通信速度 測定。 みんなのネット回線速度(みんそく)

光回線の簡単!ワンクリック速度測定(スピードテスト)

通信速度 測定

インターネット回線速度の測定サイトをお探しですか? インターネットを使う上で速度がどのくらい出ているのか、またはあなたが申し込みを考えているプロバイダはどのくらい速度が出せるものなのか気になってしまいますよね。 今回は実際に試してみた9つの測定サイトを挙げて、それぞれの特徴を見ながらご紹介していきます。 最初にお話ししておきますが、 測定サイトの結果はあくまで目安にしましょう。 理由としては、あなたのパソコンから測定するサーバーまでの距離や環境に依存するので、使う測定サイトによってもバラバラの結果が出ます。 また測定をした時間帯によってネットワークのデータ使用量の多い・少ないなども影響します。 測定結果が遅いからと言ってそのシステムが悪いという事でもなく、すべての測定結果がそれぞれ正しいという見方で試してみることをおすすめします。 その中で、「測定が簡単・機能が便利・デザインが好き」など自分の好みで使っていくのが良いと思います。 それでは、早速見ていきましょう! 目次• お手軽派の人向け Fast. com こちらはWebサイトを開くと自動的に速度測定が始まるのでお手軽中のお手軽と言えます。 ネット回線の速度測定サイトとしては後発ですが「POWERED BY NETFLIX」の表記があるように、NETFLIXの速度測定サイトなんです。 僕もそうですが、NETFLIXに関わらずHulu、Amazonプライムビデオ、Apple TVなど動画配信サービスをよく見る人にはひとつの指標になる測定サイトではないでしょうか。 また、検索結果には「次と比較: speedtest. net」というリンクがあり、下で紹介するSPEEDTESTの測定サイトでも速度を測ることができます。 ラピッドネット/Rapidnet ラピッドネットのスピードテストは他と比べて測定時間がもの凄く短いです。 サイトもシンプルなので、使い方に困るような事もありません。 「測定開始」のボタン押してほぼ一瞬で測定が終了。 最初は『あれ?これで測定できてるの?』と思ったほど。 測定結果には女の子のキャラクターがいます。 サイトもシンプルなので使い方に困るような事もありません。 特徴としては、精度は下がるけど結果が速くわかる「高速モード」を選ぶことができるので、ADSLのような低速回線や、光回線だけど速度が遅い時間帯に測定をするときなどに使えます。 測定システムはFLASHを使っていないとのことで、iPhoneやAndroidスマホ・タブレットからでも回線速度の測定ができます。 必要があれば、回線情報を選んでからの測定もできますよ。 ちなみに速度測定の機能はFlashで動いていますが、Flashが使えないパソコンや、iPhoneやAndroidスマホ・タブレットからは「画像読み込み版」から測定ができるようになっています。 ここはサイトも見やすく NUROユーザー以外も使えるのは嬉しいです。 いきなり測定もできますし、回線種別と郵便番号を入力してから測定も可能です。 ここもJAVAを使っているため Chrome以外のブラウザで測定しましょう。 測定は誰かがやっているときは待ち人数が表示されます。 測定結果は 上り・下りだけでなく回線の品質、測定状況もグラフで表示してくれるので良い感じです。 com(Google ChromeはNG) 価格. 上りと下りの両方が測れます。 注意点はJAVAを使っているために、ブラウザが Chromeだと測定できませんのでChrome以外で測りましょう。 comのスピードテストはサービスを終了してしまったようです。 com スピードテスト きっちり測定したい、サービス検討中、デザインも気になる人向け RBB SPEED TEST ニュースメディアサイト「RBB TODAY」が運営しているスピードテストで1998年から開始しているようです。 サイトのデザインはWindows8のタイルのようなフラットなデザイン。 スピード測定をするために郵便番号や回線種別、回線サービスやプロバイダも選ばなければならないので、少し面倒ですが、しっかりと測れそうな感じです。 ニュースサイトなだけに、スピードテストのページも測定の他に「ランキング」というコンテンツがあり、スマホなどのモバイル回線、光などの固定回線別に 他の人が測定した速度ランキングを、地域毎に見ることができます。 インターネットを検討中の人は一度覗いておくと良いかもしれませんね。 iPhoneとAndroid用のスマホアプリも提供しているので、スマホやタブレットからでもスピードテストが手軽にできますよ。 Radish Network Speed Test(Google ChromeはNG) 野菜のラディッシュが入っているロゴが可愛いRadishのスピード測定です。 簡単に測定ができることと、 上りと下りの回線速度と、回線品質として安定性も測れるので便利です。 サイトの特徴として、「みんなの測定結果」というページで、 過去にスピードテストをした人の結果を見ることができます。 回線・プロバイダ・地域で絞り込みができるので、特定のプロバイダを検討している人には申し込む前の参考にできると思います。 スピード測定にはJAVAを使っているので、ブラウザが Google Chromeだと上手く動作しません。 IE、Safariなど他のブラウザで測定をしましょう。 特に回線種別や何やらも入力する必要がないのも良いです。 気になるのは、測定するエリアの上下左右にGoogleの広告が張られているので、個人的にはちょっとやりすぎかな…とは思いますが。 iPhoneとAndroid用のスマホアプリも提供しているのでスマホやタブレットのスピードテストも手軽にできます。 ユーザーインターフェイスが格好良いですね。 ブロードバンド スピードテスト こちらのサイトは「スピードテストを開始する」ボタンのクリックひとつで測定が始まり、ping応答速度、上りと下りの回線速度が測れます。 手軽さと測定できる項目も多いのでバランスが優れていると思います。 また、 「私の地域でのスピード」ページで周辺の回線速度が見れるので、この機能もプロバイダを検討している人には助かりますよね。 iPhoneとAndroid用のスマホアプリも提供しているのでSIMのスピードテストも手軽にできます。 他にはない面白い機能としては、ここのスピードテストの機能のデザインをカスタマイズして、 自分のウェブサイトに貼り付けられるんです。 試しにやってみるのも良いのではないでしょうか。 うちの環境では測定できませんでしたが一応ご紹介 フレッツ光の回線速度測定 NTTのフレッツ光ユーザー向けに回線の速度測定ができます。 会員用の情報サイトからの利用です。 特長はフレッツ網だけの速度測定をするため、プロバイダに依存しない光回線の速度を調べることができます。 測定サイトへは会員サイトにログインしてください。 KDDIの通信速度測定サイト auのサービス利用者のみがアクセスできる仕組みになっています。 サイト上で他社ユーザーへはRadishとRBBの速度測定サイトをおすすめしていますね。 スピードテストをする時の心得と、遅いときの対処法 スピードテストをする時には、測定サイトを開いているブラウザ以外のアプリケーションやタスクは可能な限りすべて終了させてください。 回線速度の測定中にアプリケーションやタスクが動いていると測定結果に影響を与える可能性があります。 数分待って、パソコンが落ち着いてから測ってみるのが良いです。 一般的に「ベストエフォート型」と呼ばれる回線の場合は、戸建て向けのものであっても一本の回線をシェアする仕組みになっています。 契約の回線速度(例:最大1Gbps)の3割~5割くらいになるのが一般的だと思います。 マンションや集合住宅タイプの場合、ゴールデンタイムと呼ばれるネットワークが込み合う時間帯は更に遅くなるケースがあります。 無線LANで接続している場合、LANケーブル接続に比べて半分くらいの回線速度になります。 速度の関連用語を解説 スピードテストの測定結果では、ダウンロード速度やアップロード速度の他に「ping」や「Jitter」も測定することができます。 『一体何のこと?』という人のために以下補足しておきます。 ping(ピング、ピン)とは? pingとは「応答速度」のことで、サーバーから返ってくる反応の速さを表しています。 例えば、オンラインゲームでキャラにジャンプさせたい時、操作してから実際にそのキャラがジャンプするまでにはタイムラグがありますよね。 あれを数値化したものがpingです。 ping値は「ms(ミリ秒)」という数値で表されます。 pingの値が小さければ小さいほど通信は快適です。 快適にネットを利用できる目安は30ms程度ですが、リアルタイムでの応答が求められるオンラインゲームでは10ms以下が理想的と言われていますね。 pingはオンラインゲームのユーザーに特に重要視されていますが、音声通話などでもpingは低い方が良いと思います。 Jitter(ジッター、ジッタ)とは? Jitterとは、ping値の揺らぎのことです。 ping値の最大値と最小値の揺らぎが大きいほど通信が不安定なので、数値は小さい方が快適な通信を行うことができます。 Jitterもpingと同様に、単位を「ms(ミリ秒)」で表します。 速度重視・おすすめインターネット回線 スピードテスト・回線速度測定サイトを紹介してきました。 速度の「遅い・速い」は、体感以外で測定するには上記の方法でチェックするのがいいのですが、インターネット回線は「ベストエフォート型サービス」です。 2020年4月からフレッツ光回線系の光コラボレーションでも最大速度10Gbpsのサービスが提供開始になりましたが、10Gbpsの速度を出すために一生懸命頑張っていますよ!!という感じなのです。 しかし、その最大速度が速い方が、実測値も速く出ることは想像しやすいですよね。 ここでは、最大速度の速いインターネット回線を順番に紹介していきます。 auひかり:最大10Gbps・5Gbps・1Gbps 2018年3月に提供開始したころには大きな話題になりました。 auひかりでは、首都圏のホームタイプに限られますが、最大速度10Gbps・5Gbpsのサービスを開始しました。 10G 5G 1G マンション 1年目:5,880円 2年目:5,780円 3年目:5,680円 1年目:5,100円 2年目:5,000円 3年目:4,900円 3,800円 地方限定回線:最大1G 各地方の電力会社のグループ会社が提供している、地方限定のインターネット回線は、速度もさることながらコスパもよく、顧客満足度が高いのでおすすめです。 これらの回線は、auスマホとのセット割引「auスマートバリュー」も適用可能で、地域密着型でサービス内容も充実しています。 コミュファ光 (東海) eo光 (関西) メガエッグ (中国) 1年目:3,930円 2年~:4,930円 (ネット・電話) 1年目:2,953円 2年~:4,953円 4,200円 BBIQ (九州) ピカラ光 (四国) auひかりちゅら (沖縄) 1年目:3,700円 2年~:4,700円 4,900円 (フラットコース) 5,100円 IPv6接続可能な光コラボ~最大1Gbps 最近はデフォルトでIPv6接続可能な光回線が増えてきました。 基本的には、ご自分のスマホキャリアに合わせるのがコスト面でもベストですが、気になる回線があればこちらもチェックしてください。 ソフトバンク・ワイモバイルとのセット割「おうち割光セット」の必須条件になっていて、月額500円で利用することが可能です。 ソフトバンクは様々なキャンペーンを打ち出したりしてきますので、ますます目が離せないインターネット回線です。 ソフトバンク光 戸建て:5,200円 マンション:3,800円 ・あんしん乗り換えキャンペーン(他社サービス解約金最大10万円まで還元) ・乗り換え新規で2. 4万円キャンペーン(乗り換えの方限定2. 4万円割引or還元) ・開通前WiFi無料レンタル ・おうち割光セットスタートキャンペーン 乗り換えの方へ向けた公式キャンペーンが豊富なので、携帯ごと乗り換える方にもおすすめです。 以下の3社は、キャンペーンもあり、お得にインターネットを始めることができます。 ビッグローブ光 @nifty光 So-net光プラス 戸建て:4,980円 マンション:3,980円 戸建て:4,500円 (3年目~5,200円) マンション:3,400円 (3年目~3,980円) 戸建て:5,580円 マンション:4,480円 <工事費> 実質無料 <工事費> 戸建:18,000円 マンション:15,000円 <工事費> 実質無料 最大26,000円のキャッシュバックがもらえる 最大15,000円のキャッシュバックがもらえる 最大45,000円のキャッシュバックがもらえる コスパで選ぶなら スマート光 スマート光 戸建てタイプ:4,300円 マンションタイプ:3,300円 IPv6接続オプション:月額300円 工事費無料キャンペーン中 キャッシュバックキャンペーンなどといった、大きな還元こそないものの、工事費無料で初期費用を抑えて始めることができる「 スマート光」。 月額料金は業界最安クラスで、IPv6接続に関してはオプションで対応してくれます。 格安SIMなどセット割を必要としない方は、 スマート光がおすすめです。

次の

通信速度はどれくらいあれば快適? 目安と測定方法を紹介

通信速度 測定

Privacy Policy This HTML5 Speedtest server is configured with telemetry enabled. What data we collect At the end of the test, the following data is collected and stored:• Test ID• Time of testing• Test results download and upload speed, ping and jitter• IP address• ISP information• Approximate location inferred from IP address, not GPS• User agent and browser locale• Test log contains no personal information How we use the data Data collected through this service is used to:• Allow sharing of test results sharable image for forums, etc. To improve the service offered to you for instance, to detect problems on our side No personal information is disclosed to third parties. Your consent By starting the test, you consent to the terms of this privacy policy. Data removal If you want to have your information deleted, you need to provide either the ID of the test or your IP address. Contact this email address for all deletion requests:. 下り速度とは インターネット上からデータをパソコン等の端末にダウンロードする際の通信速度。 下り速度の値が高いほどメール受信やWebサイト・動画サイトの視聴が快適になり、ソフトやファイルのダウンロード時間が短くなります。 上り・下りの記載が無く インターネット速度だけ書かれていた場合は下りを指す場合が多い。 上り速度とは パソコン等の端末からインターネット上へデータをアップロードする際の通信速度。 上り速度の値が高いほどメールやSNSのメッセージ送信、ブログに写真や動画をアップロードする際に掛かる時間が短くなります。 Ping(ピン)値とは サーバーからの応答速度のことです。 Ping値が低いほど応答速度が速いということになります。 Ping値が高いと ビデオ通話で遅れが発生したり、 オンラインゲームでラグが発生し快適に遊べなくなってしまいます。 同様にサーバーからの応答速度を表す言葉には レイテンシ、RTTなどがあります。 Jitter(ジッター)とは Pingの最大値と最小値のブレ幅のことです。 ブレ幅は小さい方が良いため、Jitterは低いほど安定した通信であることを示します。 Jitterの値が高いと ビデオ通話やオンラインゲームなどで音声や映像が乱れやすくなります。

次の

pingでネットワークの速度を調査する:Tech TIPS

通信速度 測定

アップロードもしくはダウンロードをしている場合は止める。 このページ以外のウェブページはすべて閉じる。 すべてのプログラムやオンラインツールは閉じる。 あとは、ツールの中央の「Start test」をクリックするだけです。 スピードテストはなんのため? 光回線やでも、のサイト上で掲載されいてる通信速度は、論理的に可能な最大の速度です。 このため、実際には、提示されている値よりも通信速度は遅いというのが事実です。 この件に関しては、「通信速度はベストエフォートであり、実効速度として保証するものではありません。 」といったような文言でプロバイダーのサイト上で補足説明が加えられているのが一般的です。 今利用しているインターネットの回線速度がどれくらいなのか「実行速度」を調べるには、スピードテストを利用する必要があります。 なぜ通信速度を調べるべきなのか? 通信速度を測定することで、今お使いののに役に立ちます。 例えば、オンラインのツールを利用していて、急に速度が落ちたと感じたら、 スピードテストで速度を確認してみると良いでしょう。 インターネットの速度が遅いのが原因か、ツールの問題なのか、特定することができます。 スピードテストで十分な結果が出ているにも関わらず、遅いと感じるならば、やみくもに回線を疑うのではなく、冷静にそれ以外の原因を追究していくことができます。 またADSLからに変えた人はその速度の変化ぶりを数字で確認してみるということもできますね。 スピードテストの結果から分かることは? このスピードテストでは、1. 下り速度(ダウンロード時の通信速度)、2. 上り速度(アップロード時の通信速度)、3. レイテンシ、4. ジッターといった4つの項目を確認することができます。 また、回線速度の測定にあたり、当然ながらIPアドレスおよびインターネットプロバイダー(回線事業者)の情報も取得され、表示されます。 1秒間にどれくらいのデータを送れるのか表しています。 1秒に送れる情報量のによって、「速い」、「遅い」を判断しています。 1000Mbpsイコール1Gbpsです。 つまり、MbpsよりもGbps(メガビーピーエス)は1秒にたくさんの情報を送ることを意味ます。 よって、通信速度の速い光回線には、ギガの単位(Gbps)が、そして速度で劣るADSLにはメガの単位(Mbps)が利用されています。 ビットとバイト8ビット bit, b の8倍が1バイト(byte, MB)です。 ビットとバイトは異なるので注意しましょう。 スマホのの単位ではバイト(byte, MB)が使用されています。 下り速度と上り速度の意味・違いは? 「 下り速度」は、どれだけスムーズにデータが「流れて」きているかに関係します。 つまり、オンラインで音楽を聴く、動画・映画を観るための速度、もちろん、オンライン上にあるファイルをダウンロードをする速度などを決定するのが「下り速度」というわけです。 一方、「 上り速度」はアップロードする時の速度をつかさどります。 具体的には、写真などをオンライン上にアップする、Eメールを送るといった場合の速度はこの「上り速度」が左右するのです。 ごく一般的なインターネットの使用方法を考えると、利用している回線が、いかになめらかで速度に問題がないかどうかは、主に「下り速度」がものを言うということが分かります。 下り速度が良ければ、ストレスフリーでネットが利用できる環境であると言えるでしょう。 レイテンシ(Latency)とは? 回線速度に加えて、このスピードメーターでは、 レイテンシを計測することが可能です。 レイテンシは、データの転送要求を出してから、データが送られてくるまでの通信の遅延時間を把握するために使用される指標です。 遅延時間を計る単位ですから、レイテンシが低ければ、「通信速度」が速い、レイテンシが高い場合は「通信速度が遅い」、となります。 レイテンシはレスポンスタイム(Response Time)やピン値(Ping値)とも呼ばれることもあります。 レイテンシには単位には、ms(ミリ秒)という単位が利用されます。 ジッター(Jitter)とは? ジッターは、電気信号の揺れやばらつきのことを指します。 ジッターも遅延時間の長さを計るものなので、値が高いと、通信がスムーズではない、値が高いとサクサク・なめらかである、ということです。 例えば、ビデオ電話などで、固まってしまったり、途切れてしまったりするならば、ジッター値が高いからかもしれません。 「通信速度の速い」インターネット回線とは? 今までで説明をした測定項目の結果が良ければ、「通信速度の速いインターネットである」と判断することができます。 下り速度が速い• 上り速度が速い• レイテンシが低い• ジッターが低い これらのうち1つでも、十分な値が出ていなければ、インターネット利用時のイライラの原因となります。 「インターネットが遅い!」と思ったら、ご自分の回線のうちどの項目にが問題あるのか、このスピードメーターで調べてみると良いでしょう。 毎日使うインターネット、どのくらいの数値ならOKと言えるの? スピードメーターがどのくらいの数値であれば、私の今の インターネット回線はサクサクとスムーズにインターネットが使えるものであると判断することができるのでしょうか? これは、ご自身のインターネットの使用のスタイルに大きく左右され、異なります。 インターネットの使用目的が、サイトの閲覧やオンラインで記事を読んだりする程度か、それとも、頻繁に音声や画像ファイルをダウンロードする、または、ストリーミングで頻繁に映画を観る、かによって必要とする速度は異なります。 自分のインターネットの使用スタイルを振り返り、 必要な速度を選ぶことが重要です。 ベストな環境における、論理的に出る、最高速度が提示されているとはいえ、この最大通信速度が高ければ、高いほど、実際にインターネットを利用するときに出る実効速度にも当然ながら影響を及ぼします。 しかしながら、他にも速度に関係する要素があります。 代表的なものは以下のようです。 NTT収容局から自宅までの距離(ADSL)の場合• 光回線の配線方式(集合住宅の場合)• プロバイダによる接続サービスのキャパシティー• 一本の光回線ケーブルが何人の利用者でシェアされているか インターネットの速度が遅いなと思ったら? 具体的な対策方法• 回転速度が遅い場合には取れる対策はいくつかあります。 ただし、原因や理由は複合的な場合もあり、すぐに原因をみつけることはできるかもしれませんが、以下にすぐにできるものも紹介していますので、試してみることをおすすめします。 周辺機器など、1つずつポイントを確認していきましょう。 それでも改善しない場合、はじめて回線を疑うことができるでしょう。 ルーターの電源を一度切る 電源を入れなおすことで、通信速度の問題が解消されることがあります。 ルーター(プロバイダーによってオリジナルの名称がついていることがあります。 )の電源を一度落とし、30秒ぐらい経ってからまたスイッチを入れてみましょう。 LANケーブルで直接つないでみる でインターネットをしている場合は、LANケーブルで直接パソコンをつないでみましょう。 無線でつないでいることによりインターネットが遅くなっているのかもしれません。 LANケーブルにつないでから、スピードテストでパフォーマンスをチェックしてみましょう。 測定結果に問題がないようであれば、Wi-Fiが理由、もしくはWi-Fiルーターの性能に問題がある可能性が出てきます。 Wi-Fiルーターのチャンネル設定を変える ネットのスピードが遅いと思ったら、Wi-Fiルーターの設定チャンネルを使用者の少ないものに変更してみましょう。 この方法は、住宅の密集しているエリアにお住まいの場合に有効です。 何人も同じWi-Fiチャンネルを利用している場合は、 速度低下の原因になっている可能性があります。 ご自身でルーターを購入して利用している場合、ご自身でルーターの管理画面に行きチャンネルの変更を行います。 ルーターのメーカーによって、手続きが異なりますので詳細は各人で確認していただく必要があります。 Wi-Fiルーターをレンタルしている場合は、各プロバイダーにWi-Fiチャンネルの変更が可能か否か、そして手続き方法について問い合わせる必要があります。 インターネットプロバイダーやサービスを変更する 色々試してみても、 インターネットの通信速度に満足できない場合やスピードテストを行った結果、数値が好ましくない場合は、プロバイダーの変更、または回線の種類の変更を積極的に考えてみた方が良いかもしれません。 すでに光回線の人は、の提供のあるプロバイダーにする、もしくはNTTのフレッツ光を使ったインターネットを利用している場合は、独自の光回線を使っている事業者に変える、と言った方法をとることができます。 フレッツ光以外の光回線(自社回線)を検討してみる ADSLを利用している場合は、光回線を検討してみる、すでにの光回線を利用している場合は、フレッツ光以外の光回線(やなど)を検討してみましょう。 いずれの場合も、お住まいの地域では、サービスの提供がない場合もあります。 まずは各サイトで今お住まいの地域が、サービス提供エリアに入っているかをまずは調べてみましょう。

次の