悲しみ よ こんにちは サガン。 サガン「悲しみよ こんにちは」あらすじ&相関図で解説

『悲しみよこんにちは』 フランソワーズ・サガン

悲しみ よ こんにちは サガン

勉強していると嘘をつき、青年シリルと深い恋仲になることに夢中のセシルに対し、怒ったアンヌが彼女を部屋に閉じ込めます。 アンヌに謝りたいと願い出るセシル。 うわの空の父レイモンは、エルザが気になっている様子…。 エルザへのやましい気持ちから、アンヌにもっと愛情を示そうとする父レイモン。 演じるのを嫌がる青年シリルを慰め、愛に応える娘のセシル。 しかし何も知らないアンヌはただ、結婚する幸せに浸っています。 セシルが通行を遮り、出て行くのを泣いて引き止めても、絶望に暮れたアンヌは車で走り去ってしまい…。 取り返しのつかない軽率な行動で大切な女性を失ったと後悔するセシルと父は、アンヌに謝罪の手紙を書きつづります。 そこに鳴り響く、電話のベル。 アンヌからだと喜ぶ二人が電話に出ると、彼女が事故を起こしたとの知らせが…。 コラム:芸能人顔負けのゴシップ作家サガンに学ぶ、奔放女性の美学 「安心、安定、安全は人生の敵です」 波乱万丈の人生を駆け抜けたフランスの女流作家、フランソワーズ・サガン。 18歳という若さで執筆した本デビュー作「悲しみよ こんにちは」が世界中でベストセラーになって一躍有名人となり、2度にわたる結婚、両性愛者(バイセクシャル)で夫がいながら男女問わず愛人を持ち、スポーツカーを乗り回したあげく重傷を負った自動車事故、ギャンブルに大金をつぎこみ、薬物やアルコールに溺れ、脱税で訴えられたスキャンダルなど…、ハリウッドスター顔負けのゴシップ女王でもあったようです。 しかしそんなサガンが破天荒と併せ持つ美しい一面、人生観に対する独自の美学も、世代を超え今も多くの人々を魅了してやみません。 「優しさのない人は、相手ができないことを求める人です」 全身全霊で人を愛し、自由を愛し、孤独を愛した人生でもあったとも言えます。 作品はあくまで自分の体験談ではないと語ったサガン。 小説のような人生とは別の、小説の中の人生。 あまりにもリアルに描写されたセシルでさえ、南フランスに訪れた架空の少女にすぎなかったということなのでしょう。 「悲しみよ こんにちは」、読んでみていかがでしたか? 意見や感想など、コメントをお待ちしています。 それでは!.

次の

サガン「悲しみよ こんにちは」あらすじ&相関図で解説

悲しみ よ こんにちは サガン

2009年7月 福岡天神KBCシネマにて初鑑賞 作家の素顔 以下、『悲しみよ こんにちは』の冒頭ー ものうさと甘さとがつきまとって離れないこの見知らぬ感情に、悲しみという重々しい、りっぱな名をつけようか、私は迷う。 その感情はあまりにも自分のことにかまけ、利己主義な感情であり、私はそれをほとんど恥じている。 ところが、悲しみはいつも高尚なもののように思われていたのだから。 私はこれまで悲しみというものを知らなかった。 けれども、ものうさ、悔恨、そして稀には良心の呵責も知っていた。 今は、絹のようにいらだたしく、やわらかい何かが私に蔽いかぶさって、私をほかの人たちから離れさせる。 (朝吹登水子役 『悲しみよ こんにちは』より抜粋) 学生の頃、繰り返し読んだ小説の一冊に、フランソワーズ・サガンの『悲しみよ こんにちは』があり、その繊細で詩的な文章と、地中海に面した海辺で展開するドラマを楽しんだものだった。 どのページを捲っても美しい文章とけだるい感じ(仏語でいうアンニュイ、ennui)に満ちていて、社会で働くことを知らなかった私にはとても心地よかった。 もうカバーは破れて捨ててしまったが、新潮文庫の『悲しみよ こんにちは』はもちろん今でも手元にあり、表紙をめくると、胸の前で両腕を抱えたポーズをしたフランソワーズ・サガンのモノクロ写真が出てくる。 サガンの感受性の鋭そうな眼と、痩せた身体つきにひきつけられる。 決してサガンファンではないが、そんなふうに『悲しみよ こんにちは』をこよなく愛した読者として、この映画にはとても期待していた。 『悲しみよ こんにちは』を書いた作家だもの、魅力的な女性に決まってる。 と、考えるのは当然ですよね。 しかし、残念ながら、期待外れの映画でした。 この映画を作った人たちは、『悲しみよ こんにちは』を読んでいるのかも疑わしい・・・。 名作を書いた人が私生活ではダメ人間だったという話は日本でも沢山あるが 太宰治や石川啄木。 梶井基次郎もひどかったらしい 、それにしても、この映画のサガンはあんまりにも惨め過ぎる。 サガンがギャンブルを好み、ドラッグに溺れ、愚かしい一面があったのが事実としても、サガンが人々を惹きつけた魅力についてはほとんど描き出されておらず、一体何を伝えたい映画なんだろうと思ってしまった。 作家の素顔? あれではわがままなフランス女のステレオタイプのようで、とても真実のサガンがあらわれていたとは思えない。 本のファンとしてはがっくりきました。 ミッテラン大統領とも交流があったというサガン。 交流はあったことは触れられるが、大統領級の人間を惹きついていたサガンの魅力は取り上げられない。 サガンが美人で、奔放だったから? しかし、映画の中のサガンはちっとも美しくないのだ。 しかも、レトロな感じを出すための演出だったのかもしれないが、画像が悪く、セットも安っぽかった気がします。 なんて書いていると、いいところがない映画のように思われ、腹も立ちますが、これを機会にジーン・セバーグがセシルを演じる1957年の『悲しみよ こんにちは』を観ようかなと思っています。

次の

『サガン ー悲しみよ こんにちはー』

悲しみ よ こんにちは サガン

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年6月) 『 悲しみよこんにちは』(かなしみよこんにちは、: Bonjour Tristesse ボンジュール・トリステス)は、に発表されたのの。 サガンが18歳のときに出版された処女作である。 題名はの詩「直接の生命」の一節から採られている。 17歳の少女セシルがの別荘で過ごす一夏を描く。 22か国で翻訳され、世界的なベストセラーとなった。 の1つに数えられる。 1957年に映画化され、がセシルを演じた(映画『』参照)。 その際の短い髪型が流行し「セシルカット」と呼ばれブームになった。 また、日本では、1967年に舞台を那須高原に置き換えた、主演のテレビドラマが制作されている。 あらすじ [ ] この節のが望まれています。 18歳になるヒロインのセシルとやもめである父のレエモン、その愛人のエルザはコート・ダジュールの別荘で夏を過ごしていた。 セシルは近くの別荘に滞在している大学生のシリルと恋仲になる。 そんな彼らの別荘に亡き母の友人のアンヌがやってくる。 アンヌは聡明で美しく、セシルもアンヌを慕う。 だが、アンヌと父が再婚する気配を見せ始めると、アンヌは母親然としてセシルに勉強のことやシリルのことについて厳しく接し始める。 セシルは今までの父との気楽な生活が変わってしまったり、父をアンヌに取られるのではないかという懸念に駆られ、アンヌに対して反感を抱くようになる。 やがて、葛藤の末にセシルは父とアンヌの再婚を阻止する計画を思いつき、シリルと父の愛人だったエルザを巻き込んで実行に移す。 アンヌは自殺とも事故とも取れる死に方をする。 レエモン(Raymond) セシルの父。 で放蕩な男。 エルザ(Elsa) レエモンの愛人。 物語の前半でレエモンと別れた。 アンヌ(Anne) セシルの亡き母の友人。 セシルの良き相談相手でもある。 シリル(Cyril) レエモンの別荘の近くの家に滞在する青年。 改編作品 [ ]• - の・合作映画。 悲しみよこんにちは - ののテレビドラマ。 悲しみよこんにちは - のフランスのテレビドラマ。 悲しみよこんにちは - の(作、出版)。 この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の