石橋うなぎ店。 口に入れた瞬間ふわふわほろほろ!静岡・石橋うなぎ店の「一本焼き定食」が俺の知ってるうなぎと全然違った

「石橋うなぎ店」(静岡市駿河区

石橋うなぎ店

これが石橋うなぎ店だ 「石橋うなぎ店」の外観です。 何か気になる点はありませんか?そうですね、暖簾が裏返しなんですよね。 でも決して間違えたわけじゃありません。 食べ終わって帰るお客さんに、お店の名前を覚えてもらいたいのと、「また来てくださいね」というメッセージが込められているのです。 どこか懐かしさが漂う店内は、お座敷中心の47席。 うなぎの香りが充満していて、それだけで白飯が食べられそうな勢いです。 芸能人のサインが所狭しと飾られていますね。 アンジャッシュの渡部さんも2014年に訪れていて、自身のブログで紹介していました。 これが一本焼うなぎ定食だ 「石橋うなぎ店」の名物・一本焼うなぎ定食は、ごはん・肝吸い・お新香が付いて4,000円前後。 うなぎの仕入れ価格によって、常に変動するのだとか。 運ばれてきた一本焼きは、このインパクト。 どーーーーーーーーーーーん!!!!! 一本丸ごと出すお店というのはなかなか聞いたことがないですが、これが石橋スタイル。 皿からはみ出るうなぎを見て、もっと大きいお皿を用意すればいいじゃんとかつまらないことは言わないこと!石橋のうなぎははみ出るのがデフォルトなんです。 一本焼きなので、もちろん頭も付いています。 頭は小骨が多いので注意。 結構苦いですが、食べることもできます。 香ばしい匂いを放つうなぎによだれが止まりません。 甘めのタレで焼かれた皮はパリパリ。 皮のパリパリと身のフワフワが見事なコンビネーション。 皮のぬるっとした感じが苦手な人でも問題なく食べられます。 うまい。 濃厚でヘビーだけど不思議と箸が進む。 もう止められない、もうやみつきだ! 石橋さんのうなぎは、食べ終わってしばらく月日が経つと、また食べたくなるんですよね。 体が欲するんです。 遠方からのファンや芸能界のファンがいることにも納得。 サイドメニューもあるぞ メインメニューは一本焼うなぎ定食のみですが、サイドメニューもいくつかあります。 40分ほどかかる数量限定の肝焼きも財布に余裕があれば挑戦したいところですね。 漬物・ライス・吸い物・・・各220円 枝豆・・・220円 もろきゅう・・・320円 冷やしトマト・・・320円 わらびのしょうゆ漬け・・・320円 らっきょ(自家製)・・・320円 骨のからあげ・・・320円 葉しょうが(3月〜9月頃)・・・430円 ゆがき(肝の塩ゆで)・・・430円 うざく(きゅうりとうなぎの酢の物)・・・430円 マリネ(うなぎの南蛮漬け)・・・430円 肝焼き(数量限定)・・・2,350円 季節のフルーツ・・・320円 アイスクリーム(せん茶・きな粉)・氷菓子・・・320円.

次の

石橋うなぎ店(地図/写真/静岡/うなぎ)

石橋うなぎ店

「市内でを食べたい」となったら、真っ先に名前が挙がるのが「石橋店」さん。 というのもこちらのお店には 「の一本焼き定食」というインパクト抜群の名物料理があるのです。 「え、の一本焼き!?」と思いましたよね? 今回はその珍しい「の一本焼き定食」を皆さんに紹介したくて「石橋店」さんに行ってきました。 「石橋店」さんは、歴史を感じさせる建物と大きな赤茶色の暖簾が目印。 創業50年の老舗の名店です。 気づきましたか? のれんの表裏が逆ですよね。 でもお店は開店中の状態です。 これは食べ終わって帰るお客様に対して、お店の名前を覚えてもらいたいのと、「また来てくださいね」というメッセージが込められているそうです。 駐車場は、お店の前とすぐ向かいに5台ずつ停めることができ、さらにお店の真裏にも10台停めることができます。 人気店なので、事前に混雑状況を電話で問い合わせたほうが良いでしょう。 の香ばしい匂いに誘われながらお店に入ると、そこには古民家ならではのノスタルジックな空間が広がります。 どこか懐かしい、ほっとする雰囲気。 席数は、基本的にお座敷中心で40席ほど。 あとはカウンターが7席ほどとなっています。 店内には所狭しと芸能人のサインが飾られており、その人気度がうかがえます。 遠方からのお客さんも結構多いそうですよ。 焼きの工程を見せていただいた 二代目の女将さんに挨拶を済ませた後、焼きの工程を少し見せてました。 「石橋店」さんでは、代々女性が焼きを担当していて、女将さん自ら焼いているとのこと。 肉厚のがいい色になってきました。 香ばしい匂いにお腹がキュルルと鳴ります。 今すぐにかぶりつきたいくらい。 「石橋店」さんは焼いた後に蒸さない、いわゆる「関西風」。 パリっと焼き上げられているので、皮のぬるっと感が苦手な人でも大丈夫です。 の一本焼き定食を実食 さて、ついに登場。 これが看板メニューの「の一本焼き定食(ごはん・肝吸い・お新香付き)」です。 その名の通り、頭から尻尾までお皿に乗って いて、尻尾は完全にはみ出ています。 飴色の身が食欲をそそりますね。 身は柔らかくて箸で簡単に切れます。 口に入れると、ふわふわの身がほろっとほどけていき、パリッとした皮の食感も楽しめる。 そこに濃厚なタレが相まって、ガンガン箸が進みますね。 「これは…うまい!」 かなりボリュームがあって濃厚な味つけですが、合間にすする肝吸いがいい意味で口の中をフラットにしてくれて、最後まで飽きることなく、ぺろりと平らげました。 ちなみに、頭も食べられますが、骨が多いのでご注意を。 思っていたほど苦くはなかったです。 仕入れの価格によって、常に提供する価格も変動します。 なぜ、の一本焼き定食? 「石橋店」さんのメインメニューは、この「の一本焼き定食」のみ。 を一本焼きで出すお店って、なかなか見たことがありませんよね。 どうですか、この清々しいくらいの潔さ。 まさに一本勝負。 女将さんによると、先代のご実家が町で養鰻業を営んでいるそうですが、家庭で食べられていたのがこの一本焼きスタイルだったそうです。 なるほど、つまりはそのスタイルを踏襲したということですね。 一本焼き定食のみを提供している理由は、よくある松竹梅のような差はつけず、社長さんから一般の方まで、全てのお客さんに同じものを食べてもらいたいという思いが込められているとか。 なんて素晴らしい。 まとめ ボリューム満点で、濃厚なタレとパリッとした皮が特徴的な「石橋店」さんの「の一本焼き定食」。 近年のの高騰で、はより高級品になってしまいましたが、それでも関東から訪れるお客さんは「安いね」と言ってくれるそうですよ。 最後に女将さんより読者の皆さんにメッセージ。 「は高級品ですが、ぜひ足を運んでもらいたいです。 の高騰で多くの屋さんが大変な状況ですが、私たちもがある限り頑張ります」と女将さん。 こういった老舗には頑張ってもらいたいですね。 皆さんもを訪れる機会がありましたら、ぜひ食べてみてください。 住所:県市西中原1-6-13 電話番号:054-286-0429 営業時間:11:00~14:40、17:00~20:40(月曜は昼のみ、祝日の月曜は通常営業) 定休日:なし(元旦、月曜日の夜はお休み) 席数:47席(完全禁煙) 支払方法:現金のみ(クレジットカード不可) 駐車場:あり プロフィール Hanagex 「ととが大好き」 Twitter:.

次の

石橋うなぎ店 (静岡市) の口コミ32件

石橋うなぎ店

石橋うなぎ店の特徴• インパクト抜群!うなぎの一本焼がいただける• 静岡市では珍しく関西風でうなぎを提供している 石橋うなぎ店さんの特徴は、なんといっても一本焼!! その名の通り、うなぎを一本焼いたものが提供されるのでインパクト抜群です。 写真は後ほど紹介しますね。 また、面白いのは、入店すると注文していないのに 「一本焼うなぎ定食」が提供されてくるということ(笑) うなぎのメニューはこれしかなく、問答無用で提供される 「一本焼うなぎ定食」。 男らしすぎます(笑) そしてその一本焼、関西風で提供されるので蒸されずにパリッとした食感があります。 静岡市では関東風の蒸したうなぎを提供するお店が多いので、珍しいですね。 関西風とはいっても、背開きかつガス火で焼かれているので純粋な関西風とはまた違いますが、独特な風味があってこれはこれで良かったですよ! 女性がうなぎを焼いているのも印象的でしたね。 あまり見ない光景です。 石橋うなぎ店への行き方、外観、周辺の状況 石橋うなぎ店さんへは車が行き易いですね。 大きな通りから一本入ったところにあるので、この看板を目印に探して下さい! 駐車場に関してはこのようにお店の前と、 お店の向い、 おみせの裏にも砂利の駐車場があります。 駐車できる台数が多いのでありがたいですね!! ちなみに電車を利用する場合だと、静岡駅からタクシーで10分程度。 歩くと30分近くかかってしまいます。 ご参考までに。 そうそう、お店の暖簾をくぐったところに古い脱穀機が置いてありましたよ! 昔使っていたやつかな? 実家に置いてあったので懐かしい気分になりました。 お米にも拘っているよってことなんですかね!! 石橋うなぎ店の内装、雰囲気 石橋うなぎ店の席数は50席ほど。 座敷の席がほとんどで、 カウンターが7席ほどあります。 店内は照明が暗めで、古民家のようになっていて昭和を感じるノスタルジックな雰囲気でした。 脱穀機といいいろりといい味がありますねぇ~ 固さはなくて落ち着く印象です! また、カウンターからは焼き場が見られるのが良いですね。 先ほども触れたように、ガス火で焼いているようですね! 炭焼きのような香ばしい風味は出ませんが、ムラなく焼けるといったメリットはあります。 どうしても火力が弱くなってしまうので食感に物足りなさはありますけどね。 それでもまぎれもない関西風のうなぎですよ! 石橋うなぎ店のメニュー 石橋うなぎ店さんのうなぎメニューはこれだけ! 男らしいですね!4,200円、税込4,500円という謎の表記にも男らしさを感じます(笑) 十円以下を切り捨ててくれているんですかね? そしてコチラが一品料理。 「ゆがき」や 「マリネ」が気になりますね~。 他では見ないメニューです! そして肝焼き2,500円というのは、いったいどのようなものなのでしょう・・・。 肝が20個くらい出てくるのかな?気になる。 裏にはドリンクのメニューがありました! いまは法律も厳しくなって、うなぎ屋さんでお酒を飲む人が減ってしまいましたね。 夜の営業でお客さんの足が鈍いのはそのような理由も影響しているようですよ~ まぁ、石橋うなぎ店さんでは問答無用で 「一本焼うなぎ定食」が出てくるので、黙ってそれをいただきましょう! 石橋うなぎ店のレビュー お待たせしました!こちらが問答無用で提供されてきた 「一本焼うなぎ定食」です! 背開きですね。 うなぎの頭と、骨を揚げたものが付いてきました!これも珍しい! 皮はパリッと焼き上げられていますが、身はフワッと柔らかい。 強火で焼き上げたようなプリッと締まった感じではなく、優しい食感です。 タレはサラッとしていて、甘めの濃い味付けでしたよ。 長焼きなのでご飯にタレが絡んで無い分、濃いめに味付けしているのでしょうか! 出汁がよく効いた肝吸いとのバランスが良かったですよ。 関東の県外ナンバーの車も停まっていたので、関東のお客さんからも受け入れられている味だと勝手に認識しました! 浜松や名古屋まで行かなくても本格的な関西風のうなぎが食べられるお店、といった印象ですね~ 一本焼うなぎは見た目だけでなく味も抜群! インパクト抜群の一本焼うなぎ定食ですが、見た目だけではなく味も満足のいくものでした。 料理は見た目も大事なので、目でも舌でも楽しめるのは嬉しいですね~ このうなぎを食べるために遠方から足を運ぶ人もいるようなので、その人気が伺えます。 SNS映えもすると思うので、お友達にドヤ顔をするチャンスですよ!!笑 店舗詳細.

次の