開 脚 が できる よう に なる。 どんなに硬い人でも「魔法のストレッチ」で開脚できるようになる(動画あり)

開脚を180度を一人でできるようになるにはどのような練習方法があり...

開 脚 が できる よう に なる

股関節とは、大腿骨(だいたいこつ)と骨盤の接合部のこと。 周辺の筋肉と連携して、立つ、座る、歩くなどの動作を起こしたり、上半身を支えたりしています。 私たちが言う「股関節が硬い」とは、骨盤周辺の筋肉が硬くなって股関節の可動域が狭くなっている状態のことで、股関節自体が硬くなっているわけではないようです。 つまり、股関節が硬いということは、骨盤周辺の機能が落ちている可能性が高いということ。 股関節は美と健康のバロメーターなのかもしれませんね。 [股関節の可動域が狭くなることで起こりうるデメリット] ・からだの不調(冷え性、むくみ、肩こり、腰痛、ひざ痛、生理不順など) ・ボディラインの乱れ(猫背、O脚、X脚、ゆがみ、痩せづらいなど) ・運動機能の低下(ケガをしやすい、行動の制限など) 心得1「毎日やる」 気まぐれにストレッチをしてもなかなかやわらかくなりません。 毎日が無理な人は1日置きでもいいので、定期的にストレッチを行ってください。 心得2「いきなり伸ばそうとしない」 無理はケガのもと。 簡単なストレッチからはじめて徐々に強度を上げてください。 心得3「 長時間伸ばし続けない」 負荷を掛け続けるのも危険です。 1回3分以内を目安にしましょう。 心得4「 痛みを感じたらすぐに中止する」 痛いくらい伸ばさないとやわらかくならないという考えは大間違い!イタ気持ちいいレベルを超えるストレッチは逆効果になりますよ。 心得5「ストレッチと並行して筋トレを行う」 ぐーんと開脚できるようになっても関節を支える筋力がなければダメ。 何事もバランスを大切に。 心得6「股関節に関わる筋肉のストレッチも行う」 太もも、ふくらはぎ、お尻の筋肉をほぐすことで、股関節の可動域が広がります。 心得7「90度開けば十分ということを忘れない」 股割りができたらかっこいいけれど、できないからといって不都合があるものではありません。 できなくても仕方ないという意識を持つことで、安全を確保しましょう。 1 足を前後に大きく開いて前の脚を曲げる。 後ろの脚の前ももや股関節に負荷が掛かっていることを意識しならが10〜30秒キープ。 2 写真1のように上体をしっかりと起こし、股関節をもう一段階広げるイメージでさらに腰を落として10〜30秒キープ。 3 前に出した足の内側から腕を入れて手を床につき、顔を上げて身体を前後に大きく揺らす。 (写真2)10〜30秒間。 4 反対も同様に行う。 初心者は(1)(4)、中級者は(1)(2)(4)、上級者は(1)(2)(3)(4)というように、段階的に行うストレッチです。 股関節がだいぶやわらかくなると写真2のモデルのように腕がしっかり入るようになります。

次の

開脚ストレッチの効果が凄い【ダイエット・腰痛改善・体が柔らかくなる】

開 脚 が できる よう に なる

コツ:(1人でいつでもどこでも出来ます) 立った状態で脚を真っ直ぐ伸ばしたまま踵を支点にして左右いっぱいに開いて床に接し下半身を徐々に下げて行きます。 どんどん下げて行くとお尻が床につくでしょう? その時、踵、お尻、踵がVの字になっているのは当然です(まだ体が堅い状態な訳ですから)。 目安として床に真っ直ぐな直線があるといいです(ジムのマットの境目とか)。 両脚の踵を直線上に置けばお尻は線よりかなり後ろにあるはずです。 それから日々、お尻を直線上に近づける(前にずらして行く)努力をして下さい。 これを続けている間は股がかなり痛いのは当然です。 両手でお尻を後ろから押さえて前にずらしていっても良いです。 いつか両脚の踵とお尻が一直線上に並ぶ時が来るはずです。 そうすれば99%出来たようなものです。 後はそのまま上体を前にペタンと倒して床にくっつければ良いだけです。 僕は全く出来なかった状態から4ヶ月くらいで出来るようになりました。 体が凄く堅かった僕が出来るようになったのですから、絶対出来るはずです。

次の

足のアーチが崩れるとどうなる?偏平足・開張足向けインソールの選び方とテーピング術

開 脚 が できる よう に なる

「180度開脚ができるようになりたい!」 「開脚ができるよう体を柔らかくしたい...。 」 体操やバレエなどの競技はもちろん、バレーボールやバスケットボールなどの球技でも求められる体の柔軟性。 柔らかくしなやかな体はスタイルが綺麗に見えるだけではなく、万が一の怪我を守る大切な要素です。 そんな柔軟性が最も分かるのが開脚ストレッチ。 ある人は90度も足を広げられず、またある人は180度以上でも平気な顔をしている不思議な体操です。 そんな開脚ストレッチを行うメリットって何なのか? 今回は、 開脚ストレッチの効果から今日から出来る股関節の体操メニューまでを徹底解説。 開脚ストレッチのいろはを全てマスターして、明日からグニャグニャの軟体動物を目指して頑張っていきましょう! 180度の開脚ストレッチは誰でも出来る|できない人は諦めないで! 元々柔軟性のある女性や子供から開脚運動をしている人、ダンスやバレエなどの運動をしている人には、足を180度開脚ができる人が多いです。 しかし、ほとんどの人が元々出来た訳ではなく、日々の鍛錬によって180度まで広げられるようになりました。 今は開脚ができなくても、 股関節の筋肉の柔軟性を高めれば180度の開脚へと近づけられます。 ただ、体の硬さが、その人自身の筋肉や骨格などにも強く影響されている部分が強いため、出来るようになるまでは時間はかかるのも覚えておいて。 もし、あなたが「180度の開脚が出来るようになりたい。 」、「今以上に足を広げられる人を目指したい!」と思っているなら、諦めずに体の柔軟性を高めていきましょう。 180度の開脚が出来るメリット|自慢できるよりも嬉しいプラスの効果とは? 180度の開脚ができる人のほとんどは、バレエや新体操、陸上、バレーボールなどスポーツに関わっている人が多く、逆に帰宅部を経験してきた人には少ない傾向があります。 誰しも自分が出来ないことができれば、少なからず羨ましいと思ってしまうもの。 特に 自分自身が出来ないことを実感できる180度の開脚は、どれだけすごいのかが分かりやすいため、より一層憧れを持たれるでしょう。 中にはびっくりしてしまう人もいたりと、人の反応は様々ですが、ほとんどの人はプラスの目で見てくれるもの。 「憧れの目で見てもらいたいから。 」という理由でもいいんです。 あなたが自分自身を磨けるようになれば、どんな理由でも私は美しいと思います! メリット2. 基礎代謝が上がって痩せやすくなる 体が硬い人と柔らかい人の違いは、ただ開脚ができるかどうかだけではなく、体の筋肉をバランスよく使えるかどうかにも強く影響しています。 一方で体が柔らかい人は、全身の細かな筋肉までバランスよく鍛えられているケースが高く、基礎代謝が硬い人に比べて健康的な傾向が強いのが特徴。 特に開脚で使われる股関節の動きを支える筋肉は、体の中でも大きな筋肉が集まっているため、股関節付近をしっかりと健康に保つことは非常に重要です。 基礎代謝の向上は、痩せやすく太りにくい体を作るためには欠かせないポイントになるため、開脚ストレッチができるようになれば、その時はきっとあなたも痩せる体になっていますよ。 メリット3. 怪我をしにくくなる• お風呂あがりなど体が温まっている状態を作る• 前屈をして脚の裏を伸ばす。 2 の時、膝と太ももの筋肉を意識ながら、前屈を10~20秒間キープする• 片足を前に出し、膝の裏側と太ももを伸ばす• 20~30秒間キープをしたら、脚を入れ替えて同じように伸ばす• 大きく股を広げて片足を前に出し、股関節を伸ばすストレッチをする• 20~30秒間キープをしたら上体を倒して、さらに負荷をかける• 脚を入れ替えて同じように伸ばす• 仰向けに寝転び、片足の太ももの裏に両手を入れて抱えて込むようにする• お尻の筋肉を伸ばすことができるストレッチで、20~30秒間キープをしたら、脚を入れ替える• 脚を前後に大きく開いて、前後開脚をする• 膝と骨盤を曲げずにキープできる場所で止める• 体のバランスを整えるためにも、反対の脚も同じように繰り返す。

次の