リーパー リヴァイアサン。 Subnautica(サブノーティカ) モンスター・敵対生物一覧!海の惑星で最も危険な生き物は??

リヴァイアサン:ガノーを追跡する

リーパー リヴァイアサン

版のサブをクリアしました。 この星を後にするとなると名残惜しいですな。。。 長い闘いだった。。。 計48時間。。。 深海が怖すぎて石橋をたたいてたたいて渡るプレイの結果こんなに時間がかかってしまった。 とにもかくにも 深海がこわい。 あまりの出来事に脇汁が止まらなかった。 必死に逃げたけどグラッシー台地から外に行くのが軽くトラウマになった。 でもシーモスの仇をンさんが取ってくれたぜ。 ドリル最高。 は離れてさえいればあんまり怖くはないんだけど、こいつは寄ってくるからな。 一番焦るのは溶岩地帯で生身でダメージくらうときに ンスーツから放り出されたあげく 近すぎてマーカーが出ずに ンスーツを見失ったとき。 除菌してさえしまえばもう怖くないけど、除菌できるのは最後の最後という。 ロストリバーも上層はシーモス、中層以降はンスーツでいくから は本格的に荷物運びしかしなかった。 ようにパワーセル充電器もたくさん作ったのみほとんど使わなかった。 サバイバルモードだと食料飲料がいるけどフリーダムはマジで拠点いらない。 まあが手に入るのとスキャナールームを最初に作るタイミングにラグがあるのがいけないんだけどね。 完全に存在を忘れてたわ。 デカシ号関連の探索が終わってロストリバー見つけるまでの誘導がない感じはなかなか不親切だったな。 ちなみに自分はブラッドケルブ群生地からロストリバーに初めて入った。 急に音が変わってびっくりするよね。 そしてその先にいるゴースト。 とりあえず次はクリエイティブモードでひたすら基地を作りまくるぞ。 k-rash.

次の

【Subnautica日誌#5】ジェリーシュルームの群生地は磁鉄鉱の宝庫だった!見つからない500mへの道。

リーパー リヴァイアサン

概要 [ ] 宇宙を股にかけた壮大なストーリーや、フルボイスオーバーによる映画的でドラマチックな演出、を彷彿とさせる、異星人の歴史、文化、政治体系までをもカバーした緻密な世界観設定が特徴。 ストーリーの大筋もいくつかの決められたイベントをなぞって展開するものの、その過程では膨大な数の事案に対する決断がプレイヤーにゆだねられる。 困っている旅行者に金を工面してやるか否かといった一見些細なものから、それまでの敵を説得するか殺すかといった重大なものまで様々で、また、決断を迫られる問題の中には単純な善悪の観点からは推し量ることができないものもある。 そうしたプレイヤーの決断の一つ一つがその後の展開に影響を及ぼすことがタイトルの由来ともなっている。 現在4作品が販売されており天の川銀河を舞台とした『』『』『』の3部作、アンドロメダ銀河を舞台とした新章『』の1作が発売されている。 前3部作はセーブデータの引継ぎによりのプレイヤーの各所での選択の結果を2作目、3作目に引き継ぐことができこれにより、登場人物の違いなどストーリーに変化をもたらす。 ゲームプレイ [ ] プレイヤーが三人称視点で主人公を操作するTPSアクションロールプレイングゲームである。 主人公の性別、外見、軍歴、戦闘訓練およびファーストネーム(名)はゲーム開始前にプレイヤーが決定することができる。 プレイヤーは銃の他、様々なスキルを利用して戦闘を行う。 シェパード3部作においてはゲーム開始時にクラス選択をする為、ゲーム中に使用可能なスキルは固定される。 アンドロメダにおいては全スキルを習得可能でスキルポイントの使用量によりクラスも解放される仕様になった。 登場人物 [ ] ジョン・シェパード ジェーン・シェパード 3部作の主人公。 地球連合軍の少佐。 ファーストネームは自由に設定可能であり、男性選択時の初期設定名はジョン・シェパード、女性の場合はジェーン・シェパードとなっている。 過酷な任務を生き抜いてきた事から軍内部での評価は高く、シタデル評議会へ人類初のスペクター候補として推薦されている。 戦争の英雄という過去の経歴は共通だが、その人柄はプレイヤーの選択如何によって大きく異なることになる。 古代エイリアンの遺物であるビーコンを巡る任務からリーパーの復活を目論むサレンとその背後にいるソヴリンがリーパーそのものである事を知りリーパー復活阻止の為、サレン、ソヴリンを追う。 ソヴリンを阻止した後の任務中、コレクターからの攻撃で船を破壊され死亡するもサーベラスに蘇生され、コレクター調査の為、一時的に手を組む。 リーパーの進行を遅らせる為、禁止されているマスリレイの破壊を実行した事で軍法会議にかけられコレクターとの戦いの後は連合軍の下で軟禁状態となる。 リーパーの侵攻で地球が陥落した後は軍に復帰しアンダーソンの命令で銀河中の種族の力を結集し大艦隊を編成する。 決戦兵器クルーシブルの完成後、艦隊を率いて地球へ向かいリーパーとの決戦に挑む。 ケイダン・アレンコ シェパードの部下の連合軍の大尉で人間の男性。 人為的にバイオティクス手術を施された強化人間であるが、不安定なL2アンプを埋め込まれているためやや情緒不安定な部分がある。 しかし義に厚く、優秀な軍人で連合軍への忠誠度は高い。 アシュリー・ウィリアムス エデン・プライム警備隊の軍曹で人間の女性。 身体能力が高く、非常に気が荒い。 神を信じる宗教者であるが、ファースト・コンタクト戦争で祖父が受けた仕打ちから、政治と異星人に対して偏見を持っており、特に異星人へは種族を問わず突っかかる。 警備隊で唯一生き残り、シェパードの部下となった。 祖父の代から続く軍人一家で、二人の姉妹がいる。 リアラのことは特に毛嫌いしているらしく、話の腰を折ることが多い。 共に任務をこなしていく中で偏見は薄れていくがシェパードがサーベラスと一時的に手を組んでいたことを不審に思いしつこく問いただすなど堅物な面は相変わらず。 ジェフ・モロー(ジョーカー) ノルマンディー号の操縦士である人間の男性。 先天性の骨の病気により歩行困難だったが、両親が軍人であったことから宇宙船操縦士の道を選んだ。 肉体のハンデを他で補い、軍学校を主席卒業した努力の人。 腕前は一級で、困難な操船もやってのける。 皮肉屋で、どんな苦境にあってもシニカルな態度を取る。 なお、クルー間での呼び名「ジョーカー」は、訓練生時代に笑顔をほとんど見せず訓練に打ち込む彼の姿を見た上官から付けられたあだ名。 デヴィット・アンダーソン 連合軍の大佐でシェパードの上官。 人間の男性。 ノルマンディーの司令官で、シタデルの密命を受け、スペクターのナイラス、スペクター候補のシェパードとともにエデン・プライムに赴く。 生粋の軍人で部下からの信頼は厚く、連合軍内外では英雄として評価されている。 シェパードをスペクター候補として推薦したのも彼である。 サレンとは過去に起こった出来事から深い因縁を持つ。 ドネル・ウディナ 評議会加盟のため人類代表の大使としてシタデルに逗留する政治家。 人類の権利の為には評議会相手でも噛み付く豪胆さと、政治的判断次第ではシェパードやアンダーソンら忠実な軍人をもあっさりと切り捨てる狡猾さを持ち合わせている。 絵に書いたような政治家で、事ある毎にアンダーソンと衝突するが、人類の発展を願っているという部分では理念は同じであるようだ。 ギャレス・ヴァカリアン シタデルの保安を一手に担う保安機関C-Sec Citadel Security Services に勤務するトゥーリアン族の刑事。 正義感が非常に強く、悪や不正は断固として叩くという苛烈な主義を持っており、それゆえ職業上の様々な制約が彼を悩ませている。 悪人を前にしてはつい感情的になり、これを裁くため時として超法規的なことや、非倫理的なことにも手を染めるのを厭わない危うさがある(しかし独善的な性格ではなく、制止を受けた際のシェパードの忠告には素直に耳を傾ける)。 独自に追っていたサレンの不正を暴くべく、C-Secの職を辞してシェパードに同行することを決める。 ソブリン撃退後はC-Secに戻るが規則や手続きばかりで悪人を裁けない現状に嫌気がさし辞職。 自らのチームを組んでテルミナス宙域のオメガで犯罪者相手に戦う日々を送っておりアークエンジェルと言われ恐れられている。 コレクター基地でのミッションの後は故郷パラヴェンでリーパー対策の専門家として軍に入っている。 アードノット・レックス クローガン族の傭兵、賞金稼ぎ。 一般的なクローガン族の例に違わず、争いごとを好み、強い相手と戦うことを至上の名誉とする凶暴な性格。 しかし、ただ金と暴力のためだけに傭兵稼業に手を染める刹那的な同族達と違い、理性的な側面もある。 契約を交わせば誰であろうと殺す非情さの一方で、滅びゆく種族の未来を憂い、友と認めた者は決して裏切らない篤い情熱の持ち主。 サレンの情報を握る暗黒街の顔役を追って以来、シェパードと共闘する。 ソヴリンとの戦いの後は故郷トゥチャンカに戻り一族を纏めている。 リーパーの侵攻が始まるとトゥーリアンの救援をする見返りにジェノファージの治療を要求する。 タリゾラ・ナ・ラーヤ 放浪の民クォリアン族の出身。 ノルマンディーのクルーにはタリと呼ばれる。 クォリアン族は免疫システムが弱いため、常に全身を気密スーツで覆われており、彼女も作中素顔を見ることはできない。 行動的な性格をしており、一般的なクォリアン族がそうであるように機械に強い。 成人の儀式として種族に認められる程の「価値あるもの」を求めるなか、シタデルでシェパード達が追う事件の重大な手がかりを知らずに入手し命を狙われる。 危ういところをシェパード達に助けられ、彼に同行することになる。 リアラ・ティッソーニ アサリ族の考古学者。 年齢106歳。 1000年以上の寿命を持つアサリ族ではまだ若年と見なされている。 理知的で聡明だが、地位あるメイトリアークの娘という生い立ちからアサリ社会でも疎外感を抱き、結果として他人と距離を置いて研究に没頭するようになった。 銀河間移動を可能にしたマス・リレーの創造主とされるプロセアン族の遺跡を調査するため、辺境の惑星で一人研究を続けている。 ナイーブかつ対人関係が得手でなく、独自の考察や専門分野の話となると延々と止まらなくなることも。 サレンの手下に襲われた際自分の研究所から脱出できなくなり、救助のために駆けつけたシェパードと同行することとなる。 アサリ族の例に漏れず、彼女も非常に強力なバイオティクスの使い手である。 イルーシブマン 人類至上主義を掲げるサーベラスの首領。 コレクターによって殺されたシェパードの遺体を回収し40億クレジットと2年の歳月をかけたラザラスプロジェクトで蘇生させ、人類コロニーから人間が消えている事件の調査を依頼する。 人類の地位、力の向上の為、リーパーの力を制御下に置くべきと考えている為、リーパーの破壊を望むシェパードとはコレクター基地での戦いの後、決別する。 その後リーパーの洗脳の影響が強くなり部下の洗脳やハスク化、避難民を利用しての人体実験などを行うようになる。 制御の鍵となるカタリストを巡って何度も対立し最終的にシタデルの中枢においてシェパードと対決する。 ミランダ・ローソン サーベラスの一員でシェパードを復活させたラザラスプロジェクトの統括者。 遺伝子操作によって生まれた人間で生まれつき頭脳、バイオテック能力などが高い。 オリアナという妹が一人いる。 コレクターとの戦いにおいてチームの一員としてシェパードに協力する。 コレクター基地での戦いの後、サーベラスから離脱する。 ジェイコブ・テイラー サーベラスに加入した元連合の兵士。 連合の規則に縛られた体制に嫌気がさしサーベラスに加入したがイルーシブマンの事は信用しておらず忠誠心は特にない。 EDI ノルマンディーSR2に搭載された人工知能。 EDIは「Enhanced Defense Intelligence」の略。 リーパーの技術を基にサーベラスによって開発された。 ノルマンディーの電子的な攻撃や防御を担当しており分析やハッキングにおいてシェパードをサポートする。 ゲスの例もある為、他の機能へのアクセスはブロックされていたがノルマンディーがコレクターに襲われた際、ジョーカーがブロックを解除した為、その後は船の全システムにアクセス可能となった。 当初はジョーカーからうっとおしく思われていたが次第にジョーカーも気を許すようになり冗談を言い合ういいコンビになる。 リーパー侵攻後、シェパードが連合に復帰した後も引き続きサポートを行う。 火星でサーベラスのドクターエヴァのボディを回収後は体をハッキングして乗っ取ることで物理的にもシェパードへの同行が可能となり戦闘面でもサポートを行う。 モーディン・ソーラス サラリアンの男性。 天才的な頭脳を持つ科学者。 かつてはサラリアン特殊部隊に所属していた。 クローガンの出生率を大幅に抑えるジェノファージ技術の開発者であり、これによってクローガンの出生率は99. 9%減少した。 道徳より科学的原則を規範にしているがジェノファージを生み出した罪の意識は感じており、その償いのためシェパードと行動を共にする。 リーパー侵攻後は戦力としてのクローガンの重要性から治療に必要な女性クローガンの情報をレックスに流すなどジェノファージの治療に向けて動き出す。 ジャック(サブジェクト・ゼロ) あらゆる犯罪に手を染めた女性。 銀河一の犯罪者と呼ばれ、現在は刑務所に収監されている。 人を一人殺す毎にタトゥーを入れており、今や全身がタトゥーに覆われている。 野蛮かつ暴力的で情緒不安定な性格ではあるが、強力なバイオティクスの使い手。 どんな犯罪も可能にする能力の高さ、鋼鉄のように固い意志と、敵を倒すという強い決意を持つ。 幼少時はサーベラスの研究所で人体実験の被験者となっており、そのためサーベラスを恨んでいる。 グラント オキアーによって人工的に製造されたクローガン。 究極のクローガン、および最強の戦士をテーマとして設計された。 ずっとタンクの中で生活してきたため、戦闘に関すること以外の周囲の事情はほとんど理解できない。 血気盛んで好戦的ではあるが理知的な一面も持つ。 しかしクローガンの血が暴走し、自分が抑えられなくなることもある。 セイン・クリオス ドレルの男性。 凄腕の暗殺者。 完全無欠の殺人者として鍛錬を続け、恐るべき技術と経験を持つ、比類なきアサシンとして銀河中で恐れられている。 禁欲的で冷徹な性格。 かつては金次第で依頼を請け負っていたが、自身のモラルと信仰に基づき、自らが敵と定めた標的を選ぶようになる。 徒手格闘とバイオティックの達人であり、臨機応変でどんな窮地も切り抜けられる。 ドレル特有の不治の病に侵されており、余命は残り少ない。 サマラ アサリ・ジャスティカの女性。 銀河の秩序の乱れを正すため、子孫を持つことと現世での欲を捨てている。 非常に強力なバイオティックの使い手。 常に堂々と落ち着いて振る舞う。 3人のアルダット・ヤクシ(子孫を生む際に相手に害をなす性質を持つアサリ)の母親であり、そのうちの一人は凶悪な犯罪者であるため、この手で始末するために捜査を行っている。 ザイード 人間の男性。 古参の傭兵で、テルミナス宙域で最も危険な賞金稼ぎという評判を得る前には連合軍にいた。 20年もの間利益を求めて戦場を駆けめぐったが、今では血なまぐさい傭兵仕事から足を洗いたいと思っている。 カスミ・ゴトウ 神出鬼没の女怪盗。 常にフードで顔を隠している。 その素顔、経歴と共にほとんど不明。 サーベラスに加入する対価として、危険な犯罪者ドノヴァン・フックの金庫に侵入する計画を手助けすることをシェパードに要求する。 ソヴリン 現サイクルで初めて登場したリーパー。 当初はサレンの旗艦でプロセアンかリーパーの遺物かと考えられていた。 暗黒宙域には戻らず現サイクルの監視役として天の川銀河に残っている。 サイクル開始の為、シタデルリレイ起動の信号をキーパーに送るがプロセアンの妨害により起動しなかった為、サレンを洗脳下におき暗躍する。 ハービンジャー 最古のリーパーで一番初めに造られた個体。 実質リーパーの親玉でありソヴリンの失敗後はコレクターを裏から操り新たなリーパー創造の為、人間狩りを行っている。 他のソヴリン級と違い黄色く光る眼が4つある。 種族 [ ] 人類 地球を母星とする種族。 火星にあるプロセアンの遺物を見つけた事で大幅に技術力が向上したがシタデルに加わった種族としてはまだまだ新参者で地位は低い。 アサリ セッシアを母星とする1000年以上の寿命を持つ種族。 エレメントゼロが豊富な環境下で進化して来た為、生まれつきバイオティクス能力が高い。 外見は女性のみだが種族としての性別はない。 シタデルを最初に発見し、シタデル評議会の設立も提案した種族で天の川銀河での影響力は最も強い。 母星に秘匿されたプロセアンの遺物がある為、技術力も最も進んでいる。 トゥーリアン 天の川銀河で最強の艦隊戦力を保有する種族。 母星はパラヴェン。 軍国主義的で規律のある文化を持つ。 人類が初めて遭遇した異星人だが初遭遇時にファーストコンタクト戦争が起きた為、改善には向かっているが人類との関係はややぎこちないものとなっている。 クローガンの反乱を押さえる為、サラリアンと協力してジェノファージを散布した事でクローガンからは憎まれている。 サラリアン サーケッシュを母星とする種族。 代謝が激しい為、寿命は40年程と短いが頭の回転が速く科学分野に秀でている者が多い。 クローガンを不妊にしたジェノファージを作った種族である為、敵視しているクローガンが多い。 クローガン トゥチャンカを母星とする血の気が多い種族。 白兵戦では銀河最強ともいわれ傭兵など戦いを仕事とする者が多い。 元々は原始的な種族であったが当時銀河の脅威であったラクナイに対抗する為、サラリアンが技術提供をした事で急速に文明化した。 ラクナイの阻止に貢献するがその後、1年で1000人近い子を産む繁殖力と文明化により環境が安定した為、人口が急増加し周辺の惑星へ領土拡大のために侵攻。 侵攻阻止の為、トゥーリアンとサラリアンによりジェノファージという出生率が大幅に下がるウイルスを散布された。 この経緯から両種族を憎むクローガンは多い。 クォリアン ラノックを母星とする種族。 生まれつき免疫システムが弱いため、母星以外の環境下では気密スーツを着て防護している。 技術分野に秀でた種族で人工知能であるゲスを作り出したが次第に自我に目覚め始めたゲスを恐れて攻撃したことで反撃され母星を追い出された。 母星を追い出された後は5万隻近い船で構成された移民船団で活動している。 ゲス クォリアンによって生み出された人型機械生命体。 労働力として生み出されたが次第に自我を持つようになり、それを恐れたクォリアンが破壊を試みようと攻撃した為、自己防衛の為に反撃しクォリアンとの間で戦争となる。 世間一般ではゲスが反乱を起こしたと思われている為、同じことが起きないよう人工知能の開発、研究は基本禁止されている。 プロセアン 5万年前に滅びた種族。 痕跡が非常に少ない為、急に消えたと思われているが実際はリーパーによって滅ぼされた。 当時は銀河系中の他種族を支配下に置き、逆らう者は滅ぼすという非常に強固な帝国国家を築いていた。 有機物、無機物問わずに触れた対象物の記憶を読み取る能力を持っている。 ラクナイ クイーンを中心とする社会性昆虫型種族。 原始的な見た目に反して高度な技術力を持っている。 休止していたマスリレイの先にいた敵対的な種族であり遭遇したシタデル種族とラクナイ戦争と呼ばれる戦争を引き起こす。 膨大な数で1世紀近くシタデル勢力を圧倒するがサラリアンにより急速に文明化したクローガンが介入したことにより形勢が逆転し滅ぼされた。 リーパー 5万年ごとに現れ銀河中の有機生命体を滅ぼすというサイクルを繰り返している巨大な機械生命体。 リーパーという名はプロセアンが付けた種族名で彼らが名乗っているわけではない。 ゲスは彼らの事をオールドマシンと呼んでいる。 虐殺を繰り返しているように見えるが真の目的は有機生命体の保存。 起源は約10億年前に遡り、当時銀河を支配していたリヴァイアサンという有機生命体が支配下にある種族の争いと滅亡を防ぐ方法を模索する人工知能(カタリスト)を作り出した。 このAIが模索の結果、滅亡を防ぐには有機生命体を収穫、合成しより強い存在に生まれ変わらせるという結論に至り、その結果リーパーという存在を作り出した。 この為、リーパーは単なる機械ではなく有機生命体と機械を融合したハイブリッド生命体であるともいえる。 収穫の効率を上げる為、マスリレイとシタデルを建設しサイクルを終えた後に生まれる種族が自分たちの考える方向に進化しやすいようわざと残している。 収穫を終えると痕跡をすべて消して銀河外縁部の暗黒宙域で冬眠し5万年後に再び収穫を始める。 天の川銀河種族を凌ぐテクノロジーを持つほか、洗脳能力も有しており洗脳の影響を受けた者はリーパーの存在こそが救いであるという方向に導かれ、無意識のうちにリーパーへ協力させられる。 コレクター オメガ4リレイの先にある基地を拠点とする種族。 普段は珍しい遺伝情報を集めてオメガ宙域にたまに現れる程度で目撃例はかなり少ない。 正体は5万年前に滅亡したプロセアンがリーパーにより遺伝子変異させられたもの。 リヴァイアサン 10億年程前に銀河を支配していた有機生命体の種族。 当時、他種族を支配下に置き繁栄していたが支配下にある種族同士が争いを始め滅亡するという事案が起き、争いと滅亡を防ぐ手段を模索する人工知能(カタリスト)を作り出す。 しかし人工知能は模索の結果、有機生命体をリーパーというより強大な存在へ作り変えるという考えに至り、その手始めとして創造主であるリヴァイアサンを収穫。 突然の裏切りによりごく一部の生き残りを残して滅亡した。 リーパーの元となった存在である為、外見はソヴリン級リーパーに似ている。 アンガラ アンドロメダ銀河のヘリウス星団に繁栄している種族。 ハバールという惑星を母星として星団各地に植民地を持っていたがスカージの影響により環境が破壊された為、現在はアヤという惑星を拠点としている。 ケットとは戦争状態であるが戦力差から押されている。 レムナントシティの調査からジャルダーンという種族によって生み出された種族であることが分かるが生み出した理由は不明。 ケット イニシアチブがアンドロメダ銀河に到着する約80年前にヘリウス星団に現れた種族。 ヘリウス星団へは侵略の為に進出しているが現地司令官のアルコンがレムナント技術に興味を持ちそちらの調査を優先している為、思うようには進んでいない。 生物工学に優れており他種族の遺伝情報を取り込み自らを進化させるという独自の文化を持つ。 自然な方法では繁殖出来ない為、他種族を変異させるという方法で繁殖している。 レムナント アンドロメダ銀河のヘリウス星団各所で発見されるテクノロジー及び自立型ボットの総称。 テラフォーミングシステムや新しい種族の創造など非常に高度な技術を持つ。 創造主はジャルダーンという種族らしいがこれらの技術を残したまま星団から消えた為、作成した動機は不明。 スカージはレムナント構造に引き寄せられるという特徴があり接触すると機能不全を引き起こす。 施設、船 [ ] シタデル 絶滅したプロセアンによって建築されたと考えられている巨大宇宙ステーション。 天の川銀河種族の政治と経済の中心地でありシタデル評議会が管理している。 ステーションの中にはまだ確認できていない区画もあるがキーパーと呼ばれる種族により常に管理されている為、発見したばかりの種族でも問題なく利用出来る様になっている。 実際の機能は宇宙ステーションではなく巨大なマスリレイでありリーパー達が待機している暗黒宙域へ繋がっている。 更に隠された中枢部にはリーパーを生み出した存在であるカタリストがいる。 マスリレイ 銀河中に点在する大型構造物。 接近した船をリンクしているリレイまで超高速で加速させる一種のワープ装置の様な物。 リンク先が分からないリレイも多くそういったリレイは敵対的な種族に遭遇するのを避ける為、シタデル評議会によって起動が禁じられている。 シタデルと共にプロセアンによって作られた物と考えられているが実際に作ったのはリーパーであり破壊せずに残しているのは発見した種族が自分達の望む方向へ進化するよう誘導する為。 SSV ノルマンディーSR-1 人類とトゥーリアンが共同で開発した新型フリゲートシップ。 最先端のステルスシステムを搭載した実験機であり敵に探知されずに航行が可能。 当初はアンダーソンが艦長を務めるがシェパードがスペクターに任命された後はサレン追跡の為、シェパードに艦長権限が譲られた。 シタデルへのソヴリン襲撃の際は連合艦隊を率いてソヴリンの撃破に貢献する。 ソヴリンとの戦いからしばらく後、航行中にコレクターからの攻撃を受け破壊されるがその後、サーベラスによって後継機であるSR-2が建造されシェパードに与えられる。 SR-1に比べ船のサイズは2倍、ドライブコアは3倍のサイズとなり人工知能のEDIを搭載しているなど各所に改良が図られている。 ただ船体が大型化した為、惑星への直接の着陸は不可能となっており着陸用のシャトルを格納している。 サーベラス離脱後は連合軍の管轄下となり司令船としての機能を充実させる為、最新鋭の通信設備の設置など船内の改装をされている。 ネクサス アンドロメダへの入植計画の為、シタデルを参考に建造された大型宇宙ステーション。 イニシアチブの司令本部の他、居住区画や農場、研究施設、新しい種族に遭遇した際に備えて天の川銀河の文明を説明するカルチャーセンターなどを備えており、入植計画の中心拠点として機能する。 アンドロメダ銀河に到着直後、スカージの被害を受け船体の一部が破損している。 アークがどれもトラブルで合流できなかった為、入植計画を進められず資源不足から反乱が起きるなど危機的状況に陥っている。 アーク アンドロメダへの入植者を2万人収容可能な大型宇宙船。 ネクサスへ電力を供給するコアとしての役割も持っている。 人類、アサリ、サラリアン、トゥーリアンの種族ごとに計4機が建造され第一波としてアンドロメダ銀河へ旅立つ。 クォリアン、ドレルなど複数の種族を乗せた機体も1機建造されたが複数の種族をまとめて乗せる為、環境調整が難航し第一波から遅れて出発となった。 人類のアーク「ハイペリオン」は予定より到着が1年近く遅れた上、他の3機は行方不明となっている。 テンペスト アンドロメダ銀河探索の為、建造されたパスファインダー専用の宇宙船。 ノルマンディーと同様のステルス機能を備えており新型のODSYドライブを搭載している。 探索を主目的としている為、武装は一切付いていない。 組織 [ ] シタデル評議会 アサリ、サラリアン、トゥーリアンの3種族で構成されているシタデルを統括する組織。 ソヴリン撃退後はその功を認められ人類も席を得る。 リーパーの警告に耳を貸さないなど堅物ぞろいでその官僚主義的な姿勢に愛想を尽かすものも多い。 スペクター シタデル評議会によって選ばれる特殊工作員。 評議会の手足となる存在で銀河の平和と秩序を守る為、任務遂行にあたっては独自の裁量権を与えられている。 話し合いなど平和的な解決を目指す者もいれば暴力的な手段で解決を図ろうとする者もいるなどやり方は人それぞれ。 サーベラス 人類至上主義を掲げるイルーシブマンに率いられている組織。 人類の地位向上の為なら暗殺や破壊工作など何でもやる為、連合や評議会からはテロリストと認定されている。 やることは過激であるが何も行動しない連合や評議会に見切りをつけて組織に入るものも多い。 リーパー侵攻後は首領であるイルーシブマンの洗脳が進み、部下の洗脳や人体実験などを始めたため、危険を感じて脱退する者が後を絶たない。 アンドロメダイニシアチブ 2176年にアンドロメダ銀河への入植計画の為、ジーン・ガーソンによって設立された組織。 長距離スキャンの結果、居住可能な惑星や資源が数多く見つかったアンドロメダ銀河への入植、資源の確保、定住できる地の確立を目標としている。 当初は資金不足で計画は中止しかけていたがベネファクターと呼ばれる謎の人物がソヴリンのシタデル襲撃を見てリーパーが実在する事と近い将来、天の川銀河への侵攻が開始されると確信し天の川文明を保存する目的で資金提供をしたことで計画が実施された。 パスファインダー アンドロメダ銀河の居住地域調査の為に選抜された人員。 各アークごとに1名ずつの計4人がおり、独自のチームを率いて調査を行なっている。

次の

【Subnautica攻略】「リーパーリヴァイアサン」は怖がる必要なし!動きが遅いので泳ぎでも避けられます

リーパー リヴァイアサン

〇〇種のエネミーを攻撃時 威力が上昇。 入手は 季節緊急のみ。 しかも季節ごとによって手に入る属性や種族が違うのが現状です。 幸い属性と種族は1つづつ同じ緊急ですけど、時期によって手に入りにくい。 リーパー、スレイヤー両方とも共通です。 成功率アップ系アイテムもありません。 スレイヤーとリーパーは 重複します。 D 船2 UD1111 例えば、ドラゴンスレイヤーNT,アーディロウNTのウェポノイド潜在、SOPが3つつけれるインヴェイドNT、OP盛2倍のクリファドなどなど。 カイオウスレイヤーしてるフォロワーの さんから情報いただきました。 ありがとうございます! この時はチムツリ攻撃8、フレパシフスト有り、ステ盛りユニットで通常攻撃特化にしてないとのことでした。 かなりダメージでますね…!• 特定の弱点や種族に対して威力倍率がかかり、レアリティによってかわる• 基本的には新世武器のクラフトを組み合わせて使う• 例えばリーパーを複数、特定のスレイヤーをつけて、特定の属性、種族に対して最強の火力を出すことができる クラフトの素材用意も大変なのと継承率の低さという準備面の弱点がありますが、武器によって条件付きますが、シオン超える 高い火力を出せるのが魅力ですね。 可能性あります。 ただし、ホイホイ準備できるものでもないので、ご利用は計画的に… 自分はいろいろ試してみましたが、ドラゴンスレイヤーNTが強くなっていて面白かったですね。 また何か分かったら追記しますね!.

次の