キャッシュ レス アプリ。 キャッシュレスとは?キャッシュレス決済を比較。ポイント高還元のオススメ

PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い…キャッシュレス決済を徹底比較! おすすめアプリや高還元率の組み合わせ技をプロが解説

キャッシュ レス アプリ

今加速している「キャッシュレス決済」とは? 今日本でも急加速している「キャッシュレス決済」は、多くの消費者の間で注目が集められており、 既に多くの人が「当たり前」のように利用し始めています。 「キャッシュレス決済」とは、クレジットカード、デビットカード、電子マネー、スマートフォンに搭載されたアプリなどを利用して 「現金を使用せずに決済を行う」方法の事です。 私達を取り巻く環境では、あらゆるところで現金を不要にして決済が行えるインフラが既に整っています。 例えば、電車に乗る際、「Suica」などを利用すればタッチするだけで改札を通り抜ける事ができますが、これによって都度現金を用いて切符を購入する必要は無くなりましたよね。 他にも、買い物やレストランで支払いする際も、「クレジットカード」を使う事で現金を使う事なくスマートに決済を完了させる事が出来ます。 このように、 既に世の中は「現金不要」で便利に決済ができる世界へと変わりつつあるのです。 日本でのキャッシュレス決済率 このキャッシュレス決済は世界でグローバルに発展を遂げており、 段々と「現金がいらない」社会へとシフトしています。 しかし、 実は日本はこのキャッシュレス決済の比率が他の国と比べてもまだあまり普及されていないとされているのです。 なお、日本でキャッシュレス決済が中々導入されない理由に関して、日本経済新聞にて以下のように記載されていました。 出典: 最も多いのは「店舗側の導入手数料が高いこと」でしたが、現金しか利用出来ないことによる外国人観光客の消費需要の取りこぼしなども問題となっている為、政府も全面的にキャッシュレス決済の促進を進めています。 スマホでキャッシュレス決済ができるアプリとその一覧 キャッシュレス決済の種類は主に 「前払い」「即時払い」「後払い」の3つに分かれており、主に前払いは「電子マネー」、即時払いは「デビットカード」、そして後払いは「クレジットカード」に該当します。 なお、このようなキャッシュレス決済はスマホ上のアプリからも行う事が可能であり、主なキャッシュレス決済アプリは以下の通りです。 これらのアプリケーションは全てスマホでインストールするだけで気軽に利用する事ができ、お店のレジにて端末をかざすだけで決済が完了したり、お店のQRコードから読み取りをして決済を完了させられたりと様々です。 スマホでキャッシュレス決済ができるおすすめのアプリ3選! では、上述したアプリの中でも特におすすめなキャッシュレス決済アプリ3選を以下より紹介していきます。 ApplePay アップルペイ 出典: ApplePay アップルペイ とは、日本では2016年に開始されたキャッシュレス決済アプリであり、iPhoneやAppleWatchから利用することができます。 ApplePayはアプリ内に「クレジットカード」や「電子マネー」の情報を読み込む事が可能であり、スマホアプリからお店でのお支払いが出来たり、「Suica」のような交通系の電子マネーを読み込んでおく事で、駅の改札をスマホでかざしてくぐり抜けることも可能です。 出典: また、ApplePayを利用することで財布の中身が整理できたり、お得にポイントを貯められるメリットもあるので、気になる方は是非利用してみてください! LINE Pay ラインペイ 出典: LINE Pay ラインペイ とは、日本ではお馴染みのメッセージサービスを手掛ける「LINE株式会社」が提供しているキャッシュレス決済アプリです。 LINE Payはアプリから現金をチャージすることでお店でQRコード決済を行う事が可能となっており、財布をわざわざ出さなくても決済をする事が出来ます。 出典: また、LINE Payでは「友達同士での割り勘機能」がついている点もメリットであり、飲み会のお会計の際にきっちり友達と割り勘を行うことも可能です。 Kyash キャッシュ 出典: Kyash キャッシュ とは、アプリ内でVISAカードを作って決済したり、友達同士でお金を送金・割り勘したりする事ができるキャッシュレス決済アプリです。 出典: 他にも、自身が買い物などに使った支払金額をアプリ内の履歴で閲覧できるメリットもあるので、気になる方は是非利用してみて下さい! スマホでキャッシュレス決済ができるアプリを徹底比較! それでは、上述した3つのおすすめキャッシュレス決済アプリを各特徴毎に比較してみましょう。 なお、各アプリで開催されているお得なキャンペーンは以下の通りです。 お得なキャンペーン ApplePay• なお、LINE PayもQRコード決済によるキャッシュバック以外に随時「キャッシュバックキャンペーン」が開催されており、にて都度詳細が更新されています。 キャッシュレス決済アプリを導入する時の注意点やデメリットは? では、キャッシュレス決済アプリを用いる際の注意点やデメリットなどを解説していきます。 キャッシュレス決済アプリが使えるお店と使えないお店がある キャッシュレス決済アプリを用いる際にデメリットとなるのが、 「使えるお店と使えないお店がある」といった点です。 各アプリ毎に対応しているお店が異なっているのですが、事前に使えるお店を把握しておかなければ「せっかくアプリに現金をチャージしたのに使いたいお店がない」という事態に陥ってしまいます。 出典: 現金いらずで便利に決済ができるキャッシュレス決済アプリですが、まだまだそのインフラが十分に拡大されていないところがデメリットとなります。 スマホを紛失してしまう可能性がある 次に、キャッシュレス決済アプリでは 「スマホの紛失」によって決済ができなくなるといったデメリットもあります。 スマホをどこかに落としてしまうと、その中にあるアプリでの決済が不可能になるのは当然のこと、 他の人に不正に操作されたりする懸念もあります。 なので、 スマホを紛失しないように十分に注意しておくのと同時に、万が一の紛失時に備えてスマホのロック機能などを活用しておくことを推奨します。 なお、現金であっても「財布の紛失」がデメリットとなるので、いずれも絶対に無くさないように自己管理しておきましょう。 キャッシュレス決済アプリの種類が多く乱立してしまう なお、日本では既にたくさんのキャッシュレス決済アプリが増えており、利用者にとってはそのアプリが乱立してしまうデメリットがあります。 上述した通り、それぞれの決済アプリによって利用できる店舗も異なる為、利用者のスマホの中に様々なアプリがかさばってしまいます。 このように、複数の決済アプリが乱立すると管理も大変となるので、自身で必要なケースを想定しながら、本当に必要なキャッシュレスアプリのみをインストールして利用していく事をおすすめします。 まとめ:キャッシュレス決済アプリで支払いを効率化しよう! 以上がキャッシュレス決済アプリについてでしたが、キャッシュレス決済アプリを用いることで普段のお支払いを効率化し、 さらにお得なキャンペーンを利用してキャッシュバックを受け取る事も可能となります。 特に、多くの人が頻繁に訪れるコンビニなんかであればアプリによるQRコード決済で即座に支払いを済ます事が可能なので、 少額の支払いでジャラジャラとお釣りを受け取る必要も無くなります。 なので、これを機に是非キャッシュレス決済アプリを活用してみてはいかがでしょうか。

次の

Kyash(キャッシュ)の評判や口コミは?リアルカードのデメリットや使えない時に確認すべき事を紹介 | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

キャッシュ レス アプリ

2020. 11 本日、経済産業省より、本事業に関する直近の状況について が発表されています。 御確認ください。 2020. 11 6月11日時点の 登録加盟店の地域分布のほか、 店舗の種類別の登録状況と利用状況を公表しました。 詳細は を御確認ください。 2020. 11 6月11日時点の都道府県別、市区町村別の加盟店数に加え、事業所名、業種(カテゴリー)、還元率を記載した都道府県別の登録加盟店一覧を公表しました。 詳細は、「 」「 」を御確認ください。 2020. 1 本日、経済産業省より、本事業に関する直近の状況について が発表されています。 御確認ください。 2020. 1 6月1日時点の 登録加盟店の地域分布のほか、 店舗の種類別の登録状況と利用状況を公表しました。 詳細は を御確認ください。 2020. 1 6月1日時点の都道府県別、市区町村別の加盟店数に加え、事業所名、業種(カテゴリー)、還元率を記載した都道府県別の登録加盟店一覧を公表しました。 詳細は、「 」「 」を御確認ください。 2020. 21 本日、経済産業省より、本事業に関する直近の状況について が発表されています。 御確認ください。 2020. 21 5月21日時点の 店舗の種類別の登録状況と利用状況を公表しました。 詳細は を御確認ください。 2020. 11 本日、経済産業省より、本事業に関する直近の状況について が発表されています。 御確認ください。 2020. 11 5月11日時点の 店舗の種類別の登録状況と利用状況を公表しました。 詳細は を御確認ください。 2020. 1 本日、経済産業省より、本事業に関する直近の状況について が発表されています。 御確認ください。 2020. 1 5月1日時点の 店舗の種類別の登録状況と利用状況を公表しました。 詳細は を御確認ください。 2020. 21 本日、経済産業省より、本事業に関する直近の状況について が発表されています。 御確認ください。 2020. 21 4月21日時点の 店舗の種類別の登録状況と利用状況を公表しました。 詳細は を御確認ください。 2020. 17 この度、日本政府が発令した新型コロナウィルス特措法に基づく「緊急事態宣言」の対象地域が全国に拡大されました。 これに伴い、 問い合わせ窓口をしばらく全面閉鎖させていただきます。 今後の再開時期や問い合わせ受付方法については、検討の上、本ホームページ等で改めてお知らせいたします。 ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解いただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。 2020. 13 本日、経済産業省より、本事業に関する直近の状況について が発表されています。 御確認ください。 2020. 13 4月11日時点の 店舗の種類別の登録状況と利用状況を公表しました。 詳細は を御確認ください。 2020. 1 本日、経済産業省より、本事業に関する直近の状況について が発表されています。 御確認ください。 2020. 1 4月1日時点の 登録加盟店の地域分布のほか、 店舗の種類別の登録状況と利用状況を公表しました。 詳細は を御確認ください。 2020. 1 4月1日時点の都道府県別、市区町村別の加盟店数に加え、事業所名、業種(カテゴリー)、還元率を記載した都道府県別の登録加盟店一覧を公表しました。 詳細は、「 」「 」を御確認ください。 2020. 23 本日、経済産業省より、本事業に関する直近の状況について が発表されています。 御確認ください。 2020. 23 ポイント還元事業における決済事業者は、4月末までに事務局へ申請を完了し、5月末までに店舗に決済端末を設置する必要があります。 このため、決済事業者によっては、店舗からの受付を 3月前後に締め切るものがありますので御注意ください。 スケジュールについては決済事業者により異なりますので、 や各決済事業者のホームページ等を御確認ください。 2020. 23 3月21日時点の 登録加盟店の地域分布のほか、 店舗の種類別の登録状況と利用状況を公表しました。 詳細は を御確認ください。 2020. 23 3月21日時点の都道府県別、市区町村別の加盟店数に加え、事業所名、業種(カテゴリー)、還元率を記載した都道府県別の登録加盟店一覧を公表しました。 詳細は、「 」「 」を御確認ください。 2020. 23 2月26日(水)の新型コロナウイルス感染症対策本部における安倍総理の発言を踏まえ、3月20日(金)までの「キャッシュレス使い方講座」について、開催を見送ることとしていましたが、 「今回、専門家会議から大規模イベント等について、主催者がリスクを判断して慎重な対応が求められるとの見解が示されたことから、今後は、主催者がこれを踏まえた判断を行う場合には、感染対策のあり方の例も参考にしてください。 引き続き、感染拡大の防止に十分留意してください。 」 という同対策本部(3月20日(金)開催)における総理の発言を踏まえ、当面の間は、引き続き、当該講座の開催を見送ることといたします。 再開の目途や日程・会場等の情報につきましては、当該ホームページでお知らせいたします。 (御参考:3月20日の新型コロナウイルス感染症対策本部のページ) 2020. 12 衛生マスクの転売を行った中小・小規模事業者に対しては、加盟店登録を取り消す等の措置を行います。 「 」をご覧ください。 2020. 11 本日、経済産業省より、本事業に関する直近の状況について が発表されています。 御確認ください。 2020. 11 ポイント還元事業における決済事業者は、4月末までに事務局へ申請を完了し、5月末までに店舗に決済端末を設置する必要があります。 このため、決済事業者によっては、店舗からの受付を 3月前後に締め切るものがありますので御注意ください。 スケジュールについては決済事業者により異なりますので、 や各決済事業者のホームページ等を御確認ください。 2020. 11 3月11日時点の 登録加盟店の地域分布のほか、 店舗の種類別の登録状況と利用状況を公表しました。 詳細は を御確認ください。 2020. 11 3月11日時点の都道府県別、市区町村別の加盟店数に加え、事業所名、業種(カテゴリー)、還元率を記載した都道府県別の登録加盟店一覧を公表しました。 詳細は、「 」「 」を御確認ください。 2020. 11 2月26日(水)の新型コロナウイルス感染症対策本部における安倍総理の発言を踏まえ、3月10日(火)までに実施予定であった「キャッシュレス使い方講座」については、開催を見送ることとしていましたが、「今後、概ね10日間程度は、これまでの取組を継続」という3月10日(火)の同対策本部における総理の発言を踏まえ、3月20日(金)までに実施予定であったものについても、開催を見送り、4月以降に延期するよう調整することといたします。 日程等の詳細が整いましたら、改めて、当該ホームページでお知らせいたします。 (御参考:3月10日の新型コロナウイルス感染症対策本部のページ) 2020. 3 本日、経済産業省より、キャッシュレス決済を導入する中小・小規模事業者の資金繰りを支援するための日本政策金融公庫による低利融資制度について が発表されています。 御確認ください。 2020. 2 本日、経済産業省より、本事業に関する直近の状況について が発表されています。 御確認ください。 2020. 2 ポイント還元事業における決済事業者は、4月末までに事務局へ申請を完了し、5月末までに店舗に決済端末を設置する必要があります。 このため、決済事業者によっては、店舗からの受付を 3月前後に締め切るものがありますので御注意ください。 スケジュールについては決済事業者により異なりますので、 や各決済事業者のホームページ等を御確認ください。 2020. 2 3月1日時点の 登録加盟店の地域分布のほか、 店舗の種類別の登録状況と利用状況を公表しました。 詳細は を御確認ください。 2020. 2 3月1日時点の都道府県別、市区町村別の加盟店数に加え、事業所名、業種(カテゴリー)、還元率を記載した都道府県別の登録加盟店一覧を公表しました。 詳細は、「 」「 」を御確認ください。 2020. 2 2月26日(水)の新型コロナウイルス感染症対策本部における安倍総理の発言を踏まえ、 3月10日(火)までに実施予定であった「キャッシュレス使い方講座」については、開催を見送り、4月以降に延期するよう調整することといたしました。 日程等の詳細が整いましたら、改めて、当該ホームページでお知らせしますので、予め御了承ください。 21 本日、経済産業省より、本事業に関する直近の状況について が発表されています。 御確認ください。 2020. 21 ポイント還元事業における決済事業者は、4月末までに事務局へ申請を完了し、5月末までに店舗に決済端末を設置する必要があります。 このため、決済事業者によっては、店舗からの受付を 3月前後に締め切るものがありますので御注意ください。 スケジュールについては決済事業者により異なりますので、 や各決済事業者のホームページ等を御確認ください。 2020. 21 2月21日時点の 登録加盟店の地域分布のほか、 店舗の種類別の登録状況と利用状況を公表しました。 詳細は を御確認ください。 2020. 21 2月21日時点の都道府県別、市区町村別の加盟店数に加え、事業所名、業種(カテゴリー)、還元率を記載した都道府県別の登録加盟店一覧を公表しました。 詳細は、「 」「 」を御確認ください。 2020. 12 本日、経済産業省より、本事業に関する直近の状況について が発表されています。 御確認ください。 2020. 12 2月12日時点の 登録加盟店の地域分布のほか、 店舗の種類別の登録状況と利用状況を公表しました。 詳細は を御確認ください。 2020. 12 2月12日時点の都道府県別、市区町村別の加盟店数に加え、事業所名、業種(カテゴリー)、還元率を記載した都道府県別の登録加盟店一覧を公表しました。 詳細は、「 」「 」を御確認ください。 2020. 3 本日、経済産業省より、本事業に関する直近の状況について が発表されています。 御確認ください。 2020. 3 2月3日時点の 登録加盟店の地域分布のほか、 店舗の種類別の登録状況と利用状況を公表しました。 詳細は を御確認ください。 2020. 3 2月3日時点の都道府県別、市区町村別の加盟店数に加え、事業所名、業種(カテゴリー)、還元率を記載した都道府県別の登録加盟店一覧を公表しました。 詳細は、「 」「 」を御確認ください。 2020. 21 本日、経済産業省より、本事業に関する直近の状況について が発表されています。 御確認ください。 2020. 21 1月21日時点の 登録加盟店の地域分布のほか、 店舗の種類別の登録状況と利用状況を公表しました。 詳細は を御確認ください。 2020. 21 1月21日時点の都道府県別、市区町村別の加盟店数に加え、事業所名、業種(カテゴリー)、還元率を記載した都道府県別の登録加盟店一覧を公表しました。 詳細は、「 」「 」を御確認ください。 2020. 10 本日、経済産業省より、本事業に関する直近の状況について が発表されています。 御確認ください。 2020. 10 一般社団法人キャッシュレス推進協議会が、事業開始前と事業期間中に実施した 消費者及び店舗向けアンケートの調査結果を公表しました。 詳細は を御確認ください。 2020. 10 1月11日時点の 登録加盟店の地域分布のほか、 店舗の種類別の登録状況と利用状況を公表しました。 詳細は を御確認ください。 2020. 10 1月11日時点の都道府県別、市区町村別の加盟店数に加え、事業所名、業種(カテゴリー)、還元率を記載した都道府県別の登録加盟店一覧を公表しました。 詳細は、「 」「 」を御確認ください。 2019. 23 本日、経済産業省より、本事業に関する直近の状況について が発表されています。 御確認ください。 2019. 23 12月21日時点(本年最後の更新日)の都道府県別、市区町村別の加盟店数に加え、事業所名、業種(カテゴリー)、還元率を記載した都道府県別の登録加盟店一覧を公表しました。 詳細は、「 」「 」を御確認ください。 2019. 23 事業ホームページの地図上に、お持ちのクレジットカードが使える店舗に絞り込んで表示させる機能を追加するとともに、地図アプリに、地図上で検索した店舗情報の一覧を表示する機能等を追加しました。 ホームページの地図機能については、は を御覧ください。 2019. 23 民間事業者の知見を活用し、消費者により分かりやすい情報提供を行う観点から、登録加盟店情報のデータ連携先として採択した株式会社Zaimが、「 」サービスの本格運用を開始します。 実店舗のみならず、ECサイト上の店舗も含め検索できる機能や、表示された店舗一覧を印刷できる機能などに特徴があります。 詳細は「 」を御確認ください 2019. 23 加盟店の皆様に順次発送をしているポスターなどの店頭用広報ツールについて、転売や譲渡等の禁止など、加盟店の皆様に御注意いただきたい事項を掲載しました。 詳細は、「 」を御覧ください。 2019. 23 【再掲】年末年始における下記の期間、お問い合わせ窓口は休止いたします。 2019年12月27日(金)17時00分 から 2020年1月6日(月)10時00分まで 2019. 20 消費者向けのホームページに「 」を公開しました。 ポイント還元事業についてわかりやすく説明する動画や資料を掲載していますので、ぜひ御覧ください。 2019. 16 本日、経済産業省より、本事業に関する直近の状況について が発表されています。 ご確認ください。 2019. 16 2019年12月(21日)までの 登録加盟店の地域分布のほか、 店舗の種類別の登録状況と利用状況を公表しました。 詳細は、 を御確認ください。 2019. 16 12月11日時点の都道府県別、市区町村別の加盟店数に加え、事業所名、業種(カテゴリー)、還元率を記載した都道府県別の登録加盟店一覧を公表しました。 詳細は、「 」「 」を御確認ください。 2019. 16 【再掲】年末年始における下記の期間、お問い合わせ窓口は休止いたします。 2019年12月27日(金)17時00分 から 2020年1月6日(月)10時00分まで 2019. 02 本日、経済産業省より、本事業に関する直近の状況について が発表されています。 ご確認ください。 2019. 02 年末年始における下記の期間、お問い合わせ窓口は休止いたしますので、御留意ください。 2019年12月27日(金)17時00分 から 2020年1月6日(月)10時00分まで 2019. 02 キャッシュレス決済に馴染みのない方に向けて、キャッシュレス決済の使い方やポイント還元事業に関する説明を行い、個別の質問等も受け付ける「キャッシュレス使い方講座」を、全国各地で開催されるイベント等と連携して、順次開催しています。 本日、 に、「キャッシュレス使い方講座」に関するページを追加していますのでご確認ください。 2019. 02 12月1日時点の都道府県別、市区町村別の加盟店数に加え、事業所名、業種(カテゴリー)、還元率を記載した都道府県別の登録加盟店一覧を公表しました。 詳細は、「 」「 」を御確認ください。 2019. 21 本日、経済産業省より、本事業に関する直近の状況について が発表されています。 ご確認ください。 2019. 21 11月21日時点の都道府県別、市区町村別の加盟店数に加え、事業所名、業種(カテゴリー)、還元率を記載した都道府県別の登録加盟店一覧を公表しました。 詳細は、「 」「 」を御確認ください。 2019. 21 検索ページ上に、お使いのクレジットカードサービスが対象かどうか確認するための検索機能を追加しました。 クレジットカード番号の先頭6桁を入力することで対象かどうか調べることができます。 詳細につきましては、「 」又は「 」を御確認ください。 2019. 12 本日、経済産業省より、本事業に関する直近の状況について が発表されています。 ご確認ください。 2019. 12 11月11日時点の都道府県別、市町村別の加盟店数に加え、事業所名、業種(カテゴリー)、還元率を記載した都道府県別の登録加盟店一覧を公表しました。 詳細は、「 」「 」を御確認ください。 2019. 12 この度、 登録加盟店情報のデータ連携先の募集を行い、採択先を決定しました。 詳細は から御確認ください。 2019. 01 11月1日時点の都道府県別、市町村別の加盟店数に加え、事業所名、業種(カテゴリー)、還元率を記載した都道府県別の登録加盟店一覧を公表しました。 詳細は、「 」「 」「 」を御確認ください。 2019. 25 10月21日時点の都道府県別、市町村別の加盟店数に加え、事業所名、業種(カテゴリー)、還元率を記載した都道府県別の登録加盟店一覧を公表しました。 詳細は、「 」「 」を御確認ください。 2019. 25 消費者の皆様に、より分かりやすく情報提供するために、民間事業者の知見を広く活用する観点から、登録加盟店情報のデータ連携先を募集します。 詳細は、「 」をご覧ください。 2019. 11 10月11日時点の加盟店登録数(都道府県別・業種分類別、市区町村別・業種分類別)を公表しました。 詳細は、「 」からダウンロードしてください。 2019. 11 本日、経済産業省より、本事業に関する直近の状況について が発表されています。 ご確認ください。 2019. 30 10月から当面の間、土日祝日10:00~18:00にも、コールセンターを開設し、消費者のみなさまに、事業についてご案内いたします。 ぜひ、ご活用ください。 (電話番号:0120-010975) 2019. 26 10月1日から開始できる加盟店登録数 都道府県別、業種分類別 、及び9月25日時点の加盟店申請数(市区町村別)を公表しました。 なお、地図上には、登録済加盟店を9月30日までに、随時反映していきます。 詳細は、「 」「 」からダウンロードしてください。 2019. 26 本日、経済産業省より、10月1日から参加する登録店舗数等について が発表されています。 ご確認ください。 2019. 24 9月20日(金)より、「使えるお店を探す」ページにて、地図上に対象店舗情報を表示しております。 サービス開始当初は接続が集中し、お使いいただけない時間がありましたが、現在は解消しております。 今後も随時、アップグレードさせていきます。 なお、現在、地図上に表示されている情報は、10月1日から参加できる店舗・決済手段の一部のみです。 審査などの準備が整い次第、順次情報を更新・反映していきます。 2019. 20 対象店舗を検索するため、 地図アプリ・ホームページ上の地図機能を公表しました。 ホームページ上の地図機能は、「 」を確認ください。 地図アプリは、「 」からダウンロードしてください。 2019. 20 消費者のみなさま向けに、対象となる主要な対象サービスの資料を作成しました。 詳細は「 」をご確認ください。 2019. 20 本日、経済産業省より、対象店舗を検索するための地図アプリ等について が発表されています。 ご確認ください。 2019. 06 経済産業省は、決済事業者との準備促進会合の開催等について を行いました。 2019. 06 9月2日時点で事務局審査を通過した加盟店(対象店舗)一覧を公表しました。 詳細は「登録加盟店一覧はこちら」をご確認ください。 2019. 02 消費者のみなさま向けに、事業の説明資料を作成しました。 詳細は「 」をご確認ください。 2019. 30 対象となるキャッシュレス決済手段を公表しました。 詳細は「 」をご確認ください。 2019. 23 8月21日時点の加盟店登録申請数と、事務局審査を通過した加盟店(対象店舗)一覧を公表しました。 詳細は「地域別の登録申請数及び事務局審査を通過した加盟店一覧」をご確認ください。 2019. 23 経済産業省は、現在のキャッシュレス・消費者還元事業の準備状況について を行いました。 2019. 31 7月30日時点の加盟店登録申請数と、事務局審査を経た登録済加盟店(対象店舗)一覧を公表しました。 詳細は「 」をご確認ください。 2019. 31 消費者向けページを公表しました。 詳細は「 」のページをご確認ください。 キャッシュレス 決済の"いろは" 電子マネー/プリペイドカード 様々な会社が独自に発行している電子的なお金で、主にスーパー、コンビニ、改札機でタッチしてお金を払える。 カードタイプのほかに、携帯電話やスマートフォンで使えるタイプがある。 デビットカード お買い物や食事代のお支払いで提示すると、代金が銀行の口座から即時に引き落とされるカードのこと。 クレジットカード お店等での買い物に使うと、その場で現金を支払うことなく商品やサービスを受け取ることができ、後でお金の請求が来る 後払い カードのこと。 代金の請求は一括で支払うか、分割払いやボーナス払い等がある。 スマートフォン スマートフォンに、クレジットカード、電子マネー、銀行口座等を登録し、お店等でのお金を払うときに使える 例えば、スマートフォンをタッチする、あるいはバーコードやQRコードを使って支払うことができる。 対象となる店舗.

次の

【危険?】CASHアプリで、買い取り依頼してわかったデメリット

キャッシュ レス アプリ

いまメルカリやヤフオクの天下を揺るがせている買い取りアプリがあります。 それが 「CASH」です。 リリースされるや否や利用者が殺到、一時休止を経て復活した経緯を持ちます。 ネット上での意見はおおむねこんな感じ。 「CASHは危険!」• 「CASHより実際の取引のほうが安心できる」• 「全くべつのものを送ったらどうなるの?」 ただこれらの意見はCASHリリース直後のもので、 刷新されていないものがほとんど。 DMMに買収されて以降、サービス内容もかなり変わってきたようです。 ここではCASHアプリを実際に利用してみたレポートをご紹介します。 どんな時に使えるのか、本当に安全なのかなども解説していきます。 CASHを実際に使ってみたらこうなった! まずはapp storeからインストールして、アプリを開きます。 簡単なチュートリアルのあと、電話番号を入力する画面になります。 登録した電話番号宛てに SMSで認証番号が届くので、それを入力します。 認証が終わったら、画面下のメニューから「キャッシュ」を選びます。 2017年12月現在は、 朝の10時からと、夜の8時からのみ査定が開始されます。 開始時間になった直後はアプリが重たくなるので、 30分程度したらトライしてみてください。 ブランド、カテゴリを選び、最後にコンディションを選びます。 商品全体が映るよう、アイテムを撮影します。 ここで「キャッシュにする」を選択すれば、 「ウォレット」に入金されます。 もちろんウォレットに入れたあと、キャンセルすることもできます。 あとはウォレット内で振込手続きを行えばOK! 「アクティビティ」からアイテムの集荷依頼をかけて、無事送付できれば完了です! そもそもCASHってどんなアプリ? 「目の前のアイテムが一瞬でキャッシュに変わる」 CASHのコンセプトや内容はこの1文に凝縮されています。 実際に利用してみてもわかる通り、写真撮影だけで商品をお金に換えられるアプリです。 商品は集荷に任せられるうえ送料無料なので、ほとんど負担がありません。 またキャッシュはウォレットにたまり、銀行振込でいつでも引き出すことができます。 リリース当初は「質屋アプリ」、現在は「即時買い取りアプリ」。 このCASHというアプリについて、もう少し詳しく解説していきましょう。 1日の買取額は1000万円まで CASHでは、 1日の買い取り上限額を1,000万円までに定めています。 上限額を超えてしまうと、その間は査定が受けられなくなります。 2018年6月現在も、 朝10時~と、 夜8時~にリセットが行われているようです。 ただ話題になった時期に比べかなり落ち着き、夕方でも問題なくキャッシュ可能になっています。 買い取り最低価格が1000円にアップ! リリース直後の買い取り最低額は500円でした。 しかし復活後、DMM買収後と時間を経て、 買い取り最低額が1,000円にまで上がっています。 どんなに状態の悪いものでも1,000円から買い取ってもらえる、ということになります。 「あとでキャッシュ」で1週間後に入金可能に 2018年2月には 「あとでキャッシュ」というシステムが追加されました。 アイテムを撮影するところまでは同じですが、「あとでキャッシュ」を選択すると、査定の予想額が表示されます。 先にアイテムを発送し、商品がキャッシュに到着したあと精密な査定を経て、1週間後にウォレットに入金される、というシステムです。 一般的な買取業者とほとんど同じですので、より専門性を求めるのであれば、などの業者と検討してもよいでしょう。 写真を撮影しただけで査定予想額が出るのはすごいのですが、ダンボールなどの用意が必要なのは大変ですね…。 どんなものが売れる?ブランドのアパレル商品がメインです 「CASHではどんなものが売れるのか、なんでも売れるのか?」 例えば目の前のペットボトルを送れるのかというと、それはNOです。 CASHでは、 「カテゴリ」と「ブランド」、「コンディション」を選んで商品を撮影します。 現在はアパレルブランドが多く、iPhoneなどのガジェットも買い取ってくれるようです。 2018年6月現在では、カテゴリに「金券・商品券」「外貨」が追加されています。 ブランドは一覧から選択するか、文字検索で探して選択しましょう。 カテゴリでは以下のなかから当てはまるものを選択し、写真を撮影します。 メンズファッション• レディースファッション• キッズファッション• ガジェット• 金券・商品券• 外貨 アパレル・ファッションのカテゴリでは、さらに以下の項目から売りたい商品を選びます。 トップス• パンツ• オールインワン• スカート• ワンピース• バッグ• シューズ• ファッション雑貨• アクセサリー• 帽子 キャッシュの引き出しはどうする?コンビニか銀行振込でOK 商品がキャッシュ化されたら、その金額がウォレットにたまります。 引き出し方法は「コンビニ」か、「銀行振込」を選ぶことができます。 また1万円以上受け取る場合は、 本人証明書類の撮影、提出が必要になります。 運転免許証や各種健康保険証、パスポート、住民基本台帳カードが対象です。 (マイナンバー通知カードや個人番号カードは使えません) 集荷はヤマト運輸。 集荷希望日や時間を選ぶことができる キャッシュを引き出したら、 2週間以内にアイテムを送る必要があります。 アイテムを送るには、アプリ内でヤマト運輸に集荷をかけることになります。 送料無料で発送することができ、集荷希望日や時間帯を選ぶことができます。 ダンボールや、しっかりとした紙袋に商品をまとめておきましょう。 ひとつあたり160サイズ以内、重さは25kgまでに留めておけばOKです。 メリットやデメリットは?とにかく今すぐにお金が必要な人向けのアプリ 「でも、CASHを使うメリットってある?」 ネット上の情報では、CASHに関するデメリットのほうが目立ちますよね。 CASHの一番いいところは、 とにかくすぐに買い取りが行えること。 例えば、 メルカリやヤフオクで出品して、購入者を待つ時間がありません。 これを含めて、CASHのメリットとデメリットを考えてみましょう。 CASHを使う3つのメリット。 断捨離にも大活躍してくれます• すぐにキャッシュを引き出せる• どんなものでも1,000円以上になる• 断捨離に有効活用できる CASHのいいところは、 ウォレットにたまったキャッシュをすぐに引き出せる点です。 平日14時までに手続きを済ませれば、登録した銀行口座にすぐ振り込まれます。 また最低買取価格が1,000円になり、コンディションの悪いものでも査定に出すことができます。 クローゼットの断捨離をしたい時や、引っ越しの時には大いに大活躍してくれますね。 CASHを使う3つのデメリット。 アカウント凍結のおそれもあるかも• 受付対象外のアイテムは査定に出せない• 取引期限を超過すると利用停止になる• 買取専門店に出したほうが高く売れる場合もある 一方で、 CASHでは現在登録されていないブランドのアイテムは査定に出すことができません。 これは禁止行為のひとつとされており、違反すると利用停止になることもあります。 また、ジャンルごとの買取専門店に査定してもらったほうが高く売れる場合もあります。 CASHはとにかく早くお金を作りたい、手間をかけたくない人向けの買い取りサービス 商品によっては、買取専門店できちんと査定すれば、より高額な買取額がつくものもあります。 しかし、そんな時間や手間をかけていられない、という時にこそCASHの出番です。 朝10時からの査定時間に間に合えば、その日のうちにある程度のお金が用意できます。 DMMに買収されて以降、今後は1日の買い取り上限額が増えていく可能性が大きいです。 いつでもどこでもキャッシュが利用できる、という日は、そう遠くないかもしれませんね。 CASH利用時の注意点。 違反すると利用停止以上になることも… 元々CASHというアプリは、性善説で成り立っているといっても過言ではありませんでした。 写真と違う商品を送付したり、返金しないままでいる人もいるかもしれませんよね。 とにかく会社側のリスクが大きく、それゆえ利用者にもリスクがあるのでは、と心配されていました。 現在では利用規約が一新され、禁止行為とする項目も増えています。 ここではCASHを利用するときの注意点について解説していきましょう。 ブランドものしか売れないの?• 偽のブランド品を売るとどうなるの?• もし写真と違うものを送付したらどうなる?• 集荷依頼をしなかったり、返金しないとどうなる?• なんで本人確認書類がいるの? ブランドものしか売れないの? 現在は登録されているブランドの商品しか売却できないようです。 姉妹ブランドや派生ブランドであっても、リストに名前がないものに関しては不可のようです。 偽のブランド品を売るとどうなるの? 公式の「ルールとお願い」ページにもあるように、偽ブランド品・コピー品の売却は違法です。 「商標法」「不正競争防止法」などに違反するため、刑事罰の対象となります。 商標法:10年以下の懲役、もしくは1000万円以下の罰金• meti. pdf もし写真と違うものを送付したらどうなる? ネット上の記事でよくあるのが、「ペットボトルでも査定額が出た」という写真ですよね。 実は、これでそのままペットボトルを送付するのは禁止行為になっています。 商品の撮影前に、ブランド、カテゴリ、コンディションを決定しますよね。 その3つの項目と送付された商品が著しく異なる場合、 アカウントの利用停止措置が行われます。 集荷依頼をしなかったり、返金しないとどうなる? キャッシュを引き出したあと、商品を送らないままでいると大変です。 もちろん、アプリを利用できなくなるだけではありません。 法的手段を取る• 第三者機関による請求を行う 公式の「ルールとお願い」にはこのような記載があります。 利用規約32条4項にも、 「損害賠償の請求を行うことができる」とあります。 悪質なケースの場合、訴訟、裁判に発展することを示唆していると思われます。 CASHはDMMに買収されているので、しっかりとした対処を行ってくることが予想されます。 なんで本人確認書類がいるの? スマホで本人確認書類を撮影して提出…というのが不安という方もいるかもしれません。 しかし、こちらは 「本人確認義務」で、古物営業法で定められているものです。 違反すれば営業停止、営業許可取り消しなどの処分が科せられます。 刑事罰の場合、6ヶ月以下の懲役、または30万円以下の罰金が科せられます。 1万円以上の取引がある場合には、必ず身分証明書を提出しなければいけません。 健康保険証を提出するとき、裏面に住所がある場合は裏面もアップする必要があります。 ネット記事にもあるような、「個人情報を抜かれている」のではありません。 メルカリNOWとのちがい。 即時買い取り市場とは? 即時買い取り市場の先駆けとなったCASH。 しかし、CASHとまったく同様のサービスが、メルカリからもリリースされました。 メルカリNOWとはどんなサービス?CASHとの違いはほとんどない メルカリNOWとは、 メルカリ内でできる即時買い取りサービスです。 営業形態としてはCASHとほとんど変わりません。 商品ブランド・カテゴリ・状態を選び、撮影して査定。 その後は2週間以内に送料無料の集荷でアイテムを送ればOKです。 買い取り金はメルカリの売上金の中に入ります。 あとはメルカリ内の買い物に使うか、振込申請で現金として受け取るか選べます。 CASHとの大きな違い。 振り込まれるまでに時間がかかることも メルカリNOWとキャッシュの大きな違いは、 お金の振込日です。 CASHは平日の14時までであれば即座に振込が行われます。 「とにかくすぐに」を叶えてくれるところが、CASH最大のメリットでしたよね。 しかしメルカリNOWでは、 毎週月曜日が振込申請の締め切りです。 その締切日から数えて 4営業日経たないと、現金の振込が行われません。 詳しく確認したい方は、メルカリ内の「振込申請とスケジュール」から確認してください。 また金額が1万円を超えない場合、申請には 210円の手数料がかかります。 こうした点から見ても、「とにかくすぐに」の方は、CASHのほうが向いていると言えます。 まとめ:今すぐ商品をキャッシュにしたい…!暫くは時間との戦いになりそう 今回は即時買い取りアプリ「CASH」についてご紹介してきました。 現在は午前10時からと午後20時からのみ、商品の査定を受け付けているようです。 かなり早くに上限いっぱいになってしまうので、 暫くは時間との戦いが続きそうですね。 もちろんブランド商品がないと利用できませんが、画期的なサービスであることには間違いありません。 今後さらにこういった「即時買い取り」サービスが増えてくることが予想されます。 それぞれのメリット・デメリットをしっかりと把握したうえで、一番使いやすいアプリを選んでいくようにしましょう。 ですが、なかにはCASHを利用できないけど、すぐにお金が必要という方もいると思います。 現在は即時買い取りサービスだけでなく、 即日でお金を借りる方法も多数あります。 お金を借りる方法をたくさん知っておくことで、いざという時に備えておくことも重要です。

次の