コロナ ウィルス 収束。 コロナ収束は夏までか? 紫外線がウィルスの不活性化に効果!

新型コロナ1年で収束せず 専門家は厳しい見方、五輪にも影響|医療ニュース トピックス|時事メディカル

コロナ ウィルス 収束

新型コロナウイルス(COVID-19)によって,最初に感染拡大が最も深刻な中国の武漢は,患者数の増大や封鎖による交通機関の麻痺,食料不足など,パニック状態となりました。 現在は,中国の感染拡大と混乱はひと段落したものの,ヨーロッパ,アメリカそして日本など,世界中で感染者数の増大が生じており,日本では2020年4月7日に「非常事態宣言」が発令されました。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大は,どんな状況で抑制されるのか,いつ頃収束するのかが気になっている人も多いと思います。 この記事では,新型コロナウイルス(COVID-19)が,気温や湿度(降水量)の変化によって感染拡大が抑制されているかをデータから検証します。 目 次• 新型コロナウイルス(COVID-19)の概要 新型のコロナウイルス(COVID-19)は,2019年12月に中華人民共和国 湖北省 武漢市で人への感染が確認されたもので,37. 5度以上の発熱やせきを伴う肺炎症状などを引き起こします。 しかし,感染の拡大速度が速いうえ,ワクチンや治療薬がないことからパニック状態になっています。 感染経路は,接触感染と飛沫感染であり,加えてエアロゾル感染の可能性もあると報じられています。 飛沫による感染抑制には,マスクの装着が効果的であり,日本では多くの人が外出時に装着するとともに,品薄状態が続いています。 以下は,世界および日本での時系列の主な出来事です。 【2019年12月8日】 武漢で最初の肺炎患者が報告。 【2019年12月31日】 原因不明の肺炎であることを,中国当局からWHO(世界保健機関)に報告 【2020年1月7日】 中国当局が新型コロナウイルスを検出。 その後中国で初の死者を確認するとともに, 人から人へ感染することが明らかになる 【1月23日】 中国の武漢を閉鎖 【2020年1月31日】 WHO(世界保健機関)が緊急事態宣言(国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態)を発出 【2020年2月11日】 WHOが新型コロナウイルスの病名を「COVID-19」と命名 【2020年2月27日】 安倍首相が全国の休校を要請 【2020年3月12日】 WHOが新型コロナウイルス感染症を「パンデミック(世界的大流行)とみなせる」と表明 【2020年3月13日】 WHOのテドロス事務局長が、 欧州が新型コロナの大流行の中心地という認識を示した。 huffingtonpost. china. org. 他のコロナウイルス(SARS,MERS,風邪症候群)との比較 コロナウイルスは,新型コロナウイルス(COVID-19)だけでなく,かぜ(風邪症候群,インフルエンザもその一種で4種類ある),SARS(サーズ,重症急性呼吸器症候群),MERS(マーズ,中東呼吸器症候群)があります。 これらの既存のコロナウイルスと比較して,新型コロナウイルス(COVID-19)はどのような特性があるかを把握するために,比較表を以下に作成しました。 新型コロナウイルスは,サーズ(SARS)やマーズ(MERS)と比較して,低い致死率となっていますが,感染者数が非常に多い特徴がわかります。 感染経路は咳などの飛沫や接触感染が主とされていますが, エアロゾル感染の可能性も指摘されており,横浜港近くに停泊していたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では,隔離していたはずの船内で多くの感染者が出たことからも,感染力の強さには警戒が必要です。 (のように,クルーズ船内での隔離の仕方が良くなかったとの指摘もありますが,感染力の強さはよくわかります。 11~WHO終息宣言2003. 7 7カ月 (韓国でMERS確定とされた2015. 5~WHO終息宣言2015. eiken. yahoo. 新型コロナウイルスの感染が抑制される条件に関する報告 新型コロナウイルスが高温や高湿度に弱いかどうかについて,要人,研究者,ジャーナリスト等の発言を探しました。 以下に主なものを示します。 【アメリカのトランプ大統領】 2020年2月10日に,「一般的に暑さはこの種のウイルスを死滅させる」と発言し,2020年4月に新型コロナウイルスの感染拡大が収束するとの見通しを示しています。 afpbb. who. pdf 【欧州疾病予防管理センター(ECDC)】 2020年3月25日に,「新型コロナウイルス感染拡大が夏に終息する公算は小さく,シンガポールのような高温多湿の熱帯地方でも、ウイルスの活動が弱まらない」という見通しを発表しました。 newsweekjapan. ssrn. cfm? 私の考えとしては, 高温・高湿度によって「ウイルスが死滅すること」と「ウイルスの死滅は生じにくいけども感染力が弱まる(基本再生産数の低下)」という2つの要素があり,それらが入り混じって伝わっているため混乱を招いていると感じます。 また,各研究は,現地データ(各地域の感染者数や気候条件の相関関係)と実験データ(実験室で試験)が混じっており,それぞれ同じ土俵で比較しにくいため,結果の相違が出ている可能性があると考えます。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者数と気温・降水量の関係 ここでは,地域別に新型コロナウイルスの感染者数と気温・湿度の関係を分析ため,時系列の感染者数と気温・降水量を整理しました。 湿度のデータは入手できなかったので,代わりに降水量を用いています。 対象地域は,これらの相関関係を読み取りやすくするため,感染者数が多い地域として,中国(武漢),イラン,イタリア,韓国の4つとしました。 それでは,それぞれ見ていきましょう。 1 中国・武漢のケース 「中国湖北省の新型コロナウイルスの感染者数」と「中国湖北省武漢の気温・降水量」の関係を下図に整理しました。 中国全体だと範囲が広すぎて,気温・降水量を1地域に代表できないと考えたため,湖北省を対象に絞りました。 中国の湖北省の武漢は,新型コロナウイルスが初めて見つかった地域であり,中国内で最も感染者数が多かった地域です。 (中国の省別の感染者数は,湖北省だけで約8割以上) 新型コロナウイルスの潜伏期間が1~14日(さらに長いとの説もあり)といわれていますので,感染者の減少が見られた1~14日前程度に,気温・降水量にどのような変化が見られたかを確認したところ,以下のことが把握できました。 (下図の 赤矢印)• (下図の ピンク矢印)• 現時点のデータでは,最高気温と降水量のどちらが,感染拡大の抑制に寄与しているかが不明確ですが,どちらもしくは両方が影響している可能性がありそうです。 また,武漢の気温と湿度は,下図のようにだんだん高くなっていきますので,高気温・高湿度が新型コロナウイルスの感染抑制に寄与しているのであれば,気候から見ても,より収束しやすい環境になると考えられます。 アメリカのトランプ大統領は,で,新型コロナウイルスは4月に収束するという見通しを立てており,中国に限ってはそれなりに当たっていることになりますが,現在はアメリカや世界中で感染が拡大している状況で,トランプ自身もアメリカでここまで感染が拡大するとは考えていなかったのではないかと推測します。 【武漢の月別の気候】 4. 2 イラン・イタリア・韓国のケース 次に,中国以外で新型コロナウイルスの感染者数が特に多い,イラン,イタリア,韓国の3地域について,さきほどと同様に「新型コロナウイルスの感染者数」と「その地域の気温・降水量」の時系列推移を見ていきます。 以下に,この3地域のデータを示します。 感染者数は地域別に分けられなかったことから国全体とし,気温・降水量は感染者数が多い地域としました。 これより,以下のことがわかりました。 イランは2020年3月31日に,イタリアは2020年3月22日に感染者数のピークが見られ,以降は感染者数の低下がみられます。 ピーク後の感染者数低下が見られた1~2週間前には,最高気温が20度近くの日とまとまった降水量(イランでは80mm,イタリアは50mm程度と多い)が観測されています。 韓国は2020年2月29日に感染者数のピークが見られ,以降は感染者数の低下がみられます。 ピーク後の感染者数低下がみられた1~2週間前には,イラン・イタリアと同様にまとまった降水量が観測されています。 一方,最高気温20度以上の日はこの時期はありません。 上記のことから, 3か国に共通しているのは,まとまった降水量が観測された後,感染者数の低下がみられるということです。 これは, 雨や湿度により新型コロナウイルスが死滅しているのか,死滅はしていないが感染力が落ちているのか,雨によって人の活動が不活発になっており感染が抑制されているのかは判断できませんが,何かしら降水量と感染者数の関係がありそうだといえそうです。 一方,高い気温で感染が抑制されるかは,はっきりとわかりませんでした。 フィリピン,マレーシアでも。 2020年4月13日時点でそれぞれ3000人以上の感染者が見られることから,感染拡大が抑制される可能性はあっても,ウイルスが死滅するには至らないと考えられます。 【新型コロナウイルスの感染者数(イタリア)と気温・降水量(イタリアのミラノ)の関係】 【新型コロナウイルスの感染者数(韓国)と気温・降水量(韓国の大邱)の関係】 5.さいごに 現地の気象データと感染者の関係を見る限り,特に雨が感染低下に影響している可能性がありました。 そのため,日本では梅雨の時期が終わるまでには,感染者の収束に近づくと私は考えています。 今後もデータを更新して,新型コロナウイルスと気温・降水量との関係を分析します。 また,本ブログの別記事「新型コロナウイルス(COVID-19)の収束時期を予測」で,新型コロナウイルスの収束時期を予測していますので,ご興味があれば,ご覧ください。 作成:2020年2月24日 最終更新:2020年5月17日.

次の

コロナウイルス収束後に不要となる職業は?

コロナ ウィルス 収束

新型コロナウイルスは太陽光や熱、湿度に弱い 米国ホワイトハウスは、まだ検証が終わっていない段階としながらも「新型コロナウイルスは太陽光や熱、湿度に弱い」という内容の見解を発表しました。 他にも多くの専門家が新型コロナウィルスは高温多湿に弱いとする見解を公式ではありませんが発表しています。 しかし、現時点で新型コロナウィルスが暑さや湿気に弱いという確証的な知見はありません。 英国のイーストアングリア大学で感染症を専門とするポール・ハンター氏は「同じような形で拡大する他の疾病から類推するしかない」と語っています。 勘違いが無いように予めいっておきますが、ホワイトハウスや他の多くの専門家の見解を否定するものではありません。 また、逆に高温や多湿の環境に強いという事でもなく、高温多湿に弱いという確証的な知見、研究報告がない。 すなわち、高温多湿に弱いのか分からないということです。 「インフルエンザ」「他のコロナウィルス」には季節性があることは判明しており、新型コロナウイルスも同じように思い込んでいる人も多いようですが、現実問題として、日本とは季節が反対の南半球のオーストラリア、ブラジル、シンガポールなどは、夏にコロナウィルスが流行しています。 海外は、あいさつがハグやキス、家の中でも土足など、日本とは文化が異なるため、一概にはいえませんが、この点を考慮しても季節性があるとは考えにくい状態です。 暑さと熱さの違い 新型コロナウィルスが『暑さ』に弱いかは分かりませんが、新型コロナウィルスがこれまでの常識の範囲内のウィルスであれば『熱さ』に弱いのは明白です。 世界で猛威を振るっている新型コロナウィルスがですが、同じような形で拡大する他の疾病から類推するに「ウィルスの常識を上回る」というものではないようです。 高温多湿がウィルスの生存能力に与える影響 米国ホワイトハウスをはじめ、他の多くの専門家が提唱する 「新型コロナウイルスは太陽光や熱、湿度に弱い」という見解が正しいものだと仮定した場合、くしゃみなどによって飛び散ったウィルスは、冬の乾燥した寒い時期と夏の湿度が高く暑い時期ではウィルスが生存することが出来る時間が異なることになります。 高湿で日光の当たる状況では数分でウィルスが不活化 米国の研究では、暗く乾燥した環境での実験において、ステンレスなど通気性のない素材の表面でウイルス粒子の半数が機能を失うまでに18時間を要したのに対して、高温多湿の環境では、三分の一程度の時間に短縮され、高温多湿で太陽光(紫外線)が当たる状況では、半数が不活化するまでの時間は数分という研究結果が出ました。 このため、高温多湿の夏に屋外の何かしらの表面に付着したウィルスからの感染のリスクは弱まります。 ただし、これは人から人に感染しなくなるという意味ではありません。 正確には高温多湿の環境ではウイルスが機能、生存するのが難しくなり感染のリスクが低くなるということです。 また、空気が冷たく乾燥している冬は、ウィルスが空気中を長時間漂い、遠くまで到達することにより、より多くの人を感染させてしまう可能性がありますが、高温多湿の環境ではウィルスの移動範囲も狭まってくると考えられます。 新型コロナが自然に収束する可能性は低い 新型コロナウィルスは、日本をはじめとする北半球では、夏のあいだは感染者が減少し、かなりの程度抑え込まれる可能性が高いですが、『太陽光や熱、湿度に弱い』とすれば、季節が反対の南半球はこれから感染者が増加することが容易に想像ができます。 日本に限っていえば、密集・密閉・密室の3密を避け、マスクの着用などの新しい生活様式を徹底して、ワクチンが完成するまで他国からの入国を制限すれば、夏の間に収束させることも不可能ではないかもしれませんが、経済的な繋がりがある以上、鎖国のような状態はは現実的に不可能です。 このため、国外からウィルスが持ち込まれ北半球が再び冬になれば「第二波」「第三波」といった流行が再燃する可能性は高いと思われます。 新型コロナウィルスは免疫を持たない人が多く、集団免疫の獲得は難しいため、新型コロナウイルスの収束は予防薬、治療薬が完成するまで難しいと予想されます。

次の

コロナウィルス(新型肺炎)の終息(収束)期間はいつ?SARSとMERSのデータから予想

コロナ ウィルス 収束

INDEX• 世界を襲った新型コロナウィルスの感染拡大。 日本でも国の緊急事態宣言が都道府県ごと徐々に解除され、人々の生活に大きく影響を及ぼした外出の規制や自粛も少しずつ緩みはじめている。 我々が大いに気になるのは、コロナ収束後にどの程度の日常が戻って来るのだろうかという点だ。 なかでも大きな変革を遂げると見られているジムやフィットネスクラブ。 サービス再開の目途は立っているのだろうか、また業界はどのような変化を強いられているのだろうか。 クラスター発生源とされたスポーツジム 新たな感染者数が落ち着きを見せたとして、ヨーロッパでは、スイスなどが隣接国への移動の自由化に踏み切ったほか、フランスでは5月11日に学校が再開している。 日本では東京や大阪などを除く多くの地域で、5月14日に緊急事態宣言は解除となっている。 こうした一連の流れの中で、過去にクラスターが発生し、感染リスクが高いとみなされている日本のスポーツクラブ再開への道のりは残念ながら険しい。 例えば東京や大阪では、規制の緩和がされたとしてもスポーツクラブやライブハウスは、緩和の対象外とされているからだ。 確かにジムやフィットネスクラブでは、狭い密接した空間で多くの人が汗をかき、通常より大きく呼吸をする上に、共同で使用する機器も多いため、感染リスクは自然と高まると想像がつく。 国家ガイドラインでジムの再開に言及 一方でフィットネス大国のアメリカでは、経済全体の再開にかかるガイドラインで、6つの特別業種別措置に学校や高齢者施設と並んでジムの言及があるほど、ジムは生活に欠かせない存在だ。 4月半ばにホワイトハウスが発表したパンデミック収束後のガイドライン「Opening Up America Again」において、ジムはフェーズ1での再開が許可されている。 このフェーズ1とは、ジムが厳格な衛生管理の徹底と、個々の身体的距離を確保できる場合に限って再開してよいとされている一方、学校や青少年活動、高齢者施設や病院の訪問、バーの営業は引き続き禁止されている段階。 フェーズ3、最終段階でのジムに関しては、もはや身体的距離について言及されていないほど。 これは、自身と周囲の人たちに及ぼす感染の危険性を十分に自覚したうえで、ジムへ行くか行かないかの最終判断は自己の判断に任せる、といったアメリカならではの国民性のなせる業といえるかも知れない。 このようにしてアメリカのジョージア州では4月24日にジムが再開したほか、アーカンソー州、オクラホマ州、ワイオミング州やテキサス州がこれに続き、スポーツジム経営サイドは感染拡大防止にさまざまな対策を強いられている。 例えば、5月に経営破綻が報道された大手チェーン「ゴールドジム」は4月の時点で、午後1時から1時間を「中休み」と位置づけて、消毒・殺菌作業を行うと発表。 「24 Hour Fitness」は1時間ごとのスロットと30分の閉店清掃時間をセットにするとした。 「Equinox」と「SoulCycle」は会員にスマホ用の紫外線殺菌装置を準備、「Orange Theory」ではロビーの家具を撤去し、人が集まらないように配慮した。 そのほか、従業員やコーチに防護服着用を義務付ける店舗、従業員の衛生やソーシャルディスタンスの利用者への呼びかけに関する再研修、そしてマスクを忘れてきた会員へ譲渡するために大量のマスクを確保したジムもある。 何よりもアメリカのジムやフィットネスセンターでの大きな潮流は、人と人との接触を無くした「チェックイン」機能や利用予約の推奨で、今後この方法は世界的に活用されるとみられている。 ジムは逆のイメージの被害者 今回のパンデミックは飲食店やライブハウス同様に、ジム経営者にとっても大打撃だ。 施設の閉鎖だけでなく、相次ぐ会員の退会や返金に追われ、従業員の処遇にも苦心している。 何よりのダメージは、健康を促進するはずの場所が、感染拡大の源といったイメージに変わってしまったことだ。 さらにこの時期、さまざまな専門家の研究報告に人々の関心が向いたことによって、スポーツジムは不特定多数の人が出入りし、機器を共有する菌の宝庫、という印象さえ植え付けられてしまった。 健康を目指すスポーツジム本来の目的とは真逆のイメージ払しょくに対応を迫られている。 プラスチックのパーティションとマスク着用 一方、新型コロナウィルスの収束を世界に先駆け宣言している中国では、一部でプールの使用は制限されているものの、入場時の検温や人数制限をしいてジムもフィットネスも再開している。 さらに、米国でジムが次々と経営破綻しているのとは対照的に、香港とシンガポールで展開する「Pure Fitness」は、5月に入ってから香港で新店舗を開業するほど波に乗っている。 このチェーンの試みで注目されているのが、横並びのランニングマシンごとに設置されたプラスチックのパーティションだ。 既存のジムが、ランニングマシンやバイクを1人おきに使用させてソーシャルディスタンスを保つ努力をするとしている中で、奇策とも思えるこの形態。 土地の狭い香港では1台おきにマシンを使用する対処法では、採算が取れないのであろう。 パーティションの消毒により多くのマンパワーが必要となりうる上、設置そのものよりも、設備の殺菌消毒や空気の入れ替えがむしろ重要なのでは?と問う声もあるが、今後これが標準的な装備となる日が来るかもしれないと密かに話題だ。 今やスーパーマーケットのレジだけでなく、食堂や居酒屋でも利用されているパーティションやビニールの仕切りは今後、新常識として導入されるのかもしれない。 変化を強いられるグループフィットネスの模索 皆で漕ぐから完走できるとされていたLesMillsのRPM 同時に利用できる会員数を制限したり、パーティションを立てたりといった対策のほか、グループフィットネスや各種クラスは完全予約制の少人数に制限することを強いられている。 大人数で密集し、大音量の音楽に乗ってバイクを漕ぎ、参加者全員の一体感と達成感を楽しむエクササイズの代表格LesMillsのRPMなど、もはや過去の遺物となってしまうのだろうか。 こうしたエクササイズは今後、少ない人数で行われるほか、換気のためにドアや窓を開放しなければならないため、大音量の音楽も不可、ハイタッチや大声の禁止もあって、これまでの高揚した雰囲気や参加者のモチベーションをいかに保つかが課題となるであろう。 すでに、サウナのような室内で汗をたっぷり流せると人気のあったホットヨガは、換気や密集を防ぐために窓やドアを開放し、参加人数を制限せざるを得なくなるため、従来よりも温度が下がると案内しているジムもあるほどだ。 当然、雑誌や新聞といった共有閲覧物も排除されるという。 再開の始まった日本のジムやフィットネスセンターでは、マスクやネックゲーターを使用して来場するほか、マシンの利用中やクラス参加時にも着用するよう呼びかけられている。 しかしながら、専門家はマスクを着用したままの運動は、熱中症や呼吸困難のリスクが高いと警鐘を鳴らしている。 実際、中国の中学校ではマスクをつけて運動した生徒の死亡事故も発生した。 運動をしていなくても、マスクをしていると暑いと感じることは日常でもあるから、その暑さは想像に難くない。 なお日本ではスポーツ庁が学校の体育授業に関して「生徒間で2m以上の距離を確保すれば、マスク着用の必要は無い」との見解を示している。 室内のジムがダメなら屋外は? 2019年に開催された大規模なドバイのフィットネスイベント Dubai Fitness Challengeより 米国では現在、これまで同様にジムに通うことは間違っていないか、と専門家に問う声が多く寄せられ、様々な見解や議論もなされている。 ジムやグループフィットネスが、密閉された空間で危険とみなされるのならば、屋外の運動は安全なのかという声も多い。 外出自粛中のアメリカでも、ソーシャルディスタンスを保てる場所に限って屋外での運動が許可されていたし、日本でもジョギングや散歩はOKとされてきた。 ロックダウン中のフランスでは、自宅から1キロ以内の屋外での運動は1日1時間以内に限って許可されていた。 まず、屋外の運動はOKとされているものの、テニスやサッカーなどの複数での競技や、公園の遊具の利用はまだ制限されているということを念頭に置きたい。 さらに、ヒトからヒトへの感染の懸念が根強いため、外での運動は他人との距離を十分保てる環境下にあるかどうかを考慮しなければならない、と感染学者は注意喚起している。 日本では2メートル、欧米では6フィートの距離を保つよう推奨されているのは、保菌者のくしゃみや咳による飛沫感染の確率が非常に高いためで、ヒトからヒトへの感染は症状が出るより前に確認されているから、とされている。 同感染学者はニューヨークなどの都市部ではアラバマやバーミンガムにいるよりも安全な他人との距離を保つのは困難だと指摘。 ソーシャルディスタンスが確保できない場合には、運動そのものについて再考するか、ヒトのより少ない時間に変更するべきだとしている。 また繰り返し提言されているのが、手洗いの励行だ。 特に汗をかくと手で顔に触れる機会が格段に増えるため、家を出る前にも手を洗い、マンションやアパートなどに暮している人は公共の手すりやエレベーターのボタンに触れるため、消毒液を持ち歩くことも推奨されている。 家を出た後も、信号のボタンやジョギングのピットストップにする道路わきのベンチを使った腕立て伏せなど、手が触れることによって持ち込むウィルスのリスクは家を出てから戻るまでに山積している。 ソーシャルディスタンスを保ちさえすれば、健康な大人が屋外でエクササイズを行うことにリスクはない、と専門家は結論付けているものの、エクササイズをすることそのものに疑問を呈する声もある。 特に、自宅の周辺に高齢者が多い人は、自分が外出することによって、他人を感染させてしまうリスクがあることも念頭に置かなければならない、とスポーツ薬学の学者が提唱している。 さらに、これまで定期的に参加していたグループフィットネスの代わりに自分でジョギングをしようとする人は、遅れを取り戻そうと無理な運動量を課して、体を傷めるリスクも高いとしている。 フィットネス界のニューノーマルの行方 屋外でも屋内でも、感染リスクがあるとされている今、自宅でもエクササイズや動画配信が人々の生活に定着しつつある。 それでも動画配信や遠隔ライブだけでは、実際にトレーナーから直接習うパーソナルな感覚や、グループフィットネスでの一体感、他人と共有できる達成感は満たされない。 運動習慣を継続したいと願っている人が待ち望むスポーツジムとグループフィットネスの再開。 残念ながら米国では、経営破綻のニュースが相次ぎ、日本では規制緩和業種から除外されているのが現実だ。 パンデミックを機に新しい形態が求められているジムとグループフィットネス。 多くのトレーナーやスタッフを抱えたまま動画配信やヴァーチャル・クラス、商品販売でしのげる日々はそう長く続かない。 コロナ収束後を見据えたフィットネス界のニューノーマルへの試行錯誤は、未知のウィルスの全容が明かされ、ワクチンや特効薬が登場するまで続きそうだ。 文:伊勢本ゆかり 編集:岡徳之().

次の