煽り運転 対策。 煽り運転が発生する原因とは?煽り運転に遭遇しないための対策もご紹介!|中古車なら【グーネット】

トラック運転手があおり運転されたときの煽り運転対策がまるわかり

煽り運転 対策

煽り運転についての報道が、最近相次いでいますよね。 煽り運転という言葉を聞くようになったのは、つい最近かもしれません。 しかし、普段から運転している人にとっては、 煽り運転に近い経験は一度はされたことがあるのではないでしょうか? たとえば、規定のスピードで走っているのに、後ろの車がピッタリくっついて煽ってくるようなことは、しばしば見かける光景かもしれません。 煽り運転はただでさえ危険が伴うのに、煽り運転の標的になるのは避けたいですよね。 そのためには、 煽り運転の対策を考えておくことが大切です。 また、それでも煽り運転に遭ってしまった時のことを考えて、対応を考えておいたほうが良いでしょう。 今回は、煽り運転の対策グッズや警察への煽り運転の通報方法などをお伝えしてきます! スポンサードリンク 煽り運転の対策グッズ3選!怖い・不気味・威嚇であおり運転を防止する方法 煽り運転の対策として、まず考えたいのが対策グッズを取り入れることですね。 煽り運転対策グッズを取り入れる目的は、煽り運転をしてくる相手に対して 「この車には、煽り運転したくないな・・・」と思わせること。 つまり、煽り運転する前に、煽り運転をする気が失せるようにしていくんですね。 そうすることで、嫌な思いをしないだけでなく危険な目に遭うことも防止することができるんです。 さっそく、今すぐ取り入れられる煽り運転防止グッズを見ていきましょう。 たとえば、amazonなどでは車の後ろ側に貼るステッカーなどを購入することができます。 一枚あたり、だいたい二千円ほどで購入することができますよ。 煽り運転対策グッズも色々ありますが、 二千円ほどで煽り運転を対策でき、安心・安全を手に入れられる効果があれば安く感じるほどですよね。 車に貼るステッカーといえば「子供が車に乗っています」などのステッカーが有名ですよね。 こういった類のステッカーで、煽り運転を防止するステッカーを車の後ろ側の後続車の目に入るところに貼っておくと効果があるんですね。 ステッカーの文言としては、• 煽り運転特別警戒中• ドライブレコーダー後方録画配信中• 車間距離不保持は道路交通法違反です• この文字が読めたらあなたは近づきすぎています。 車間距離をとりましょう。 など、様々な文言のステッカーがあります。 煽り運転をする人は、大抵イライラして正気ではない状態ですよね。 そんな場合に、 煽り運転をしてしまうとどんな恐ろしいことが待っているか・・・というのを連想させるステッカーを貼っておくと煽り運転防止に効果があります。 しかし、ドライブレコーダーはいくら煽り運転に効果があるといっても、やはり値が張りますよね。 ドライブレコーダーは安くても1万円から3万円はしますし、 設置費用なども含めるとなかなか簡単に手が出るものではありません。 そんな場合におすすめなのが、ドライブレコーダーのダミーLEDをリアガラスに設置することです。 ドライブレコーダーのダミーLEDであれば、煽り運転防止ステッカー同様に二千円程度で購入することができますよ。 それに、夜でも光って見えるので、 「ドライブレコーダーがついてる車なんだな」というのが一目で伝わる。 煽り運転の対策としては、一目でパッと分かることも大切ですよね。 もしかすると、子供じみた煽り運転対策に感じられるかもしれませんね。 しかし、煽り運転が起こりやすい夜などに、 車間距離を詰めてきた後続車の目に入れば悪寒が走ることは間違いないでしょう。 それに、後続車が近づいてくれば、その車のライトが反射して怪しく光るお面などもあるので尚のこと効果的。 怖い能面や幽霊の煽り運転対策グッズは、ドン・キホーテなどで500円程度から購入することができますよ。 煽り運転対策グッズを用意したいけれど、あまりお金を使いたくない・・・という方は、こういったお手軽グッズから対策を始めてみるのも良いかもしれませんね。 スポンサードリンク 煽り運転対策は直接仕返しよりもその場は無視すべき? 煽り運転を実際されてしまったときのことを少し考えてみましょう。 あなたなら、煽り運転を受けた時にどんな対応をするでしょうか? 煽り運転をされると、誰だってイラっとしてしまいますよね。 そのため、 仕返ししたくなる気持ちも出てくるかもしれません。 しかし、煽り運転への仕返しのつもりで、急ブレーキを踏んだり煽り返すのは絶対にやめておいた方が良いと言い切れます。 それは、本来何も悪いことをしていないあなたが、加害者になってしまうことがあるからなんですね。 また、煽り運転への仕返しとしてクラクションを鳴らしたり、煽り運転をしてきた車への対抗で抜き返したりするのもやめておきましょう。 それによって、余計に煽り運転が加速し、 事故で命を落としてしまっては元も子もありません。 煽り運転を受けた時に一番良い対応は、無視をすること。 しかし、煽り運転を受けながら無視し続けるのは、結構怖いですよね。 そのような場合には、以下のような対策を行いましょう。 ハザードをつけて、周りにアピールしましょう。 様子に気づいた周囲の人が、警察に通報してくれることがあります。 煽り運転をやめてこない場合は、人がたくさんいるコンビニやガソリンスタンド、パーキングエリアなどに寄りましょう。 ドアロックは必ずかけ、外には出ないようにしましょう。 また、ドアのロックは普段意識しないことも多いですが、不安な方はちゃんと確認をしておくようにしたいですね。 スポンサードリンク 煽り運転をされた時の効果的な警察への通報方法 煽り運転をされた時の警察への通報方法は、どのようにするのがベストでしょうか? 煽り運転の程度にもよりますが、煽り運転をする人は今後も何度でも煽り運転をする可能性があります。 煽り運転を受けた場合は、 可能であれば警察へ通報する方が良いでしょう。 煽り運転を受けた際の警察への通報方法は以下を参考に行うようにしてくださいね。 まず、ドアをロックして安全を確保する• ハザードをつけて、路肩などへ緊急停止する• また、くれぐれも 外に出るような危険な行動は避けてくださいね。 煽り運転を受けるとパニックで電話なんてできない、と思われるかもしれません。 ただ、緊急時には運転中でも電話をかけることは違法行為にはあたりませんし、落ち着いて警察へ助けを求めるようにするのがベストです。

次の

あおり運転の被害を防ぐ対策TOP5|遭わないようにするための対処法・おすすめグッズも紹介

煽り運転 対策

右車線をゆっくり走らない 煽り運転は2車線以上の場合、右車線で起こるケースが多いかと思います。 3車線以上の場合は一番右側の車線。 というのは 右車線は原則「追い越し車線」のため、比較的スピードを出す車が多いのです。 街中や交通量の多いところはあまり意識しないかもしれませんが、一般道も高速道路と同じで一番右側の車線は追い越すための車線となっているので、そこをゆっくり走ると煽られる要因になりやすいのです。 一般道でどうしてもその先で右折したい、右折レーンに入りたいという気持ちで右車線を走る方も多いですが、あまり早い段階では入らないようにしましょう。 車線変更の際に細心の注意を これも複数車線がある場合です。 左右どちらに車線変更する場合も同じで、変更先後方に車がいるのに強引に車線変更をしたり、後方確認をせずに結果的に危ない車線変更をしてしまうと、後ろの車はちょっとムカッときて煽られる場合もあります。 車線変更は余裕を持って行い、譲ってくれた場合はハザードでお礼の気持ちを伝えましょう。 車線変更の際は、変更する3秒前にウインカーを上げる、ミラーと 目視の両方で変更先の後方を確認、流れに乗って車線を移る。 目視しない人も多いので注意です。 死角に入って見えない場合もあるので、必ず目視で確認しましょう。 単車線の場合 この場合、ドアミラーやルームミラーなので後方の車の速度などを 常に確認しましょう。 もし自分の車より早いな〜と感じた場合は、左にウインカーを上げて止まる、またはハザードを上げて追い抜いてもらいましょう。 ただこれは追い抜きができそうなスペースを確保できる、左に停まれるスペースがあるときに限ります。 流れに乗った運転を これは単車線、複数車線のどちらもそうですが、全体の車の流れにあわせた運転を心がけましょう。 下のイラストを見て下さい。 このように前の車の流れを無視して車間距離を取り過ぎると、後ろの車がイライラして煽られる場合もあります。 前方の流れと同じくらいの速度と車間距離で走るようにしましょう。 これは渋滞回避にもなります。 車間距離を取るのは大事ですが、流れを無視した車間距離は煽り運転の要因や渋滞の原因になってしまいますので注意しましょう。 話に夢中にならない 複数人数で乗っていると話に夢中になって、後方から車が迫っていることに気づいていない場合も多くあります。 どんなに楽しい話をしていても、ドライバーは常に周りを見ながら運転しましょう。 ドライブレコーダー設置のステッカー ドライブレコーダーを付けている車も増えてきましたが、それを周りの車に周知できるステッカーも効果的です。 ステッカータイプやマグネットタイプがあり、比較的安く変えるのでおすすめです。

次の

【あおり運転 徹底まとめ】回避や対策方法・罰則・通報時の注意点など

煽り運転 対策

あおり運転とは? あおり運転(煽り運転)とは、 他車のすぐ後ろに付いて車間距離を極端に詰める行為や、他車からの割り込みや追い越しなどに腹を立てて過激な報復行動を取ることを指します。 例として、以下の行為はあおり運転に該当します。 前方車両に対して、衝突するような距離まで車間を詰め、道を譲るよう強要する• 前方車両を猛スピードで追い回す• ハイビームやパッシング、クラクション、幅寄せなどの行為で他車を威嚇する• 相手の車の進行を妨害し停止させ、脅迫や暴行を加える 以上のような行為のほか、慰謝料などの賠償金を狙って故意に事故を起こす「当たり屋」も煽り運転と一括りにされています。 ドライバーが軽率にこのような行動を取ったことにより、煽られた車が事故に遭うことはもちろん、第三者が巻き込まれ二次災害が引き起こされるケースも見られています。 東名高速でのあおり運転による死亡事故で有名に 「あおり運転」という言葉が広く知られるようになったのは、2017年6月に東名高速で発生した死亡事故です。 激昂したドライバーがあおり運転を行い、前方車両を追い越し車線に停車させたことで、後ろから来たトラックとの追突事故が発生。 男女2人が死亡し、加害者を含め4人が重軽傷を負いました。 ドライバーの故意による危険運転が原因で死亡者が出たことは、「あおり運転」という言葉が普及する大きなきっかけとなったのです。 あおり運転の罰則は?通報・逮捕でどんな罪になる? 道路交通法違反で罰金や減点の対象に あおり運転でよく見られる、前車との車間距離を必要以上に詰める行為は、「車間距離不保持」という道路交通法違反に該当します。 違反した場合、以下の罰則が科せられます。 高速道路での違車間距離不保持の罰則例• 3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金• 1万円、1万5千円、2万円の反則金• 違反点数2点 また、急な割り込みや危険な急ブレーキ、幅寄せなど、後続車両の進行を妨害する恐れがある行為は、「進路変更禁止違反」「急ブレーキ禁止違反」「安全運転義務違反」などの違反に該当します。 暴行罪、危険運転致死傷罪など重い罪になる可能性も 危険な運転のほか、 他車のドライバーを恫喝したり、車から引きずり出して暴行を加えたりした場合、刑法の「強要罪」「暴行罪」などに該当する可能性があります。 さらに、 あおり運転が原因となり相手を死傷させてしまった場合、「自動車の危険な運転によって人を死傷させた」と判断されれば「危険運転致死傷罪」が適応され、最長20年以下の懲役(場合により最長30年以下にも)となる可能性があります。 あおり運転で一発免停&「あおり運転罪」新設も あおり運転で事故を起こしていなくても、暴行や脅迫などの事実が認められた場合、交通違反による減点(点数の累積)がなくても免許停止処分となる可能性があります。 実際に警視庁は2018年1月、あおり運転に伴い暴行、障害、脅迫、器物損壊などの悪質な行為があった場合は、30日~180日の免停処分とするよう、全国の警察に指示しました。 また、警察庁は2019年12月に「 あおり運転罪」の創設と罰則の強化を進める方針を明らかにしました。 2020年の通常国会では、これらの内容を盛り込んだ道路交通法の改正案が提出される可能性が高まっています。 あおり運転にあわないための対策 チューリッヒ保険会社が行ったドライバーへの実態調査により、あおり運転をされた経験がある人の割合は70%以上であることがわかりました。 「相手が煽りたくなるような運転をしない」ことで、あおり運転の被害にあう危険を少なくすることも大切です。 十分な車間距離をとり、急な進路変更や急ブレーキをしない 前の車とは十分な車間距離をとり、ゆとりのある運転を心がけましょう。 急加速・急発進、急ブレーキ、割り込みと捉えられるような急な進路変更は、自分にその気がなくても「余裕のない運転」「あおっているような運転」と捉えられることもあります。 追越車線を使って前の車を追い抜いたらすぐ左車線に戻る 片側2車線以上の道路においては、一番右側の車線は「追い越し車線(車両通行帯)」です。 この車線を渋滞させてしまう速度で走ってしまったために、後続車にあおられたという経験を持つ方も多いようです。 そもそも、 道交法では追越車線を走り続けるのは「通行帯違反」になります。 追越車線を使って前の車を追い抜いたら、すぐ元の車線に戻りましょう。 おすすめのあおり運転対策グッズ あおり運転対策グッズとして人気があるのはドライブレコーダーです。 ドラレコ車載を後続車に伝えたい場合は、カーステッカーと合わせて使うと安心です。 ドライブレコーダー あおり運転を通報する場合、相手が危険な運転をしている映像が証拠となります。 カーステッカー 先述の通り、「わたしの車はドライブレコーダーであなたを録画することができますよ」と後続車に伝えることで、あおり運転を防ぎたい場合は、 ドライブレコーダー録画中ステッカーとの併用がおすすめです。 また、子供が乗っていることをステッカーで後続車に知らせて安全運転を促すこともできます。 あおり運転の動画まとめ!返り討ち動画も あおり運転の現場を捉えた動画 あおり運転にあったらどうする?通報時の注意点 あおり運転にあったときの対処法 後続車が極端に車間を詰めたり、ハイビームやパッシングをしてきて「あおられている」と感じた場合は、 相手を刺激せず、可能であれば道を譲りましょう。 道を譲ってもしつこく煽ってくる場合は、 徹底的に無視します。 しかし、相手が悪質でトラブルになった場合は、以下のことを守りましょう。 悪質で危険と判断したら、十分な距離を取る• あおってきた相手への仕返し行為は絶対しない• 停車して安全を確保したい、通報したい場合は、サービスエリアやガソリンスタンドなど、人がいる場所に停車する(高速道路上では絶対に停車しない!)• 相手が車を降車し、文句を言いに来ることもあるので、ドアはしっかりロック• 相手に脅されたり、挑発されたりしても決して外に出ない あおり運転を通報するときの注意点 悪質なあおり運転にあい、 後日警察に通報する場合、ドライブレコーダーの映像は必須です。 さらに、実際のトラブルの状況、相手のナンバーや車種、進行方向などを伝える必要があります。 また、あおり運転の全国的な増加を受け、地元警察が情報提供サイトを設置する例も出てきています。 今後は、このようなあおり運転の情報提供を受け付ける県警の体制が普及していく可能性もありますので、うまく活用していきましょう。

次の