常田 大 希 インスタ ストーリー。 木村花インスタのストーリーに匂わせ?テラスハウスでの激怒や炎上が原因なのか。

Koki,が木村拓哉の写真をインスタグラムストーリーズ投稿で反響。テレビ番組で親子共演実現の可能性もある?

常田 大 希 インスタ ストーリー

King Gnuの曲の、作詞・作曲・ギター・ボーカル・総合プロデュースを務める常田大希さんですが、なんと言ってもギターを弾く姿がセクシーで続々とファンを増やしています。 常田大希さんは小学校からの幼地味であるキングヌーの井口理さんからもラジオにて、窪塚洋介さんに似ていると話しています。 King Gnuの曲を書いているのが常田大希という、見た目がダビデ像みたいな、彫刻のような顔をしている男なんです。 イケメンというよりは「男前」、「ハンサム」みたいな言葉が似合って、俳優の窪塚洋介さんに似ているってよく言われています。 サッカーのスパイクに似た形のumbroのスニーカーも愛用してるようです。 MYKITA ドイツのアイウェアメーカーのサングラスを愛用しているそうです。 常田大希さんはサングラスが好きで10本くらい持っており、その内2本はMYKITAのものだそうです。 MYKITAのデザインが美しいと大絶賛しています。 HAIDER ACKERMANN HAIDER ACKERMANNのレザージャケットを愛用しているそうです。 常田大希さんはAIDER ACKERMANNの大ファンであることも明かしています。 FLAKE RECORDS FLAKE RECORDSは大阪・南堀江にあるレコードショップで、アパレルブランドも展開しているそうです。 常田大希さんはよくFLAKE RECORDSのハットをよく被っているそうです。 常田大希さんのみならず、キングヌーのメンバーもよく来店しているようです。 バリバリ今も愛用してやす!! お店また遊びにいきやす!! 常田大希さんはシルエットの大きな服装を着ることが多いため、萌え袖になりがちだそうですが、キリッとした顔立ちに萌え袖の掛け合わせは、最強ですね!.

次の

King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

常田 大 希 インスタ ストーリー

「詩は歴史性に対して垂直に立つ」とは、小説家・稲垣足穂の言葉だが、いま、この時代の波のなかに垂直に突き刺さるようにして立っているKing Gnuというバンドは、その存在自体がまるで一篇の詩のようである。 実際、いまの彼らは他のどんなバンドとも違う独特の「詩性」のようなものを纏っているように思える。 その詩性は熱狂となって、いまを生きる他の誰かへ、詩から詩へと伝播していく。 バンドの首謀者・常田大希が「Srv. Vinci」を結成、メンバーチェンジを経て、去年4月に「King Gnu」へと改名し本格的なスタートを切ってからというもの、彼らは破竹の勢いで活動規模を広げている。 King Gnuは、いままさに熱狂の渦の中心にいるバンドだ。 そして、そこにいることは、彼ら自身が望んだことでもある。 今回、CINRA. NETは常田大希への単独インタビューを行った。 常田は、かつては東京藝術大学在学中に小澤征爾の楽団に在籍していた過去を持ち、現在、個人名義ではDaiki Tsuneta Millennium Parade(DTMP)などのカッティングエッジな音楽プロジェクトから、ファッションフィルム、映画、ドラマの劇伴などにも音楽監督で携わる才人。 米津玄師のアルバム『BOOTLEG』への参加を通して、その名を耳にした人も多いだろう。 King Gnuの根源にあるのは、間違いなく、この男の「詩性」である。 私たちの質問に対し、彼はゆっくりと、一つひとつの言葉を確かめるように語ってくれた。 King Gnuのメンバーも、みんなクソみたいな生活を送ってきた。 —King Gnuのライブを観るたびに思うのですが、ステージ上の常田さんは、どこか孤独に見えます。 どれだけ周りに人がいても、1人でそこに立っている……そんな印象を受けるというか。 常田:……友達はいますけどね(笑)。 —はい(笑)。 常田:そういうふうに見えるのは、俺がこれまで、集団的な生き方をしてこなかったからかもしれない。 根本的な資質だと思うんですけど、昔から、割と自然と孤立できるんですよ。 別に、それが悲しいわけでもなく、自然とそういう感じだった、というだけなんですけど。 周りもそういう連中が多いんです。 あくまでも個々の集まり、みたいな感じというか。 常田大希(King Gnu) —周りも常田さんのような人が多い? 常田:「俺みたいなヤツ」って言うと、語弊があるかもしれない。 周りにはいろんなヤツがいて、俺みたいなヤツはあんまりいないかもしれないです。 だから上手くいくんだろうけど。 でも基本的に俺も、俺の周りもフリーランスで活動してきたヤツばかりなんですよね。 どこにも所属せずに生き抜いてきたヤツって、強いじゃないですか? PERIMETRON(常田が立ち上げた、King Gnuのデザイン面なども担当するクリエイティブチーム)も、フリーの集合体っていう感じだし、King Gnu のメンバーも、みんなクソみたいなフリーの生活を送ってきたので。 そういうところでの絆はあるかなと思います。 King Gnu(左から:井口理、新井和輝、常田大希、勢喜遊) King Gnu『Tokyo Rendez-Vous』(2017年)収録曲。 映像はPERIMETRONが手がけている —その感覚は、歌詞にも表れているのかなと思います。 常田さんは基本的に、「僕たち」や「あなたたち」という視点の表現の仕方はしないですよね。 もっと「1対1」の関係を描写する歌詞が多いように思います。 常田:それはあるかもしれない。 集団に問いかける、というやり方が苦手で。 だから俺は、MCでもなにを喋ったらいいのかわからなくなるんです。 一人ひとりに対して喋ることはできるんですけど、まとめて喋るっていうことが苦手。 だから、1対1の関係の歌詞になるんだと思います。 —常田さんのなかには、集団に対する違和感があるのでしょうか? 常田:う~ん……特にそういう訳ではないですが……集団には作った人の哲学があるじゃないですか? 俺は誰かの哲学に共感して一緒に頑張りたいと思うよりも、自分の哲学に沿って何かを作り出していきたいタイプというか。 —「合わせる」という発想があまりないわけですよね。 常田:そうですね。 俺にとってはなによりも、自分のなかで腑に落ちているか? ということが重要で。 それが、物事の判断基準になるんです。 だから必然的に、自分の周りの仲間たちと育ってきたし、クリエイティブも基本的には、ジャケットも映像も含め、自分たちの周りで完結させている。 でも、このやり方ってすごく責任を伴うんですよ。 もし、かっこ悪いものになってしまったとしても、それは自分の責任ということになるから。

次の

常田大希

常田 大 希 インスタ ストーリー

キングヌー・常田大希の家族構成 King Gnu(キングヌー)常田大希さんがどのような家族で育ったのか気になりますよね。 常田大希さんは、 両親と兄の4人家族で育ったようです。 両親 常田大希さんの 両親はともにピアノの演奏者なのだそうですよ。 母親は クラシックピアノの先生で、音楽を仕事にしている方。 一方の父親は、音大卒というわけではないですが、お小遣い稼ぎ程度に ジャズピアノを嗜んでいたようです。 お仕事は ロボットのエンジニアなのだとか。 兄 常田大希さんの兄は、 常田俊太郎さんといい、音楽家やクリエイターの活動を支援するアプリ「utoniq」を手掛ける 株式会社ユートニックの代表取締役です。 4歳の頃からバイオリンを習い、高校まではコンクールで全国大会に出場するなど、本格的に音楽をやっていたようですが、音楽は趣味にとどめ、 東京大学工学部に進学します。 兄弟揃って、素晴らしい経歴ですよね。 常田大希さんとは、 レコーディングに参加したり、ウェブサイトを作るなどの接点があるようですよ。 現在は、 自身がアーティストとしてライブに出演することもあるようです。 キングヌー・常田大希の生い立ち 幼少期 音楽一家であるキングヌー・ 常田大希さんの実家にはいろんな楽器があり、自宅でずはっと音楽がかかっているという環境で育ったようです。 また、両親がピアノ弾きであることから、両親にも教わったわけでもなく ピアノには自然と触れていたそうです。 中学生の頃には、 バンドでギターやベースを弾いていて、周りに出来る人がいなかったため、常田大希さんが同級生の仲間に楽器を教えながら活動していたようです。 この頃から音楽を仕事にしたいという意識があり、 音楽の道以外考えたことはなかったといい、高校生の時には、レコード会社にデモテープを送ったり、コンテストで賞を取り、 既に音楽業界との繋がりがあったのだとか。 この年齢で自分から行動に移せることがすごいですよね。 大学時代 小澤征爾さんの率いる 小澤国際室内楽アカデミーにチェロ奏者として在籍していたこともあるというチェロの腕前で、常田大希さんは 東京藝術大学音楽学部器楽科でチェロを専攻します。 過去にはこんな演奏も。 チェロを演奏する常田大希さんもかっこいいですね…。 大学は入学した時から辞めるつもりだったといい、 1年も経たず退学しています。 音楽は抽象的な世界で、田舎から出てきたものが相手にされないが、「東京藝大出身」といえば聴いてもらいやすくなるし、 自由に生きるために東京藝大に入ったのだそうです。 高校時代から戦略的に考えていたのですね。 キングヌー・常田大希のファッション 常田大希さんは、音楽だけではなく ファッションにも注目されていますよね。

次の