犬 マイクロ チップ 義務 化。 犬猫にマイクロチップ義務化、問題ないの?(太田匡彦)

改正動物愛護法が成立 マイクロチップ装着義務化 施行は公布から3年以内

犬 マイクロ チップ 義務 化

今回は、犬や猫の飼い主に非常に関係がある話題です。 「マイクロチップ」という言葉は、皆さんも聞いたことがあると思います。 長さ12ミリメートルほどの小さなチップで、その中に15桁の識別番号が内蔵されています。 これを専用のリーダーで読み取り、登録された情報と照らし合わせることで、飼い主がわかります。 これまでは「空チップ」「古チップ」も 2019年の動物愛護法改正により、犬や猫に対するマイクロチップの装着と、あわせて所有者情報等を登録することが義務化されました。 ただし、マイクロチップの装着と最初の登録は、犬や猫の販売業者のみ(繁殖業者・ブリーダーを含みます)に課される義務であり、一般の飼い主に対しては努力義務とされています。 このため、すでにペットとして飼われている犬や猫に入れることは、特に強制されません。 マイクロチップについては、これまで法律上の後ろ盾はなく、ペットショップなどで入れてもらったものの、肝心の所有者情報がまったく登録されていなかったり(空チップ)、所有者や住所が変わったのに情報が更新されない(古チップ)など、制度として不十分で、さまざまな問題が指摘されており、普及率は決して高くはありませんでした。 注射器に似た専用の器具を使って犬猫の皮下に挿入されるマイクロチップ 今回の法改正により、最初の所有者情報の登録だけでなく、所有者が変わったときの変更登録も義務となりました。 その点で、マイクロチップの登録は、自動車登録や不動産登記の制度と似ているかもしれません。 情報を管理している運輸支局や法務局にいけば、これまでの所有者の履歴や、その物の詳しい情報を調べることができます。 マイクロチップが入った犬や猫が当たり前に また、ご存じのように、犬の所有者については、狂犬病予防法上、市町村への登録申請義務と鑑札の装着義務があり、この制度と重複しないか気になるところです。 この点についても考えられており、マイクロチップの情報登録が完了すれば、狂犬病予防法による市町村への登録があったとみなされ、マイクロチップが鑑札のかわりになります。 マイクロチップの中には識別番号が内蔵されている なお、マイクロチップに関する改正は、2022年6月ごろに施行される見込みであり、それまでの間に、社会へ周知をしたり、登録手続きを行う組織(指定登録機関)など細かい仕組みができあがったりしてくるはずです。 慌てて何かをする必要はないと思いますが、あと2年ちょっとで制度がスタートし、マイクロチップの入った犬や猫が当たり前の社会に変わります。 第1回のコラムで、「動物は法律上モノじゃない!」と言ったわりに、車や不動産と同じような制度で、マイクロチップを勝手に体内に入れられ管理されることが義務化されるなんておかしいじゃないか、と不満に思う方がいるかもしれません。 ただ一方で、法律上、人間と全く同じようにはならないことは理解しておく必要があります。 もちろん、人間と同じように取り扱えないといってもあくまでも法律の世界だけのことで、ペットが皆さんにとって、かけがえのない家族の一員であることに変わりはありません。 【関連記事】 (次回は6月15日に公開予定です).

次の

ペットの犬猫にマイクロチップ義務化 動物愛護法改正案:朝日新聞デジタル

犬 マイクロ チップ 義務 化

2019年6月に「犬猫のマイクロチップ義務化」が衆参両院で 可決されましたね。 施行日はハッキリ決まっていませんが、近いうちに義務化される日がやってくるものと思われます。 犬猫の飼い主さんは「マイクロチップって何?」という基礎から知らないといけないので大変ですね。 そこで今回のこの記事では、犬猫のマイクロチップについて、• 犬猫に埋め込むマイクロチップとはどんなものか?• マイクロチップのメリット・デメリットは?• そもそも何故埋め込まないといけないの?• マイクロチップに関する疑問 以上のことを中心に説明します。 この記事を読んでいただけたら、マイクロチップに関することが良く分かりますのでぜひ最後までご覧ください。 飼い主が判明した率 犬 猫 迷子札・鑑札が認識できなかった 0. 5% 0% 迷子札・鑑札が認識できた 100% 100% 震災などがあると、迷子札が 破損したり首輪が切れたり、汚れて 判別不明になることがあります。 大震災の時、そのせいで飼い主が見つからなかった犬猫が多かったのです。 その点マイクロチップは体内に埋め込まれているので破損や判別不明になることはありません。 そんな 震災時の教訓が発端となりマイクロチップの重要性が見直されました。 マイクロチップのメリットは震災時だけではありません。 交通事故など、日常で起こる事故でもすばやい飼い主の発見に繋がります。 マイクロチップを埋め込んでいない場合の飼い主発見率は以下の通りです。 400万例中 感染 20例 腫れ 23例 腫瘍 2例 この数字をどう見るかです。 実験はマウスですので、体積に対してマイクロチップが大きいという点は考慮しないといけません。 大きな異物が入った時のトラブル率はどうしても上がります。 犬猫の体積に入れた時の数字はもう少し下がると言われています。 それと、今後マイクロチップが日本でも普及してくると起こると言われているトラブルが ダブルマイクロチップという問題です。 ダブルマイクロチップ問題とは? 例えば、友人経由で成犬や成猫を譲り受けた時、マイクロチップが埋め込まれていることがうまく伝わらない可能性があります。 新しい飼い主は、ペットにマイクロチップが埋め込まれていることを知らずに動物病院に連れていき、確認されないまま施術が行われダブルマイクロチップが発生します。 異物が何個も体に入るのはやはり良くないですし、 読み込みがうまくいかないトラブルも考えられます。 これは、動物病院側の 確認ミスでもあります。 病院側がリーダーでの読み込みやレントゲンでの確認を怠った結果ですので、飼い主の責任ではありません。 しかしこれからマイクロチップが普及すると、このようなことが起こる可能性がありますので覚えておくといいでしょう。 これは、マイクロチップがすでに義務化されている国で起こっていることです。 次に、マイクロチップ埋め込みの手順と費用について説明します。 マイクロチップの種類をよく確認するまず、行きつけの動物病院が扱うマイクロチップが、 ISO規格かどうかの確認をしっかり行ってください。 ISO規格を外れているマイクロチップだと、リーダーに互換性がない場合があります。 そうなると読み取り不可になる可能性が出てきますので、どのリーダーでも読めるISO規格のマイクロチップを埋め込む必要があります。 マイクロチップを埋め込む場所は?犬は首の付根か肩のあたり、猫は首の付根あたりに埋め込むのが一般的です。 そのあたりは犬も猫も自分で触ることができませんので、なめたり掻いたりして 損傷する可能性が低い場所です。 読み取る施設側も埋め込まれる場所は熟知していますので、その周辺をくまなく探ってくれます。 マイクロチップが正常に起動しているのに、読み取れないということは起こりませんので安心してください。 マイクロチップを埋め込む方法注射器のような形をした インジェクターという挿入器で皮下組織に埋め込みます。 まずはじめに、埋め込む前のマイクロチップをリーダーで読み込んで、書類に記載されている数字と相違がないかを確認します。 確認が完了すればインジェクターで埋め込み、早ければ数分で施術は終了です。 かなり太い注射器になるので痛そうですが、それほど痛がることはないようです。 飼い主の希望があれば部分麻酔を使いますが、一般的には 麻酔なしですぐに終了するものです。 埋め込みが終われば皮膚の上からリーダーで読み取り、正常に反応すれば完了です。 その後、書類の 飼い主控えを受け取り、一般的には動物病院側でID登録の手続きをしてくれます。 後日、 登録完了通知ハガキが自宅に届きます。 この飼い主控えと登録完了通知ハガキは大切に保管しておきましょう。 先にもお話したように、飼い主の変更や引っ越し時の変更手続きに必要になります。 マイクロチップ埋め込みの費用 マイクロチップ埋め込み施術の費用は、動物病院により変わってきます。 高くても1万円、平均では 3,000円~5,000円ほどになります。 そして、ID登録の手続きにも別途 1,000円が必要です。 マイクロチップは壊れない、30年間の耐年数があると言われていますが、海外では 壊れる例もあるようです。 とても低い確率ですが、やはり人工的なものはいつか壊れることを見越して、定期的に自分で確認するという方法を取る人もいます。 リーダーはAmazonなどの通販サイトで売っています。 高いものでは1万円を超えますが、手頃な値段で6,000円ほどのものがよく買われているようです。 そのリーダーで、毎月一定の日に読み込んでみます。 読み込みが完了すると数字の羅列が表示されますので、それを確認できたら正常です。 読み込みができない場合は、マイクロチップが故障していたり、皮下脂肪の中を移動している場合がありますので、 動物病院で確認してもらう必要があります。 しかし、めったに壊れるものではありません。 ペットの健康診断の時に、動物病院が持っているリーダーで読み取り確認してもらうくらいで充分でしょう。

次の

【犬猫マイクロチップ】義務化になるの? 不安なので調べてみたよ。

犬 マイクロ チップ 義務 化

犬に埋め込むマイクロチップは、国際標準化機構(ISO 11784及び11785に適合している物になります。 現在、国内で主に販売されているマイクロチップは、DATAMARS社アイディール・AVID社マイクロチップII・DESTRON社ライフチップ・TROVAN社トローバンID-162のマイクロチップの4つです。 犬にマイクロチップを装着するには? 犬にマイクロチップを装着するのは医療行為になるので、動物病院で行います。 埋め込み方法は、通常の注射と同じ要領で行われるので、麻酔などの特別な処置は必要ありません。 マイクロチップの装着方法 マイクロチップ自体が小さいものなので、装着も驚く程簡単です。 マイクロチップの装着は、専用インジェクター(注射器のようなもの)を使って、予防接種と同じように行います。 専用インジェクターは、注射器より少し太さがあるので痛そうに見えますが、通常の注射と痛みは変わりません。 マイクロチップ装着の場所は決まっていませんが、犬の場合は、首の後ろの皮下に埋め込むのが一般的です。 ごく稀に、皮下の中で移動することがありますが、筋肉組織には移動できないので、データの読み取りに支障ありません。 マイクロチップによる副作用 犬のマイクロチップは、体内に埋め込んでも副作用が起きないように、チップの外側を「生体適用ガラス」または「ポリマー」で保護されています。 そのため現在のところ、日本国内での犬のマイクロチップの埋め込みによる副作用(腫瘍など)やショック症状は、1件も報告されていません。 マイクロチップが体に影響を及ぼす危険はほとんどなく、 海外での副作用の症例では、何千万頭のうち腫瘍が認められた症例が2件報告されています。 これは、ワクチン接種による副作用と比較してもはるかに少なく、マイクロチップが体に影響を及ぼす危険はないと言えます 犬のマイクロチップの料金価格 犬にマイクロチップを装着する場合、データ登録費用(1,000円)と装着費用の2つの費用が必要になります。 【マイクロチップ装着料金】 「診療費込み」や「データ登録料込み」など、動物病院によって料金が違います。 事前に料金を問い合わせておくといいしょう。 マイクロチップ装着料金は、4,500円から6,000円くらいが目安です。 犬のマイクロチップ埋め込み助成 各都道府県では、犬のマイクロチップの装着を普及する目的で、助成を行っています。 詳しく知りたい人は、お住まいの地域の、またはで問い合わせてください。 犬のマイクロチップの登録 犬にマイクロチップを装着した場合、データ登録を行う必要あります。 データ登録は、お住まいの地域によって、「動物病院が代行して行う」「自分で行う」の2つの方法があるので、必ず登録方法を確認してください。 マイクロチップに登録したデータは、AIPO(動物ID普及推進会議)が管理を行います。 AIPOは「日本動物愛護協会」「日本動物福祉協会」「日本愛玩動物協会」「日本獣医師会」の4団体から構成される公的機構です。 マイクロチップに登録する情報 犬に埋め込むマイクロチップには、飼い主情報と別に獣医師による動物情報を登録します。 【飼い主情報】• 電話番号• FAX• E-MAIL• 緊急連絡先(携帯電話) 【動物情報】• 犬の名前• 生年月• 性別(去勢・避妊・不明)• 種類コード• 毛色コード• ID番号(15桁)• 獣医師名• 登録番号• TEL• FAX• 動物病院名• マイクロチップの登録書類・AIPO登録完了通知はがきは、なくさないように大切に保管してください。 犬のマイクロチップ登録は、必ずAIPOで行ってください 現段階で、犬のマイクロチップのデータ登録を管理している団体は、AIPOの他にFam(ファミリーID管理機構)があります。 Famは一部のペットショップなどに利用されているようですが、認知度が低いです。 実際に動物病院・保健所・動物保護センターなどで、データ照会として使用されるのはAIPOのデータベースになります。 つまり、Famにデータ登録していても、データ照合で使われるのはAIPOのデータベースなので、意味がないということです。 Famにデータ登録している人は、必ずAIPOにもデータ登録を行ってください。 新たにAIPOにデータ登録する場合は、マイクロチップを入れ直す必要はありません。 Famに登録されている番号をAIPOに登録し直すだけで簡単に行う事ができます。 AIPOかFamか分からない時は?まずは、マイクロチップの書類を確認してみましょう。 それでも分からない場合は、動物病院でデータ照会を行い、確認してください。 マイクロチップの登録(住所変更)のやり方 マイクロチップに登録した情報に変更があった場合、マイクロチップデータ変更の手続きを行ってください。 特に、引っ越しなどで住所・電話番号が変わったら、速やかに変更を行いましょう。 変更の手続きに費用はかかりません。 必要な物は、下記のいずれか1つになります。 AIPO・IDデータ登録申込書(飼い主控え)• AIPO登録完了通知はがき• ライフチップ・受付完了はがき 該当する書類がない場合は、に問い合わせてください。 オンラインで登録(住所)変更手続き マイクロチップの登録情報の変更は、でも行えます。 オンラインでの手続きの場合は、「AIPO・IDデータ登録申込書(飼い主控え)」「AIPO登録完了通知はがき・受付完了はがき」がなくても、免許書などの公的機関発行の身分証明書があれば変更可能です。 AIPO・IDデータ登録申込書で登録(住所)変更手続き• AIPO・IDデータ登録申込書(飼い主控え)をコピーします• コピーしたAIPO・IDデータ登録申込書の左上の区分「 変更」に〇をつけ、変更箇所を二重線で消し、変更内容を明記します• AIPO事務局に郵送、またはFAXで送ります AIPO登録完了通知はがき・受けつけ完了はがきで登録(住所)変更手続き• AIPO登録完了通知はがき・受付完了はがきの「 ID番号」が書かれている面をコピーします• 余白に変更内容を明記し、AIPO事務局に郵送、またはFAXで送ります マイクロチップで犬の場所は分かりません!! マイクロチップには、GPS機能はついていないので、犬の現在地が分かるわけではありません。 動物の愛護及び管理に関する法律では「動物の所有者は、その所有する動物が自己の所有に係るものであることを明らかにするための措置として環境大臣が定めるものを講ずるように努めなければならない」とされています。 マイクロチップは、犬が動物病院・保健所・保護センターなどに保護された場合に飼い主を見つけるための物なのです。 GPS gpsが必要なら 最近では、GPS機能がついた首輪やGPSを使った位置情報サービスなどがあります。 マイクロチップ装着と合わせて使うとより安心です。 犬にマイクロチップを装着するメリット・デメリット 犬にマイクロチップを装着する最大のメリットは、データ照合できる場所(動物病院・保健所・保護センター)であれば確実に個体を識別できることです。 万が一、愛犬が迷子になっても、保護さえされていれば見つかる可能性が高まります。 デメリットは3つあります。 マイクロチップの装着費用• 確認にマイクロチップの読み取り機が必要•

次の