ポトフの作り方。 プロ直伝!簡単にして激ウマなポトフの秘密 by こじまぽん助

【ポトフの美味しい作り方】美味しいポトフは「煮込み方」がポイント

ポトフの作り方

ポトフについて ポトフは、フランス語で「火にかけた鍋」という意味を表したフランスの家庭料理で、ノルマンディーの郷土料理として中世の時代にはすでに食べられていました。 ポトフの原型は、ベルギーのフラマン地方で食べられていたフランスのカレーなどが始まりと言われています。 元々家庭料理だということもあり、材料も調理工程もシンプルで、ソーセージや牛肉、豚肉の塊などの肉類と人参や玉ねぎ、セロリ、じゃがいもなどの野菜をざっくりと大きいまま、じっくり火にかけて煮込んだ料理。 本場フランスでは、スープはスープ皿に注ぎ、大きめの具材は食べやすいサイズにカットしてから、別のお皿に盛り付け、アクセントとしてマスタードや塩を添えて食べるのが正しい食べ方。 ポトフの栄養について ポトフは、家庭毎に香りや味わいが異なり、冷蔵庫にある食材で作ることができる便利な煮込み料理。 中でもポトフに入れるとおいしく、栄養がとれる食材は、定番のじゃがいもとブロッコリー。 どちらもビタミンCが豊富に含まれているので、美容効果が期待できます。 他にも、水分がたっぷりの白菜は、じゃがいもやにんじん、たまねぎなどの他の野菜と一緒に煮込むことで美味しくなりますよ。 多くの栄養をバランスよく含んでいる玉ねぎは、ベーコンなどと一緒に煮込めば、ビタミンB1の吸収を促進。 食物繊維&カリウムが豊富なセロリは、本場フランスのポトフでもお馴染みで、お通じやむくみの改善に効果的。 なお、野菜を茹でると溶けだしてしまう栄養素も、ポトフなら溶け出した栄養ごとスープで食べられるので、野菜の旨味をあますことなく摂取できちゃいます。 ポトフは体に嬉しい栄養満点なメニューなんですよ。 ほっこりした味わいの体が温まるじゃがいものポトフです。 作り方は、まずじゃがいもや玉ねぎ、にんじん、ウィンナーなどを食べやすい大きさにカットして鍋に入れ、コンソメスープで煮てからおろし生姜を加えたらできあがりです。 作って保温ジャーに入れておけば、いつでも温かいスープで心も体もホカホカ。 寒い冬にぜひおすすめしたいレシピ。 玉ねぎを切らずに丸ごと入れた、野菜たっぷりのポトフです。 ベーコンやウィンナーを炒めてから、あらかじめ電子レンジで火を通したじゃがいもやにんじん、玉ねぎを入れて煮込むので、野菜を鍋から煮て作るより、早くできます。 野菜やベーコン、ウインナーの旨味が凝縮されたスープが、新玉ねぎの甘味をより感じることができるレシピ。 スープは、食卓に欠かせない料理の一つ。 煮込むことで、肉や魚、野菜などの具材が柔らかくなり、スープに旨味が溶けだします。 具材が溶けるくらいに煮込んだり、具だくさんでをボリューミーなスープもたまりませんよね。 旬の素材を入れて作れば、栄養も満点、季節を楽しめる一皿になりますよ。 スープに溶けだした栄養分を逃すことなく、効率よく摂取できるのもスープの嬉しいところ。 この記事では、スープの基礎知識に加え、卵スープ、トマトスープ、オニオンスープ、かぼちゃスープ、クリームスープ、冷製スープにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 寒い季節。 体も心もホッと温まる熱々のシチューが恋しくなりますよね。 日本発祥で優しい味わいが魅力のクリームシチューと、ちょっぴり贅沢な気分になれる洋食代表のビーフシチュー。 実はどちらも、ちょっとした工夫で簡単にプロの味に近付きます。 さらに、手軽で豪華に見えるリメイクメニューが豊富なところも手作りシチューの嬉しいところ。 この記事では、シチューの基礎知識に加え、クリームシチューのレシピ、ビーフシチューのレシピ、クリームシチューのアレンジ、ビーフシチューのアレンジにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

玉ねぎ丸ごと!簡単ポトフ 作り方・レシピ

ポトフの作り方

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

ポトフの人気隠し味・調味料13選|美味しいレシピや作り方は?

ポトフの作り方

作り方• 玉ねぎは上下1cmほどを切り落とします。 にんじんは皮をむき、1cm幅に切ります。 じゃがいもは皮をむいて芽を取り除き、一口大に切ります。 耐熱ボウルに1、2、3と水を入れて、ラップをかけ、600Wの電子レンジで5分熱したら粗熱を取ります。 ベーコンは短冊切りにします。 鍋にオリーブオイルとニンニクを入れて中火で熱し、香りを出します。 5とウインナーを入れて炒めます。 4、塩、粗挽き黒こしょうを入れ、ローリエを手で切り込みを入れて入れ炒め、全体に油が回ったら水とコンソメ顆粒を加えて野菜に火が通るまで弱火で煮込みます。 お皿に盛り付けパセリをかけて完成です。

次の