王子 が 私 を あきらめ ない ネタバレ。 【王子が私をあきらめない!】最新話ネタバレとあらすじまとめ!

王子が私をあきらめない!【48話】最新話のネタバレと感想!王子は庶民を勉強する

王子 が 私 を あきらめ ない ネタバレ

しかし小梅が通う超セレブ学園では、毎日が青空。 風に乗って花の香りが漂い、昨日の夜は流星群が輝きました。 それもこれも、 「初雪様が恋をしていらっしゃるからだわ」 天候さえも支配する、規格外のリアル王子。 一文字初雪が恋をすると、空さえも彼の前に跪くのです! 「小梅君、放課後の予定は?」 「オペラを観に行こう!」 廊下で初雪に声をかけられ、迷惑顔の小梅。 「行きません。 期末テスト前ですよ!?」 試験勉強しないんですか?という小梅の問いに、首をかしげる初雪。 (したことないんだろうな・・・)とため息をつく小梅に、初雪は、 「僕も付き合おう」 と、放課後中庭で、小梅に勉強を教えることを提案します。 2人でお勉強 放課後。 中庭にテーブルを用意させ、小梅を招いた初雪。 しかし初雪の側近・四天王の柿彦は、小梅に 毒を盛ろうとします。 しかしあっさり見抜かれ、人払いされる四天王。 「さて、数学からだったな」 お茶を飲みながら、教科書を開く初雪。 その表情に少しだけどきりとする小梅でしたが、 (いや、ドキ!じゃないでしょ)と自分に言い聞かせ、勉強に集中することにします。 しかし初雪は、 「これのどこにわからない要素が?」 と、不思議そうに首をかしげる始末。 「あるんです!私には!」 激しく突っ込む小梅ですが、初雪の指導はとてもわかりやすく、苦手な問題もスラスラと解けるようになります。 小梅の気持ち 「すごい!わかりやすい!」 「初雪先輩ってなんでもできるけど、勉強教えるのもうまいんですね」 初雪の的確な指導に喜ぶ小梅。 彼女の笑顔に、不意にときめいた初雪。 「小梅君」 小梅の名を呼び、すっと顔を近づけてきます。 「えっ、ちょっ、」 「ちょっと待った〜〜!」 突然のことに、ムギュッと初雪の顔を押し出し、静止する小梅。 「お・・・おかしいでしょ、付き合ってもないのに」 「なんでそう簡単にキスするんですか」 動揺する小梅に、初雪は、 「一体どうすれば、君は付き合う気になるんだ」 と尋ねます。 最近自分でもわからない、もやもやに悩まされていた小梅。 彼女はそれを説明しようと、 「わ、私の気持ち・・・とか」 と、ぎゅっと手を握り、小さく呟きます。 その瞬間、空は黒い雲に覆われ、大粒の雨が降り出します! 驚く小梅に、初雪は、 「つまり君は、僕に好意を抱いていないと」 と、真顔で尋ねるのです・・・ 王子が私をあきらめない!2巻8話感想とその後の展開は? 小梅に告白し、毎日がバラ色の初雪。 しかし小梅は、言葉にならないモヤモヤを抱えていました。 そんな小梅に初雪は「ある宣言」をします! 天候さえも支配する、スーパー王子・一文字初雪。 小梅に愛を告白し、毎日がバラ色の王子様ですが、当の小梅の胸は曇ったまま。 出会ってからずっと、振り回されてばかりの小梅。 だけど最近、振り回されるのが嫌じゃなくなってきた。 そんな自分に、小梅は戸惑っていたのです。 しかし 「小梅が自分に好意を持っていない」可能性に気づいた初雪。 改めて自分の気持ちを整理して観た初雪ですが、やっぱり答えは一つ。 揺るぎない王子は、小梅に、きっぱりと愛を宣言します! 何かとすごすぎて笑いが止まらない初雪の王子っぷりですが、こういうところは本当に「王子」だなって思います。 観ていると胸がキューンとして・・・。 惚れます(笑) 少しずつ変わってきた、小梅の心。 月額料金もひと月300円(税抜き)からとリーズナブルなので、お財布にも優しくて安心。 最新の情報は、U-NEXT公式サイト内にてご確認ください。 BookLive!で半額クーポンゲット! 月額制はちょっと・・・という方には、 BookLive! がオススメです^^ ここは無料会員登録すると、 好きな本を半額で買えるクーポンがもらえるんです! 会員登録は無料ですし、 月額制ではないので月々の課金もありません。 コミックとは別サイトになりますので、ご注意くださいね).

次の

「王子が私をあきらめない」1巻4話ネタバレ!【王子、覚醒する】

王子 が 私 を あきらめ ない ネタバレ

リンク 王子が私をあきらめないとは、どんなお話なのでしょうか。 タイトルからのとおり、 王子が告白をしてきますが、断っている主人公のお話です。 ですが、このお話はほとんど ギャグっぽいテイストです。 吹き矢を吹いたりする取り巻きがいたり、王子が嘆くと雨がふったり、喜ぶとバラの花びらが飛んだりとマジックが起こります。 真面目に読む人は、苦手意識があると思います。 ただし、ギャグが好き!テンポの軽い漫画が好き!という人ははまる王道恋愛漫画です。 主人公は庶民・ 小梅。 王子は 初雪と言います。 王子は、ノーベル賞級の発見をいくつかしてしまうほどの天才。 油田を掘り当ててしまうほどのラッキーがおこってしまうのも日常です。 そんな神が愛した初雪王子の初恋のお相手が、庶民で平凡な小梅です。 小梅はちょっとしたラッキーでお金持ち学園に入ってしまいました。 この二人を周囲は不釣り合いと、反対をしています。 また初雪には、婚約者もいます。 それぞれの取り巻きが恋路を邪魔したりと、小梅は騒動に巻き込まれ日々。 6巻でも今までで最大のピンチに襲われます。 しかし、初雪の婚約者あかりの取り巻き・不知火兄弟のせいで、新聞部にスキャンダルをねつ造されてしまいます。 周囲は激怒!身の程しらずの小梅が、破廉恥な行為をしたと大騒ぎ!そして、小梅は周囲から孤立してしまいます。 文化祭で小梅のクラスは演劇をすることになっています。 ですが、当日にキャストがボイコット!小梅は王子役をすることになりますが、相手役がいません。 そんな小梅を助けたのは、もちろん王子でした。 そして王子のとりまきの四天王も助けてくれます。 わがままな女性役のバラ役を王子が熱演!性別をこえた神々しさにみなが魅了されます。 四天王にさえ頭をさげて、小梅のピンチを助けたといいます。 無事、舞台は大成功! 王子が激怒?深まる絆 騒動をおこした不知火に激怒する初雪。 ですが、この問題は自分の問題と小梅は初雪をなだめます。 小梅は不知火をビンタしてしっかり落とし前をつけます。 キスをしたこと、妨害されたこと。 怒ったならビンタをするという小梅に、初雪はキスをしたけれどビンタされたことがないと言います。 すると、自分から初雪にキスをしする小梅。 花が舞います。 婚約者あかりとの対決!ティアラをかけて特訓 聖夜祭まで一ヶ月、その祭典ではティアラをきめるイベントがあります。 ティアラとはクリスマスイブに開かれる聖夜祭で選ばれる、学園の女王のことです。 知識、教養、家柄、特技などすべて兼ね備えた人におくられる称号です。 あかりは初雪から婚約しないと言われ、体調を崩します。 小梅はあかりをお見舞いに行きますが、身分がつりあわないと言われてしまいます。 ですが、今は21世紀!身分なんて関係ないと小梅は断言! もしティアラになったら、同等の友達としてみとめてほしいと言ってしまいます。 あかりは了承し、もしなれなかったら初雪の目の前から消えてほしいと言われます。 ティアラのことを深くしらない小梅はあっさり話しを受けてしまいます。 しかし、そんな甘いことではありませんでした。 そして事態を知った初雪、四天王から修行の講師を紹介されますが断ることに。 あかりは、あまりの無謀な挑戦に同情して不知火にコーチを命じます。 小梅は不知火にコーチを頼むことにしました。 不知火兄弟は、あかりによって拾われ、育てられました。 彼女のためならどんなことでもできます。 ですから命じられたことはしっかりとこなします。 時間は過ぎて行き、聖夜祭が近づいていって…… ここまでが6巻です。 王子が私をあきらめない 感想 あらすじのみ記述しているので、細かい描写はぜひ漫画にてご堪能ください。 王子と小梅のラブラブな描写もたくさん見ることができます。 また、不知火兄弟のあふれるあかりへの愛。 王子にきっと嫉妬しているだろうに、自分の身分と恩義を考えて、あかりへの命令を完遂する姿勢は健気です。 そして小梅のピンチには必ず助けてくれる王子。 1巻ではあまりの人間を超越した存在に、かっこいいと正直思えませんでいた。 ですが、王子がだんだん人間らしく小梅のささいな仕草にうろたえ、恋している表情がときめいてしまいます。 王子がかわいい!あるいみ、ヒーローでありヒロインのような王子ですが、6巻では小梅の雑草魂がみられたのは楽しかったです。 庶民が身分に負けず、戦っていくのは爽快!これからも応援していきたいです。 王子が私をあきらめないが好きなひとにオススメしたい漫画は? おまけとして、王子が私をあきらめないが好きなひとにおすすめしたい漫画を紹介したいと思います。 身分差や学園ドタバタが好きなひと向けです。 どの世代も知っているといって過言ではないでしょう。 リンク 小学生のころにはまった小説です。 今はないレモン文庫が懐かしい。 そのあと再版されています。 悪徳令嬢コンテンツは小説家になろうで流行っていますが、実はこの作品をオマージュされてるのでは?と思いました。 レモン文庫の森奈津子先生の本はほぼ読みました。 悪役令嬢に憧れる女の子と、学園ドタバタコメディ おわりに 格差ものは楽しい!そして、その格差を力業でおしのけながら結ばれるカップルがまた素敵です。 愛ですべては解決できる!夢物語のようですが、漫画だからこそ愛は正義は許してほしい。 すっきり爽快で、楽しく読める作品です。 次回は、ライバルとの戦いが気になります。 結果がどうなるのか、楽しみにまっていようと思います。 rinnrinnkarinn.

次の

王子が私をあきらめない!40話/7巻のネタバレ【最新話更新】10月号

王子 が 私 を あきらめ ない ネタバレ

そのことに気づいた初雪は、小梅に直接尋ねます。 「僕は君にとって、迷惑だったのか」 それに対し、はっきりと、 「迷惑です」 と、答えた小梅。 「そうか」 傷ついた表情で、その場を去った初雪。 これで二人の関係は完全に終わったと、寂しさを覚えた小梅ですが、 翌日から、まさかの猛攻がはじまります! 留年王子 「具体的にどのような点が迷惑だったか」 「反省と今後の対策のために聞きたい」 翌日小梅の前に現れ、ずいっと尋ねる初雪。 「初雪様がお尋ねだ!速やかに答えろ吉田ァ!」 剣崎 (メガネの人)にも責め立てられ、困り果てる小梅。 さらに王子は、小梅と「自然な友情」を築くため、なんと、 1年生に戻り、小梅のクラスに編入してきます! 「クラスメイトとして自然な友情を、一から築こうと思う」 「よろしく小梅君」 礼儀正しく挨拶をする初雪に、青ざめる小梅。 「よろしくなーーーい!」 小梅のツッコミが、クラス中に響き渡ります! その感情の名は 小梅を怒らせてしまったことで、思い悩む初雪。 彼は生徒会室で、四天王の一人で親友でもある椿に相談します。 「怒らせてしまった・・・」 「なぜだろう、椿」 そんな初雪に、ため息交じりに返す椿。 「やり方がぶっ飛びすぎだ、初雪」 「いつも冷静なくせに、らしくない」 「なんでだ?初雪」 「なんでそこまで、平凡な庶民の生徒にこだわる」 椿の問いに、初雪は、 「なぜだろう」 「わからないが、彼女といると心が浮き立つ」 「まるで空気の色が変わるようだ」 と、胸に手を当てて答えます。 そんな初雪に、椿は、 「・・・そういう感情をさ、世間一般では・・・」 「いや、まあいいや」 と、 意味深な笑顔を見せるのですが・・・? 王子が私をあきらめない!1巻4話「王子、覚醒する」感想とその後の展開は? 小梅への初めての感情に戸惑いながら、猛攻を続ける初雪。 やがて彼は小梅との会話の中で、自分の本心に気がつきます。 とうとうハートに火がついた、王子の熱意の行方とは? 今まで誰にも平等に、冷静に対処していた初雪。 圧倒的な「王子」ぶりで活躍し続けていた彼にとって、誰か一人に執着するのは初めての経験でした。 しかし、その感情に名前がついた時。 王子・初雪の、 真の暴走が始まります! 見ている方としては、いやいや早く気づけよ!なんて突っ込みたくもなってきますが(笑)、 それが初雪の魅力なんですよね〜。 まさに王子の中の王子です。 この4話「王子、覚醒する」、ワタシ的には、 1巻最大のキュン死にシーンだと思ってます。 必見です! ぜひ!ぜひ見て欲しい!! 圧倒的王子・初雪が、恋に気づくあの瞬間。 読者もきっと、恋に落ちます・・・!.

次の