インクジェット 年賀状。 インクジェット紙と普通紙の違い?年賀状は裏面の塗工の有無

インクジェットはがきとは?普通ハガキとの違いや値段、コピー機印刷は?

インクジェット 年賀状

年賀はがきの種類と特徴 まずは、年賀はがきに使われる用紙の種類や、それぞれの特徴について紹介します。 年賀はがきの種類 年賀はがきには、一般の普通年賀はがき(以下、普通紙)の他に、インクジェット用年賀はがき(以下、インクジェット紙)、インクジェット写真用年賀はがき(以下、インクジェット写真用)など、大きく3つの用紙タイプがあります。 一般の官製はがきなどと同様の紙質で、手書きの文字が書きやすく、消しゴムなどもかけやすいなどが特徴です。 特に、鉛筆やシャープペン、万年筆など、先の硬いもので手書きをされる場合には、普通紙が適しています。 インクの吸収率が高く、滲んだり液ダレなどがしにくいため、イラストや絵柄を印刷する場合に適しており、普通紙よりも鮮やかで綺麗に印刷できるのが特徴です。 ただし、光沢はないので写真などの印刷では少しぼやけた感じになったり、コーティングがあることで筆記用具によってはうまく書けない事がありますので、手書きで一言そえる場合には余った用紙で試し書きをするなど、注意が必要です。 通信面(裏面)にフォトペーパーのような真っ白でつやつやとした光沢があり、いわゆる「写真」そのままの品質で印刷できるのが特徴です。 インクが滲みにくい加工が施されているため、インクジェット紙とは鮮明度が全く異なり、ぼやける感じがないので写真を印刷する場合に適しています。 ただし、加工により厚みが増しているため、プリンターによっては紙詰まりなども起きやすいので注意が必要です。 とても単純な話ですが、大事なのは「目的と条件に適した用紙を選ぶ」ということです。 おさらいですね、改めて用紙選びの3つのポイントを確認しましょう。 1.プリンターの印刷方式を確認しよう 家庭用プリンターであれば、インクジェット式のプリンターが一般的だと思いますが、レーザープリンターや、インクリボンなどの熱転写方式プリンターのものもありますので、自分で使用するプリンターの印刷方式を説明書などで確認しましょう。 インクジェット式の場合、もちろんインクジェット紙が適していますが、実は「染料インク」ではなく「顔料インク」の機種の場合には、インクジェット紙では剥がれやすく、普通紙の方がよいこともあります。 逆に、レーザープリンターや熱転写方式プリンターであれば、インクジェット紙への印刷には向かず、普通紙への印刷に適しています。 2.印刷するデータの内容を確認しよう はがきの特徴で説明したように、それぞれの印刷内容によって適切な用紙が変わります。 イラストを中心としたレイアウトなのか、挨拶文など文字を中心としたレイアウトなのか、写真を使用したレイアウトなのか、或いは手書きを多く加える予定か…といったように、印刷する内容を再確認しましょう。 3.プリンターの機能や設定を確認しよう 最近は家庭用プリンターにも高機能なものが増え、印刷設定で「普通紙」か「インクジェット専用紙」かを選択できるものもあります。 プリンターの印刷方式とは別に、機種によっては使用する用紙に合わせて印刷時のインク量などを調節してくれるものがあるので、用紙を選ぶだけでなく、必ず印刷設定なども確認すると良いでしょう。 年賀はがきの「普通紙」と「インクジェット紙」の違いは、通信面(裏面)に加工が施されている事ですが、「 加工されているのは通信面(裏面)のみ」で「 宛名面は普通紙もインクジェット紙も全く同じ」になります。 例えば「通信面(裏面)は近所のプリントサービスや印刷通販で印刷するけど、宛名面は自宅で印刷する」といった場合、依頼する印刷屋さんがどの用紙を使うのか、気にされる方も多いと思いますが、宛名面に関してはどちらのはがきも紙質は一緒ですので、特に心配する必要はありません。 そのため、はがきの種類を自由に指定できるケースは少ないかも知れませんが、「持ち込みはがき」に対応しているサイトもありますので、どうしても自分で選んだはがきに印刷して欲しい場合は、あらかじめ自分で用意したはがきを送って印刷してもらうといった方法もあります。 まとめ キレイな年賀状を作るには、データ・用紙・印刷のどれが欠けてもうまくいきません。 そのため、自分で作るデザインに自信がなければ、テンプレートが豊富な作成ソフトを使うのも良いですし、プリンターの性能が低いなら、印刷通販などを利用するのも手です。 ただ、自宅で印刷するなら、どの年賀はがきを使うか、用紙選びは大事なことです。 はがきを選ぶときのポイントは、プリンターの印刷方式、データ内容(文字か写真かイラストかなど)、プリンターの設定などとの相性です。 普通の年賀はがきとインクジェット用はどう違うのか、自分の使っているプリンターはインクジェットなのかレーザーなのか、どんな場合にどの用紙が適しているのか、本記事が適切なはがき選びの一助になれば幸いです。 はがきの持込OK!データ入稿も大歓迎!宛名印刷も承ります!.

次の

年賀状の持ち込み印刷が可能なサービス10選【インクジェットの年賀状も使用できる?】

インクジェット 年賀状

年賀状はがきには3つの種類がある お使いのプリンターに応じて、使用する年賀状はがきを変える必要があります。 間違ったはがきを選んで印刷してしまうと、思うようにきれいにプリントされないことも多いです。 まずは、年賀状はがきの特徴を説明するので、確認していきましょう。 官製はがきと同じ紙質になるので、手書きで年賀状はがきを作成するときに適しています。 インクジェット用はがき インクジェット用はがきは、はがきの表面にコーティング加工がされているので、インクの吸収率が高く色も鮮やかに発色されるのが特徴です。 インクジェットプリンターを利用していて、イラストや絵を印刷するときに、インクジェット用はがきがおすすめですが、 レーザープリンターには向かないので気をつけましょう。 インクジェット写真用はがき インクジェット写真用はがきは、インクジェット用はがきとは違い、表面に光沢があるのが特徴で、まるで写真のように印刷することができます。 また、インクジェット用はがきに比べ鮮明にプリントすることができるので、 写真を使って年賀状はがきを送りたい!といった方におすすめですよ。 ただ注意点として、レーザープリンターには適さないことと、表面に厚く加工がされているので紙詰まりなどのトラブルも起こりやすいので気をつけましょう。 ご使用の複合機・コピー機に適した年賀状はがきのタイプは? 年賀状はがきといっても、お使いのプリンターによって適しているものが異なります。 そこで、次の表を参考に最適な年賀状はがきを確認してみましょう。 レーザープリンタ(業務用複合機)• 熱転写方式プリンタ(インクリボン方式、昇華型) インクジェット用はがき インクジェット式プリンタ インクジェット写真用はがき インクジェット式プリンタ 普通紙は、インクジェットプリンターには向きませんが、レーザープリンターには最適です。 お使いのプリンターは、インクジェットとレーザーのどちらなのか、確認してから年賀状はがきを購入するようにしてくださいね。 年賀状はがき印刷を上手に行うポイント5つ 最適な年賀状はがきを使用することで、よりきれいに年賀状を作成することができます。 複合機・プリンターによっては、使用できない年賀状はがきもあるので注意が必要です。 そこで、年賀状はがきを快適に利用する方法について5つのポイントをご紹介しましょう。 プリンタの種類と印刷方式を確認する まずは、「」でご紹介したように、お使いのプリンターによって選ぶ年賀状はがきが異なります。 まずは、プリンターの印刷方式を確認しましょう。 印刷方式によっては適さない年賀状はがきがあるので注意が必要です。 特に、 レーザープリンターは要注意です。 インクジェット用の年賀状はがきを使用してしまうと、コーティングが溶けてしまい故障の原因になるので気をつけましょう。 印刷する内容に適した用紙を選択 プリンターの印刷方式を確認したら、どんな内容の年賀状にするのか決めましょう。 写真が入った年賀状にするのか• イラストや文章の入った年賀状にするのか によって、選ぶ年賀状はがきが異なります。 印刷する内容に適した年賀状はがきを選ぶことで、仕上がりも格段に違いますよ! 3. プリンタの独自の機能や設定を確認する 印刷をする前に、以下のようにプリンターの設定や機能の確認をしておきましょう。 用紙サイズがあっているか• 用紙の種類の選択は正しいか プリンターの設定が間違っていると、せっかく作成した年賀状もきれいに印刷されません。 はがきの静電気を除去してセットする 年賀状を印刷していてよくあるトラブルとして、紙詰まりがあります。 束になって購入した年賀状はがきは、静電気を起こしていることがあり、そのままセットしてしまうと、静電気によって紙が上手に配給されず、紙詰まりを起こしてしまうのです。 はがきをプリンターにセットする前に、はがきを一枚一枚パラパラとなるようにさばくことで紙詰まりを抑えることができます。 はがき印字に特化した作成ソフトを使用する 年賀状を作成する場合、宛名面の印刷時に郵便番号の欄にうまく数字が入らないなど、何枚も年賀状はがきを無駄にしてしまった経験がある方も多いですよね。 宛名面を印刷する場合、ExcelやWordで作成するのではなく、はがき印刷専用のソフトを利用するときれいに宛名面を作成できるのでおすすめです。 意外と知らない!年賀状はがき印刷を失敗してしまった時の豆知識 どんなに気をつけていても、印刷に失敗してしまうということはあります。 その失敗したはがき、どうしていますか? 実は、印刷に失敗してしまったはがきも使い道があるのでご紹介しましょう。 捨ててしまっては、もったいないですよ! 書き損じた年賀状は交換可能 印刷に失敗してしまった年賀状はがきは、交換することができます。 郵便窓口へ、失敗したり余った年賀状はがきを持参すると、 1枚5円で次の5つの中の希望の商品と交換することが可能です。 年賀状はがき(販売期間内のみ)• 官製はがき• 郵便書簡• 特定封筒 万が一印刷に失敗してしまっても、全てが無駄になるわけじゃないので覚えておきましょう。 年賀状はがきは、時期が過ぎても郵便はがきとして利用することができます。 失礼のない範囲内での使用であれば、あまった年賀状はがきは郵便はがきとして使用するのもおすすめです。 お年玉くじの抽選結果後に窓口に行くのがおすすめ 書き損じた年賀状はがきでも、お年玉くじの対象になります。 そのため、交換するのであれば、お年玉くじの抽選結果が出た後に窓口へいき交換するといいですね。 まとめ いかがでしたか。 今回は、年賀状はがきの印刷のポイントや、選ぶはがきのタイプ、そして書き損じたはがきはどうするのかなど、詳しくご紹介しました。 覚えておいてほしいポイントとしては、次の3つがあるので確認しましょう。

次の

HP インクジェットプリンター

インクジェット 年賀状

筆まめVer. 20~Ver. 20~Ver. 29からはがきに印刷する方法についてご案内します。 ここでは、筆まめVer. 20を使用し、インクジェット紙郵便はがき(年賀状)への印刷を例に説明しています。 21~Ver. 29についてもほぼ同じ画面構成です。 筆まめVer. 20~Ver. 29ではがきのうら面(通信面)に印刷する ここではインクジェット紙郵便はがきのうら面(通信面)に印刷する手順についてご案内します。 なお、印刷するデータはあらかじめ作成しておいてください。 文面デザインを開いた状態で [印刷]をクリックします。 文面印刷のウィンドウが表示されます。 各項目の設定を行います。 使用するプリンタを選択します。 「用紙・サイズ」では、かならず [はがき]を選択してください。 「用紙種別」は [インクジェットはがき]を選択してください。 「ふちなし印刷」を行う場合は、 [フチなし印刷]に設定します。 設定が完了したら、はがきがプリンタにセットされているか確認をし、 [印刷開始]をクリックします。 筆まめVer. 20~Ver. 29ではがきのおもて面(宛て名面)に印刷する ここではインクジェット紙郵便はがきのおもて面(宛て名面)に印刷する手順についてご案内します。 なお、印刷するデータはあらかじめ作成しておいてください。 「住所録」を開いた状態で、 [印刷]をクリックします。 「宛名印刷」ウィンドウが起動します。 はじめに印刷部数を設定します。 [部数]をクリックします。 右側に印刷部数の設定画面が表示されます。 印刷したい部数を設定します。 差出人データを設定します。 [差出人データ]をクリックします。 右側に登録されているメイン差出人データが表示されます。 宛名印刷の設定を行います。 [両面印刷]をクリックします。 右側に両面印刷の設定画面が表示されます。 今回は両面印刷は行ないませんので、 [しない]にチェックを入れます。 印刷と同時に出受記録にマークをするか設定します。 [出受記録にマーク]をクリックします。 右側に設定画面が表示されます。 必要に応じて [しない]、または [する]にチェックを入れます。 「プリンタの設定」を行います。 プリンタの設定を行います。 使用するプリンタを選択します。 「用紙・サイズ」では、かならず [はがき]を選択してください。 「用紙種別」は [はがき]を選択してください。 「ふちなし印刷」を行う場合は、 [フチなし印刷]に設定します。 設定が完了したら、はがきがプリンタにセットされているか確認をし、 [印刷開始]をクリックします。

次の