ハニーチェ口コミ。 ハニーチェ ディープモイストリペア シャンプーの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

アンドハニーシャンプーを解析評価!口コミに「パサパサ・乾燥」の評判が多いワケは成分

ハニーチェ口コミ

サラサラよりしっとり系• 保湿力抜群• 補修効果もある• くせ毛を落ち着かせる• ぱさつきを予防• 髪のツヤ感アップ• いい匂い こんな感じです。 洗浄成分 アンドハニーは、はちみつが高配合されています。 ですがどんなシャンプーでも水を除くと、もっとも多く含まれるのは 洗浄成分です。 使用されている洗浄成分が、シャンプー全体の良し悪しを決めると言っても過言ではありません。 アンドハニーに含まれる、メインの洗浄成分は、 ・ラウラミドプロピルベタイン ・オレフィン(C14-16) ・ラウロイルメチルアラニンNa これらになります。 ラウラミドプロピルベタインは、アミノ酸系洗浄成分と呼ばれる成分です。 このアミノ酸系の成分がメインの洗浄成分になっているシャンプーの事をと言います。 低刺激で、頭皮や髪への負担も少なく、更に泡立ちも良い優秀な成分です。 植物由来の界面活性剤から作られているので、環境にも優しい成分と言えます。 オレフィン(C14-16)は、比較的洗浄力が強い成分です。 今回は洗浄力を高める為に、配合されています。 ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸シャンプーの中でも、とてもマイルドでしっとり系成分です。 サロンシャンプーなどの高価なシャンプーによく配合される、優秀な成分です。 洗浄成分に関しては、市販の安いシャンプーと比較して、優秀な成分です。 ちょっと気になるは、洗浄力が強めの オレフィン(C14-16)ですが、私は刺激を感じませんでした。 口コミにも、そう言った口コミは無かったので、問題ないかと。 保湿成分 保湿成分の筆頭は、やはり はちみつです。 はちみつは、保水性が非常に高い成分。 一般的なシャンプーと比較して、アンドハニーの方が保水性に優れています。 髪が保水力を高める事で、ぱさつきの改善、くせ毛の予防、艶感アップなど、女性には嬉しい事がいっぱいです。 その他にも、グリセリンや、アルガンオイルなど、髪をしっとりさせてくれる成分も配合されています。 補修成分 補修成分には、 ケラチンを配合して傷んだ髪の毛を補修してくれます。 ダメージで髪が傷んでいる人におすすめです。 実際に使ってみた私の口コミ それでは、実際に編集部で使用してみた、使用感をレビューしていきます。 シャンプーの色は、はちみつを少し薄めたような色です。 シャンプーの香りは? 香りは甘いフローラル調の香りです。 悪い口コミに『香りが強すぎると』とありましたが、私は香りの強さは感じませんでした。 むしろアンドハニーは、はちみつシャンプーの中では、平均的か少し香りは控えめかなって感じでした。 香りの感じ方に関しては、個人差が出やすいのでなんとも言えないですね。 泡立ちは? 泡立ちは、とっても良かったです。 モコモコのクリーミーな泡立です。 すごくシャンプーしやすかったです! シャンプーの洗い上がりは? 洗い上がりは、きしみも一切感じませんでした。 シャンプーの香りは、さらっと香る程度です。 とても癒やされます。 シャンプーだけでも、しっとりになります。 トリートメントも使ってみた トリートメントも使ってみました。 トリートメントも、香りはやや控えめな印象です。 トリートメントを使ったほうが、指通りはとても良くなります。 サロン帰りのような、上品な質感といった感じです。

次の

【元美容師が解析】ハニーチェクリーミーシャンプー2つの良成分と弱点とは?

ハニーチェ口コミ

アンドハニーでの強みが英語のアンドの意味合いで「そして」や「それと」といったふうに付随しているだけです。 言い換えてしまうとオシャレな言い方ということです。 保水力&保湿力&オーガニック処方&ハチミツの色にこだわったボトルやシャンプーの色&ステップ式のアンドハニーの使い方です。 公式ではかっこよく英語で書いてはいますが、要するにこういうことです。 アンドハニーシャンプー&トリートメントの評価は本当はどうなのでしょうか。 特に一番大事な成分だからこそ、しっかりして欲しい部分ですよね。 ホントはアミノ酸系洗浄成分だとベストだったんですが。 今だったらハーブガーデンなんかがアミノ酸系で無添加のシャンプーでは有名ですよね。 Contents• アンドハニーシャンプーの成分解析と評価!シャンプーはノンシリコン・トリートメントはシリコンイン アンドハニーシャンプー&トリートメントを 成分解析して評価して行きます。 あくまで成分表を見ての成分解析評価で、個人に合う合わないかはまた別の問題です。 成分解析評価と口コミ評判を総合して、購入するかどうか判断してください。 アンドハニーシャンプー ディープモイスト 成分解析と評価!オレフィンスルホン酸Na配合で乾燥するシャンプー 正式名称アンドハニーディープモイストシャンプーの成分を解析して評価します。 成分を解析するために、まず全成分を確認しましょう。 アンドハニーシャンプー ディープモイスト の成分表はこちらです。 水、ラウラミドプロピルベタイン、 オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、 ラウロイルメチルアラニンNa、グリセリン、コカミドDEA、シア脂グリセレス-8エステルズ、ココイルグルタミン酸TEA、 ハチミツ、ハチミツエキス、加水分解ハチミツタンパク、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、アルガニアスピノサ核油、 ローヤルゼリーエキス、プロポリスエキス、ケラチン(羊毛)、アルギニン、パンテノール、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解シルク、ヤシ油アルキルグルコシド、アラビアゴム、オランダシャクヤク花エキス、ミリスチンベタイン、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-47、カラメル、クエン酸、ソルビン酸K、安息香酸Na、BG、 EDTA-2Na、PEG-7、メントール、フェノキシエタノール、香料 ノンシリコンシャンプー アンドハニーシャンプーはノンシリコンシャンプーなところは評価できます。 シャンプーはノンシリコンの方が良いことはもはや常識ですが、一応ノンシリコンだったということで、評価点として挙げておきます。 保湿成分はハチミツ推し なんと言ってもアンドハニーシャンプーの醍醐味は名前の由来となるハチミツ系の成分です。 【ハチミツ、ハチミツエキス、加水分解ハチミツタンパク、ローヤルゼリーエキス】などの成分ですね。 ハチミツ成分の効果解析• ハチミツ:保湿、抗菌作用による雑菌を増殖を防ぐ。 アミノ酸の効果で髪を育てる。 ハチミツエキス:ハチミツとほぼほぼ同じ効果。 加水分解ハチミツタンパク:ヘアコンディショニング、皮膚コンディショニング、洗浄、起泡、保湿、抗菌、ピーリングの効果。 ローヤルゼリーエキス:アンチエイジング効果。 ちょっとずつ効果が違いますよね。 保湿効果はこれらのハチミツ由来成分全部にあり、アンドハニーシャンプーは保湿面では素晴らしい評価が得られるシャンプーと解析できます。 ハチミツは大量のアミノ酸を含むので、髪を育てる育毛効果があって薄毛対策にも良いです。 オレフィンスルホン酸Naはラウレス硫酸Naと同じくらい洗浄力 脱脂力 のある洗浄成分です。 違うところは「植物由来や化学成分か」というところだけで、植物由来でも洗浄力がとても強いのでラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Naと同じ括りです。 アンドハニーシャンプーにどれだけ保湿成分や補修成分が配合されていても、オレフィンスルホン酸Naによる洗浄力で全て台無しになり、頭皮は乾燥してフケやかゆみが出やすくなりますし、髪の毛はパサパサが気になりカラーしている方だと退色も気になるでしょう。 アンドハニートリートメント ディープモイスト 成分解析と評価!シリコンが4種類配合されたトリートメント アンドハニートリートメント ディープモイスト も成分解析して評価します。 成分表はこちらです。 水、セテアリルアルコール、 アモジメチコン、ベヘントリモニウムクロリド、グリセリン、パルミチン酸エチルヘキシル、 ハチミツ、ハチミツエキス、加水分解ハチミツタンパク、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、アルガニアスピノサ核油、 ケラチン(羊毛)、 ローヤルゼリーエキス、プロポリスエキス、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、カルボキシメチルヒアルロン酸Na、ヤシ油アルキルグルコシド、ラベンダー花エキス、パンテノール、 加水分解シルク、アラビアゴム、クエン酸、カラメル、ヒドロキシエチルセルロース、ソルビン酸K、ペンテト酸5Na、 ジメチコン、安息香酸Na、 アミノプロピルジメチコン、 ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、フェノキシエタノール、BG、香料 加水分解シルク・アラビアゴム配合 アンドハニートリートメントの、シャンプーには配合されていない良い成分は加水分解シルクとアラビアゴムです。 加水分解シルク:吸着性や浸透性が良い。 保湿、皮膜形成、抗酸化作用、皮膚コンディショニング、ヘアーコンディショニングが得られる。 アラビアゴム:抗菌作用・消臭作用。 グリセリンと同等の保湿作用を兼ね備えている。 シリコンは4種類配合されている アンドハニートリートメントにはシリコンが4種類 赤字部分 配合されています。 シリコン成分のアモジメチコンは成分の3番目で保湿のメインに入っています。 他に3種類のシリコン成分が配合されているので「ハチミツ系の保湿成分やその他の補修成分、もしかして配合量少ないのでは?」と疑ってしまいます。 これだけ保湿・補修成分が配合しているのに、シリコン頼みのシリコントリートメントです。 トリートメントもシリコンが入っていなければなー!っていう感じですね。 シリコンは使い続けると髪の毛がコーティングされて水分や栄養が入らない髪の毛になります。 ビルドアップと言います。 肌で言うインナードライ状態になるので切るしかなくなります。 ロングヘアの方は注意してくださいね。 アンドハニーヘアオイルの成分解析!正しい使い方で順番を守ろう アンドハニーヘアオイルの成分解析もして行きます。 全成分はこちらです。 シクロペンタシロキサン、ジメチコン、水添ポリイソブテン、パーム油、ハチミツ、ハチミツエキス、加水分解ハチミツタンパク、ダマスクバラ花エキス、アルガニアスピノサ核油、パンテノール、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、ケラチン(羊毛)、ローヤルゼリーエキス、プロポリスエキス、ヤシ油アルキルグルコシド、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、加水分解シルク、グリセリン、トコフェロール、クオタニウム-18、クオタニウム-33、ピサボロール、コレステロール、BG、PG、フェノキシエタノール、水、香料 シリコンメインの残念なヘアオイル。 おすすめしません。 アンドハニーヘアオイルには【シクロペンタロシロキサン、ジメチコン】の2種類のシリコンが配合されています。 シリコンメインのヘアオイルなので、その他の効果成分よりもシリコンのベタベタさがメインとなります。 シリコンで髪の毛がビルドアップしていない方は普通に使えるかもしれないですが、それでも ある日突然「髪の毛がベタベタするのに髪の毛の中が乾燥してる」という状態に陥るでしょう。 ヘアオイルの使い方と順番をチェック! アンドハニーシャンプーやアンドハニートリートメントの名前やパッケージには、1.0や2.0という数字が書いてあります。 ヘアパックは流さないで、つけたら次のステップのトリートメントをします。 ヘアオイルはドライヤーの前に毛先につけて伸ばします。 乾燥が気になる場合はドライヤー後にも伸ばすと良いようです。 4段階ありますが、これら全て使うとシリコンで髪の毛がベッタベタになりそうです。 それに4つ購入するとすごくお金がかかります。 全てではなく、選んで好きなものを購入すると良いですね。 KEIKO アンドハニーシャンプーの口コミ評価に香りが好き・キシキシするの声多数 アンドハニーシャンプー&トリートメント、ヘアオイルの成分を見てきましたが、合う合わない問題は使ってみないとわかりません。 使ってみた方の口コミ評価も購入の目安にしてください。 ということで 良い口コミ評価と悪い口コミ評価二つとも見て行きアンドハニーに迫っていきましょう! 良い口コミに「いい香りでサラサラヘアになる」 とにかく見た目がかわいい!!!そのまま出しておいてもおしゃれ!産後から髪に潤いがなくなってとても残念なことになってたので使ってみました。 香りもイイカオリでとても気に入ってます。 100%オーガニックでカラーリングした髪にも優しい成分です。 毛先が傷みやすくて櫛を使っても引っかかっていましたが、このシャンプーとトリートメントを使い始めてから引っかからなくなりました。 さらっとしていてまとまりやすい髪になったのでまたリピします。 良い口コミ評価を3つ引用しました。 香りが良いと言う口コミ評価が最も多かったです。 シャンプーやトリートメントでは香りもすごく大事ですよね!サラサラになったという口コミもあり、使い始めは洗浄成分の強さやシリコンのベタベタは感じていないようでした。 悪い口コミに「髪の毛がキシキシする・頭皮に湿疹ができた」 初めは凄くしっとりサラサラになったと感じましたが、段々と キシキシしてきてしまいました…。 ボトルが可愛いのですが使い切った後に洗うのが大変です。 見た目と匂いは凄く良いです。 シャンプーはクリーミーな泡立ちで良かったのですが 洗い上がりがパサパサで私には全く合いませんでした。 香りも私好みではなかったです。 トリートメントのみの使用です。 普段使用しているトリートメントが切れてしまい、急遽ドラッグストアでこちらを購入しました。 結論から言うと私には合いませんでした。 使用した翌日くらいから 頭皮の痒みを感じるようになり、軽い湿疹もできてしまいました。 始めは何が原因かわかりませんでしたが、シャンプーもヘアオイルも変えていないので、このトリートメントのせいかもと思いつつも、とりあえず1本使い切りました。 以前使っていたものに戻したところ、すぐ痒みが改善しました。 悪い口コミ評価も3つ引用しました。 髪の毛がキシキシになったり、洗い上がりにパサつきを感じている方の口コミ評価がありました。 オレフィンスルホン酸Naが配合されているので、毎日シャンプーする方や朝シャンする方にはおすすめできないですね。 そして、頭皮のかゆみを訴える口コミ評価もありました。 頭皮のかゆみは強すぎる洗浄力のせいもあるかもしれないですが、ハチミツ成分による アレルギー反応ということもありえるので、ひどくなった場合はすぐに使用を中止してくださいね。 また、香りに関しては「好きではない」と口コミで評価している方もいました。 香りには好みがあるので、購入前に店頭でちょっとフタを開けて香りを嗅いでみると良いかもしれないですね。 「やっぱりきしまない、お風呂上がりのドライの後にサラサラになるシャンプーが欲しい!」なら、今人気沸騰中のハーブガーデンなんかがオススメです。 販売店ドラッグストアと通販のAmazonと楽天での値段を調べました。 販売店ドラッグストアと通販の楽天とAmazonで調べた値段と最安値の結果はこちらです。 他は通販の楽天とAmazon、販売店ドラッグストアなどの値段に変わりはないです。 ということで、アンドハニーシャンプーを 最安値で購入したい方は、通販の楽天やAmazonではなく販売店ドラッグストアなど店舗で購入しましょう! アンドハニーシャンプー販売店店舗一覧 アンドハニーシャンプーの販売店は公式サイトに記載されています。 アンドハニーお試し商品の値段はAmazonで260円! — 2019年 6月月12日午前10時28分PDT アンドハニーシャンプー&トリートメントにはお試し1回パックがあります。 Amazonで260円で購入できます。 おそらく販売店でもお試しは260円の値段で売っているはずです。 使い心地が気になる方は、まずお試し商品を購入してお試ししてみてから、大きいパッケージのを購入すると良いですね。 お試しパッケージは可愛いので、それだけ購入したくなる方も多そうです。 アンドハニーシャンプー&トリートメントの総合評価!100点中65点 アンドハニーシャンプー&トリートメントの成分解析と口コミを評価しました。 成分解析すると、とてつもなく悪いといった感じではありませんでした。 強い洗浄成分やシリコン成分の配合が非常に残念でしたね。 それ以外は良いシャンプー&トリートメントという感じでした。 成分解析と口コミ評価をして、総合点数は 100点中65点です。 ただ気を付けなければいけないことは、ハチミツ成分とシルク成分にはどちらもアレルギーの心配があることです。 ハチミツアレルギーの方は割と多いので、気をつけてください。 悪い口コミでもありましたが、痒みやふけ、湿疹が出た場合は洗浄成分とシリコンが合っていない可能性もあるので、その場合は残念ですが別の商品を探してください。 例えば、ノンシリコンで無添加の敏感肌の人でも使いやすいシャンプー・ハーブガーデンが使いやすいですよ!.

次の

ハニーチェ【クリーミーハニー】シャンプー&トリートメント使ってみました!

ハニーチェ口コミ

シャンプーで一番大事な洗浄成分から見ていきます。 洗浄成分はコカミドプロピルベタイン、オレフィン C14-16 スルホン酸Na。 市販のよくある組み合わせだと、強洗浄力なオレフィン C14-16 スルホン酸Naベースに、低刺激・低洗浄のコカミドプロピルベタインを刺激緩和のために配合。 という作りのものが多いです。 でも、ハニーチェはその逆。 低刺激・低洗浄のコカミドプルピルベタインベースで、そのままだと洗浄力が弱すぎるのでオレフィン C14-16 スルホン酸Naで洗浄力を高めた。 という感じです。 組み合わせ的には1000円以内の製品では悪くないと思うのですが、こちらのトリートメントはシリコンなどのコーティング力がかなり強いので、この「ちょっと控えめな洗浄力でしっかりシリコン除去ができるのかなぁ??」と懸念があります。 が・・・おそらくの予想ですが、次に記載の成分「PEG-8」、これは化粧品配合だと一般的には保湿剤なのですが、よくよく調べてみると、歯のホワイトニングなどによく利用される成分で、油性汚れを除去してくれるみたいです。 シリコンも油なので、トリートメントの濃密シリコン処方を除去するための救世主的な成分なのかもしれませんね。 実際、口コミを見ていても、あまり「ベタベタする」というキーワードを見かけないので、一度付けたシリコンは、ちゃんと次の機会にしっかり除去できているんですかね。 それ以外の成分を見ていきます。 毛髪のキューティクルのめくれ上がりを改善し、「うねり」、「絡まり」、「まとまらない」、「ハリコシがない」などの加齢により増加する毛髪の様々な悩みを改善します。 開発元「」より ただ、シャンプー配合の場合はドライヤーやヘアアイロンの恩恵を受けません。 洗い流す系でも効果を発揮します。 】 毛髪のハリコシなど手触りを改善します。 洗い流すトリートメントのような洗い流す系でも効果を実感できます。 開発元「」より あとは、ハチミツ、ナツミカン花油、ホホバ種子油、シア脂、ダイズステロール、アルギニンなどの保湿成分。 ベヘントリモニウムクロリドというリンス剤。 などでコンディションつくりをしています。 シャンプー解析まとめ まとめると、1000円以内の括りではうまく組み合わされた洗浄成分と、各種保湿系・各種コンディショニング剤によって質感向上を狙った作りです。 このブログで言うところのは配合されていません。 まずはベースの油剤となるセテアリルアルコール。 で次が水添ポリイソブテン。 これはほとんどシリコーンのようなものだと思っていただいて良いのですが、とてもサラサラしっとり感触を作ってくれる毛髪コーティング系オイル成分です。 ウォータープルーフの日焼け止めやマスカラの主成分になることもあるほど水をはじきます。 で、次が同じくコーティング系のジメチコンというシリコン。 水添ポリイソブテンとジメチコンの2大コーティング成分がアットコスメの口コミの高評価にかなり影響をしていると思います。 「トュルントュルン」「毛髪が軽くなった」「スルスルとした感触」なんて表現はまさにこれらのコーティング成分の手触りですので。 ちなみにシリコンに関して言えば、これ以外にもフェニルトリメチコン、アモジメチコン、ジメチコノール、シクロペンタシロキサンと非常に多くのシリコンが利用されています。 さらにリンス剤も豊富に配合されています。 リンス剤とはカチオン界面活性剤のことで毛髪表面に吸着して帯電防止・軋み緩和・毛髪柔軟性などを付与します。 そのリンス剤がベヘントリモニウムクロリドを筆頭に、ジアルキル C12-18 ジモニウムクロリド、ジココジモニウムクロリド、ステアルトリモニウムクロリドと抱負に配合されています。 あとは、「リンス剤は頭皮に付けない」と聞いたことがあると思いますが、それは上記リンス剤に刺激性が少しあるからです。 その刺激性をクリアしたリンス剤がクオタニウム-18。 これも配合されています。 と、ここまでの成分でほとんどハニーチェトリートメントの質感は完成していると思います。 そんな感じですね。 トリートメントまとめ まとめると、毛髪コーティング系成分が豊富に配合されているのでかなり使用感の良いつくりになっていると思います。 【スポンサーリンク】 シャンプー&トリートメント解析まとめ これだけコーティング系のトリートメントなのに、あまりベタベタという声は聞かないので、シャンプーでうまく除去できるようになっているのだと思います。 毛髪補修系製品という感じではありませんが、仕上がりにはとても満足いく作りになっているようです。 ただ、、、過度のコーティングはパーマなどに影響するので、美容師的にはあまりシリコンが多いのは好きではありません。 シリコンは悪いものではありませんが、過度になるのは問題です まあこれが美容師が美容院専売品を好む理由なのかもしれません。 美容院専売品はカラー・パーマ施術のことも考えて作られていると思いますので、トリートメントにシリコンが配合されていることは良くありますが過剰配合というのは少ないです。 ただ、ハニーチェは繰り返しますが、トリートメントのコーティングはそれなりにうまく除去できているのだと思います・・・じゃないとベタベタになりますので。 まあなんやかんや、いずれにせよ市販1000円以内の製品としては好印象のシリーズです。 口コミで見かけるパサパサって?? 口コミを見てると少ないながら「パサパサになる」「指通りが悪い」的な感じで低評価の人がいらっしゃいますが、おそらく毛髪がシリコンを吸い込みすぎたんでしょうね 実際は吸い込むなんてことはないですが。 濃密シリコーン処方だと髪質によって髪の毛に吸着しすぎてツルツルを通り越してパサパサ・指通りが悪くなる現象が起きますので、おそらくそれなのではないかと思います。

次の