカイ 引越 センター

に現会社に吸収合併され、消滅した。 株式会社サカイ引越センター(サカイひっこしセンター、: Sakai Moving Service Co. , Ltd. )は、に本社を置くの(業業者)である。 引越のサカイので知られる。 概要 [ ] 設立当初はなど中心だったが、現在はからまで日本全国に営業拠点を置いている。 また、安全面ではをいち早く導入している。 度には作業件数だけでなく、でも初めて引越業界第一位を達成した。 として、のを使用している。 CM [ ] からに(一時期は(のメンバー)と共演)を起用し、「 勉強しまっせ引越のサカイ」や「 サカイ、安い、仕事キッチリ」、を受けた際にはそれを逆手に取った「 いちから勉強やり直し」などのテレビCMも話題を集めた。 放送の「べんきょうしまっせ(エレベーター)篇」はを、の「サカイ・デ・アミーゴーズ(お風呂屋さん)篇」はCM FESTIVAL 地域CM部門を、の「仕事キッチリ(日本舞踊)篇」は同 CM FESTIVAL 銅賞を受賞している。 からは今までのコミカルなCMを一新し、業界初の研修棟を使用したCMをするなど「 マイスタークオリティ」という技術面をアピールしている。 現在のテレビCMは若手ドライバーと営業マンの活躍をドキュメンタリー仕立てに描いた内容のものになっている。 はが歌う『Story』。 2013年はの『新しい世界』(アルバム『』収録)が使われており、引越しをする人の家族と引越スタッフの交流をドラマ仕立てで描いている。 2014年12月からの『君が大人になって』がCMソングに用いられている。 2018年には、2019年11月からはやをテレビCMに起用している。 沿革 [ ]• 11月 - 創業者である田島憲一郎・夫妻が、父親(田島新一郎)の経営する新海商運株式会社の堺営業所を開設。 9月 - 貨物自動車取扱業を目的として、当社の直接の前身となる 株式会社アーイ引越センター設立。 5月 - を「 株式会社堺引越センター」に変更。 4月 - 八洲運送株式会社(現・サカイ引越センター、形式上の存続会社)のを取得しとする。 4月 - アンケートハガキを利用したCS活動の開始。 4月 - 法人課を設置し企業法人向けの営業活動を本格的に開始。 4月 - 初CMキャラクターにを起用。 10月 - 八洲運送株式会社を形式上の存続会社として、株式会社堺引越センターを。 八洲運送株式会社は合併後、「 株式会社サカイ引越センター」に商号変更。 9月 - を開設し、による見積受付を開始。 - 市場第二部へ上場(引越専業業者としては初の株式公開)。 10月 - 株式会社新世紀サービス(非連結子会社)を設立。 11月 - 横浜市鶴見区に関東本部(現・東日本本部)を設置。 11月 - 本社・大阪支社にてISO9001を認証取得。 9月 - 本社・大阪支社にてISO14001を認証取得。 9月 - 名古屋市名東区に中部本部(現・中部東海本部)を設置。 3月 - 「キッチリサカイの大百貨」を創刊し通信販売を開始。 5月 - 大阪府堺市に西日本本部を設置。 7月 - 大阪支社に回収した処分品を扱うリサイクルの店を設置。 8月 - 耐震グッズの販売開始。 10月 - 本社研修センターを設置。 3月 - 市場第二部へ上場。 3月 - 東京証券取引所、大阪証券取引所市場第一部指定替え。 3月 - プログラム提携開始。 7月 - 株式会社エレコン(非連結子会社)を子会社化。 5月 - 代表者交代。 7月 - 海外事業部を開設。 6月 - フランスのNippon Euromovers SARLを子会社化。 1月 - らくらくCコースサービス開始。 8月 - 引越アンケートWEBシステムサービス開始。 7月 - 小口引越をメインとするパンダロジスティックスサービスを開始。 4月 - 株式会社SDホールディングス(連結子会社)を子会社化。 不祥事 [ ]• 同社奈良支社と奈良南支社がからにかけ、引越業務の際に対象家庭で不要となったを無償で引き取ったが、これらをメーカーに引き渡さず、業者に引き渡していた。 とは同社に対し、こうした行為が違反に該当するとして是正勧告した。 2011年から同社に従業員として勤務していた女性が、上司から「何でいつもへろへろになるまで仕事するの? 」など、真面目な勤務態度を繰り返し揶揄されたり、同僚との間で起こったトラブルをネタに「仕事放棄は人としてどうか」「謝罪がなければ帰って結構だ」などと叱責されたりして、同年10月に退職。 女性は「によって退職を余儀なくされた」などとしてに訴訟を提起。 付で同地裁に於いて、同社と上司が和解金を合わせて100万円を支払う条件でが成立した。 この女性はその後も、同社のが流れると苦痛を感じると話している模様である。 関連項目 [ ]• - 創業者、初代社長、田島憲一郎前会長 の妻、哲康社長の母、死去 脚注 [ ] [].

次の

サカイ引越センター

サカイ 引越 センター

同じアパートの上の階の方が引っ越しをされました。 早朝から作業していましたが、まず近隣への挨拶がない。 トラックを玄関の目の前につけて こちら側の 非常に迷惑でした。 出た時に作業員の人がいたがあっ!っと言う感じでなんの一言もない。 小さい子供がいて抱っこしていたので本当に迷惑でした。 まず見積もりにこられている時点でうちの方の目の前に駐車されていてクレームを入れました。 そしたらすぐ駐車場に移動して止めていました。 ならはじめからそこに駐車すればよかったのではないかと思います。 営業者もトラックも駐車の指導はしていないのでしょうか。 アートさんは近隣の挨拶もきちんとされており、箱ティッシュを頂きました。 その辺改善した方がいいと思います。 引っ越し予定も近づき、 パンフレットみて、大手だからとサカイ引越センターへ連絡。 事前にネットで調べていたのと、見積もりもくれた業者もあったので、それを参考に訪問見積もりに挑んだ。 【良かった点】 ・訪問見積もりで、米1キロもらえる。 【気になった点】 ・想定価格の、三倍を超える見積もりだった。 ・値引きキャンペーンが要らない。 ネット見積もりやら、こちらの価格感を話したところ、 すぐに値引きに応じてくれた。 ただし、いくらが適正価格か分からないので、面倒がらず必ず複数から見積もりは取った方が良い。 最初から納得感のある見積もりは出ないと思った方が良い。 荷物が少ないなら、自分で車借りて引っ越した方がよい。 都内、近距離を新築戸建て同士へ移動の際に利用。 家族2人、荷物多め 結論を先に言うと、破格だったが妥当のサービス。 値引き交渉をねばった結果、1人暮らしレベルの価格に叩けたのが決め手で取引。 作業員は年齢層若め、連絡確認はきちんとしていた。 荷物の置き場所はちょくちょく間違えていたが、壊れ物もなく、配置の際も慎重にしていた。 ただ、階段によく見たら分かる程度の傷がついており問い合せた。 すぐに作業担当が現場確認したが、結局引越し作業が原因と特定されずそのまま。 そしてなにより残念なのがエアコン取り付け。 訪問当日は雨天で中止になったのに何も連絡来ず1日潰れた。 文句言うものらりくらり言い訳。 真夏だったらどないしてくれんねん。 とりあえず安けりゃOK!って人には勧める。 個人的には相場より10万は安くできたのでそれだけで満足。 見ているだけで感心してしまいました! だけど1回目の営業の方は強引でさらにほかの引越し業者さんの悪口を言ったりと印象は悪かったです ーー; その旨をアンケートのハガキに書いたところ営業所からお詫びの連絡もあり印象は良かったです。 2回目の営業の方も良い人でした。 金額はサカイは安いほうでは無いと思いますが、タンスの中身を出さなくて良かったりと荷造りがその分楽でした! で新築に引越しの3回目ですが特に金額が高すぎるとかではなければサカイにお願いしようと思っていましたが…やめました。 営業の方はまだ新人さんかな?という感じはしましたが、頑張ってるなぁーとしか思いませんでしたが営業所の態度が悪かったです。 そもそも2回もサカイを利用している情報を持ってない、金額も6月なのに3月頭の金額より高くしか出せないと言ってきました。 その時点で我が家は取れなくて良いんだなぁーと思いました!営業さんと話してるのを見ていただけですが印象は最悪でした。 営業所が違うだけでこんなにも嫌な感じになるんだなぁと思いました! 前の所の営業所は良かったのに… なのでサカイといっても営業所で全然違います!なので気になったら見積もりを取り自分で確かめてみると良いと思います! 一番大手ということで、利用しました。 何かあったときの保証などはキチンとしていると思って。 しかし、家電が… 運んでもらったシーリングライト、4個のうち2個が凹んでました。 ひとつは買い換えて1ヶ月以内で、使用には問題ないけどショックでした。 4ヶ月前に買い換えたオーブンレンジのドアが開きにくくなりました。 片手で開けれず、本体を押さえないといけないので、不便。 対応をお願いしたけど、忘れられていたり、連絡の不手際があり、連絡してから1ヶ月経つけど、まだ対応してもらえてません。 「大手だから保証はちゃんとしてます」と言ってたのに、全然ちゃんとしてませんでした。 買って4年のプリンター、引っ越してから繰り返し「カバーが開いています」というエラーが出続け、使おうと思っても、なかなか使えません。 買い換えた後に、そういえば、引っ越す前にはこのエラーはなく、引っ越してからだと気づき、引越しの際の衝撃などで、接触が悪くなった可能性が高いです。 1番の問題は引っ越し開始の時間。 何度か確認していて、2日前までは「朝一番になると思います」と言われていたのに、前日何度問い合わせても時間がなかなか決まらず、20時頃、昼からになったと連絡が。 すべての予定が狂いました。 もっと早く引っ越し時間が決まらないのか?手伝いに来てくれた親戚は何もしてもらうことなく、遅くなったので帰ってもらいました。 提携しているはずの電気工事業者と連携取れてなく、不手際だらけだし。 (電気工事業者の仕事はちゃんとしてました) 引っ越しが全部終わったのが夜の21時。 ふざけるなよ! 引越しのサカイは二度と使わないでしょうね。 引っ越しは二回目(サカイは初めて)。 見積もり金額は正直安くは無かったが、知人の勧めにより特にこだわりも無かったので依頼。 まず最初に応対した営業の方は物腰柔らかく良いかなと思ったのですが、見積り後に応対してきた営業は鼻笑いな態度で対応してきて心象最悪でした。 荷物を運びに来るや否や、大した説明もなしにサインを要求。 作業中、別部屋にいることをいいことに、勝手に水道を使用。 挙げ句の果てには、布団を積み忘れ。 大手なのでどこを選んでも大差は無いだろうと思っていたのですが、今回はかなりショックでした。 もう二度と利用しないと思います。 一人暮らしで都内から東海地方への引っ越しでした。 距離が長いこともあり料金がある程度するのは仕方がないかなーと思いましたが、思った以上に高かった。 時期としてはは繁忙期ではないタイミングだったのに。 見積もりの際に一人暮らしのわりには荷物多いし、テレビ台の上に荷物が置けないなど制限もあるので、で大きいトラックにすべきとうながされました。 たしかに距離が遠いこともあり、荷物が残ってはと思って、大きいトラックでお願いしました。 しかし、当日荷物がいざ積まれると、大きいトラックの半分で荷物が収まりました。 えっ??全然足りてる。 しかも引っ越し先につくときには別の方の荷物も乗せた状態で届いた… 何のための家まで来ての見積もりだったんでしょうか?全然見積もれてませんけど、しかも他の方の荷物運ぶための代金まで払わされた気分です。 ちなみにトラックのサイズ変わるだけで4〜5万くらい料金差あった気がします… 引っ越しをあまりしたことがない私は引っ越しの相場もわからず、いろんな人が家に来て見積もりされることにも抵抗もあったため、大手だから大丈夫とサカイにしましたが、他にも見積もりもっとして貰えばよかったと思いました。 ちなみに料金にしぶっていると目の前でちょっと値段上司に相談しますね。 と、「そこをなんとか。 」みたいなやりとりをなんとなく聞こえる場所でされたけど、今考えると決めて欲しくあえてそんなやりとりの電話もみせたのかなーと思います。 乗せる時下ろす時の方が梱包ないので早いです。 とか言われたけど. 1人しかいなかったら全然だわ)… 引っ越しのお兄さん的には、乗せる時も下ろす時の方も感じのいい人でテキパキはやってくれ、印象悪くはなかったのですが、なんか色々と惜しいなー。 という感じでした。 今度また引っ越し予定があるのですが、見積もりもしっかりしてもらったりして、決めよう!サカイは避けよう!と思いました! 後で費用を会社に請求する引越しですが、数社見積もりを取りました。 案の定サカイさんの見積もりはお高い。 しかし知名度も有り信用出来るだろうと、何とか安くしてもらい引越しを依頼。 引越しスタッフは本当に丁寧、早く、レイアウトも考えてくれて大満足でした。 が、段ボールから荷物を出して翌日段ボールの引取りをお願いすると費用が発生??段ボール回収は最初にお願いしてたけど?見積書をよーく見ると最初の見積もりでは段ボール回収は1回無料だったのが、安くしてもらった見積もりには1080円と記載あり。 こんなわかりにくい所を変更してるとは。 安くしてもらいありがたいと思っていましたが、営業のやり方がせこい。 日にちも無いので早めに決断して欲しいと急かすし。。。 作業スタッフの対応はさすがサカイさんと思いましたが、最後の最後に一気に冷めてしまいました。 皆さんも見積もりは備考に書かれた文字(結構沢山あります)をちゃんと目を通して下さいね。 1度言ったは通りません。 見積もりに書かれた内容での契約ですので 数年前引っ越しのサカイを利用しました。 見積もりや引っ越し段階では全く問題なく進みました。 いざ荷物が付く日、当初は午前8時着との事でしたので早くから現地で待つ為車にて出発しましたが午前7時過ぎに到着が遅れる旨連絡がありました。 午後12時着との事。 事前に連絡貰えた事などもあり、することなくとも掃除をしたり約4時間時間をつぶして引っ越し先にて到着を待ってました。 1時間経っても来る気配無く今度はこちらから連絡。 まだ着いてませんか?と言われるも確認してもらう。 事故渋滞との事で3時着になるとの事。 4時になっても到着せず再度確認も6時に到着予定との事。 6時半になっても到着せず確認の電話をするも、担当者不在でわからないと言い始める。 到着時間を確認して連絡するとの事。 一向に連絡来ない。 7時になってインターホンが鳴った為、見ると引っ越しのサカイ登場。 しかし、近隣の引っ越しが終わった社員がまだ引っ越しが完了していないグループの手伝いに来たとの事でトラックの到着ではなかった。 社員の方に連絡取ってもらうも分からないとの事。 何だかんだで到着12時過ぎ!!引っ越し完了1時過ぎ!!!ふざけてるにも程がある。 全く連絡してこないし、嘘しか言わないし、最悪でした。 翌日から荷物の開封を始めると壊れた家具・傷ついた家電・歪んだ照明・新築のマンションなのに床壁傷とヘコミ等悲惨な状況でした。 対応の不誠実さや家具の損傷を報告も謝罪はあれど対応はのらりくらり。 後日社員が確認に来るも一切の謝罪なく、淡々と確認だけして帰る始末。 直せるものは直すと業者の方が来るも直せたのは壁位。 後は弁償すると言うもまたのらりくらり、言う事が一転二転どころか毎回違う事言う始末。 気が付くと最終解決まで3年かかりました。 二度とここだけは使わないと心に誓い、社員の引っ越しの業者一覧から当然削除しました。 「サカイ引越センター」は、みん評編集部の私も3回利用したことがあります。 評価は3回ともそこそこ満足でして、悪い思いをしたことはありません。 特に1回目の引越しでは終了後、スタッフ全員が整列して「ありがとうございました」と挨拶をしてくださったのには感動しました。 (2、3回目は無し) サカイ引越しセンターの特徴としては皆さんの口コミにあるように、営業員がやや積極的というのがあるかもしれません。 押しに弱い人にはあまりおすすめできませんが、その分、価格交渉がしやすいのも事実です。 (また見積もりしただけで米がもらえるのも嬉しい!) 引越し業者を大手から選びたい場合は、その他に、アート引越しセンター、日本通運、ヤマト、アリさんマークの引越し社などから相見積もりをとって比較してみると良いかと思います。 複数の業者から見積もりをする場合は、が早くて便利です。 業者の空き状況によっては見積もり金額が数万円異なることもざらなので、相見積もりとってみると思わぬ安い業者が見つかることもあります。

次の

サカイ引越センターの悪い引越し口コミ評判と料金相場

サカイ 引越 センター

サカイ引越センターは車やバイクを運んでくれる サカイ引越センターは、家具や家電製品などの家の中の荷物だけでなく、車やバイクの輸送も行ってくれます。 ただし、サカイ引越センターのスタッフが車やバイクを運ぶわけではありません。 サカイ引越センターは、陸送の専門業者と提携しており、顧客から陸送の依頼があった場合には、そうした業者に車やバイクを預けて運んでもらいます。 サカイ引越センターは陸送のプロではありませんが、実際に運ぶのは車やバイクを取り扱うプロの業者です。 そのため、安心して車やバイクを預けることができます。 サカイ引越センターの陸送サービスの料金の相場は? 陸送サービスを依頼する際に気になるのが、料金の相場です。 サカイ引越センターは、依頼された車やバイクを提携業者に預けるため、陸送を仲介する形になります。 そのため、陸送の専門業者に車やバイクを直接預けた場合に比べて、若干ですが費用が高くなる傾向があります。 陸送の料金は場合によって大きく異なる 車やバイクの陸送にかかる費用は、場合によって大きく異なります。 車やバイクが大型であれば、陸送料金は高額になります。 また、運ぶ距離が長ければそれだけ料金が高くなり、離島などで船を使用する必要がある場合は、その分の費用も上乗せされます。 陸送の費用は、車の種類や陸送距離、陸送方法などによって大きく変化します。 また、引越しが集中する春の時期は、陸送費用が高めになる傾向があります。 陸送サービスの料金相場 陸送サービスの料金相場を知りたい人のために、目的地や距離ごとの大まかな料金の相場をご紹介します。 また、沖縄などの離島の場合は、船に載せて運ぶ必要があるため、料金が高くなります。 なお、以上の料金はひとつの例であり、あくまでも目安と考えてください。 陸送の料金は、車の大きさ・輸送距離・業者の繁忙状況などによって大きく変化します。 自分の車・バイクを運ぶ際の費用を正確に知りたい場合は、サカイ引越センターに問い合わせて、見積もりを確認する必要があります。 陸送にかかる日数はどれくらい? 陸送にかかる日数は、運ぶ距離によって異なります。 車やバイクは引越しの荷物とは別で運ばれるため、荷物と一緒に到着するわけではありません。 遠距離であっても1週間以上かかるケースは稀ですが、繁忙期の春には到着が遅れる可能性もあります。 車やバイクの陸送を依頼する際には、到着日を事前に確認しておきましょう。 引越し先で車やバイクを使う予定がある場合は、早めに陸送を頼むことが大切です。 サカイ引越センターに陸送を依頼するメリット 車やバイクを引越し先に運ぶ方法としては、自分で運転する方法や、陸送専門の会社に直接依頼する方法もあります。 サカイ引越センターに陸送を依頼する方法には、それらにはないメリットがあります。 依頼の手間を省くことができる サカイ引越センターに依頼すれば、車やバイクの陸送を引越しと一緒に申し込めます。 そのため、陸送の専門業者に別途依頼する場合と比べて、申し込みや相談の手間が省けます。 引越しと陸送を別々の業者に依頼すると、「見積もり依頼・見積もりの比較・申し込み・相談」などの手間が2倍になります。 引越し日が迫っていると準備に忙しい場合が多いため、手間が省けるのは大きなメリットです。 引越しの日程に合わせた輸送が可能 サカイ引越センターは、当然ですが引越しの日程を把握しています。 そのため、車やバイクの搬出日を調整することで、こちらの都合の良い日時に到着日を設定してもらうことができます。 サカイ引越センターに依頼すれば、スケジュール調整が簡単です。 事故のリスクを回避できる 引越し先が近い場合は、自分で運転して運ぶのもひとつの手です。 しかし、引越し先が遠い場合は、自分で運転するのはリスクが高いです。 引越し前は準備が忙しく、疲労が溜まっている場合も多いでしょう。 そうした際に長距離の運転をすると、事故のリスクが高まります。 特にバイクは要注意です。 事故のリスクを極力避けるためにも、車やバイクを引越し先に運ぶ際には、自分で運転せずに業者に依頼することをおすすめします。 業者に依頼すれば事故のリスクがほとんどなく、万が一起こったとしても保険で損害が補償されます。 陸送サービスを依頼する際の注意点 陸送サービスを依頼する際の注意点をいくつかご紹介します。 社内には荷物を残さない 不慮の事故によって陸送中の車両が損傷した場合は、保険によって損害が保障されます。 しかし、車内の荷物については保険の対象外の場合が多いです。 車内に荷物を置いたまま陸送を依頼すると、万が一の事故の際に損害が補償されません。 リスクを極力回避するために、陸送を依頼する際には車内の荷物を片付けておきましょう。 陸送できない車もある 車の種類によっては、陸送を断られる場合があるため注意が必要です。 陸送を断られる可能性がある車には、「高級外車」「車高が低すぎるもの」「大きすぎる車」「不法改造車」などがあります。 それらに該当する恐れがある場合は、事前に陸送の可否を業者に確認しておきましょう。 事前に車体の傷などをチェック 陸送を依頼する前に、車の状態をしっかりとチェックしておくことをおすすめします。 陸送の際に車に傷がつく可能性は、ゼロとはいえません。 可能であれば、車体の状態を画像などに残しておくと安心です。 さいごに サカイ引越センターは、車やバイクの輸送を行ってくれます。 その際の料金は、輸送距離や車種などによって異なります。 「東京・大阪間」であれば、乗用車で50,000円程度、中型バイクで45,000円程度です。 輸送距離が長い場合や運ぶ車が大きい場合は、その分費用が高くなります。 サカイ引越センターに車やバイクの陸送を依頼する際には、事前に必要な料金をしっかりと確認することが大切です。

次の