オリンピック 中止 す べき。 「コロナ」以前に五輪は中止すべきだった

オリンピック中止で損害額や違約金がヤバい?経済効果も実は驚きの大きさ!

オリンピック 中止 す べき

オリンピック、中止するべきですよね。 新型コロナウィルスの影響で「オリンピック中止」というワードまで実際に出ている状況。 ・そもそも、長いオリンピックの歴史の中で『中止』をした事はあったのかというと、 「過去に3回中止をしたことがあり、その理由は全て、『戦争』だった」 とした。 ・SARSが流行した時に終息までに掛かった期間は7ヶ月だったため、予測としては今回もその位はかかる可能性がある オリンピックまでに間に合わない。 ・「国会では『桜の会』について議論しており、新型肺炎の議論は20分足らずだった」とし、その理由はなんと、 「まだ未知すぎて、話そうにも話ができない」という恐ろしい回答と、 「与野党が『議論』し合うべき事ではなく、すべてを超えて、国民が一致団結して考えなければならない問題だ」と、 事の重大さを説いてました。 ここまでの話になってますよね。 「夢の東京オリンピック」。 そりゃあもちろん、絶対に叶えたいという日本国民全員の希望だったと思います。 何もなければ良かったのにと誰もが悔やむことです。 それに、建設した会場や、オリンピックに向けて手掛けた全てにかけた莫大な費用が回収できない事になったら大変な事なので、後に引くこともできないでしょう。 だから、絶対にオリンピックを『無観客試合』にするなんて選択肢は無いんだと思います。 でも、これだけのオオゴトなんですよね。 もしも国の財政がとんでもない事になってしまうのだとしても、それでもここは、絶対に開催してはならないところですよね? でもきっと、ビクビクはしながらもそれを見せないように、通常開催がなされるんだと思います。 よって、確実に、マジで本当にやばい、誰も見たことのない、歴史に残るそれはそれは悲惨な、未曾有の大事件が起きるのではないかと、本気で思っています。 皆さんは、どう思いますか。 7 中国で発生した新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。 7日朝までに、中国本土での感染者は3万1161人、死者は636人となった。 集団感染が確認されている大型クルーズ船 「ダイヤモンド・プリンセス」 から、新たに41人の陽性反応があり、日本国内で報告された感染者は86人に上った。 中国国内では、湖北省武漢市をはじめ 「封鎖都市」 が激増している。 「外出禁止」 も含めると70都市以上との指摘もある。 国内外では、初動対応に遅れた習近平国家主席率いる中国政府への不満が噴出し始めた。 中国の国際的地位の低下も確実で、このまま新型肺炎の封じ込めに失敗すれば、共産党一党独裁体制が崩壊しかねないとの見方もある。 中国の各都市の正確な人口を把握するのは難しいが、メディアや金融機関の資料をもとに加算すると、計約1億5695万人(推計)となった。 日本の総人口(約1億2600万人)より多い。 中国の人口は約14億人(中国国家統計局調べ)だけに、約11%が封じ込められていることになる。 共産党独裁国家の情報発信や、 「中国ベッタリ」 と揶揄される世界保健機関(WHO の見解はそのまま信用できないが、中国本土の感染者や死者は確実に増えているようだ。 実際の感染拡大をどう見るべきか。 数理モデルを活用して、感染症の予防に取り組む第一人者、北海道大学医学研究院(理論疫学)の西浦博教授は4日、都内で記者会見した。 西浦氏は 「2月第1週までに、中国国内での感染者が10万人に達するのは間違いない」 「(感染者が10万人規模となれば)死者数は数百人というレベルでは収まらなくなる」 「この感染は5月ごろまでは続く」 との推計と分析を発表した。 英国と米国の研究チームも先月末、2月4日までに武漢市だけで感染者が最大35万人になるとの研究結果を明らかにしている。 中国政府は現在、34もの都市を封鎖し、日本の人口より多い人々を閉じ込めている。 今後、尋常ではない被害規模となる危険性がある。 このためか、米国やオーストラリア、ニュージーランドなどは、中国全土を訪問した外国人の入国を暫定的に禁止した。 新型肺炎の感染拡大次第では、国際社会による 「中国批判」 が吹き荒れかねない。 国際政治学者の藤井厳喜氏は 「初動対応の遅さや情報操作など、共産党独裁国家・中国の体質があらわになった」 「今後、世界に信用されず、やりたい放題が通じなくなるのは間違いない」 「世界第2位の経済大国といっても、資本主義社会の技術と資本を利用したまでだ」 「そんな国が、米国との貿易戦争に勝てるはずもない」 「いずれ中国経済は世界経済から『隔離』される」 「終わりの始まりだ」 と語った。 名門・清華大学の許章潤教授(停職処分中)が、習近平指導部の対応を厳しく非難する、以下のような文書をインターネット上に公開した。 「感染症を前に統治機能は働かず、製造大国と言いながらマスクの調達すら危うい」 「彼ら(習指導部)は無数の生命がバタバタと倒れているときに、自らの功績をたたえている恥知らず」 「人民はもう恐れない」 政治体制の転換を訴える直言といえる。 中国事情に詳しい評論家の石平氏は、 「武漢市当局はかなり前から、中央政府に新型肺炎の深刻さを報告していたが、何ら指示がなかったとされる」 「これが初動対応の遅れにつながった」 「次々と都市が封鎖され、機能不全に陥った地方の不満は高まっている」 「習氏の『個人崇拝』が崩れつつあるのは確かだ」 「今後、人民解放軍にまで感染が広がれば、中国全土で暴動が起きかねない」 「共産党体制が揺らぎ、天下大乱となる」 と予測した。 日本は大丈夫なのか。 石平氏は 「日本政府は即刻、中国にいる邦人全員に帰国勧告を出すべきだ」 「『都市封鎖』の広がりを受け、入国制限の対象を中国全土に広げなければならない」 「それこそ危機管理だ」 と語っている。 戦いはむしろ、これからが本番である。 早急に体制をて直すべきだ。 例えば、武漢からチャーター機で救出した邦人の帰国費用、1人約8万円は政府が負担する方針という。 当初は本人負担のはずだったのに、与党の一部が異を唱え、途中で方針転換した。 政府が強制的に帰国させたならともかく、帰国は本人の意思を尊重した結果である。 救援機が飛ばなかったら、すぐ帰れなかったのも明白だ。 それなら、政府に感謝して、本人が負担するのは当然ではないか。 公明党など与党の一部は 「これは災難」 「緊急事態に余儀なくされた結果だ」 などと理由を挙げた。 そなんことを言ったら、地震でも台風でも政府が全部、カネを出す話になりかねない。 人気取りで言ったのだとしたら、とんでもない勘違いである。 第1陣で帰国した中では、帰国後の検査を2人が拒否した。 「強制帰国」ではなかった証拠である。 政府の詰めが甘かったから、後になって右往左往している。 外国人の入国制限についても、安倍政権は 「湖北省滞在者の外国人」 に限って制限する方針を決めた。 これも甘い。 武漢市長は都市を閉鎖する前に 「500万人が街を出た」 と認めている。 中には、感染者もいたはずだ。 それなら、感染者は上海や北京など他都市や外国にも散らばっている。 入国制限の対象を湖北省に限っていたら、他からの感染を食い止められないのは自明である。 安倍政権の入国制限は、世界保健機関 WHO が 「世界的な公衆衛生上の緊急事態」 を宣言したのを受けて、発動された。 そんなWHO頼みの判断自体が間違っている。 WHOの事務局長が中国に甘いエチオピアの元外相で、中国に及び腰なのは、周知の事実ではないか。 米国やオーストラリア、シンガポールなどは、いち早く 「過去2週間以内に中国に滞在した外国人」 の入国を制限した。 日本も手遅れにならないうちに、制限対象を中国全土に広げるべきだ。 細かい話で言えば、帰国者の宿泊を民間のホテルに任せたのも問題だった。 ホテル側の善意は評価したいが、本来、これは政府の責任で 「隔離と検査」 を実施すべき話である。 後になって、警察施設などが用意されたが、対応が後手に回ったのは否めない。 政府の対応が甘いままだと、世界から日本に対する信頼を失いかねない。 そうなったら、東京五輪・パラリンピックの開催も危うくなる。 国際オリンピック委員会 IOC が何を言おうが、選手たちが 「日本に行きたくない」 と言い出したら、おしまいだ。 今、日本は世界で一番厳しい防疫体制を敷いて当然の立場にある。 必要があるなら、新規立法も検討すべきだ。 与党内は 「ポスト安倍」 をめぐる思惑も交錯しているが、そんな駆け引きをしている場合ではない。 今は政治休戦して、新型肺炎対策に取り組んでほしい。 中国以外の国と地域でこれまでに確認された感染者の数は、日本が集団感染が確認されたクルーズ船の61人を含めて合わせて86人となっています。 このうち、フィリピンと香港でそれぞれ1人、死亡しています。 こうした中、湖北省武漢で、政府が公表する前にSNSで警鐘を鳴らし、それを理由に警察から処分を受けていた医師が、みずからも感染して7日に亡くなり、国民の間では政府への批判が改めて高まっています。 中国の保健当局、国家衛生健康委員会は、新型コロナウイルスの感染が確認された患者の数が6日、3万1161人になったと発表し、患者の数は3万人を超えました。 新たに感染が確認された人は4日連続で3000人を超え、その7割以上が湖北省の患者となっています。 また、死亡した人は600人を超えて、中国で合わせて636人となり、このうち湖北省だけで618人となっています。 中国メディアによりますと、感染が始まった湖北省武漢の病院で去年暮れ、政府が公表する前にSNSのグループチャットで感染拡大への警鐘を鳴らしていた34歳の眼科の医師が、みずからも新型コロナウイルスに感染して7日、亡くなりました。 医師は 「ネット上に事実ではない情報を発表し、社会の秩序を乱した」 として、警察から訓戒処分を受けていましたが、一部の中国メディアが、その経緯を明らかにし、国民に広く知られるようになりました。 医師の死をきっかけに、国民の間では情報公開や初期対応の在り方をめぐって政府への批判が一層高まっています。 このうち湖北省の保健当局はホームページ上で、 「深い哀悼の意を表します」 「最前線で奮闘するすべての医療関係者に崇高なる敬意を表するとともに一致団結して感染拡大の阻止に向けて戦うよう望みます」 とする談話を発表しました。 また、中国の保健当局も7日の記者会見の冒頭、 「深い哀悼の意を表します」 と述べたほか、公職に就くすべての人を対象に監視や取締まりを行う国家監察委員会は7日、調査チームを派遣して全面的な調査を行うと発表しました。 中国政府としては、医師の死をきっかけに国民の間で情報公開や初期対応のあり方をめぐって政府への批判が一層高まっていることから、こうした批判をかわすねらいもあるとみられます。 それによりますと、李さんは去年12月30日に、同級生の医師などが参加するSNSのグループチャットに 「7人の患者がSARSと確認された」 などと投稿し、先月3日に地元の警察から呼び出され、訓戒処分を受けたということです。 李さんは、処分の内容を記した文書の写真も公開していて文書では、 「ネット上に事実ではない情報を発表し、社会の秩序を乱した違法行為だ」 とされています。 これについて李さんは中国メディアの取材に対して 「情報はデマではなく警鐘を鳴らそうとしただけで、社会にパニックを起こそうという考えは全くなかった」 と反論していてウェイボー上でも 「同級生の臨床医たちに注意を呼びかけるためだった」 と説明しています。 また、李さんは、みずからの病状についても書き込んでいて、先月10日以降、せきや発熱の症状が出て、先月12日に入院した段階になっても、当局が 「人から人への感染はない」 とか 「院内感染はない」 としていたことに疑問を呈していました。 李さんのウェイボーには100万人を超えるフォロワーがついていて、ネット上では当局の対応への批判の声が高まっています。 ネット上では、医師の行動を称賛する書き込みが相次ぐ一方、当局を批判する声が高まっています。 死亡したのは、武漢の病院で眼科医として働いていた李文亮さん(34)です。 中国メディアなどによりますと、李さんは、去年12月30日に2003年に流行した新型肺炎、 「SARS」 の陽性反応が出た患者がいることを知り、SNSのグループチャットに情報を投稿し、感染拡大への警鐘を鳴らしたところ、警察に呼び出され、 「事実でない情報を広め、社会秩序を乱した」 として、訓戒処分を受けたということです。 李さんはそれ以降も病院での勤務を続けていましたが、せきや発熱の症状が出たため、先月中旬に入院し、その後、新型コロナウイルスへの感染が確認され、7日未明に亡くなったということです。 李さんは中国版ツイッター、ウェイボーで、自分自身に症状が出てきた頃になっても、当局が 「人から人への感染はない」 とか 「院内感染はない」 としていたことに対し、疑問を呈していました。 ネット上では李さんの行動を称賛する追悼の書き込みが相次いでいる一方、当局に対して、 「警察は謝罪しろ」 とか 「感染対策の不手際をいまさら後悔しても遅い」 などと批判する声が改めて高まっています。 ネットに追悼メッセージ相次ぐ 李さんが死亡したことを受けてネット上では追悼するメッセージが相次いでいます。 中国版ツイッターのウェイボーでは李さんが亡くなったことを知らせる病院の発表に対し30万件を超える書き込みがあり李さんの行動を称賛し 「安らかに眠ってください」 とか 「私たちを守るために力を尽くしてくれてありがとう」 などといったメッセージが寄せられています。 また湖北省の保健当局や武漢の地元政府もホームページ上で 「感染対策の最前線で奮闘している医師たちに敬意を表する」 などと哀悼のメッセージを掲載していますが市民からは当局の対応に対して批判の声も高まっています。 7 12:10 産経新聞 新型コロナウイルスが猛威を振るう中国で原因不明の肺炎に早期に気付きインターネット上で声を上げ当局に摘発された湖北省武漢市の眼科医、李文亮さん(33)が7日新型肺炎で死去した。 感染し入院中だった。 病院が会員制交流サイト(SNS)で明らかにした。 早くに警鐘を鳴らしていた行為が知られており中国では 「心が痛む」 「受け入れられない」 と衝撃が広がった。 李さんを含む一部の武漢の医師らは昨年12月に原因不明の肺炎が確認されSNSで 「(2002~03年に流行した)重症急性呼吸器症候群(SARS)が発生した」 などとやりとりしていた。 公安当局は今年1月1日、 「デマを流した」 として8人を摘発したと公表。 李さんも3日に訓戒処分を受けた。 発熱しその後に感染が確定。 中国メディアの取材に経緯を明かしていた。 この中で許教授は 「最初は口をつぐんで真相を隠しその後も責任逃れに走り感染拡大を防ぐ機会を逃した」 として中国当局の一連の対応を厳しく批判しています。 また中国当局がインターネット上の言論を常に厳しく監視しているとしたうえで 「公に問題を討論する活力はすでに窒息させられ社会に警鐘を鳴らす仕組みを圧殺してしまった」 として習近平指導部のもとで強まる言論統制が感染拡大を招いたと指摘しました。 許教授はおととしにも習近平指導部が国家主席の任期を撤廃したことを批判する論文を発表し大学から停職処分を受けています。 26 2020. 29 武漢病毒研究所がコロナウイルスの感染源?米紙「生物兵器を漏らした」可能性を指摘 「東京五輪で感染しよう」がキャッチフレーズでしょ? 習近平を国賓で呼ぶために 自殺した職員がいるのに帰国した1便から3便まで已む得ない事情という建前で脱走した奴が11名いるそうだよ。 前の2人よりこいつらのほうが悪質なのだから探し出すべき。 この已む得ない事情とは中国人が原因でパンデミックは困るから日本人が原因にしたいという事情だから公表しないのだと思う。 個人的な推理 陰性でも数日たてば陽性になるのでこいつらをあとで陽性にして日本のパンデミックは中国人が原因でなく日本人が原因でのパンデミックというシナリオを作りたいから詐欺師の鴨の11名を自宅に帰したのだと予想。 日々中国人が隔離されず入国して町中に毒をまき散らかしてるという現実と行政がマスクを爆買いして中国に渡して市場からマスクを消してどうしても日本でパンデミックを起こす計画をしてるとしか思えない。 さらに病院でもマスクとかが不足してるので院内感染が起きやすい状況だということも知ろう。 習近平を国賓で呼べれば後はどうにかなるだろうという考えのもとに動いてるとしか思えない。 新型肺炎が運よく収まっても五輪中に大地震や超大型台風が来そうな予感。

次の

オリンピックを中止すべき理由【海外の声】

オリンピック 中止 す べき

The. Olympics. 五輪員会、明日コロナウイルス危機について議論 New York Timesのタイトルは一言一言終止符で句切られていますが、これは何かを強く主張したい場合、もしくは命令する時に使う形です。 文法的には邪道ですが、メールやチャット等でよく見かける用法です。 同様にDaily MailのタイトルはSCRAPPEDと大文字で書いていますが、これも特定のワードまたはメッセージを強調したい時に使います。 社説から読むオリンピックを中止すべき理由 米 New York Times 冒頭の文章はこの様に始まります。 Amid a pandemic, it would be wildly irresponsible for the Games to go on 和訳:このパンデミックの中ゲームを続行するのは極めて無責任だ サッカー欧州選手権、F1、 NBAなどを引き合いに出し、五輪を強行するのは現実的でないと主張。 また、世界中から何十万人が行き来する事から、感染を広める可能性を指摘。 Pressing ahead with the Tokyo Games means creating a massive, potentially perilous petri dish 和訳:東京五輪を強行するのは、巨大かつ危険なペトリ皿を作るようなものだ ペトリ皿は細菌等を培養するために使われるプレートの事だよ New York Timesの批判は五輪委員会にも向けられます。 After a recent meeting of the executive board, the I. 同紙はこの姿勢をさらに強烈に非難。 Refusing to even consider alternatives is reckless. Measured, evidence-driven speculation is the responsible course. 英訳:代替え手段の検討すら拒否するのは無謀だ。 きちんと証拠や数字に基づいた思索を巡らせるのが責任というものだ。 多くの選手はEU圏内で強化合宿を予定していますが、今や感染の新たな中心地となっています。 検討すらしないという事は多くのアスリートを危険に晒すことになりかねません。 記事の後半部分では、スタンフォード大学の伝染病スペシャリスト、イボン・マルドナード氏の発言を引用。 和訳:大勢を一か所に集めて、再び世界各地に分散させるーこれは伝染を拡大させる完璧な方法だ 気になったのは、記事で紹介されたグリーンピース )=自然保護団)による発見。 同団体によると聖火リレーが行われる福島で放射能のホットスポットが確認されたとしています。 This decision has not only raised eyebrows in light of the pandemic but also because Greenpeace has found radiation hot spots along the torch relay route 和訳:この決断(強行する決断)はパンデミックの観点からも片眉を上げるものだが、聖火リレールートに放射能ホットスポットが発見されたというグリーンピースの発見も。 IOCは安全のためテレワークにしたらしいけど、アスリートや関係者の安全は…? 最も気がかりだったのは以下の文章。 和訳:スイス週刊メディカルによると、感染のピークは年末の冬場まで来ないとしている。 もしこの予想が正しければ、東京五輪は火に油を注ぐという事になります。 五輪遅延は複雑で甚大な経済的被害があるものの、中止は英断と記事は締めくくられています。 Cancellation may appear ominous. But in reality, it would be a remarkable act of global solidarity. 中止は脅威に見えるかも知れない。 ただ実際は、世界の結束を象徴する素晴らしい決断だ。 We would like to say it is good that precautions were taken, but it is completely ludicrous — no, make that completely irresponsible — that Olympic and Japanese officials are acting as if the Games can go on (聖火リレーが無観客で行われた事については)良い予防策を取ったと言えるが、一方でオリンピック委員会と日本があたかも問題なくゲームを続行できるという振る舞いは完全に滑稽ーいや、完全に無責任ーと言えるだろう。 さらにアスリート達のトレーニングプランや予選の中止等、スケジュール的にも開催は厳しいと指摘。 Olympic athletes have been unable to train. Qualification events and trials have been suspended. オリンピックアスリートはトレーニングを出来ていない。 予選なども保留されている。 また、ワシントンポストは五輪強硬姿勢に、お金と名声があると主張。 That Olympic and Japanese officials refuse to recognize this reality is rooted in the money and prestige that are at stake. 和訳:日本とオリンピック理事達は、お金と名声が根底にあるという現実を認めようとしない これはもはや言う間でもない事です。 事実、莫大な資金がこれまで投入されてきたので理解はできます。 批判は続きます。 Abe has made the Games a point of national pride 安倍総理はオリンピックを国家の威信としてしまった。 Olympic officials have never been particularly forward-thinking or willing to put other interests, including those of their athletes, ahead of their bottom line. Surely, though, even they will — at some point — realize that the Games cannot go on. オリンピック委員会はこれほどまでアスリート達含め、周囲の声よりも、自分達の意見を優先した事はない。 しかしいくら彼らでもー近い将来ーゲームが続行できないと気付くだろう。 内容は概ねNew York Timesと近いものでした。 英 DAILY MAIL こんなことまで金儲けに使うなんて不謹慎すぎる! 一方で五輪中止、延期の強烈な副作用にについて理解も示しています。 Scrapping the Olympics would be a heartbreaking decision for Tokyo residents who rushed to buy tickets, and authorities whose preparations have won widespread praise — with the majority of venues ready well ahead of schedule. 和訳:オリンピックの中止はチケットを購入した都民や、賞賛に値する準備を進めてきた政府にとって胸が張裂けるものだろう DAILY MAILは記事内で日本国民の声を事細かく取り上げていたのが印象的でした。 Except for wartime, I have never felt so worried. 戦時以来、これほど心配になったことはないとの事。 If there will be negative consequences, it may be wiser to pause it こちらは47歳男性の声。 人生で一度きりの機会なので、息子をどうしても連れていきたかった。 ただ悪影響があるなら、保留するのが賢明かもしれない。 空港と国境は封鎖され、ロングフライトを売る航空会社がまず居ないから、そもそもオリンピックが日本で開催されるかなんて議論するまでもない Just move it to next year. That way their investment pays off, athletes get to compete and so what the next one will be 3 years later instead of 4. 来年にすればいい。 そうすれば今までの投資は無駄にならず、アスリートも参加できる。 その次のやつが4年後じゃなくて3年後になるだけだからよくない? Only a fool would travel around the world for entertainment or sports are the moment. 五輪委員会は、アスリート達が来ないと分かれば延期せざる負えないと気付くだろう It is simply stupid that Japan is not cancelling the event. However, we all know when it involves money, the brain turns into mush. 日本が中止をしないのはあまりにばかげている。 ただ、お金が絡むと脳みそがバカになるのは我々もよく知っている。

次の

東京オリンピックは中止!予言者の松原照子さんが断言したその内容とは!?

オリンピック 中止 す べき

竹中平蔵氏「日本政府に反省すべきことはたくさんあると考えています」(撮影=大沢昭一) 物事に対処する姿勢として「リアクティブ」と「プロアクティブ」の2つがあります。 「リアクティブ」とは、「問題が起きてから対応する」「後手後手の」という意味、プロアクティブとは、「率先した」「先を見越した」という意味の英語です。 日本の新型コロナウイルスへの対応はまさに「リアクティブ」です。 感染拡大を防ぐために感染者を隔離する、ワクチンの開発を進めるといったことは、それはそれでしっかりとやるしかありません。 しかし、見方を変えるとそれしかやっていない。 それに対して、中国の対応は「プロアクティブ」です。 たとえば、こんなことがありました。 私は北京大学のイベントに呼ばれていましたが、当然ながらそれは中止になりました。 日本の対応と異なるのが、北京大学はイベントを中止しただけではなく、「もう授業は教室でやらない」という決断を下したことです。 北京大学のほか、清華大学などの大学でも、2月17日からオンライン授業を開始しています。 休校を知らせるプリントを手にする生徒(都内)。 竹中氏は「休校だけではだめ。 これをきっかけに生活を変えるべき」 つまり、この混乱をきっかけに生活の仕方を変えたのですね。 日本でもたしかに政府が小中高の休校要請をしましたが、それだけではだめなのです。 日本でも一部の学校が自発的にオンラインを活用した指導を実施しているようですが、それこそ国を挙げてやるべき話なのです。 和歌山県の済生会有田病院で、男性医師が新型コロナウイルスに感染したという報道がありました。 それにもかかわらず「これをきっかけに、今まで医師会の反対でできなかった遠隔医療をやりましょう」という議論は起こっていません。 日本は起こっていることに受動的に対応しているだけで、今後の感染拡大を防ぐために物事の枠組みを変えるという発想ができていません。 日本は中国を見習うべきです。

次の