行政書士試験科目。 【行政書士試験】条文を覚えるための勉強は必要?【条文暗記】│ショシ活!

行政書士試験に独学で合格するための試験科目戦略!

行政書士試験科目

行政書士 2019. 14 マイキャリアスタイル 編集部 行政書士試験の「一般知識」のおすすめ攻略法・対策とは? 行政書士試験の「一般知識」は対策にかける時間の配分が難しい科目です。 行政書士試験の対策では、配点の多い法令等の科目を中心とした学習になりますが、一般知識も足切りをクリアできるレベルまで対策する必要があります。 そのため、「一般知識は何をどの程度対策したらいいの?」と困る受験者の方が多い試験科目となっています。 今回は、行政書士試験の「一般知識」の内容やおすすめの勉強法などについて詳しく解説します。 効率的に対策をしたい方は、参考にしてみてください。 1.一般知識の科目は? 行政書士試験は、「行政書士の業務に関し必要な法令等(46題)」と「行政書士の業務に関連する一般知識等(14題)」の2科目が主な試験科目になります。 「行政書士の業務に関連する一般知識等」では、全60題のうち14題が出題されます。 一般知識の全出題数に占める割合は約23%と少なく、配点の割合も300点満点中56点(約19%)と低めです。 そのため、行政書士試験の対策では法令等の科目が中心となりますが、一般知識も対策が必要となる理由があります。 それは各科目に設けられた以下の足切り点です。 行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が122点以上であるもの• 行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が24点以上であるもの 2科目の足切り基準を満たした上で、300満点中180点以上の得点であることが試験合格の条件となります。 つまり、出題数の少ない一般知識についても24点以上得点できるように、14題中6題以上解けるレベルまでの対策が必要です。 なお、一般知識は主に以下の3つの科目に細分化して対策を行います。 政治・経済・社会• 情報通信・個人情報保護• 文章理解 それぞれ詳しく見ていきましょう。 内容は、政治・経済・社会の分野から幅広く出題されるのがこの科目の大きな特徴です。 具体的な出題範囲は次の通りです。 政治 大統領制や議院内閣制などの各国の政治制度や日本の選挙制度など 経済 財政問題や金融政策など 社会 環境問題や労働関係、社会保障など 「政治・経済・社会」は出題範囲が非常に広いため学習範囲を絞り込むのが難しく、受験生にとって厄介な科目となっています。 出題の難易度は、高校までに学習する政治経済や現代社会などの知識に時事問題を追加することで解答できるレベルです。 そのため、基本事項だけでなく日々の新聞やニュースで得られる知識も必要になります。 また、最近は行政書士業務に関連するような出題も行われているため行政書士の業務に関する理解も必要です。 このように、「税児・経済・社会」は出題範囲が広いだけでなく、明確な試験対策が立てにくい科目となっているので、効率的な対策が求められます。 現代における急速なIT技術の発展により情報漏洩などの問題も発生しており、個人情報保護の意識が高まる中、行政書士の試験でもこれらに関わる知識が問われます。 主な出題範囲は以下の通りです。 情報通信 暗号化技術や電子署名、行政手続きのオンライン申請、不正アクセス禁止法など 個人情報保護 個人情報保護法や行政機関個人情報保護法など 「情報通信・個人情報保護」はインターネットに関連する用語や個人情報保護法などの基本となる重要条文を理解することで対策ができる科目です。 いわゆるIT用語などに苦手意識を持つ方でも用語の理解から対策を始めることで、ある程度の得点が見込むことができます。 出題数は多くありませんが、一般知識の中では優先順位を高くして対策したい科目となっています。 大学入試センター試験の現代文のように出題形式や問題に慣れることで解答を導けるのが大きな特徴です。 一般知識の中では比較的得点しやすい科目となっています。 主な「文章理解」の出題形式は以下の通りです。 要旨把握 「次の本文の要旨として正しいものはどれか?」のような本文の要旨や趣旨を問う問題 空欄補充 「空欄のア~ウに入る組合せとして正しいものはどれか?」のような文章の空欄を補充する問題 並べ替え 「次の文章のA~Eの配列順序として最も妥当なのはどれか?」のような文章の並べ替えの順番を問われる問題 「文章理解」は毎年確実に3問出題されることや出題形式に大きな変化がないことから、しっかり対策を行うことで全問正解を目指したい科目となっています。 2.おすすめの「一般知識」の勉強法とは? 一般知識は科目によって試験範囲や対策の難易度が大きく変わるため、科目ごとの対策が合否に影響を与えることもあります。 試験合格を目指すためには、まず各科目の特徴を押さえ、科目ごとの対策を的確に行うことが重要です。 科目ごとの対策を確認していきましょう。 2-1.「政治・経済・社会」の対策 「政治・経済・社会」は出題範囲が広く、学習にかける時間に対して得点が伴いにくい科目です。 そのため、なるべく得点に直結しやすい項目のみを重点的に対策する程度にとどめておき、他の科目に時間をかけることも検討しましょう。 中でも時事問題は日々のニュースに目を通す程度で対策ができるのでおすすめです。 余力がある方は政治や経済の問題は基本事項を押さえることで得点にはつながるため、時間の取れる範囲で学習するのが良いでしょう。 2-2.「情報通信・個人情報保護」の対策 「情報通信・個人情報保護」は一般知識において比較的得点を伸ばすことができる科目です。 そのため、「政治・経済・社会」よりも優先して対策を行っても良いでしょう。 特に、個人情報保護の問題は学習範囲の狭い個人情報保護法からの出題となるため、過去問などを活用した対策が効果的です。 範囲も狭いことから同じ論点が繰り返し出題されています。 重要な論点については少し踏み込んだ条文解釈などの対策も行うことができます。 情報通信については、過去問に出てくる基本的な用語や最新用語を押さえながら広い知識を身につけることが重要です。 情報通信に関連する法令の問題は、重要条文を押さえておけば得点できる問題がほとんどなので、出題されたら必ず正解できるように対策をしておく必要があります。 2-3.「文章理解」の対策 「文章理解」は一般知識の中でも全問正解を目指すことのできる科目です。 対策方法としては出題形式に慣れるために問題演習を繰り返すことが重要で、その中で解法のテクニックなどを身につける必要があります。 また、「文章理解」は比較的長い文章で出題される上、時間も限られているため出題形式を見極めてから本文に入るなどの解き方を確立させておく必要があるでしょう。 法令等科目の対策を行う合間でもいいので、週に1、2度は問題演習を行う時間を確保して、継続的に対策しておくことが大切です。 このように、行政書士試験の一般知識は科目ごとにメリハリをつけた対策を行うのがおすすめの攻略法となります。 効率的に対策することで「文章理解」3問、「情報通信・個人情報保護」2~3問、「政治・経済・社会」2~3問対の正解ができれば、足切りの6問はクリアできるでしょう。 3.まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は行政書士試験の一般知識について科目の概要やおすすめの対策について解説しました。 法令等の科目になるべく多くの時間を割いた対策が重要となるため、一般知識は限られた学習時間のなかで効率よく学習しておく必要があります。 勉強方法を自分で確立するのが難しい場合は、資格スクールなどの専門講座を活用することも選択肢の一つになります。 行政書士試験を受験する方は、この記事を参考にご自身に最も合った対策方法を検討してみてください。 aviva. 先日、MOS Word Excel(満点で合格!)PowerPointも合格しました。 aviva. aviva. 水野さんは来年に迫った就職活動に向けて簿記の学習をしていましたが、パソコンのスキルアップと資格取得も併せてご通学されています。 aviva. aviva.

次の

人気の行政書士試験に出題される科目とは? 法令・一般知識科目の解説と対策

行政書士試験科目

1.憲法の出題数 「憲法」については例年、五肢択一式が5問、多肢選択式が1問出題されています。 法令科目の中では配点が高いとはいえませんが、他の受験生に差をつけられないようにするためにも、しっかり学習する必要があります。 また、問題1・2「基礎法学」、問題3〜7「憲法」となっていることから、問題1から順番に解いていく受験生にとっては、試験開始後すぐに解き始める科目となります。 「憲法」で調子を崩してしまうと「行政法」や「民法」にも響きかねませんから、「憲法」を苦手科目とすることは避けたいところです。 2.憲法の出題傾向および対策 「憲法」は、正答率が高い問題と低い問題の差が大きい科目です。 ここ数年の傾向として、かなり難易度の高い問題が1問ほど出題されています。 しかも、「憲法」の最初の方に出題されることが多いため、本試験の序盤で解答のペースが乱れて、結局、本来の実力を発揮することができないという場合が少なくありません。 しかし、それらの問題には、学習経験を積んだ受験生でも正解できないようなものも含まれていますから、解けなくても気にする必要はありません。 それよりも、平均的な難易度の問題を確実に解く実力を身につけることが重要です。 「自分にわからない問題は、他の受験生にもわからない」と思えるようになれば、本試験でもあせらずに本来の実力を発揮することができます。 基礎法学 1.法令科目上、最も「割切り」を求められる科目である。 基礎法学は、その名のとおり「法学」の「基礎知識」が出題されますから、この分野を網羅的に学習するというのは効率がよくありません。 年度によって出題される範囲も難易度も統一性がなく、受験生泣かせの科目です。 勉強をつめていこうとすると、学習範囲が際限なく広がってしまうため、深入りするのはやめましょう! 2.手を広げようとせず、過去問をしっかり頭に入れること。 例年2問しか出題されないため、学習範囲を広げるメリットがありません。 ただし、2問中1問は比較的易しめの問題が出題されます。 そのような問題は、とりこぼしたくないところです。 テキストに記載されている範囲に的を絞り、過去問をしっかり頭に入れておけば、必要にして十分でしょう。 3.傾向と対策 近年の本試験では時事的な内容の出題にも注意が必要ですが、基本的な法令用語や法原則等もよく出題されます。 やはり、テキスト等で基礎知識を確認しておくことが重要です。 1.出題の状況 民法は、例年、5肢択一式9問(36点)、記述式2問(40点)の出題となっています。 得点ベースでは全体の約25. 3%と行政法に次ぐウエイトを占めており、合格するためにはこの民法の攻略が不可欠です。 民法の出題形式として注意しなければならないのは、「記述式」の存在です。 記述式は択一式と比べ、より本質的な力が試されます。 そこで、学習は丸暗記ではなく「理解」を中心に進めましょう。 なお、5肢択一式の事例問題で出た事例が、形を変えて記述式で問われる場合があります。 そのため、択一式の演習においても、条文や制度趣旨を確認することを怠らないようにしましょう。 2.学習のポイント 民法は改正点の出題に要注意です。 改正点は必ず出題されます。 2019年度試験を受けた方や、すでに民法を学習したことがある方は、改正前と改正後の内容を混同しないように気をつける必要があります。 一方、初めて学習する方は、どこが改正点かを意識しつつ学ぶことが大切です。 3.学習のコツ 民法の奥深さから苦手意識をもってしまい、理解を妨げてしまうことがあります。 こうした悪循環に陥らないように注意しましょう。 民法は、「私法の一般法」であり、法令科目の中で「最も身近な法律」です。 ぜひ、事例を自分自身に置き換え、興味をもって取り組んでください。 きっと、学習するほど面白味が増し、得意科目とすることができるはずです。 1.「行政法」を得意科目にしなければ、試験合格はない! 行政法の分野からは、全60問中22問(多肢選択式2問、記述式1問を含む)が出題されています。 得点にして112点、全体の37. 3%の配点です。 したがって、行政書士試験における最重要科目といえます。 2.出題範囲が広いので、「メリハリ」を付けた学習が必要である。 行政法総論 行政作用法の分野については、「行政行為」と「行政上の強制手段」との関係を意識して学習しましょう。 本試験でこれまで問われてきた内容をきちんと把握し、同じような内容が問われたときに確実に正解できるようにする。 ここが第一歩です。 また、行政組織法の分野についても、忘れずに学習しておきましょう。 行政手続法・行政不服審査法 条文知識を問う問題がほとんどですので、本試験の出題パターンをしっかり把握することで得点源にすることができます。 また、行政不服審査法と行政事件訴訟法は相互に比較しておくと、双方の理解に役立ちます。 行政事件訴訟法・国家賠償法 行政事件訴訟法は、条文知識や判例を問う問題が多く出されています。 記述式で問われている頻度が高いのも行政事件訴訟法です。 準用関係まで含めて条文知識をしっかり整理しておきましょう。 また、行政事件訴訟法の訴訟要件に関する判例や国家賠償法の判例知識を問う問題、損失補償にかかわる判例知識を問う問題も出題されています。 本試験で問われている判例をしっかりと理解することから始めましょう。 地方自治法 「食わず嫌い」の受験生が多く存在する分野です。 ただ身近な内容を多く含んでいるので、わかるようになると楽しい分野でもあります。 まずは本試験で問われている内容を理解することが重要です。 1.商法・会社法の出題数 「商法・会社法」については、例年、五肢択一式が5問出題されています。 その内訳は、「商法」が1問、「会社法」が4問です。 2.商法・会社法の出題傾向と受験生の現状 「商法・会社法」は、条文数が多いこともあり、学習を先送りにしてしまう方もおられるようです。 しかし、基礎的な知識があれば正解に達する問題も少なからず出題されますから、そこはやはり得点しておきたいところです。 3.商法・会社法の学習方針 「商法・会社法」の学習においては、細かい知識を暗記する必要はありません。 先に学習時間を決めて、大事なところから効率よく学習しましょう。 「商法」については、民法と比較しながら学習を進めていくと効果的です。 「会社法」については、株式会社の「設立」に関する基本的なルールを、筋道を立てて理解しておきましょう。 また、「株式」に関するルールと、「機関」の権限や責任を整理しておくことがポイントです。 政治経済社会 1.出題範囲 行政書士試験で出題される一般知識科目14問のうち「政治・経済・社会」は、7問〜8問出題されています。 「政治」では、各国の政治制度、日本の選挙制度、行政改革などが出題されています。 また、「経済」では、財政問題、金融政策の基本的理解が問われます。 さらに、「社会」では、社会保障制度や環境問題などを題材とした出題がなされています。 また、最近では、行政書士業務に関するものが出題されていますから、行政書士の業務についても、一通り理解することが必要でしょう。 2.学習のポイント 行政書士試験では、法令科目・一般知識科目のそれぞれに「基準点」が設けられています。 一般知識は基準点に達しなければ不合格となるので、一般知識といえどもおろそかにはできません。 ただし、学習の中心はあくまで法令科目ですので、一般知識の科目はあまり時間をかけないで効率よく学習することが大切です。 「政治・経済・社会」の対策として、まずは高校までに学習した政治経済や現代社会の教科書に出てくるような基礎知識を習得し、その後、それに絡んだ時事的な知識を上積みすることが必要です。 基本事項に関連する時事的な知識を身につけるためには、普段から新聞やテレビのニュースに対して自分なりにアンテナを張り巡らせておくことが必要です。 最終的には、予想問題・模擬試験等を利用して、知識の上積みをはかりましょう。 情報通信・個人情報保護 1.「情報通信・個人情報保護」とは 社会のICT化が急速に進んで利便性が向上する中で、行政書士の業務においても、電子申請ができる案件は増加していくでしょう。 最近でも、外国人の在留手続に関して、一部電子申請が認められるようになりました。 こうした社会の変革期の中、これからの行政書士にとって、この分野の知識は必要不可欠といえます。 電子申請、お客様の個人情報の取扱い、事務所のホームページ作成等、「情報通信・個人情報保護」の分野は合格後の実務においても役立つ知識です。 2.出題範囲 行政書士試験で出題される一般知識科目14問のうち「情報通信・個人情報保護」は、例年3問〜4問出題されています。 「情報通信」では、インターネット等の情報・通信技術に関する基本的な知識などが出題されています。 また、「個人情報保護」では、個人情報保護法、行政機関個人情報保護法など、重要条文の理解が問われています。 個人情報保護法は、近年大きな改正があり、用語の定義はおさえておく必要が高いでしょう。 3.学習のポイント 「情報通信」の分野は、用語の意味を知っているだけで正解に達する問題もあります。 深い知識というよりは、一定の知識を幅広く身につけることが大切です。 これらは条文を理解しておけば正解に達する問題が多いので、ぜひ得点源としたいところです。 「個人情報保護」の分野は、法令科目同様に重要条文をしっかりおさえることに尽きます。 出題された問題は必ず正解するという意気込みで学習に取り組んでください。 文章理解 1.文章理解への対処法 例年3問出題される文章理解の出題形式には、並べ替え型、空欄補充型などの形式がありますが、各形式ごとに一般的な解法があります。 実際に問題を解いて、解答の導き方、論理の流れについて意識し、問題慣れすることが大切です。 ぜひ、全問正解を目指してください。 グループ化に成功すれば、あとはグループ間の前後関係を話の展開や時系列等を根拠に見極め、正解を目指しましょう。 これらのことに気をつけて、正解を目指しましょう.

次の

行政書士試験の概要(試験科目、試験日程、合格率・難易度等)

行政書士試験科目

行政書士 2019. 14 マイキャリアスタイル 編集部 行政書士試験の「一般知識」のおすすめ攻略法・対策とは? 行政書士試験の「一般知識」は対策にかける時間の配分が難しい科目です。 行政書士試験の対策では、配点の多い法令等の科目を中心とした学習になりますが、一般知識も足切りをクリアできるレベルまで対策する必要があります。 そのため、「一般知識は何をどの程度対策したらいいの?」と困る受験者の方が多い試験科目となっています。 今回は、行政書士試験の「一般知識」の内容やおすすめの勉強法などについて詳しく解説します。 効率的に対策をしたい方は、参考にしてみてください。 1.一般知識の科目は? 行政書士試験は、「行政書士の業務に関し必要な法令等(46題)」と「行政書士の業務に関連する一般知識等(14題)」の2科目が主な試験科目になります。 「行政書士の業務に関連する一般知識等」では、全60題のうち14題が出題されます。 一般知識の全出題数に占める割合は約23%と少なく、配点の割合も300点満点中56点(約19%)と低めです。 そのため、行政書士試験の対策では法令等の科目が中心となりますが、一般知識も対策が必要となる理由があります。 それは各科目に設けられた以下の足切り点です。 行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が122点以上であるもの• 行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が24点以上であるもの 2科目の足切り基準を満たした上で、300満点中180点以上の得点であることが試験合格の条件となります。 つまり、出題数の少ない一般知識についても24点以上得点できるように、14題中6題以上解けるレベルまでの対策が必要です。 なお、一般知識は主に以下の3つの科目に細分化して対策を行います。 政治・経済・社会• 情報通信・個人情報保護• 文章理解 それぞれ詳しく見ていきましょう。 内容は、政治・経済・社会の分野から幅広く出題されるのがこの科目の大きな特徴です。 具体的な出題範囲は次の通りです。 政治 大統領制や議院内閣制などの各国の政治制度や日本の選挙制度など 経済 財政問題や金融政策など 社会 環境問題や労働関係、社会保障など 「政治・経済・社会」は出題範囲が非常に広いため学習範囲を絞り込むのが難しく、受験生にとって厄介な科目となっています。 出題の難易度は、高校までに学習する政治経済や現代社会などの知識に時事問題を追加することで解答できるレベルです。 そのため、基本事項だけでなく日々の新聞やニュースで得られる知識も必要になります。 また、最近は行政書士業務に関連するような出題も行われているため行政書士の業務に関する理解も必要です。 このように、「税児・経済・社会」は出題範囲が広いだけでなく、明確な試験対策が立てにくい科目となっているので、効率的な対策が求められます。 現代における急速なIT技術の発展により情報漏洩などの問題も発生しており、個人情報保護の意識が高まる中、行政書士の試験でもこれらに関わる知識が問われます。 主な出題範囲は以下の通りです。 情報通信 暗号化技術や電子署名、行政手続きのオンライン申請、不正アクセス禁止法など 個人情報保護 個人情報保護法や行政機関個人情報保護法など 「情報通信・個人情報保護」はインターネットに関連する用語や個人情報保護法などの基本となる重要条文を理解することで対策ができる科目です。 いわゆるIT用語などに苦手意識を持つ方でも用語の理解から対策を始めることで、ある程度の得点が見込むことができます。 出題数は多くありませんが、一般知識の中では優先順位を高くして対策したい科目となっています。 大学入試センター試験の現代文のように出題形式や問題に慣れることで解答を導けるのが大きな特徴です。 一般知識の中では比較的得点しやすい科目となっています。 主な「文章理解」の出題形式は以下の通りです。 要旨把握 「次の本文の要旨として正しいものはどれか?」のような本文の要旨や趣旨を問う問題 空欄補充 「空欄のア~ウに入る組合せとして正しいものはどれか?」のような文章の空欄を補充する問題 並べ替え 「次の文章のA~Eの配列順序として最も妥当なのはどれか?」のような文章の並べ替えの順番を問われる問題 「文章理解」は毎年確実に3問出題されることや出題形式に大きな変化がないことから、しっかり対策を行うことで全問正解を目指したい科目となっています。 2.おすすめの「一般知識」の勉強法とは? 一般知識は科目によって試験範囲や対策の難易度が大きく変わるため、科目ごとの対策が合否に影響を与えることもあります。 試験合格を目指すためには、まず各科目の特徴を押さえ、科目ごとの対策を的確に行うことが重要です。 科目ごとの対策を確認していきましょう。 2-1.「政治・経済・社会」の対策 「政治・経済・社会」は出題範囲が広く、学習にかける時間に対して得点が伴いにくい科目です。 そのため、なるべく得点に直結しやすい項目のみを重点的に対策する程度にとどめておき、他の科目に時間をかけることも検討しましょう。 中でも時事問題は日々のニュースに目を通す程度で対策ができるのでおすすめです。 余力がある方は政治や経済の問題は基本事項を押さえることで得点にはつながるため、時間の取れる範囲で学習するのが良いでしょう。 2-2.「情報通信・個人情報保護」の対策 「情報通信・個人情報保護」は一般知識において比較的得点を伸ばすことができる科目です。 そのため、「政治・経済・社会」よりも優先して対策を行っても良いでしょう。 特に、個人情報保護の問題は学習範囲の狭い個人情報保護法からの出題となるため、過去問などを活用した対策が効果的です。 範囲も狭いことから同じ論点が繰り返し出題されています。 重要な論点については少し踏み込んだ条文解釈などの対策も行うことができます。 情報通信については、過去問に出てくる基本的な用語や最新用語を押さえながら広い知識を身につけることが重要です。 情報通信に関連する法令の問題は、重要条文を押さえておけば得点できる問題がほとんどなので、出題されたら必ず正解できるように対策をしておく必要があります。 2-3.「文章理解」の対策 「文章理解」は一般知識の中でも全問正解を目指すことのできる科目です。 対策方法としては出題形式に慣れるために問題演習を繰り返すことが重要で、その中で解法のテクニックなどを身につける必要があります。 また、「文章理解」は比較的長い文章で出題される上、時間も限られているため出題形式を見極めてから本文に入るなどの解き方を確立させておく必要があるでしょう。 法令等科目の対策を行う合間でもいいので、週に1、2度は問題演習を行う時間を確保して、継続的に対策しておくことが大切です。 このように、行政書士試験の一般知識は科目ごとにメリハリをつけた対策を行うのがおすすめの攻略法となります。 効率的に対策することで「文章理解」3問、「情報通信・個人情報保護」2~3問、「政治・経済・社会」2~3問対の正解ができれば、足切りの6問はクリアできるでしょう。 3.まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は行政書士試験の一般知識について科目の概要やおすすめの対策について解説しました。 法令等の科目になるべく多くの時間を割いた対策が重要となるため、一般知識は限られた学習時間のなかで効率よく学習しておく必要があります。 勉強方法を自分で確立するのが難しい場合は、資格スクールなどの専門講座を活用することも選択肢の一つになります。 行政書士試験を受験する方は、この記事を参考にご自身に最も合った対策方法を検討してみてください。 aviva. 先日、MOS Word Excel(満点で合格!)PowerPointも合格しました。 aviva. aviva. 水野さんは来年に迫った就職活動に向けて簿記の学習をしていましたが、パソコンのスキルアップと資格取得も併せてご通学されています。 aviva. aviva.

次の