ビットコイン 半減期。 ビットコイン半減期で爆上げ予想!

ビットコインの半減期とは?次はいつ?価格が上昇が見込める3つの理由

ビットコイン 半減期

1.はじめに 2020年5月12日(火)前後に、ビットコインは3回目の半減期を迎えると予想されています。 この半減期は大事な概念になりますので、暗号資産(仮想通貨)にご興味がある方にはぜひご理解いただきたいと思います。 一般に、ブロックチェーン上でビットコインの取引を承認する作業を行う人のことをマイナーと呼び、その承認作業の対価としてビットコインを得ることができます。 (これをマイニング報酬と呼びます) 半減期を迎えることにより、マイナーがマイニング報酬として得られていたビットコインの枚数が半減期以前と比べて半分になります。 そもそもビットコインは発行枚数の上限が2,100万枚となるように設計されています。 初回の半減期は全体の半分の1,050万枚が発行された際、第2回は残りの1,050万枚のうちもう半分である525万枚が発行され、総数が1,575万枚となった際に迎えました。 そして今回の第3回はさらに半分、つまり全体の87. 5万枚が発行されることによって到来し、結果的におよそ4年に一度、半減期を迎えることになります。 (第1回は2012年、第2回は2016年に発生しています) 第1回の半減期を迎える前までは、マイニング報酬は50BTCでした。 第1回を経て半分の25BTCに、第2回を経てさらに半分の12. 5BTCになり、今回、その半分の6. 25BTCになります。 マイニング報酬はマイナーにとって非常に重要なインセンティブであり、得られるビットコインの枚数に比して価格が釣り合っていなければ、その取引の承認作業自体に発生するコストを回収できなくなります。 このことが一般的に発行済みのビットコインの価格に影響すると言われてきました。 それでは過去の半減期を振り返ってみたいと思います。 2.ビットコインの半減期 1回目の半減期 1回目の半減期は2012年11月28日に発生しました。 2009年1月のリリースから1回目の半減期までに3年11ヶ月を要し、ビットコインの価格は12. 5ドルまで上昇しています。 出典:blockchain. blockchain. ビットコインが価値の交換手段として世の中で初めて認知された記念すべき瞬間でした。 いまでもビットコインの愛好家のあいだで5月22日にピザパーティー等が開かれることがありますが、この出来事に由来しています。 2回目の半減期 2回目の半減期は2016年7月9日に発生しました。 5BTCに半減しました。 1回目の半減期からこれまでにビットコインの価格は12. 5ドルから647ドルになり、約50倍を超える大幅な上昇を記録しました。 出典:blockchain. blockchain. Gox(マウントゴックス)社等を通じて行われていました。 また、当時はダークウェブなどを通じた違法取引も盛んに取り沙汰されており、この時期、暗号資産(仮想通貨)は違法性の高いものとして人々に認知されていました。 そんな中、2014年2月24日に当時最大手だったMt. Gox社がハッキングされ、744,408BTC(当時レートで約500億円)が盗難される事件が発生しました。 テレビなどでも盛んに報道されていたため、見聞きされた方々も多いのではないでしょうか。 3回目(今回)の半減期 3回目の半減期は2020年5月12日に発生すると予想されています。 この時期までに上限枚数の87. 5BTCから6. 25BTCに半減します。 2回目の半減期以降、ビットコインの価格は647ドルから最高は約30倍の19,200ドルまで上昇を経験し、目下9,000ドル近辺で推移しています(4月30日現在)。 出典:blockchain. blockchain. ビットコインを中心に前述の通り価格が大幅に上昇し、数多くの種類の暗号資産(仮想通貨)が大手取引所に上場するなど、各種メディアの記事や取引所各社のテレビコマーシャルも追い風となって注目を集めていきました。 この頃、取引において財をなす「億り人」といった言葉も出てきています。 そんな中、2018年1月に大手取引所から当時の価格で約580億円相当のネム(XEM)がハッキングにより盗難される事件が発生しました。 前後して、日本では金融庁が暗号資産(仮想通貨)取引所を登録制とし、市場の正常化・安定化、投資家保護にむけて規制強化に乗り出します。 当社がサービスを開始したのもこの時期 (2019年5月30日)でした。 3.半減期が存在する理由 そもそもなぜビットコインには半減期が存在するのでしょうか。 それはビットコインの需要と供給のバランスを調節するために存在していると言われています。 日本円などの法定通貨や石油などは、日銀や石油輸出国機構(OPEC)といったような管理する団体が存在し、その流通量(供給量)をコントロールすることで価値・価格の安定化を図っています。 一方、ビットコインは一般に非中央集権型であると言われ、管理する主体が存在せず、流通量をコントロールすることができません。 これがビットコインが支持される理由の一つとなっています。 流通量(供給量)の増加に伴ってマイニング報酬が半分になるという仕組みをあらかじめ実装することで、新規の発行ペースを減じ、価値(価格)の維持・安定化を目指したものとされています。 一般に、多くの人が欲しいと思う(需要が上がれば) = 価値(価格)が高まり、ものが世の中に行き届けば(供給が上がれば)= 価値(価格)が下がります。 どこかの誰かが何かの意図を持ってコントロールする中央集権型ではなく、このことを仕組みによって実現しようとするところがビットコインの革新的な概念の基礎であり、これまで多くの支持を得てきた重要な思想部分であると理解しています。 このような特徴から、ビットコインはよく「金(Gold)」に例えられます。 中央管理者がいない、発行上限が決まっている、需要と供給で相場が決まるという点では、たしかに類似点が多いと言えると思います。 4.まとめ 過去の半減期以降のビットコイン価格推移を見てみると、前半で大幅に上昇し、後半に一度暴落した後、次の半減期にむけて緩やかな右肩上がりになっていました。 まさにこれから3回目の半減期を迎えるにあたり、どのように変化していくのでしょうか。 ご紹介したのはあくまでも「過去」に起きた事例であり、今回の半減期や、2024年前後に迎えると思われる4度目の半減期にどうなっているかを予測することは残念ながらできません。 弊社としては、お客様、ならびに暗号資産(仮想通貨)をお持ちの方には、この半減期というイベントについて十分に注意を向けていただき、前後には価格が大幅に変動する可能性について備えていただければと思います。 是非、十分に注意して冷静な判断で取引を行っていただけますようお願いいたします。 なお、TAOTAOでは、口座をお持ちのお客様に向けに、建玉等の状況をご覧いただけるTrade Blotter(トレードブロッター)というツールをご用意しております。 また、その他の方にも、では、原則平日夕方に当日朝7時時点の建玉情報をご確認いただくことができます。 お客様の建玉の情報は、弊社をご利用いただいているお客様がビットコインの価格推移についてどのような期待値をお持ちか、皆様に判断いただくための材料としていただくべく開示させていただいています。 今回のような時期においてもご参考いただければ幸いです。 Trade Blotter トレードブロッター• 金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されております。 登録業者については、以下よりご覧いただけます。 暗号資産交換業者登録 当社が扱う暗号資産は、暗号資産交換業者登録一覧に記載された当該暗号資産交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。 当社が扱う暗号資産は、金融庁・財務局が、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません。 暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。 インターネット上でやりとりされる電子データです。 暗号資産は、価格が変動することがあります。 暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。 利用する際は、登録を受けた事業者か確認してください。 暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。 暗号資産を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。 上記の内容については、金融庁ホームページの利用者の方への注意喚起に記載されております。

次の

仮想通貨やビットコインの半減期とは?2019年注目の理由を解説|仮想通貨ニュースと速報

ビットコイン 半減期

半減期とは、 暗号資産 仮想通貨 をマイニング 採掘 するマイナー 採掘者 に支払われる報酬が半減する時期を指します。 半減期を設定する目的は、流通する通貨の数量を抑制し、価値を維持することです。 流通する通貨の数量が増えすぎてしまえば、売り圧力が強まって需給関係が悪化し、価格下落につながります。 半減期を設定することによって、通貨の流通量をコントロールし、 通貨の価値を維持できるのです。 ビットコイン等のマイニング報酬が半減する 前述のように、半減期とは暗号資産 仮想通貨 におけるマイニング 採掘 を行うマイナー 採掘者 に支払われる報酬が半減する仕組みです。 仮想通貨におけるマイニングとは ビットコイン BTC をはじめとする多くの暗号資産 仮想通貨 は、過去のすべての取引が記録されたブロックが数珠つなぎになった ブロックチェーンという台帳があります。 一つ一つのブロックは、取引の検証・承認を行うことで新たに追加されていきます。 取引の検証・承認を行うことをマイニング 採掘 と呼びますが、この時、複数あるマイナー 採掘者 の中で最初に検証・承認を終えたマイナー 採掘者 に対し、報酬として一定の数量の通貨が支払われます。 マイナー 採掘者 に対して通貨が報酬として支払われる仕組みは PoW プルーフオブワーク と呼ばれ、ビットコイン BTC をはじめとする多くの通貨で採用されています。 過去の半減期を見るとビットコイン BTC 等で価格上昇の傾向が 過去に半減期を迎えた通貨を見ると、ビットコイン BTC などの通貨で価格上昇の傾向がありました。 ビットコイン BTC 最初の半減期は2012年11月28日でした。 当時は2012年年初の355円から1,305円まで上昇。 さらに前回の2度目の半減期は2016年7月9日でしたが、2016年年初の51,716円に対して、半減期を迎える約1か月前の6月18日には82,793円まで上昇。 ビットコイン BTC の過去2回の半減期では、 いずれも価格は上昇しました。 2017年の暗号資産 仮想通貨 急騰によって投資家は増加し、半減期に対する注目度はますます高まっています。 ビットコイン BTC の次回の半減期は2020年5月頃に迎える予定ですが、半減期が近づくにつれてさらに注目されていくでしょう。 仮想通貨リップル XRP には半減期がない ビットコイン BTC と異なり、リップル XRP には半減期がありません。 その理由は、リップル XRP にはマイニング 採掘 が存在しないからです。 リップル XRP は、Ripple Inc. XRPの発行企業 が「バリデーター 多くは銀行や送金業者 」と呼ばれる取引の承認を行う専任者を任命します。 ビットコイン BTC のようにマイナー 採掘者 は必要ありませんし、報酬も発生しません。 ビットコイン BTC ではPoW プルーフオブワーク という仕組みを採用していると説明しましたが、これに対してリップル XRP のバリデーターが取引を承認する仕組みを 「PoC プルーフオブコンセンサス 」と呼ばれます。 また、リップル XRP はすでに発行上限枚数の1,000億XRPが発行済みであり、市場に流通する数量もRipple Inc. が管理しています。 これによって、流通枚数、即ち需給コントロールが可能となり、価格を維持するに一定の働きがあるのです。 次に注目はライトコインの半減期 次に注目されているのが、ライトコイン LTC の半減期です。 ライトコイン LTC の半減期は、本記事執筆時点では2019年8月5日に予定されています。 前回の半減期は2015年8月25日でしたが、半減期が注目され始めた2015年6月の200円から、2015年7月10日にかけて1,100円まで 約5. 4倍上昇しました。 そして今年も、2019年年初の3,300円台から半減期が注目されるとともに買われ、一時は15,000円台まで上昇。 年初からは約4. 5倍上昇し、半減期に向けての価格上昇が大きくクローズアップされました。 ビットコイン、ライトコインなど過去の半減期時の価格チャートを分析 ビットコイン BTC やライトコイン LTC などの通貨が、過去に半減期を向かえた時にどのように価格が動いたのか、チャートを元に振り返ります。 ビットコイン BTC 半減期価格チャート ビットコイン BTC はこれまで、2012年と2016年の2回の半減期がありました。 それぞれの半減期の価格チャートを振り返ります。 最初の半減期 2012年11月28日 ビットコイン BTC が最初の半減期を迎えた2012年は、 価格は3. 6倍まで上昇しました。 2012年年初は355円で始まり、5月までは300円台~400円台の狭いレンジで推移しました。 しかし6月に入ると価格は上昇に転じ、7月には700円台まで上昇。 その後も価格上昇は続き、8月には1,305円まで急騰して、年初からは3. 6倍まで上昇しました。 その後は価格が乱高下して一時は560円台まで急落しましたが、半減期が迫るにつれて価格は持ち直し、11月28日の半減期に向けて再び1,000円台まで上昇しました。 しかし、11月に半減期を控える約3か月前の8月に価格はピークを迎えました。 これを頭に入れて2度目の半減期を見ていきましょう。 2度目の半減期 2016年7月9日 ビットコイン BTC として2度目となる前回の半減期、2016年も価格は上がりました。 2016年年初は51,923円ではじまり、5月までは4万円台~5万円台の狭いレンジで推移しました。 しかし、半減期が迫る6月に入ると価格は上昇に転じ、6万円台、そして7万円台と年初来高値を更新。 2度目の半減期も2012年と同様、半減期を迎える前に価格のピークをつけています。 次回も当てはまるとは限りませんが、過去2回とも見られた傾向ですので、次回の半減期を迎えるにあたっても頭に入れておきましょう。 ビットコイン BTC 半減期にかかる価格の予想について ビットコイン BTC の半減期への注目はさらに高まり、次回の半減期2020年も価格上昇が予想されます。 ビットコイン BTC の過去2度の半減期ともに、価格は上昇しました。 特に前回の2016年から半減期への注目は高まっており、2017年には暗号資産 仮想通貨 投資家は大幅に増えました。 投資家が増えたことで半減期への注目度も高まったと言えます。 次回2020年の半減期に向けても、半減期による価格上昇を狙った投資家の買い圧力が強まりことで、価格上昇を期待できるでしょう。 しかし、過去2度のいずれも半減期を迎える前に価格はピークを打っていますので、次回もこの点を頭に入れ、利益確定のタイミングを誤らないように注意しましょう。 ポイントとして、半減期の1か月~2か月前に設定しておくとよいでしょう。 ライトコイン LTC 半減期価格チャート ライトコイン LTC の最初の半減期は2015年8月25日でした。 チャートを元に振り返ります。 ライトコイン LTC 最初の半減期 ライトコイン LTC として初となる2015年の半減期では、 年初から3. 5倍まで価格は上昇しました。 2015年年初は327円で始まり、その後は一時100円台まで下落しました。 しかし、半減期まで残り2か月に迫る6月に入ると上昇に転じます。 6月1日に201円だった価格は、ここから1か月程度で1,166円まで上昇し、 この間の上昇率は5. 8倍にも達しました。 注意すべきはビットコイン BTC と同様、8月25日の半減期を迎える前に価格のピークを打ったことです。 今年の半減期も同様に注意が必要です。 ライトコイン LTC 半減期にかかる価格の予想について ライトコイン LTC は半減期通過後に価格上昇に転じると予想されます。 今年のライトコイン LTC の価格推移は、6月26日に高値17,333円まで上昇し、今年年初の3,288円からはすでに5. 2倍の上昇となりました。 前回2015年の半減期では、半減期を迎える約1か月前に価格のピークを打っていたことから、半減期を迎える8月5日までは上昇を期待するのは難しいでしょう。 しかし、半減期を通過した9月以降、マイニング報酬の半減による需給改善により、年末にかけて価格上昇が期待されます。 半減期通過後は買いのねらい目でしょう。 ビットコインキャッシュ BCH 半減期価格チャート ビットコインキャッシュ BCH は、2020年4月に初の半減期を迎える予定です。 ビットコインキャッシュ BCH は、2017年にビットコイン BTC からして誕生しました。 そのため、半減期が設定されたブロックチェーンのブロック数に到達しておらず、まだ半減期を迎えていません。 具体的な半減期到達の予想時期については、下記に説明します。 それぞれを価格チャートを元に振り返ります。 最初の半減期 2017年11月17日 2017年年初は17円で始まり、2017年11月17日に迎えた半減期の1日前の16日には1,377円まで上昇。 年初からの上昇率は81倍にも達しました。 2017年はビットコイン BTC をはじめとする暗号資産 仮想通貨 相場が全体的に盛り上がり、多くの通貨で史上最高値を記録しました。 しかし、半減期は価格上昇が期待できるイベントとして投資家からの注目を集めやすく、少なくとも2017年11月に500円台から1377円まで2倍上昇した動きには、半減期が寄与したと考えられます。 2度目の半減期 2018年11月1日 最初の半減期2017年とは対照的に、2度目の半減期では価格は下落しました。 仮想通貨の半減期、今後の予定一覧-2019年~2020年以降 2019年から2020年にかけて、半減期を迎える注目の暗号資産 仮想通貨 をご紹介します。 半減期に向けての価格上昇で利益を狙うには、具体的にいつ半減期を迎えるのかを抑えておく必要があります。 これまでの半減期のデータによれば、半減期を迎える前に価格はピークをつけるケースが多いです。 売り時を逃さないように、それぞれの通貨がいつ半減期を迎える予定なのかをしっかり把握しておきましょう。 ビットコイン BTC 半減期 ビットコイン BTC の次の半減期は、本記事執筆時点で 2020年5月19日に迎える見通しです。 ブロックチェーンのブロック数21万ごとに半減期を迎え、約4年に1回のペースで半減期に到達します。 次回はブロック数が63万ブロック到達で半減期を迎えます。 ブロックチェーンのブロック数84万ごとに半減期を迎え、約4年に1回のペースで半減期に到達します。 次回はブロック数が168万ブロック到達で半減期を迎えます。 ブロックチェーンのブロック数300万ごとに半減期を迎え、約1年に1回のペースで半減期に到達します。 次回はブロック数が900万ブロック到達で半減期を迎えます。 ブロックチェーンのブロック数105万1,200ごとに半減期を迎え、約3年に1回のペースで半減期に到達します。 次回はブロック数が210万2,400ブロック到達で半減期を迎えます。 ブロックチェーンのブロック数21万ごとに半減期を迎え、約4年に1回のペースで半減期に到達します。 次回はブロック数が21万ブロック到達で、ビットコインキャッシュ BCH として初めての半減期を迎えます。 初の半減期ということで、特に期待を集めると予想されます。

次の

半減期とは?ビットコインマイニング(採掘)量の規制ルール

ビットコイン 半減期

ビットコイン半減期の後、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)におけるビットコインオプションの取引高は過去最高を更新した。 ビットコインは協定世界時5月11日(日本時間12日)に半減期を迎え、マイニング報酬は12. 5ビットコイン(BTC)から6. 25BTCに引き下げられた。 暗号資産(仮想通貨)デリバティブ調査会社スキュー(Skew)のデータによると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の1日あたりのオプション取引高は同日、1700万ドルに急増。 5月6日に記録した過去最高額の990万ドルを超えた。 注目すべきはそれ以来、取引高は増加し続けていることだ。 出典:Skew 12日、CMEのオプション取引高はさらに3000万ドルの新記録となり、13日には4000万ドルを超えた。 14日は3600万ドルとなり、1週間前の170万ドルと比べると2000%の上昇となった。 機関投資家の参入 CMEのビットコインオプションの建玉(未決済約定数)も、過去7日間で270%以上の上昇を記録している。 ビットコインオプションの建玉は、12日、13日、14日と続けて過去最高を更新し、14日は1億4200万ドル相当の建玉で取引を終えた。 ビットコインオプションの取引高と建玉の急増は、機関投資家の参入増加を表している。 「オプションは市場に精通したトレーダーを引きつける商品の1つ」とスキューのエマニュエル・ゴー(Emmanuel Goh)CEOは14日、Consensus: Distributedで語った。 精通したトレーダーや機関投資家は通常、現物市場や先物市場でのポジションをヘッジするためにオプションを使う。 例えば、ある取引企業は現物市場でロング(買い)ポジションを取り、半減期までの数日間、ビットコイン価格の急な下落リスクを避けるためにプットオプション(売る権利)を購入した。 似たような投資戦略が、ここ数日のCMEの動きを加速させた可能性がある。 さらに、ビットコイン価格のボラティリティが高まったことも影響した。 ビットコインは半減期の直前に1万ドルから8000ドル台まで急落し、トレーダーを驚かせた。 その後、価格は回復傾向にある。 しかし、スキューのオプション市場の指標は、パナマに拠点を置く、取引高で世界最大級の取引所「デリビット(Deribit)」のデータに基づいている。 「CMEでは異なるダイナミクスが見られるかもしれない」とゴーCEOは述べた。 出典:Skew 上図のように、ビットコインオプション取引高は半減期前後の数日間、すべての主要取引所で増加した。 CMEの取引高も急増したが、全取引高に占める割合はまだ小さい。 13日、CMEは全取引高2億500万ドルのうち、17%を占めた。 翻訳:CoinDesk Japan編集部 編集:増田隆幸 写真:シカゴ・マーカンタイル取引所(Shutterstock) 原文:.

次の