ペイペイ チャージ クレジットカード。 なぜペイペイ(PayPay)にヤフーカードが必要?チャージできる唯一のクレジットカード!

PayPay(ペイペイ)で使えるクレジットカード会社はどこ?初期設定&注意点

ペイペイ チャージ クレジットカード

スマホ決済のPayPay(ペイペイ)は、残高をチャージして決済するだけでなく、クレジットカードを登録して決済することもできます。 PayPayにクレジットカードを登録した場合、都度チャージせずPayPayで支払えるなどの利点がある一方、支払いによる基本還元を受けられないといった欠点も。 またYahoo! JAPANカード(ヤフーカード)であれば、PayPay決済時の基本還元を受けられるだけでなく、PayPay残高へのチャージも可能です。 ただ、 ヤフーカードでPayPayにチャージしたときのTポイント付与が廃止されるなど、PayPayとクレジットカードを取り巻く状況も変わってきています。 本記事では、PayPayにクレジットカードやヤフーカードを登録するメリット・デメリットについて解説した上で、実際にPayPayにクレジットカードを登録し、支払いなどに利用する手順を紹介します。 PayPayに登録できるクレジットカード• VISA• Mastercard• しかし、ヤフーカードは決済時に0. 5〜1. ヤフーカードにはPayPay通常利用時の還元を受けられるというメリットがある一方で、利用上の注意点があります。 とは次項以降で詳しく解説しています。 なお、プリペイドカードや海外で発行したクレジットカードは登録できないことがあります。 クレジットカードを登録する際は、必ず本人名義のクレジットカードを登録するようにしましょう。 有効期限が切れているクレジットカードは登録できません。 PayPayでクレジットカードを使うメリット・デメリット PayPayにクレジットカードを登録するにはメリットもありますが、デメリットもあります。 PayPay残高と併用してクレジットカード支払いを利用するなど、状況に応じて支払い方法を選択するのが実用的でしょう。 【メリット1】チャージせずにPayPayで決済できる PayPayにクレジットカードを追加すると、通常のPayPay残高支払いと同様に使えます。 PayPayで決済した分の請求は、後日登録したクレジットカードになされます。 そのため、 決済時にPayPay残高が不足していたらチャージするという手間が省けます。 チャージしたり残高を気にしたりせずPayPayを利用できるのは、クレジットカードを登録するメリットの一つです。 【メリット2】複数のクレジットカードを登録できる PayPayには、複数のクレジットカードを登録することができます。 所有するクレジットカードをPayPayに登録してしまえば、複数枚のクレジットカードを持ち歩く必要もありません。 なお、同一のクレジットカードを複数のアカウントに登録することはできません。 PayPayボーナスの特典内容(通常時) 支払い方法 還元率 付与上限• PayPay残高• Yahoo! JAPANカード 0. 5〜1. 7500円相当/回• 1万5000円相当/月• JAPANカード(後述)で決済すると決済金額の0. 5〜1. PayPayの各種キャンペーンでは(ヤフーカードを除く)、クレジットカード支払いだと還元率や特典を得られないケースがほとんど。 PayPayの還元を利用してお得に使いたいというユーザーは、クレジットカード以外の支払い方法による決済がほぼ必須といえます。 appllio. com PayPayでYahoo! JAPANカード(ヤフーカード)を使うメリットと注意点 Yahoo! JAPANカード(通称、ヤフーカード) 文字通りヤフーが提供するクレジットカード「Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)」は、PayPayにおいて優遇される特別なクレジットカードです。 ただし、ヤフーカードを利用するうえでの注意点も存在します。 状況に応じて、ヤフーカード決済とPayPay残高決済を使い分けるのがおすすめです。 【メリット1】PayPayの基本還元を受けられる唯一のクレカ 前述のとおり、PayPayアプリに登録したクレジットカードで決済した場合、PayPayの基本還元を受けることはできませんが、ヤフーカードだけは例外。 「PayPayの基本還元が受けられる」唯一のクレジットカードです。 PayPayアプリにヤフーカードを登録して決済すると、 利用金額の0. 5〜1. これはPayPay残高の場合と同じ還元率です。 ソフトバンク・ワイモバイルのユーザーでスマホ料金の支払いを(ヤフーカードを含む)クレジットカードにしている場合に限り、PayPay残高のチャージ方法をソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いにすることで、迂回してチャージによるカード利用分の還元を受け取ること自体は可能です。 【注意点2】キャンペーンで対象外になることもある PayPayの特徴といえば、やはり継続的に実施しているキャンペーンでしょう。 そのほとんどが、一定の条件を満たすと基本還元率以上のPayPayボーナスが還元されるというもの。 しかし、大半のキャンペーンでは「対象の決済手段はPayPay残高決済に限る」とされています。 つまり、 キャンペーンの還元を受けられるのはPayPay残高で決済した場合のみで、ヤフーカードを含むクレジットカードでの決済はほぼキャンペーンの対象外と考えたほうが賢明です。 ヤフーカードによる支払いが対象外のキャンペーンも増えてきた 以前はヤフーカードでの決済も対象となるキャンペーンが少なくありませんでしたが、2020年以降はヤフーカードが対象外となるキャンペーンも目立ってきました。 ただし、すべてのキャンペーンでヤフーカードによる決済が対象外というわけではありません。 なかにはヤフーカードでの決済も対象となるキャンペーンもあるので、詳しくはキャンペーン情報をチェックしてみましょう。 appllio. com PayPayにクレジットカードを登録する方法 PayPayにクレジットカードを登録するには、2つの方法があります。 が簡単ですが、Yahoo! ウォレットにクレジットカードを登録している場合はも可能です。 PayPayアプリに登録したクレジットカード クレジットカードの登録が完了すると、「アカウント]タブ画面で[支払い方法の管理]から登録済みのクレジットカードを確認できます。 【方法1】クレジットカード情報をアプリに直接入力する PayPayアプリからカメラを起動し、カード番号をスキャンする方法です。 ヤフーカードを登録する場合も手順は同様です。 1 「カード追加」をタップ PayPayの「ホーム」タブから[カード追加]をタップします。 Yahoo! JAPAN IDとの連携が必要 PayPayとYahoo! JAPAN IDの連携が完了していれば不要 PayPayアプリとYahoo! JAPAN IDが連携できていない場合、[Yahoo! 2 クレジットカードを選択 「クレジットカードの追加」画面で、Yahoo! ウォレットからインポートしたいクレジットカードを選択します 3 セキュリティコードを入力して登録完了 クレジットカードのセキュリティコードを入力しましょう。 これでYahoo! ウォレットに登録したクレジットカードのインポートは完了です。 PayPayでクレジットカードを使って支払う方法 PayPayアプリでは、支払いの前に決済方法を選択することができます。 その際にクレジットカードを選択して決済すればよいわけです。 [支払い方法]から登録したクレジットカードを選択するだけ バーコード支払いの場合、「支払い」タブ画面から支払い用のバーコードを表示させて決済する前に[支払い方法]をタップしましょう。 支払い方法の選択ができるので、いずれかの[クレジットカードを選択]してください。 スキャン支払いの際も同様です。 店舗に掲示されているQRコードをスキャンした際、[支払い方法]をタップして[クレジットカード]を選択するだけです。 なお、一度クレジットカードを選択すると、次回決済もクレジットカードが選択された状態での決済となります。 次回の決済時にクレジットカード以外で支払う場合は、決済方法を選択するのを忘れないようにしましょう。 PayPayからクレジットカードを削除する方法 PayPayに登録したクレジットカードは簡単に削除できます。 PayPayの「アカウント」タブから支払い情報の管理を開きます。 画面上部に表示されているカードをスライドし、削除したいクレジットカードに表示されている[ ]ボタンをタップし、[削除する]を選択します。 確認画面が表示されるので、もう一度[削除する]をタップすればクレジットカードの削除完了です。 PayPayのクレカ利用上限を引き上げる方法 PayPayに登録したクレジットカードには、 決済時およびヤフーカードによるチャージ時の利用上限が定められており、一定の条件を満たすことで利用上限を引き上げることができます。 ヤフーカードによるチャージ利用限度額 過去24時間 過去30日間 青いバッジ+本人認証済みヤフーカード 25万円 25万円 本人認証済みヤフーカード(青いバッジなし) 2万円 5万円 ヤフーカードからPayPay残高にチャージするには、本人認証が必須となります。 本人認証が完了していなければ、ヤフーカードからPayPay残高にチャージはできません。 基本のチャージ利用上限は過去24時間で2万円、過去30日間で5万円ですが、プロフィールに青いバッジがつくと25万円(過去24時間/過去30日間)に引き上げられます。 PayPayの利用上限の引き上げ方法や青いバッジについては、以下の記事で詳しく解説しているので参照してみてください。

次の

PayPay(ペイペイ)でポイントが貯まるお得なチャージ方法はクレカ

ペイペイ チャージ クレジットカード

スマホ決済のPayPay(ペイペイ)は、残高をチャージして決済するだけでなく、クレジットカードを登録して決済することもできます。 PayPayにクレジットカードを登録した場合、都度チャージせずPayPayで支払えるなどの利点がある一方、支払いによる基本還元を受けられないといった欠点も。 またYahoo! JAPANカード(ヤフーカード)であれば、PayPay決済時の基本還元を受けられるだけでなく、PayPay残高へのチャージも可能です。 ただ、 ヤフーカードでPayPayにチャージしたときのTポイント付与が廃止されるなど、PayPayとクレジットカードを取り巻く状況も変わってきています。 本記事では、PayPayにクレジットカードやヤフーカードを登録するメリット・デメリットについて解説した上で、実際にPayPayにクレジットカードを登録し、支払いなどに利用する手順を紹介します。 PayPayに登録できるクレジットカード• VISA• Mastercard• しかし、ヤフーカードは決済時に0. 5〜1. ヤフーカードにはPayPay通常利用時の還元を受けられるというメリットがある一方で、利用上の注意点があります。 とは次項以降で詳しく解説しています。 なお、プリペイドカードや海外で発行したクレジットカードは登録できないことがあります。 クレジットカードを登録する際は、必ず本人名義のクレジットカードを登録するようにしましょう。 有効期限が切れているクレジットカードは登録できません。 PayPayでクレジットカードを使うメリット・デメリット PayPayにクレジットカードを登録するにはメリットもありますが、デメリットもあります。 PayPay残高と併用してクレジットカード支払いを利用するなど、状況に応じて支払い方法を選択するのが実用的でしょう。 【メリット1】チャージせずにPayPayで決済できる PayPayにクレジットカードを追加すると、通常のPayPay残高支払いと同様に使えます。 PayPayで決済した分の請求は、後日登録したクレジットカードになされます。 そのため、 決済時にPayPay残高が不足していたらチャージするという手間が省けます。 チャージしたり残高を気にしたりせずPayPayを利用できるのは、クレジットカードを登録するメリットの一つです。 【メリット2】複数のクレジットカードを登録できる PayPayには、複数のクレジットカードを登録することができます。 所有するクレジットカードをPayPayに登録してしまえば、複数枚のクレジットカードを持ち歩く必要もありません。 なお、同一のクレジットカードを複数のアカウントに登録することはできません。 PayPayボーナスの特典内容(通常時) 支払い方法 還元率 付与上限• PayPay残高• Yahoo! JAPANカード 0. 5〜1. 7500円相当/回• 1万5000円相当/月• JAPANカード(後述)で決済すると決済金額の0. 5〜1. PayPayの各種キャンペーンでは(ヤフーカードを除く)、クレジットカード支払いだと還元率や特典を得られないケースがほとんど。 PayPayの還元を利用してお得に使いたいというユーザーは、クレジットカード以外の支払い方法による決済がほぼ必須といえます。 appllio. com PayPayでYahoo! JAPANカード(ヤフーカード)を使うメリットと注意点 Yahoo! JAPANカード(通称、ヤフーカード) 文字通りヤフーが提供するクレジットカード「Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)」は、PayPayにおいて優遇される特別なクレジットカードです。 ただし、ヤフーカードを利用するうえでの注意点も存在します。 状況に応じて、ヤフーカード決済とPayPay残高決済を使い分けるのがおすすめです。 【メリット1】PayPayの基本還元を受けられる唯一のクレカ 前述のとおり、PayPayアプリに登録したクレジットカードで決済した場合、PayPayの基本還元を受けることはできませんが、ヤフーカードだけは例外。 「PayPayの基本還元が受けられる」唯一のクレジットカードです。 PayPayアプリにヤフーカードを登録して決済すると、 利用金額の0. 5〜1. これはPayPay残高の場合と同じ還元率です。 ソフトバンク・ワイモバイルのユーザーでスマホ料金の支払いを(ヤフーカードを含む)クレジットカードにしている場合に限り、PayPay残高のチャージ方法をソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いにすることで、迂回してチャージによるカード利用分の還元を受け取ること自体は可能です。 【注意点2】キャンペーンで対象外になることもある PayPayの特徴といえば、やはり継続的に実施しているキャンペーンでしょう。 そのほとんどが、一定の条件を満たすと基本還元率以上のPayPayボーナスが還元されるというもの。 しかし、大半のキャンペーンでは「対象の決済手段はPayPay残高決済に限る」とされています。 つまり、 キャンペーンの還元を受けられるのはPayPay残高で決済した場合のみで、ヤフーカードを含むクレジットカードでの決済はほぼキャンペーンの対象外と考えたほうが賢明です。 ヤフーカードによる支払いが対象外のキャンペーンも増えてきた 以前はヤフーカードでの決済も対象となるキャンペーンが少なくありませんでしたが、2020年以降はヤフーカードが対象外となるキャンペーンも目立ってきました。 ただし、すべてのキャンペーンでヤフーカードによる決済が対象外というわけではありません。 なかにはヤフーカードでの決済も対象となるキャンペーンもあるので、詳しくはキャンペーン情報をチェックしてみましょう。 appllio. com PayPayにクレジットカードを登録する方法 PayPayにクレジットカードを登録するには、2つの方法があります。 が簡単ですが、Yahoo! ウォレットにクレジットカードを登録している場合はも可能です。 PayPayアプリに登録したクレジットカード クレジットカードの登録が完了すると、「アカウント]タブ画面で[支払い方法の管理]から登録済みのクレジットカードを確認できます。 【方法1】クレジットカード情報をアプリに直接入力する PayPayアプリからカメラを起動し、カード番号をスキャンする方法です。 ヤフーカードを登録する場合も手順は同様です。 1 「カード追加」をタップ PayPayの「ホーム」タブから[カード追加]をタップします。 Yahoo! JAPAN IDとの連携が必要 PayPayとYahoo! JAPAN IDの連携が完了していれば不要 PayPayアプリとYahoo! JAPAN IDが連携できていない場合、[Yahoo! 2 クレジットカードを選択 「クレジットカードの追加」画面で、Yahoo! ウォレットからインポートしたいクレジットカードを選択します 3 セキュリティコードを入力して登録完了 クレジットカードのセキュリティコードを入力しましょう。 これでYahoo! ウォレットに登録したクレジットカードのインポートは完了です。 PayPayでクレジットカードを使って支払う方法 PayPayアプリでは、支払いの前に決済方法を選択することができます。 その際にクレジットカードを選択して決済すればよいわけです。 [支払い方法]から登録したクレジットカードを選択するだけ バーコード支払いの場合、「支払い」タブ画面から支払い用のバーコードを表示させて決済する前に[支払い方法]をタップしましょう。 支払い方法の選択ができるので、いずれかの[クレジットカードを選択]してください。 スキャン支払いの際も同様です。 店舗に掲示されているQRコードをスキャンした際、[支払い方法]をタップして[クレジットカード]を選択するだけです。 なお、一度クレジットカードを選択すると、次回決済もクレジットカードが選択された状態での決済となります。 次回の決済時にクレジットカード以外で支払う場合は、決済方法を選択するのを忘れないようにしましょう。 PayPayからクレジットカードを削除する方法 PayPayに登録したクレジットカードは簡単に削除できます。 PayPayの「アカウント」タブから支払い情報の管理を開きます。 画面上部に表示されているカードをスライドし、削除したいクレジットカードに表示されている[ ]ボタンをタップし、[削除する]を選択します。 確認画面が表示されるので、もう一度[削除する]をタップすればクレジットカードの削除完了です。 PayPayのクレカ利用上限を引き上げる方法 PayPayに登録したクレジットカードには、 決済時およびヤフーカードによるチャージ時の利用上限が定められており、一定の条件を満たすことで利用上限を引き上げることができます。 ヤフーカードによるチャージ利用限度額 過去24時間 過去30日間 青いバッジ+本人認証済みヤフーカード 25万円 25万円 本人認証済みヤフーカード(青いバッジなし) 2万円 5万円 ヤフーカードからPayPay残高にチャージするには、本人認証が必須となります。 本人認証が完了していなければ、ヤフーカードからPayPay残高にチャージはできません。 基本のチャージ利用上限は過去24時間で2万円、過去30日間で5万円ですが、プロフィールに青いバッジがつくと25万円(過去24時間/過去30日間)に引き上げられます。 PayPayの利用上限の引き上げ方法や青いバッジについては、以下の記事で詳しく解説しているので参照してみてください。

次の

PayPay(ペイペイ)にクレジットカードを登録して支払う方法──メリット・デメリットも解説

ペイペイ チャージ クレジットカード

この記事の目次• PayPay(ペイペイ)について PayPayはキャッシュレス決済サービス PayPayとはキャッシュレス決済サービスの一つでソフトバンクとヤフーが共同出資している会社が主導している決済システムです。 他にもLINE Payや楽天Payなどのキャッシュレス決済サービスがスタートしていますが、100億円還元とか信じられないキャンペーンを打ち出したことで話題になっています。 これを機にキャッシュレス時代に本当に突入するのか気になるところ。 PayPayはスマホに専用アプリをインストールして使います。 ここにお金をチャージしてバーコードを使って決済をする仕組みとなっています。 クレジットカード決済との違いは? キャッシュレスといえばカード決済のクレジットカードがありますがPayPayと何がどう違うのか分かりにくいですよね。 左:クレジットカード、右:PayPay クレジットカードは基本的に後払いするものですが、PayPayはお金をPayPayにチャージして使うプリペイド型の決済システムなのでクレジットカードを持っていない方や未成年でも使えて、普通のお金と同じように個人間送金ができるのが特徴です。 また、クレジットカードはカードで支払い(電子マネーや番号入力をしての支払いも可能)をしますが、PayPayはスマホを使ったバーコードを使って支払いをする形となっています。 PayPayとクレジットカードの違いを簡単にまとめるとこんな感じです。 PayPayとクレジットカードの違い PayPay クレジットカード 支払いタイミング チャージして支払いをする あとで支払いをする 支払い形態 スマホを使ったバーコード決済、番号入力 カード、電子マネー(カード or スマホ)、番号入力 分割払い できない できる 個人間送金 できる できない 利用者制限 スマホを持っていれば誰でも利用可能 未成年者や年収の低い人、過去の利用実績がヤバイ人は作れない セキュリティ スマホに認証ロックしてあれば安全 カード落としたらヤバイ 使えるスマホ PayPayアプリをインストール可能なスマホ Felica・おサイフケータイに対応したスマホ・ガラケー このように同じキャッシュレス決済でも使い方は全く違います。 PayPay残高へのチャージは銀行口座からの送金かクレジットカード(現在はヤフーカードのみ)を使って行うことになります。 銀行口座からチャージする• クレジットカード(ヤフーカード)からチャージする 少しややこしいのですが、クレジットカードを使ってPayPay残高にチャージできるのはヤフーカードだけですが、PayPayは他のクレジットカード(VISA、MasterCard)を登録することができてPayPay残高ではなくクレジットカードを使った決済も可能となっています。 今までのクレジットカードの支払いした場合とPayPayを使って支払いをした場合のお金の流れを表すとこんな感じです。 クレジットカード払いは支払いの翌月に銀行口座から引き落としがかかるのに対してPayPayに残高をチャージして支払うので今までのお金と同じ感覚で使うことができます。 つまり、クレジットカードで使いすぎて支払いがキツくなってしまったということがありません。 また、クレジットカードを登録してPayPayからクレジットカード経由で支払いをすることができて後払いにすることも可能です。 わざわざPayPayを使ってクレジットカード決済する必要があるのか?と疑問に思うかもしれませんがPayPay残高の0. PayPayを使うメリットは? PayPayはスマホにアプリをインストールすることで無料で使うことができます。 PayPayを使うメリット• スマートフォンだけで支払いができる• クレジットカードを持ち歩かないのでセキュリティが高い• スマホを落としても認証設定してあれば不正利用されることがない• PayPay残高・ヤフーカードで支払うと1. 他のクレジットカードからの支払いは還元されないので注意です。 詳しくはをご覧ください。 スマートフォンだけで支払いができる PayPayはスマホにPayPayがインストールされていてきちんと設定されていればスマホだけで支払いをすることができます。 現金、クレカ、PayPayの支払い時の違い• (Apple Payを使うならスマホだけでOKです。 ) まあ、現実的に財布を持ち歩かないという生活はできないですが、 支払い時にカバンの中から財布を取り出さなくてもいいのがPayPayの最大のメリットではないでしょうか。 また、何を買ったかもPayPayならアプリの利用明細に記録されていきレシートの発行も簡単にすることができるので、個人事業の方は経費精算が簡単になるのではないでしょうか。 個人的にかなり楽になりそうな予感がしています。 セキュリティが高い PayPayはスマホにインストールしたアプリを使って決済をするので スマホの画面ロックをしっかりしていれば紛失してしまったとしても不正利用されることはほぼありません。 アプリにもセキュリティ設定からパスコード・生体認証を追加することができるので超安全です。 クレジットカードだと紛失してしまうとカードを使われてしまう可能性がありますがPayPayはそのような心配はないのでクレジットカードを財布の中にいれて持ち歩くよりもめちゃくちゃ安全なのではないでしょうか。 PayPayは電話番号と登録したメールアドレスで紐付けされているのでスマホを紛失してしまっても電話番号さえ引き継ぎすることができれば引き続きPayPayを使うことができます。 また、決済時のバーコードも数分後に自動的に切り替わるようになっているのでバーコード番号が流出したとしても、それで不正利用されることはないでしょう。 追記:クレジットカードの不正利用が問題となりましたが、3Dセキュア(本人認証サービス)にPayPayが対応しました。 スポンサーリンク PayPayで支払うと1. 銀行口座からPayPayにチャージをしてPayPayするだけで買った商品の1. ただし、現金による入金・ヤフーカードのみ還元されるのでクレジットカードでの支払いするならヤフーカードを使うのがおすすめです。 クレジットカードのポイントも付くので実質2. 時期によって開催しているキャンペーンが異なるのでしてみてください。 また、これを機会にソフトバンクかワイモバイルに乗り換えをしてみるのもいいかも? PayPayに新規登録で1,000円のPayPay残高をもらえる PayPayに新規登録して1週間以内に銀行口座を登録するだけで1,000円のPayPay残高をもらえます。 なので、とりあえずPayPayに登録してみてPayPay決済をすることができるファミリーマートでおにぎりやポテトをペイペイしてみるのもいいのではないでしょうか。 PayPayで決済する3つの方法 PayPayで支払い決済する方法は主に3つあります。 PayPay残高決済• クレジットカード決済• Yahoo! マネー決済 PayPay残高で支払いする PayPay残高にお金をチャージするには事前に銀行口座を登録しておく必要があります。 クレジットカードを使った残高チャージはヤフーカードのみ可能となっておりそれ以外のカードからはチャージはできません。 PayPay残高のチャージ:銀行口座またはヤフーカードからする クレジットカードからPayPay残高にチャージしたい場合はヤフーカードを利用する必要があります。 年会費無料で使えますし今なら10,000ポイントのTポイントももらうことができます。 銀行口座の登録はYahoo! ウォレットの「預金支払い用口座」を使うのでYahoo! JAPANの会員になっている必要があるのYahoo! JAPANの会員になっていない方はからどうぞ。 PayPay残高による支払いは即引き落としされるので登録できる銀行口座は24時間入出金に対応している一部の銀行です。 持っている口座の銀行に対応していない場合は銀行からPayPay残高にチャージできません。 PayPayでYahoo! マネー払いするには Yahoo! マネーで支払いをする場合はPayPay残高と同様にYahoo! マネーに残高がないといけません。 なのでヤフーショッピングやヤフオクですでにYahoo! マネーを使っている方はそこの残高から簡単のPayPayの支払いをすることができます。 Yahoo! マネーへのチャージは銀行口座の他にコンビニからチャージ、ヤフオクの売上金からチャージすることができます。 なので、銀行口座からのチャージもしたくないという方はYahoo! マネーを使えばコンビニからチャージすることでPayPayを使うことができるようになります。 ちょっとややこしいのですが、PayPay残高に現金を直接チャージして決済するか、クレジットカード経由で決済するか、Yahoo! ウォレットを経由して経由するか、3つの方法があるということになります。 それぞれの使い方の違いをまとめました。 マネー決済で支払う• マネー決済で支払う クレジットカードを持っていない方は銀行口座を登録することで簡単にチャージをすることができますし、クレジットカードを持っているからカードの番号を登録すればクレジットカード払いをして後払いすることもできます。 PayPayを使うデメリットは? PayPayのデメリットは使えるお店がまだ少ないことの他に支払い方法の併用ができないという点があります。 PayPayのデメリット• PayPayに対応している店舗が少ない(最近は増えてきた)• 決済方法をまたいで使うことができない• 2年間の有効期限がある• 3万円以上の支払いは本人確認書類の提示が必要 PayPayに対応している店舗はまだまだ少ないです。 特に郊外だと対応しているお店はまだ少ないので使うことができる場所は限定されてしまいます。 決済方法をまたいで使うことができない PayPayは支払い方法をまたいで使うことができません。 例えば、PayPay残高が1,000円で2,000円の買い物をした時に足りない差額をクレジットカード決済することができないのです。 もしPayPay残高が足りない場合は以下の順で全額決済処理されます。 マネー or クレジットカードから2,000円の支払いがされることになります。 PayPay残高には2年間の有効期限がある PayPay残高の種類に「PayPayライト」と「PayPayボーナス」があります。 PayPayライト:ヤフーカードや銀行口座からPayPay残高にチャージした金額• PayPayボーナス:特典やキャンペーンでもらったPayPay残高に進呈された金額 PayPay残高には有効期限があり「PayPayライト」と「PayPayボーナス」のどちらかの残高が変動した日から2年後となっています。 3万円以上の支払いは本人確認書類の提示が必要 PayPayで3万円以上の支払いをする場合は店舗側に運転免許証や健康保険証などのとなります。 せっかくスマホだけで決済できるのがPayPayのいいところなのに本人確認書類の提示がいるのはちょっと面倒くさいですね…。 これはいずれアプリ側で何か対策できるとは思うので一時的なもののような気がします。 PayPayで使えるお店は? PayPayでの支払い決済をすることができるお店を抜粋しました。 家電量販店:ビックカメラ、エディオン、100満ボルト、コジマ、ヤマダ電機、ジョーシン、ベスト電器、ツクモ、ソフマップ、マツヤデンキ• コンビニ:ファミリーマート、対応予定 (ポプラ、ミニストップ)• ドラッグストア:GEBKY、くすりのハッピー、ドラッグインキムラヤ• 飲食:魚民、白木屋、笑笑、和民、月の宴、鳥メロ、にくスタ その他、から対応店舗を確認することができます。 また、PayPayアプリからも「全国のお店一覧」という項目から現在地から対応のお店を探すことができるようになっています。 スポンサーリンク オンラインショップでは使えない? 現時点ではリアル店舗でしかPayPayを使うことができませんが、2019年2月以降にオンラインショップでもPayPayを利用することが可能となりました。 Yahoo! ショッピング• ヤフオク• LOHACA まあ、ヤフーグループばかりですけどね。 これを機にYahoo! ショッピングを利用する方が増える可能性はありそうです。 3Dセキュアに対応した PayPayはサービス開始当初にクレジットカードの不正利用など色々と問題があり、クレジットカードでの支払いできる金額が5,000円までに制限されましたが、PayPayが3Dセキュア(本人認証サービス)に対応したため3Dセキュアに対応したクレジットカードなら最大5万円まで使うことができるようになります。 本人認証前:5,000円まで• 本認証後(過去24時間):2万円• 本認証後(過去30日間):5万円 過去30日間で購入できる金額は5万円までとなってしまいました。 いずれにしても3Dセキュアに対応したことで不正利用される心配がなくなったので「PayPayは怖い」は過去のものになり、安心してPayPayを使うことが可能となります。 まとめ:消費増税でキャッシュレス決済は必須に 2019年10月1日より消費税がついに10%に増税となりました。 キャッシュレス決済をすることでポイント還元を受けることができるので、現金決済をするよりもPayPayを使うことでお得になるのは間違いないと思います。 PayPayは「まちかどペイペイ 第1弾」キャンペーンを実施して最大10%の還元を受けることができます。 つまり、消費税10%が全部返ってくるという…. ちょっと意味がわからないw 増税とはなんだったのでしょうか…。 まあ、期間限定なので恩恵を受けれるのはちょっとだけですが、PayPayなどのキャッシュレス決済は現金払いよりもメリットがあるのは間違いないでしょう。 ということで、PayPayにチャレンジしましょう!.

次の