デキサメタゾン プロピオン 酸 エステル。 ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステルローション0.05%「MYK」の添付文書

ステロイドの強度を一覧にしました│顔への誤使用を防止するために

デキサメタゾン プロピオン 酸 エステル

>外用副腎皮質ステロイド薬 マイルド 価格 製薬会社• 販売元: 製造販売元: 効能・効果 用法・容量 効能・効果• 湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、ビダール苔癬、日光皮膚炎を含む)、痒疹群(蕁麻疹様苔癬、ストロフルス、固定蕁麻疹を含む)、虫さされ、薬疹・中毒疹、乾癬、掌蹠膿疱症、扁平紅色苔癬、紅皮症、慢性円板状エリテマトーデス、紅斑症(多形滲出性紅斑、ダリエ遠心性環状紅斑、遠心性丘疹性紅斑)、毛孔性紅色粃糠疹、特発性色素性紫斑(マヨッキー紫斑、シャンバーク病、紫斑性色素性苔癬様皮膚炎)、肥厚性瘢痕・ケロイド、肉芽腫症(サルコイドーシス、環状肉芽腫)、悪性リンパ腫(菌状息肉症を含む)、アミロイド苔癬、斑状アミロイドージス、天疱瘡群、家族性良性慢性天疱瘡、類天疱瘡、円形脱毛症 用法・用量• 通常、1日1~数回、適量を患部に塗布する。 禁忌 【禁忌】 次の患者には使用しないこと• 細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症〔免疫を抑制し、感染症が悪化するおそれがある。 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者• 鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎〔穿孔部位の治癒の遅延及び感染のおそれがある。 潰瘍(ベーチェット病は除く)、第2度深在性以上の熱傷・凍傷〔組織修復・肉芽形成を抑制し、治癒が遅延するおそれがある。 〕 副作用 (頻度不明) 緑内障、後のう白内障 眼瞼皮膚への使用に際しては 眼圧亢進、緑内障を起こすことがあるので注意すること。 大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により、 後のう白内障、緑内障等があらわれることがある。 注意 重要な基本的注意 皮膚感染を伴う湿疹・皮膚炎には使用しないことを原則とするが、やむを得ず使用する必要がある場合にはあらかじめ適切な抗菌剤(全身適用)、抗真菌剤による治療を行うか又はこれらとの併用を考慮すること。 大量又は長期にわたる広範囲の密封法(ODT)等の使用により、副腎皮質ステロイド剤を全身的投与した場合と同様な症状があらわれることがある。 適用上の注意 使用部位 眼科用として使用しないこと。 使用方法 患者に化粧下、ひげそり後などに使用することのないよう注意すること。 高齢者への使用 一般に高齢者では副作用があらわれやすいので、大量又は長期にわたる広範囲の密封法(ODT)等の使用に際しては注意すること。 妊婦、産婦、授乳婦等への使用 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人に対しては大量又は長期にわたる広範囲の使用を避けること。 〔妊婦に対する安全性は確立していない。 〕 小児等への使用 長期・大量使用又は密封法(ODT)により、発育障害をきたすおそれがある。 また、おむつは密封法(ODT)と同様の作用があるので注意すること。 一般名同一薬剤リスト• 日医工株式会社 薬剤一覧• 池田薬品工業株式会社 薬剤一覧•

次の

商品一覧 : デキサメタゾンプロピオン酸エステル

デキサメタゾン プロピオン 酸 エステル

>外用副腎皮質ステロイド薬 ストロング 価格 0. 1%1g:11円/g 0. 1%1g:11円/g 0. 1%1g:11円/g 製薬会社• 販売元: 製造販売元: 効能・効果 用法・容量 効能・効果• 湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、ビダール苔癬、日光皮膚炎を含む)、痒疹群(蕁麻疹様苔癬、ストロフルス、固定蕁麻疹を含む)、虫さされ、薬疹・中毒疹、乾癬、掌蹠膿疱症、扁平紅色苔癬、紅皮症、慢性円板状エリテマトーデス、紅斑症(多形滲出性紅斑、ダリエ遠心性環状紅斑、遠心性丘疹性紅斑)、毛孔性紅色粃糠疹、特発性色素性紫斑(マヨッキー紫斑、シャンバーク病、紫斑性色素性苔癬様皮膚炎)、肥厚性瘢痕・ケロイド、肉芽腫症(サルコイドーシス、環状肉芽腫)、悪性リンパ腫(菌状息肉症を含む)、アミロイド苔癬、斑状アミロイドージス、天疱瘡群、家族性良性慢性天疱瘡、類天疱瘡、円形脱毛症 用法・用量• 通常1日1~数回適量を患部に塗布する。 禁忌 【禁忌】 次の患者には使用しないこと• 細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症[免疫を抑制し、感染症が悪化するおそれがある。 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者• 鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎[穿孔部位の治癒の遅延及び感染のおそれがある。 潰瘍(ベーチェット病は除く)、第2度深在性以上の熱傷・凍傷[組織修復・肉芽形成を抑制し、治癒が遅延するおそれがある。 ] 副作用 (頻度不明) 緑内障、後のう白内障 眼瞼皮膚への使用に際しては 眼圧亢進、緑内障を起こすことがあるので注意すること。 大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により、 後のう白内障、緑内障等があらわれることがある。 注意 重要な基本的注意 皮膚感染を伴う湿疹・皮膚炎には使用しないことを原則とするが、やむを得ず使用する必要がある場合にはあらかじめ適切な抗菌剤(全身適用)、抗真菌剤による治療を行うか又はこれらとの併用を考慮すること。 大量又は長期にわたる広範囲の密封法(ODT)等の使用により、副腎皮質ステロイド剤を全身的投与した場合と同様な症状があらわれることがある。 適用上の注意 使用部位 眼科用として使用しないこと。 使用方法 ローション剤は用時均一に振りまぜて使用すること。 患者に化粧下、ひげそり後などに使用することのないよう注意すること。 高齢者への投与 一般に高齢者では副作用があらわれやすいので、大量又は長期にわたる広範囲の密封法(ODT)等の使用に際しては注意すること。 妊婦、産婦、授乳婦等への投与 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人に対しては大量又は長期にわたる広範囲の使用を避けること。 [妊婦に対する安全性は確立していない。 ] 小児等への投与 長期・大量使用又は密封法(ODT)により、発育障害をきたすおそれがある。 また、おむつは密封法(ODT)と同様の作用があるので注意すること。 一般名同一薬剤リスト• 日本ジェネリック株式会社 薬剤一覧• 前田薬品工業株式会社 薬剤一覧•

次の

デキサメタゾンプロピオン酸エステル軟膏0.1%「ラクール」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

デキサメタゾン プロピオン 酸 エステル

記事の内容• そのため、薬を塗る部位によって、ステロイドも厳密に使い分ける必要があります。 一般的に、手足や身体の症状のひどい場所に使う。 一般的に手足や身体に使う。 首やお腹など、皮膚の柔らかい部位にも使える。 顔や、赤ちゃんにも使える。 下記は、腕を1としたときの吸収比率です1。 1 J Invest Dermatol. 48 2 :181-3, 1967 PMID: 同じ薬を塗ったとしても、「足のうら」と「顔」では100倍も吸収率が異なります。 そのため、。 不必要なほど強力なステロイドを使い続けていると、を起こすことがあるので、ステロイド外用剤は指示された場所以外には使わないようにしてください。 そのため、現在は各ステロイドの血管収縮作用の強さによって、ランク分けが決められています2。 2 Arch Dermatol. 89:741-6, 1964 PMID: しかし、ため、このランク分けはあくまで判断基準の一つとして用います。 しかし、同じステロイドの塗り薬であっても、使う場所によって明確に使い分ける必要があります。 足に処方された薬を顔に塗ったりすることは、非常に危険です。 「たかが塗り薬」と油断することなく、薬は医師・薬剤師の指示に従って正しく使い、ようにしてください。 薬を使うメリットがデメリットを上回る場合には、様々な例外が起こり得ます。 インターネットで検索した結果、「顔には使わない薬です」と書いてあったとしても、それはあくまで原則であって、個々の症状や状況によっては必ずしもそうとは限りません。 原則に惑わされて適切な治療を受けられない、といったことがないよう、薬の疑問や不安については、必ず主治医やかかりつけの薬剤師に相談するようにしてください。 ほか 利益相反 COI 特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

次の