まい ば すけ っ と 電子 マネー。 [B!] まいばすけっとの支払い方法

図解でわかる!イオンでのポイントの流れ・貯め方・使い方を徹底解説!

まい ば すけ っ と 電子 マネー

概要 (令和2年)2月時点での関東地方での店舗数は846店、北海道での店舗数は37店である。 イオングループが展開する・のようなを備えた郊外型大型店舗と異なり、やのに対応して、市街地の小型店舗で徒歩で買い物に行く層を開拓する狙いがある。 さらに、政府が見直しで進める大型店規制への対策という側面もある。 12月に第1号店である新井町店(。 閉店済み)を出店して以来、11月までに・横浜市・に約150店舗を出店。 2012年2月24日創業祭時には249店舗に達した。 2012年3月には、イオン北海道が、北海道内の第一号店舗として、に南5条西10丁目店を出店した。 売り場面積150平方メートル前後で、を充実させている点はと競合する。 価格は、のような均一価格ではない。 である商品が多く、見切り商品の値引きなど、生鮮コンビニよりも割安感を出している。 営業時間は店舗により異なるが、7:00 - 24:00などとされ24時間営業ではない。 チラシは、原則として新店開店時以外出さない。 例外的に、2012年2月24日の創業祭では新聞折込チラシが、2012年10月23日から2012年10月28日までは300店舗達成記念で、店頭配布によるチラシが配布された。 まいばすけっと株式会社 まいばすけっと株式会社 My Basket CO. , LTD. 略称 まいばす、MYB 本社所在地 〒261-8515 中瀬1-5-1 設立 事業内容 都市型小型スーパーマーケットの運営 代表者 大池学(代表取締役社長) 資本金 16億円(2012年1月21日現在) 売上高 1723億8100万円(2020年02月29日時点) 営業利益 20億0400万円(2020年02月29日時点) 経常利益 19億9400万円(2020年02月29日時点) 純利益 19億1000万円(2020年02月29日時点) 純資産 56億7800万円(2020年02月29日時点) 総資産 303億2200万円(2020年02月29日時点) 従業員数 17,189人(2018年12月1日時点) 決算期 2月20日 主要株主 (2016年現在) 外部リンク まいばすけっと株式会社(: My Basket CO. , LTD. )は、、・で都市型小型「まいばすけっと」を展開するの企業である。 2005年12月25日 - により第1号店まいばすけっと新井町店(現在は閉店)を出店• 2008年8月21日 - イオンよりへ事業を承継• 2012年1月21日 - イオンリテールより当社へ事業を承継• 2012年2月24日 - 会社設立を記念して創業祭を既存246店舗で開催 新会社設立 イオンリテール株式会社が行なっていた「まいばすけっと」事業を分割し、新会社『 まいばすけっと株式会社』に、ににより事業を承継させた。 引き続き、イオンのグループ会社として、イオンオーナーズカードやイオン株主優待券、や(と相互利用可能な交通系)などの電子マネーは利用できる。 金券は、イオングループ発行のもの以外は利用できなくなった。 コンビニエンスストアや小型スーパーマーケットの店舗跡を、で出店を行っている例が多い。 小規模の店舗が多いため、中延3丁目店と東中延店のように、近隣店舗と数十メートルしか離れておらず、実質2店舗で1店舗として機能している店舗もある。 一方で、中規模スーパーマーケットを居抜きして出店する事もあり、同じイオングループの運営のつるかめランドから転換した蒲田店 閉店済 は2フロア分の広さがあった。 店舗一覧はイオンリテール公式サイト「」またはイオン北海道公式サイト「」を参照。 駅のすぐ近くにある店舗は基本的に「まいばすけっと(駅名)駅前店」となっている。 脚注 []• イオン食品館• KIMISAWA Gratt - KIMISAWA - The COMBO• KOHYO - KOHYO鮮度館• ma:ru - スーパーセンター - パワーシティ• PEACOCK STORE• maruetsu - LINCOS - 魚悦• Food Market KASUMI - FOOD SQUARE KASUMI - FOOD OFFストッカー• SEIBU - 食彩館SEIBU• Belc• MV九州• SHIMIZU• ビオセボン・ジャポン.

次の

まいばすけっとの支払方法やお得情報(電子マネー・ポイント・クレジットカード) SUICA、Waon、PASMO、edyは使える?

まい ば すけ っ と 電子 マネー

コンビニやスーパーだけでなく、小規模の店舗や個人経営の店舗までもキャッシュレス決済に対応しているところが増えてきました。 キャッシュレス化が浸透してきつつある日本で、多くの会社からキャッシュレス決済サービスが登場し、店舗でもどの決済サービスを導入すればいいのか迷っている方も多いと思います。 そのような問題を解決することができるのが、複数の決済サービスに1台で対応することができる「マルチ決済端末」です。 マルチ決済では、管理も一括で行うことができ、お客様も好きな決済方法を利用することができるのでメリットが豊富なサービスです。 今回はマルチ決済端末の中でも、おすすめのサービス「Lakala(ラカラ)」について、メリット・デメリットや対応のサービスなども紹介していきますので、マルチ決済端末を検討している店舗は是非参考にしてみてください。 この記事の目次• マルチ決済端末って何? 「マルチ決済端末」とは、クレジットカード決済・電子マネー決済・プリペイドカード決済・QRコード決済などのさまざまな決済サービスに1台で対応することができる端末です。 財布を持ち歩きたくなかったり、クレジットカードや電子マネーを利用してポイントを獲得したいと考えているお客様に対して、マルチ決済端末を導入すれば、そうしたニーズにもこたえることができます。 さらに新型コロナウイルスの感染拡大の影響で現金の受け渡しを控えているお客様が増えてきており、従業員とお客様が接触を防ぐことができるキャッシュレス決済があることで安心して店舗を利用してもらうことができます。 海外のキャッシュレス決済にも対応しているサービスが多いマルチ決済端末は、キャッシュレス化が進んでいる訪日外国人観光客の集客にも欠かせないサービスとなってきています。 マルチ決済端末 Lakala(ラカラ)とは 「Lakala(ラカラ)」は、株式会社ラカラジャパンから提供されているマルチ決済端末です。 株式会社ラカラジャパンは、金融業やハードウェアやソフトウェアの開発、企業や個人のオンライン決済サービスや金融業務を提供しており、中国に本社があるLakalaの日本法人になります。 中国国内では圧倒的なシェアを誇っているので、Lakalaのマルチ決済端末は中国の訪日観光客に強みをもっているサービスになります。 マルチ決済端末 Lakara(ラカラ)対応キャッシュレスブランド 「Lakala(ラカラ)」は、中国でクレジットカードやデビットカードとして有名なUnion Pay(銀聯カード)や、中国の二大2スマホ決済サービスの「Alipay」「WeChat Pay」をはじめ、日本の主要な決済サービス全27種類に幅広く対応しています。 2020年7月1日(水)から各ブランドで下記の決済手数料で利用することができます。 決済の種類 決済手数料 決済サービス クレジットカード 3. Lakala(ラカラ)のメリット マルチ決済端末を導入しておくことで、レジ周りがすっきりしたり、問い合わせの窓口を一本化できるなどのメリットがありますが、ラカラ独自にはどのようなメリットがあるのでしょうか。 店舗に合った決済方法を選べる ラカラでは、店舗の形態に合った支払い方法を 「静的QR」「Lakala 専用端末」「POS連携」の3つから選択することができます。 「静的QR」では、印刷したQRコードを利用して決済を行う方法です。 お客様に店舗のQRコードを読み込んでもらい金額を入力しえ決済が完了する方法です。 店舗は導入コストの負担がなく手軽に導入することができます。 「Lakala 専用端末」では、店舗でLakalaの専用端末を用意すると、QRコードのやカードの読み取りやNFC・Felica・Bluetoothに対応しています。 約1週間持つ大容量のバッテリーを搭載しており、感熟プリンターがついているのでレシートを印刷することも可能です。 「POS連携」では、店舗にPOSレジを導入している場合、APIに連携することでラカラの決済システムを利用することができます。 月額費用の負担がないのでPOSレジを既に利用している店舗にはおススメの支払い方法になります。 インバウンド対策にぴったり Lakalaでは、 「旅マエ・旅ナカ・旅アト」とよばれる訪日外国人向けのサービスを提供しています。 実際に旅行に訪れ帰国するまでの3つシーンに対して情報発信を行い旅行をサポートするものです。 「駅マエ」では、メッセージアプリであるWechatから、約4,000万人のユーザーに加盟店の情報を発信できるので、旅行で訪れてもらえたり興味をもってもらったりする効果があります。 店舗情報ページを作ることができるので、画像や店舗情報、クーポンの配信などの機能を利用することができます。 「駅ナカ」では、専用の端末やPOSレジにラカラを連携させることで、ユーザーが中国でためたポイントを日本のラカラ加盟店で利用することができます。 「駅アト」では、訪日中国人観光客のラカラによる消費分析や行動の分析結果を情報提供し、店舗はその情報から今後のインバウンドに役立てることができます。 マイナポイント対応にキャッシュレス決済で集客アップ ラカラに対応している決済サービスは、2020年9月1日(火)から始まるマイナポイントの対象のサービスが多いので店舗に導入しておくだけで、マイナポイントを利用したいお客様の集客効果が期待できます。 マイナポイントとは、政府やマイナンバーカードの普及やキャッシュレス決済基盤の構築を目的にマイナンバーカードを利用したポイント制度になります。 マイナポイントは還元率も高く、最大5,000円分戻ってくるので非常に注目されている制度になります。 Lakala(ラカラ)のデメリット ラカラを店舗に導入することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。 決済サービスによって決済手数料が異なる マルチ決済端末に対応しているサービスはすべて決済手数料が同じではなく、サービスごとに決済手数料が異なりますので、注意しておきましょう。 また、決済サービスによってはLakalaからの申し込みとそれ以外の申し込みで決済手数料が異なる場合もあります。 例えばPayPayの場合、PayPay独自で申し込みを行うと決済手数料がかかりませんが、ラカラなどのマルチ決済端末からの申し込みであれば決済手数料がかかっていまいますので、導入前には必ず確認しておくようにしましょう。 マルチ決済端末 Lakara(ラカラ)にかかる費用 マルチ決済端末を導入する場合、専用の端末代がかかることもありますが、ラカラを導入する際の費用はどのようになるでしょうか。 Lakala(ラカラ)の初期費用 ラカラでは、 通常35,000円~約50,000円かかる高いスペックの端末を、初期費用0円で導入することができます。 ラカラの端末には、QRコードや磁気、ICチップなどの決済だけでなく、NFC Bluetooth・SIMカードにも対応でき、感熟プリンターもついているので、この端末で決済を完了することができます。 端末の利用以外にも、導入コストがかからない「静的QR」を利用して、店舗にQRコードを貼り付けることで決済に対応することもできます。 まとめ 今回は、マルチ決済端末の「Lakala(ラカラ)」についてメリット・デメリットや費用面まで詳しく紹介していきました。 全27種類のキャッシュレス決済に対応でき、インバウンド対策にも利用できる「Lakala(ラカラ)」は、店舗に導入する際も初期費用の負担がなく、支払い方法も店舗に合った方法を選択することができるので、店舗でも利用しやすい決済端末です。 今後、ますますキャッシュレス化が浸透し、お客様のニーズに答え安心して決済を行ってもらえるように、マルチ決済端末の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

次の

まいばすけっとの支払方法 お得なのはやはりクレジットカードのイオンカードがお勧め

まい ば すけ っ と 電子 マネー

ポイントの対象となるご利用• JR西日本の「時間帯指定ポイント適用区間」における、平日の10時~17時の間に入場または出場された場合のご利用と、土休日の終日(始発列車から最終列車まで)のご利用が、時間帯指定ポイントの計算対象となります。 土休日には、土曜日、日曜日、国民の祝日・休日および年末年始(12月30日~1月3日)を含みます。 時間帯指定ポイント適用区間• ご案内• 利用登録の翌日のご利用分から、ポイント計算の対象となります。 WEBでの利用登録の場合は、JR西日本での利用登録処理が完了した翌日のご利用分からポイント計算の対象となります。 WEBでお申込みした日の翌日ではありませんので、ご注意ください。 他社線との乗継割引が適用される区間を利用した場合は、乗継割引適用前の運賃の利用回数としてカウントします。 (柏原駅乗り換えは除きます。 ICOCA定期券の定期券区間内のご利用はポイント計算の対象とはなりません。 定期券区間内の駅で乗車し定期券区間外の駅で降車する場合、定期券区間外の駅で乗車し定期券区間内で降車する場合は、定期券区間外となるご利用区間がポイント計算の対象となります。 また、定期券区間外の駅で乗車し定期券区間外の駅で降車する場合で、定期券区間外となる区間の運賃より乗車駅から降車駅までの通し運賃の方が安価となる場合は、乗車駅から降車駅のご利用としてポイント計算します。 なお、ICOCA定期券区間外をご利用された場合のポイント計算の対象となるご利用区間は、実際に乗車された定期券区間外の区間とは異なる場合があります。 定期券区間外のご利用について詳しくは• 自動改札機でICOCAの読み取りや運賃の引き去り処理が正常にできなかった場合は、ポイント計算の対象外となる場合があります。

次の