十訓抄 訳。 安養の尼上の小袖・十訓抄 現代語訳・品詞分解・読み方

「十訓抄:大江山」の現代語訳(口語訳)

十訓抄 訳

土佐の御船遊びに下りて、上りけるに、安芸の国、なにがしの泊にて、海賊押し寄せたりけり。 弓矢の行方知らねば、 防ぎ戦ふに力なくて、「今はうたがひなく殺されなむず。 」と思ひて、篳篥を取り出でて、屋形の上にゐて、「あの党や。 今は沙汰に及ばず。 とくなにものをも取り給へ。 ただし、年ごろ、思ひしめたる篳篥の、小調子といふ曲、吹きて聞かせ申さむ。 『さることこそありしか。 』と、とちの物語にもし給へ。 」と言ひければ、宗徒の大きなる声にて、「主たち、しばし待ち給へ。 かく言 ふことなり。 もの聞け。 」と言ひければ、船を押さへて、おのおの静まりたるに、用光、今は限りとおぼえければ、涙を流して、めでたき音を吹き出でて、吹きすましたりけり。 折からにや、その調べ、波の上にひびきて、かの潯陽江のほとりに、琵琶を聞きし昔語りに異ならず。 海賊、静まりて、言ふことなし。 よくよく聞きて、曲終はりて、先の声にて、「君が船に心をかけて、よせたりつれども、曲の声に涙落ちて、かたさりぬ。 」とて、漕ぎ去りぬ。 よろしくお願いします!! 『十訓抄』十の二十七 原文にはタイトルはついていません。 和邇部用光という楽人がいた。 土佐の国の(神社の)御船遊びに(招かれて)下って、(任務を終えて。 土佐から都へ)上ったところ、(途中の)安芸の国の、なんとかという港で、海賊が襲いかかって来た。 (用光は楽人なので)弓矢の使い方も知らないので、防戦の力もなくて、今にもまちがいなく殺されるにちがいないと思って、篳篥を取り出して、(船の)屋形の上に座って、 「そこの者ども。 今となってはどうしようもない。 早く何でも(欲しい)物を取りなさい。 ただし、この数年、(私が)思いをこめている篳篥の、小調子という曲を、吹いてお聞かせしましょう。 『そういうことがあったっけなあ。 』と、あとで語り草にもしてください。 」と言ったので、 (海賊の)首領が、大きな声で、「みなさん、しばらくお待ちなさい。 (あの男が)このように言うのです。 (その楽の音を)聞きなさい」と言ったので、 (海賊たちが)船を押さえて、みんな静まったところ、用光は、これが最期と思っているので、涙を流して、すばらしい音を吹き出して、澄んだ清らかな曲を吹いた。 折しも、その楽の調べは、波の上に響いて、(注)あの潯陽江のほとりに、琵琶を聞いた昔話にそっくりだった。 海賊は(感動のあまり)、しーんとして、何も言わない。 よくよく聞いて、曲が終わったとき、さっきの(首領の)声で、「あなたの船を目指して、襲いましたが、(すばらしい)楽の音に(感動の)涙が落ちて、(だから)よそへ行きましょう」と言って、漕ぎ去った。 (注) 潯陽江のほとりに、琵琶を聞きし昔語……白楽天が潯陽江のほとりで、琵琶を聞いて涙し、「琵琶行」を作ったという故事。

次の

十訓抄の訳がわかりません。以下に訳してほしい部分の文を記載し...

十訓抄 訳

「十訓抄:大江山」の現代語訳 和泉式部、保昌が妻 めにて、丹後 たんごに下りけるほどに、京に歌合 うたあはせありけるに、小式部内侍、歌詠みにとられて、詠みけるを、 和泉式部が、保昌の妻として、丹後に下った頃に、京で歌合せがあったところ、小式部内侍が、歌詠みに選ばれて、(歌を)詠んだのを、 定頼中納言戯 たはぶれて、小式部内侍ありけるに、「丹後へ遣はしける人は参りたりや。 いかに心もとなく思 おぼすらむ。 」と言ひて、 定頼中納言がふざけて、小式部内侍が(局に)いた時に、「丹後(の母のもと)へおやりになった人は(帰って)参りましたか。 どんなにか待ち遠しくお思いのことでしょう。 」と言って、 局 つぼねの前を過ぎられけるを、御簾 みすより半 なからばかり出 いでて、わづかに直衣 なほしの袖をひかへて、 局の前を通り過ぎられたのを、御簾から半分ばかり(身を)乗り出して、ほんの少し直衣の袖を引っ張って、 大江山いくのの道の遠ければまだふみもみず天の橋立 大江山を越え、生野を通って行く道のりが(京から)遠いので、(母がいる丹後の)天の橋立はまだ踏んでみたことはありませんし、(母からの)手紙もまだ見ていません。 と詠みかけけり。 と(歌を)詠みかけた。 思はずに、あさましくて、「こはいかに。 かかるやうやはある。 」とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。 (定頼は)思いもかけぬことに、驚いて、「これはまあなんとしたことだ。 こんな(=当意即妙に歌を詠む)ことがあろうか、いや、あるはずがない。 」とだけ言って、返事もできず、(引っ張られている直衣の)袖を引き払って、お逃げになった。 小式部、これより歌詠みの世に覚え出で来にけり。 小式部(内侍)は、この時から歌詠みの世界に名声が広まったということだ。 これはうちまかせての理運のことなれども、かの卿 きやうの心には、これほどの歌、ただいま詠み出だすべしとは、知られざりけるにや。 こうしたことは(小式部内侍にとっては)ごく普通の当然のことであったけれど、あの(定頼中納言)卿の心の中には、これほどの歌を、すぐに詠み出すことができるとは、おわかりにならなかったのであろうか。 (十訓抄) 脚注• 和泉式部 生没年未詳。 平安時代中期の名高い歌人。 歌合 歌人が左右二組に分かれ、歌の優劣を競う催し。 直衣 男性貴族の平服 出典 十訓抄 参考 「国語総合(古典編)」三省堂 「教科書ガイド国語総合(古典編)三省堂版」文研出版.

次の

『十訓抄』「大江山いくのの道」の現代語訳と重要な品詞の解説1

十訓抄 訳

「黒=原文」・ 「赤=解説」・ 「青=現代語訳」 原文・現代語訳のみはこちら 問題はこちら 和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下り けるほどに、京に歌合 あり けるに、 和泉式部=歌の名人、小式部内侍の母 ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 あり=ラ行四段動詞「あり」の連用形 和泉式部が、保昌の妻として、丹後へ下った時に、都で歌合があったところ、 小式部内侍、歌詠みに とら れて、歌を詠み けるに、定頼中納言 たはぶれて、 小式部内侍=母である和泉式部ほどではないが、すぐれた歌を作る歌人であった。 しかし、和泉式部が代わって作っている噂があった。 とら=ラ行四段動詞「とる」の未然形、選ぶ、選び出す れ=受身の助動詞「る」の連用形、接続は未然形 ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 たはぶれ=ラ行下二動詞「たはぶる」の連用形、ふざける、からかう 小式部内侍が、歌合せの歌人に選ばれて、歌を詠んだが、定頼中納言がふざけて、 小式部内侍、局(つぼね)にあり けるに、「丹後へ 遣はし ける人は 参り たり や。 いかに 心もとなく おぼす らん。 」と言ひて、 ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 遣はし=サ行四段動詞「遣はす」の連用形、派遣する、使いを送る 参り=ラ行四段動詞「参る」の連用形、「行く」の謙譲語。 参る、参上する たり=完了の助動詞「たり」の終止形、接続は連用形 や=疑問の終助詞 いかに=副詞、どんなに~、さぞ~ 心もとなく=ク活用の「心もとなし」の連用形、待ち遠しい、じれったい。 「思う」の尊敬語。 お思いになる らん=現在推量の助動詞「らむ」の連体形が音便化したもの、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 係り結び 小式部内侍が局(部屋)にいた時に、「(母の和泉式部に代作してもらうために)丹後へ派遣した人は帰って参りましたか。 どんなに待ち遠しく思いなさっているだろうか。 掛詞の見つけ方(あくまで参考に、いずれも必ずではありません。 「ふみ」が掛詞となっており、「踏み」と「文」が掛けられている。 「橋」が「踏み」の縁語となっている。 つまり、ある言葉から連想されるような言葉。 (母のいる丹後までの)大江山を越えて生野を通って行く道が遠いので、まだ(丹後の名所である)天の橋立に足を踏み入れていませんし、(母からの)文も見ておりません。 と詠みかけ けり。 思はずに あさましくて、 けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形 思はずに=ナリ活用の形容動詞「思はずなり」の連用形、意外である、思いがけない あさましく=シク活用の形容詞「あさまし」の連用形、驚きあきれるばかりだ、びっくりすることだ と詠みかけた。 (定頼は、小式部内侍が即興ですぐれたこの歌を詠んだのを)意外だと驚いて、 「 こは いかに、 かかるやう や は ある。 」とばかり言ひて、 こ=代名詞、これ、ここ いかに=副詞、どのように、なぜ かかる=連体詞、このような、こういう や=疑問・反語の係助詞、結び(文末)は連体形となる。 係り結び。 ここでの結びは「ある」。 反語 は=強調の係助詞。 現代語でもそうだが、疑問文を強調していうと反語となる。 「~か!(いや、そうじゃないだろう。 なので、「~かは・~やは」とあれば反語の可能性が高い。 ある=ラ変動詞「あり」の連体形。 文末だが、係助詞「や」を受けて連体形となっている。 係り結び。 「これはどういうことか、こんなことがあるか。 (いや、ない。 )」とだけ言って、 返歌にも及ばず、袖を引き放ちて 逃げ られ けり。 小式部、これより、 歌詠みの世に おぼえ 出で来 に けり。 逃げ=ガ行下二段動詞「逃ぐ」の未然形 られ=尊敬の助動詞「らる」の連用形、接続は未然形 けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形。 もう一つの「けり」も同じ。 歌詠み=名詞、歌人 おぼえ=名詞、世評、良い評判 出で来(いでき)=カ変動詞「出で来(いでく)」の連用形、出てくる、現れる、起こる。 直後に接続が連用形である助動詞「に」が来ているため、連用形となり「出で来(き)」と読む。 に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形 返歌もできず、袖を引き払ってお逃げになった。 小式部は、これ以降、歌人の世界でよい評判が出て来た。 しかし、定頼は小式部内侍がこれほどの秀歌をとっさに読むとは思っていなかったため驚き、その秀歌に対してふさわしい返歌を思いつかず、いたたまれなくなって逃げだした。 これはうちまかせての 理運のこと なれ ども、 理運=名詞、物事が理にかなっていること、道理、自然。 なれ=断定の助動詞「なり」の已然形、接続は体言・連体形 ども=逆接の接続助詞、活用語の已然形につく。 これは当然の道理のことなのだけれども、 かの卿の心には、これほどの歌、ただいまよみ出だす べしとは知ら れ ざり ける に や。 彼の(かの)=あの、例の。 「か(代名詞)/の(格助詞)」と品詞分解する。 べし=可能の助動詞「べし」の終止形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 「べし」は㋜推量㋑意志㋕可能㋣当然㋱命令㋢適当のおよそ六つの意味がある。 れ=尊敬の助動詞「る」の未然形、接続は未然形。 「る・らる」には「受身・尊敬・自発・可能」の4つの意味がある。 ざり=打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形 ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 に=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形 や=疑問の係助詞、結びは連体形となるはずだが、ここでは省略されている。 「あら(ラ変・未然形)む(推量の助動詞・連体形)」などが省略されていると考えられる。 場合によって敬語になったり、助動詞がついたりする。 「にや・にか」だと、「ある・侍る(「あり」の丁寧語)・あらむ・ありけむ」など 「にこそ」だと、「あれ・侍れ・あらめ・ありけめ」など あの卿(=定頼)の心には、(小式部内侍が)これほどの歌を、即座に詠むことができるとは、お考えにならなかったのであろうか。 lscholar.

次の