ももんがそくほう。 キーワードツール ももんが の使い方|簡単さがGood!?

ももんが(キーワード発掘ツール)はおすすめアフィリエイトツール?体験レビュー! | 超基本サイトアフィリエイトの作り方

ももんがそくほう

キーワード選定はアフィリエイトを実践する上で、避けて通れない重要な作業ですよね。 もう、これを否定する人はないんじゃないかと。 そんな大事な キーワード選定の作業を助けてくれるのが、キーワード選定ツールです。 キーワード選定ツールを使うと、• 短時間で• 成果を出やすいキーワードを• たくさん探し出す という 『キーワード選定作業の効率化』が可能です。 そんな大事な作業が効率化できるのですから、キーワード選定ツールに投資することは、アフィリエイトで成果を出すための近道を進んでいると言っても過言ではありません。 もちろん、無料のツールを組み合わせてキーワード選定を実践することももちろんできます。 が、重要な作業を効率化できるのだから、キーワード選定ツールに投資することは十分に価値のある話。 ということで、今回は キーワード選定ツール「ももんが」の使い方や、どんな人にオススメのツールなのか、といった点をお伝えしていきます。 ももんがは、カンタンな操作で狙い目のキーワードを抽出してくれるキーワード選定ツール(キーワード発掘ツール)です。 キーワード選定って、アフィリエイトの成果を左右する重要な作業ですよね。 まして、アドセンスやトレンドアフィリエイトにおいては、キーワード選定が1番重要だと言えます。 でも、重要だからと言っても キーワード選定ばかりに時間を割くわけにはいきません。 キーワード選定の後には、最も時間のかかる記事作成という作業が待っています。 記事がなければブログも作れない。 そして稼げない。 つまり、キーワード選定って• 成果に影響するのでいい加減に済ませるわけにはいかない(確実に実践したい)• だけど、できるだけ短時間にすませたい ってジレンマ(矛盾)を抱えているわけです。 だから、キーワード選定ツールも操作が難しかったり、わかりにくいと、慣れる・使いこなすのに時間がかかってしまい、効果は半減。 その点、ももんがは操作がカンタンですし、出てくる情報もシンプルでわかりやすいという利点があります。 ももんがは「確実に」と「短時間」に両方の条件を満たしてくれるために作られたキーワード選定ツールだと言えるでしょう。 でも、カンタン・シンプルと言ったって感じかたや基準は人それぞれですよね。 そこで、百聞は一見にしかず! ももんがの使い方や、どんなことがわかるかを実際の画面のキャプチャを使いながら説明していきましょう。 本当にカンタン!?ももんがの使い方と調査結果でわかること では、実際に• ももんがの使い方• ももんがを使ってわかること を見ていきましょう。 まずは、基本的な使い方から。 これだけで、キーワードを探して結果を出してくれます。 カンタンですよね。 もちろん、2つ以上のキーワードもまとめて調べられますよ。 と、ももんがの基本的な使い方って、これだけで説明できてしまうんですね。 それだけ操作がカンタンだということを私も説明しながら実感してしまいます(笑)。 実際にキーワードを入力して調べてみる! では、実際にキーワードを入力して調べてみましょう。 ももんがを使えば、どんなことがわかるのか、という視点て読み勧めていってください。 まずは、調べたいキーワード(今回は「水風呂」と「ジャクジー」にしてみました)を入力し、調査ボタンを押します。 星の数が多いほどライバルが少ないキーワードであることを示してくれています。 この5段階評価で示される狙い目度が、ももんがの最大のポイントと言っても良いでしょう。 初心者や成果が出ていない人が、あれこれ細かい情報を見ても混乱するだけ。 シンプルに5段階評価で出てくれば、 視覚的に判断できてわかりやすいですよね。 アドセンス、トレンドアフィリエイトのようにライバルが弱ところを狙っていくなら、単純に星の数で絞り込んで、その中から検索需要のあるものを選んで記事にしていくって方法でも十分にやっていけます。 カンタンな操作で、キーワードの絞り込みができますから、「短時間に」「確実に」こなせますね。 他の情報は必要最低限 2つ目の特徴は、 狙い目度以外に出せる情報を必要最低限に絞っているということ。 狙い目度の他に出てくる(出すことのできる)情報は、• 単語数• 競合数• 広告数• ページ数 の4つで、それぞれがキーワードごとに数値で表示されます。 もちろんすべて使用する必要はないので、参考情報としてみていけば十分です。 慣れてきたらステップアップのために競合数やページ数あたりを見ていくのも良いですし、物販やサイトアフィリエイトならば広告数も参考にできます。 細かい情報が出されても使えなかったら意味がないですよね。 反対に混乱する可能性だってあります。 混乱して手が止まってしまうくらいなら、情報量を絞ったほうが良い。 ももんがはそういう考え方で使っていくキーワード選定ツールだと言えるでしょう。 詳しく調べるための一発リンク集 狙い目度と必要最低限の情報が出ているのがももんがの特徴ではありますが、当然ながらもう少し詳しく調べたいというケースも出てきます。 例えば、GoogleやYahoo!で実際に検索してみて、上位1ページ目のサイトが何について書いているかや、無料ブログが上位表示されていないかをチェックしたいとか。 他にも知恵袋で検索して、人々がどんな悩み・疑問を持っているかを調べるってケースもありますよね。 そこでももんがは、 各種情報サイトの検索結果を一発で表示してくれるリンクを調査結果に表示してくれます。 例えば、赤い矢印をつけた「Yahoo」の部分をクリックして見ると、ブラウザが起動されて、Yahoo!で検索した結果が出てきます。 対して、ももんがを使う場合は、「Yahoo」を ワンクリックするだけで検索結果が出てきます。 あなたが調べたいと思うサイトへのリンクを1回クリックすれば表示してくれるように作られているというわけです。 キーワード選定の作業って検索の繰り返しですから、 毎回の検索がワンクリックで済むか、都度キーワードを入れて検索するかの差は効率化の面で大きいですよ。 他にもある ももんがの特徴 ここまでももんがの使い方と、ももんがでわかることを中心に説明してきましたが、ももんがが シンプル・カンタンで良いと感じるところは、他にもあります。 インストール・設定が簡単 パソコンで使うツールって、最初の導入(インストール)や設定が難しいっていう場合があります。 あるツールを買ってはみたものの、導入作業が難しくてあきらめてしまい、使っていないなんてこともあるかもしれません。 その点、ももんがは心配なし。 インストール作業がカンタン、というかインストール作業なしで使えます。 これだけで、ももんがが使えるようになります。 パソコン初心者でも安心ですよ。 動作が軽い シンプル・カンタンとは少し違いますが、 ももんがには回数無制限のメールサポートがついていることも見逃せません。 ここまで説明してきたとおり、ももんがは使い方が簡単なので、使い始めからすんなりと使えるようになると思いますが、継続して使っていくうちに疑問が出てくることもあるかもしれません。 そんな時にメールで質問できる。 しかも 回数制限もないし、期限もなし。 しばらく使ってから疑問がわいてきたけど、サポート期間を過ぎたから質問できないなってこともないので安心ですよね。 細かい点を挙げたらきりがないですが、ここまで説明してきた内容だけでも、ももんがのシンプル・カンタンであることの良さがわかってもらえるのではないでしょうか。 ももんがにデメリットはないのか? 良い点、オススメできる点について説明してきましたが、逆にデメリットはないのかという点も気になると思いますので、正直にお伝えしてきます。 デメリットの1つが、シンプルすぎるという点。 ももんがの特徴であるがゆえに、シンプルであることはメリットにもデメリットにもなります。 ゴリゴリのSEO対策用としては、ももんがはまったく向いていません。 逆に、細かいSEO対策を必要としていない、実践していないのであれば、シンプルであることはデメリットと考えなくでも大丈夫だと言えます。 そして、もう1つのデメリットはメインキーワードを探すことに向いていない、という点です。 この記事の例で言えば、「水風呂」や「ジャグジー」というメインキーワードと組み合わせて使うキーワードから、ライバルが弱いもの教えてくれるのが、ももんがの機能です。 例で言う水風呂とか、ジャグジーというようなメインキーワード(1語目のキーワード)を探してくれるツールではありません。 と言っても、別の記事でも書きましたが、キーワード選定ツール全般の話として、メインキーワードを探すという機能を持っていません(検索ランキングを利用したトレンドキーワードを除く)。 【参考記事】 なので、ももんがのデメリットというより、キーワード選定ツールのデメリットです。 メインキーワードを探す目的で、キーワード選定ツールを購入することはしないでくださいね。 ももんがはどんな人におススメ? キーワード選定ツール「ももんが」がどんなツールなのか、というイメージをもってもらえたのではないでしょうか。 で、この記事を読んでくださっているあなたが知りたいのは「ももんがを買う必要あるのか」という点だと思います。 結論から言うと、 『はじめてのキーワード選定ツール』であったり、 『他のツールは使いこなせなかった』 という人がキーワード選定ツールを選ぶなら、迷わずももんがをおススメします。 反対に詳しい情報が欲しい、細かいSEO対策としてキーワード選定ツールが欲しいというのなら、ももんがはおススメできません。 カンタン・シンプルだけに細かい情報が欲しい人にはももんがは向かないです。 ももんがと比較されることの多いCOMPASSとか、さらにはもっと高価なキーワード選定ツールを手にすれば良いと思います。 キーワード選定ツールを検討している、気になっているけど、• 初めてでよくわからない• どのツールを選ぶか迷っている そんな場合は、ももんがを選択することをおすすめしますよ。 使い方• どんな人におすすめか という点を中心にお伝えしました。 せっかくツールを手にしても、難しくて使いこなせなかったら、宝の持ちぐされ。 そんな残念なことにならないためには、カンタン・シンプルなツールを選ぶという選択が良いと思います。 値段も手頃ですから、もっと詳しい情報がわかるツールが欲しいって思える頃には、ももんがの購入費用の元は取れているはず。 まさか自分が、と驚くようなことが私の身に起きました。 そんな体の異変を経験し、会社からの収入だけで生きていくことに危機感を覚えて、アフィリエイトを始めました。 今ではアフィリエイトによる収入が、毎月5万円を突破。 「いつでも脱サラできるよ」と笑いながら堂々と言えるために、さらに上のレベルを目指しています。 最近の投稿• このブログの記事を検索 カテゴリー• 人気記事• 【おすすめ教材】.

次の

『スーツケースの機内持ち込みについて』ももんがさんの質問・掲示板【フォートラベル】

ももんがそくほう

変更履歴 epubに暫定対応しました。 本バージョンより本棚DBのフォーマットを変更しています。 表紙カタログキャッシュの一括作成機能を追加しました。 仮想書庫のタイトルに半角ピリオドが使用できない不具合を修正しました。 本棚詳細設定ダイアログを閉じる条件(当たり判定)を変更しました。 指定ページ数スキップする機能を追加しました。 左開き時にタップエリアの左右割り当てを入れ替えるかどうかを設定できるようにしました。 ベータからクラシックに昇格しました。 非ベータのため、利用期限はありません。 画像補正の選択状態を次回起動時に復元するようにしました。 ページビューアの要求画面解像度を横720から横640に変更しました。 トランジションエフェクトを調整しました。 スマートズーム倍率を設定可能にしました。 本棚の収納冊数が実際よりも多く表示される不具合を修正しました。 仮想書庫のサポート有無を本棚毎に指定できるようにしました。 長いパスのファイルを取り込もうとした時にアプリ終了することは無くなりました。 仮想書庫内のページが自然数ソートされていない不具合を修正しました。 RARファイルで見開き判定が不正になる不具合を修正しました。 ページ読み込みの最適化 クラッシュレポート関連の修正 グルーピング切り替え時に選択状態が解除されてしまう事がある不具合を修正しました。 ズーム表示時のフリック挙動を調整しました。 フリック感度を設定できるようにしました。 サムネイルにErrorが表示されてしまう現象の追加対策をしました。 13 九十九折で未表示領域があるにも関わらず改ページしてしまう不具合を修正しました。 サムネイルにErrorが表示されてしまう現象の対策をしました。 稀にページビューアが起動できないことがある不具合の対策をしました。 カタログビューアからラベルとスターレートを変更できるようにしました。 「前回の続き」でボックス内の異なるファイルを開いてしまう不具合の対策をしました。 その他、細かい修正をしました。 13 表紙カタログの表示サイズを変更できるようにしました。 画像ファイル入りのフォルダを仮想書庫として取り込めるようにしました。 画像のデコードに失敗してもページビューアを終了しないようにしました。 ワードフィルタがボックス内の本に対して評価されるようにしました。 グルーピング中はボックスの概念を排除しました。 ボックス展開中およびグルーピング中はワードフィルタが絞込み(フィルタアウト)ではなくリスト内検索(ジャンプ)として動作するよう変更しました。 多重起動時に起動済みプロセスをアクティブ化するようにしました。 24 ホイールズーム操作ができない不具合を修正しました。 ホイールでのページ送り方法、およびズーム感度設定をオプション画面に追加しました。 スタート画面にピン止めしたとき用のアイコンを追加しました。 19 ズーム操作の精度を調整しました。 ウィンドウの最大化を次回起動時に復元できない不具合を修正しました。 エラー発生時にレポートを表示するようにしました。 3 栞つきページをリストアップする機能を追加しました。 拡大表示時に未表示領域を巡回表示する機能を追加しました。 25 複数の本を1つにまとめるボックス機能を搭載しました。 アーカイブ内に複数ディレクトリが存在する場合に、各ディレクトリの先頭に栞を自動挿入するようにしました。 APPnヘッダが無いJPEGファイルで見開き判定が不正になる不具合を修正しました。 特定の状況下でページレイアウトが意図せずセンタリングされてしまう不具合を修正しました。 17 Windows7のクラシック表示モードで起動できない不具合を修正しました。 24 長いパスの本棚をオフラインで開けない不具合を修正しました。 15 Windows10のタブレットモードに対応しました。 画像の拡大率が不正になることがある不具合を修正しました。 その他、細かい修正をしました。 9 初回起動ができない不具合を修正をしました。 本棚を開く速度を向上させました。 5 意図せずオプション画面が開くことがある不具合を修正をしました。 3 本棚の並び替えや名称の変更ができるようになりました。 本棚を開く時にネットワーク認証を行うオプションを追加しました。 ももんが図書館を起動したままサインアウトや再起動をすると設定が保存されていない不具合を修正しました。 その他、細かい修正をしました。 27 「次の本を開く」をタップやナビゲーションボタンからも利用可能にしました。 コンテキストメニューにweb検索等を追加しました。 ページリストのプレビュー展開速度を向上させました。 フルスクリーン時は境界域フィードバックをしないようにしました。 インラインポップアップ関連の不具合の修正と操作感の調整をしました。 13 一部ウイルス対策ソフトウェアによるヒューリスティック誤検出の対策をしました。 本の先頭・末尾、栞ページへジャンプするナビゲーションボタンを追加しました。 ダブルクリックで本を開けるようにしました。 その他、細かい修正をしました。 28 ファイルドロップでの起動に対応しました。 常時単ページ表示ができるようになりました。 自動回転機能を追加しました。 その他、細かい修正をしました。 書庫内ファイルの並び順がエクスプローラーと同じになるようにしました。 「次の本を開く」をカタログソート順にする設定を追加しました。 14 ページ移動後もズーム倍率を保つようにしました。 スマートズームで1倍に戻した時のスクロール位置を調整しました。 1ページずらした時、スクロール位置が論理ページ位置になるようにしました。 タップ設定に1ページずらすコマンドを追加しました。 フルスクリーン時に最前面表示するかどうかを設定できるようにしました。 その他細かい不具合を修正しました。 11 最後に読んでいた本を開く機能を追加しました。 バージョン表記クリックで、ももんが図書館ホームページを開くようにしました。 タップ操作をカスタマイズできるようにしました。 タブレット縦持ち時に2ページ結合表示するようにしました。 ズーム時のスクロール動作を調整しました。 スマートズーム機能を搭載しました。 検索ボックスがフォーカスを失ったときにスクリーンキーボードを閉じるようにしました。 30 対応書庫:CBZファイルに対応しました。 (仮) 起動処理:多重起動メッセージを廃止しました。 (多重起動ができるようになったわけではありません) 起動処理:多重起動チェック用MutexのGUIDを変更、その他起動処理微調整しました。 本棚一覧:本棚に参照しているドライブ名、ホスト名を表示するようにしました。 本棚一覧:本棚に参照しているファイル数を表示するようにしました。 ページビュー:フリック感度を鈍化、スワイプ距離を延長、タップの遊びを拡大しました。 20 次の本が無い場合に最終ページで落ちる不具合の修正 0. 19 アプリアイコン変更 0.

次の

【ももんが】キーワード発掘ツールの使い方と特徴を【徹底レビュー】

ももんがそくほう

概要 [ ]• パーソナリティー:• アシスタント("(ツーダッシュ)時代のみ): 放送時間 [ ]• 1997年10月~1998年9月:日曜24:00~24:15• 1998年10月~1999年3月:土曜22:30~23:20• 1999年4月~9月:金曜22:00~23:00• 1999年10月~2000年3月:金曜24:00~24:30• 2000年4月~2001年3月:金曜24:00~24:25• 2001年4月~2003年9月:金曜24:00~24:30• "(ツーダッシュ)• 2003年10月~2005年3月:金曜24:00~24:30• 2005年4月~12月:日曜22:00~22:30 歴史 [ ] この節のが望まれています。 10月に放送開始。 その為、『アロマチックナイト』内のコーナーの一つであった『わくわく情報』が当番組に継承された。 その後、放送枠が度々変更されながらも(当初の15分体制が一時期1時間体制になった事もあった)、4月からは放送も開始となった(著作権の都合で楽曲はカットされていた)。 それと同時にがアシスタントに加わった。 12月に終了(全430回。 KBS京都のアニラジとしては史上最多の放送回数)。 当番組の終了をもって、純粋な意味でのKBS京都自社制作のアニラジは消滅となった(注:10月から半年間、先述の日高が15分のミニ番組を担当していたが、アニラジ色は殆ど無かった)。 主なコーナー [ ].

次の