スタ デュー バレー ペニー。 【スイッチ版スターデューバレー 攻略情報】早めにやっておけばよかった事まとめ

【Stardew Valley】初心者が知っておきたいスタバレの豆知識

スタ デュー バレー ペニー

追記 現在は正式に日本語対応しています。 MODがなくても日本語でプレイできます。 一年目 秋 鶏小屋 秋の月5日・金曜日。 鶏小屋が完成(6000G、木材350個、石材150個) アップグレードすることでアヒルも飼う事が出来るようになり、孵化器で卵をかえすことも可能になります。 南の牧場のマーニーからニワトリを買い、なまえを「CCO」ちゃんと名づけました。 CCOちゃんは今日も元気です。 刈り取ってサイロに貯めた干草がエサになるので、エサのお世話を毎日してあげます。 このとき撫でてあげると好感度が上がり良いタマゴを得やすくなります。 タマゴは料理に使ったり、マヨネーズマシンでマヨネーズに加工できます。 マヨネーズマシンは農業レベル2でクラフトレシピを覚えます。 農業レベルは「クワ」「じょうろ」を使用することであがります。 このサイズのニワトリ小屋のエサ置き場は4箇所。 一羽飼いの場合、4つエサを置いておくと4日持ちます。 StardewValley祭・収穫祭 秋の月16日・火曜日。 秋のお祭りStardewValley祭。 ミニゲームが充実したお祭りです。 ミニゲームをクリアすると会場専用のコインが得られ、あつめて交換所で特殊アイテムと交換が出来ます。 そのほかにも収穫物や生産物の品評会も開かれます。 参加してみましょう。 金星マークを8つ揃えて77点の2位という結果に。 それぞれの品質は良いとして、品自体をもっとレアものにしないと1位は狙えないようです。 出品した品物は回収できるので気軽に出品できます。 2位の得点としてコイン500枚をゲット。 引換所でフェドーラ帽と交換しました。 ダンディ! 釣り日和・実りの秋 収穫物と同じく釣りも季節で得られる魚がかわります。 この地方で秋に釣れるちょっとレアな魚「ウォールアイ」をゲット。 川か池、夕方か夜、秋か冬、雨か雪の日に釣ることが出来ます。 各種スキルも充実してきて「養蜂」「樹液採集」「きのこ」「仕掛け漁」などお金を稼ぐ方法の幅もひろがってきました。 夏から秋にかけて収入が増えて、道具のアップデート、インベントリ拡張(雑貨屋のリュック)、自宅の改造なども実行でき、プレイの幅がひろがってきました。 聖なる前夜祭・金のカボチャ 秋の月27日・土曜日。 聖なる前夜祭。 肝だめしイベント。 北に向かうと広場に特設迷路が設けられています。 迷路を踏破すると奥の宝箱から「金のカボチャ(2500Gで売却可能)」を回収できます。 [迷路・ヒント] — 隠し通路 一年目 冬 雪景色・列車の汽笛のわくわく感 季節が冬になり一面雪景色に。 牧草や樹木は休眠期を迎えて冬の間成長が止まります。 干草を充分確保できなかった場合は南の牧場のマーニーから購入できます。 ぐっと来るシチュエーションです。 時々通過する、このなっがーい列車に近付いて待っていると落し物を回収することもできるようです。 氷の祭り・釣り大会 冬の月8日・火曜日。 氷の祭りと釣り大会。 賞品は釣具と帽子。 釣具の「かえし針」は動きの緩やかな魚なら自動で釣り上げてくれるとても優れたアイテムです。 釣りレベル8でクラフトレシピを覚えることが出来ます。 [釣具のつけ方・エサのつけ方] — エサ(釣具)をドラッグして釣り竿にドロップ。 竿を右クリックで外せます。 竹竿(不可)ファイバーグラス竿(エサ)イリジウム竿(エサ・釣具) すすむ復興 こつこつ採集や生産を進めて二冊の本、二つの部屋を復興。 ほかの項目も徐々に埋まってきています。 一冊完成させるごとにトロッコや橋やバスなどの町の施設もよみがえります。 この時点で橋とトロッコが復活、特にトロッコは町の移動のショートカットができる便利機能です。 冬星のお祭り・プレゼント交換 冬の月25日・木曜日。 冬星のお祭り・プレゼント交換の日。 ランダムに抽選された相手とプレゼント交換を行います。 ことしのお相手はアビゲイルになりました。 贈ったプレゼントはその辺で拾っ、、、厳選のうえ選び抜かれた「花(金星)」 もらったプレゼントは高価な「ルビー」 な、なんかスミマセン! 1年目終了・レベルと好感度 1年目終了時点のレベル。 採掘と採集レベルが高めです。 1年目終了時点の好感度。 トレーラーに住んでいる「ペニー」が恋愛・結婚可能なキャラで好感度トップになっています。 「ペニー」は本好きで子供の世話が得意な女の子。 のんだくれの母(パム)に不満を持っているようです。 この御縁を大切にして2年目からはペニーと仲良しになれるように努力したいと思います。

次の

スターデューバレーSwitchアップデート1.4詳細

スタ デュー バレー ペニー

ペリカンタウンに住む女性。 父親はピエール、母親はキャロラインである。 キャロラインはアビゲイルの興味と趣味を心配している。 というのもアビゲイルはオカルト的なものにはまっている様子で、夜の森をうろついたりカエルを捕まえたりと奇怪な行動をしている。 髪を紫色に染めているのもその一環。 大好物であるものをプレゼントすると「ありがとう、ちょうど食べたいと思っていたの!」と答える。 しかしアビゲイルの大好物にはアメジストを始めとした宝石類も含まれており、これらを渡しても同じように「食べたいと思っていた」と台詞を言う。 このことが「宝石食いのアビゲイル」とプレイヤーによってしばしネタにされる。 父親はピエールとされているが、実はピエールの実の子ではないことがピエールの台詞からわかる。 それとは別のイベントでは、シンダーサップの森に住む魔術師が「(ペリカンタウンには)私の娘がいる」ということが示唆される。 また、キャロラインがピエールと結婚する以前、キャロラインがシンダーサップの森の西にある塔(=魔術師の家)に訪れたことが明かされる。 染めた髪色が魔術師と同じ紫色であることや、オカルト趣味から「アビゲイルの実の父親は魔術師ではないか?」という説が浮上している。 ヘイリー ペリカンタウンに住む女性。 エミリーとは姉妹の関係。 性格は一言で言うならば「典型的なブロンド女」である。 物事の表面しか見ず、自己中心的で軽薄な性格をしている。 また、ペリカンタウンのことも「ダサい」と言って都会へ移り住もうかとさえ言っている。 これらはヘイリーとの友好度の上昇や村の再建が進むにつれて緩和され、最終的には「(プレイヤーがいるから)この村が好き」と発言するようになる。 とあるイベントでは、自分の持っている服のいくつかを慈善団体に寄付するというエピソードが語られる。 「自分のものを他人に無償で分け与えるなんて冗談じゃない」と言っていた姿が嘘のようである。 趣味は写真を撮ることで、休日はカメラを持って綺麗な風景を撮影しにシンダーサップの森に出かける。 この時は撮影に夢中になるあまり話しかけても反応を示さなくなる。 プレゼントなども受け取ってもらえず、また「会話した」というフラグも立たない。 話しかけたつもりでいても、会話したフラグが立っていないため「数日会話しないと好感度が下がる」という仕様に引っかって好感度が下がってしまう場合がある。 「撮影に夢中になっているため」というこの状態は半日ほど続くので、プレゼントを贈るために目の前で数時間待つはめになることもある。 ペリカンタウンに住む女性。 ヘイリーとは姉妹の関係。 服飾の仕事に興味を示しており、新しい服のデザインや仕立てを行っている。 しかしペリカンタウンでは布材の流通は乏しいため、それらをプレゼントすると大いに喜ぶ。 ペリカンタウンの酒場「スタードロップ・サルーン」でアルバイトをしている。 ペリカンタウンの西にあるカリコ砂漠に住んでいるサンディとは親友にあたる。 村の鍛冶屋のクリントから、エミリーが好きなアメジストをクリントの名代で届けてほしいというクエストが発生する。 依頼通りプレイヤーがエミリーにアメジストを配達すると、エミリーは大げさに喜んでプレイヤーにキスまでしてくれる。 クリントへの礼は特に言及せず、「(クリントに対して)遠回しにせず直接渡していればよかったのに」とプレイヤーに思わせるイベントとなっている。 パッチ1. 1で新規に追加された結婚相手候補である。 「もし新たに追加できるなら、誰を候補に追加するか」というユーザーアンケートの結果を反映して恋愛から結婚までのイベントが実装された。 リア リアはシンダーサップの森にある小屋に住む女性。 彫刻家を目指しており、家には様々な作品が並んでいる。 彫刻に関する素晴らしい才能を持っているが、それを一般に公開して評価を受けることに対して足踏みをしている。 プレイヤーは彼女と友好度を深めることでリアに自信をもたせ、アートショーを開かせていく。 ほぼ1日中、自宅で彫刻に明け暮れていて、外出するのは日用品の買い出しなど最低限の場合のみ。 ゲームの仕様として、「友好度がある程度ないとキャラクターの自室に入れない」というものがある。 友好度が低いと入れるのは応接間やリビングなどの空間だけである。 しかしリアの家の間取りはワンルームである。 つまり家の中全体が自室という扱いを受けており、家に入れるのは友好度が一定以上でないといけない。 週に何度かの外出のタイミングを逃すと会話できない、プレゼントを贈れない(=友好度が上昇しない)ため、いつまで経ってもリアの家に入れないままでいてしまう。 (村の行事イベントで優勝することで住民全体の友好度が上昇するため、まったく交流を持たないままでもいつかはリアの家に入れるが、かなり時間がかかる) そういう仕様から非常に上げにくいが、一度家に入れるようになってからの友好度上昇は容易。 会話やプレゼントのために町を走り回って探さずとも、ほぼ家にいるため、簡単に友好度を上げることができる。 ペリカンタウンの北の山に住む女性。 父親はデミトリウス、母がロビンで、ロビンの息子にあたるセバスチャンは義理の兄弟。 科学者であるデミトリウスにならい、研究者気質である。 家に併設されているラボで父親と一緒に研究を行っている。 微妙な立ち位置にあるセバスチャンとは緊張状態にあり、どう接していいか悩んでいる。 疎ましいわけではないので、ぎこちないながらも接そうとしているようだが、セバスチャンの人間嫌いの性格もあってうまくいっていない。 ハーヴィーの診療所で看護師として働いている。 この時はグラフィックが白衣(看護師の衣装)に変化する。 また一家が住んでいる大工の家には望遠鏡があるが、これはマルのもの。 夜に訪れると、マルが天体望遠鏡を覗き込んでいる様子が見られる。 友好度が十分であるなら、一緒に天体望遠鏡を覗き込むイベントが発生する。 開発段階ではロングのパーマであった。 ペリカンタウンに住む女性。 川のそばにある小さなトレーラーで彼女の母であるパムと共に住んでいる。 ほぼ毎晩酒を飲み歩く母親に頭を悩ませており、そんな母親のフォローや雑用役となることに人生の閉塞感を感じている。 きちんとした家でなくトレーラーハウスを住まいとしているのもパムのせいであり、彼女の酒代が家計を圧迫しているようだ。 そういったことから不憫なポジションにあるペニーであるが、同じく不憫なポジションにあるキャラクターであるセバスチャンと違い、プレイヤーからの結婚相手としての人気は薄い。 というのも、「ペニーと結婚するとすなわちパムが義母になる」ということが足を引っ張っているようである。 ペニーとの一連のイベントでパムが毎晩酒場に通っていること、ツケをためていること、ものぐさなパムのせいで家の中が散らかることなどの事実が明らかになり、そんなパムを義母としたくないと敬遠されてしまっているようだ。 町の子供たち(ジャスやヴィンセント)の家庭教師をつとめており、毎週図書館に連れ出して勉強させている。 また趣味は料理で、よく自炊をしている。 しかしながらその腕は疑わしく、料理下手である。 ペリカンタウンの町長。 またプレイヤーの祖父とは親友であり、祖父の農場を受け継ぐためにペリカンタウンにやってきたプレイヤーを歓迎する。 町長を20年つとめてきた。 スターデューバレーの農場基金の運営も努めており、プレイヤーの活躍に応じて資金を支援してくれる。 家族も伴侶もいないようであるが、マーニーとは本人曰く「深い仲にある」親友。 ルイスの下着がマーニーのベッドルームに落ちている、「Mより」と書かれたラブレターがルイスの本棚から見つかる、など明らかに恋愛関係にあるが、ルイス本人はそれを隠そうとしている。 マーニーの家を訪れるのも「マーニーが運営している牧場の経営の様子を見るという町長としての仕事のため」と言い訳をしている。 マーニーとの関係を公表することは町長としての名誉に関わると思っているようで、公表したいというマーニーに反対の立場を取っている。 プレイヤーは数々のイベントでルイスとマーニーの関係を言いふらすか黙っているかを選択するが、仮にここで言いふらすことを選択したとしても直後の台詞が変わるだけでペリカンタウンの住民全体に変化は出ない。 しかしながら、言いふらすことを選択するとルイスの友好度が大いに下がってしまう。

次の

ペニー

スタ デュー バレー ペニー

WindowsやNintendo Switch、PS4などで、好評発売中のシミュレーションRPG『スターデューバレー』。 『スターデューバレー』は、プログラムからグラフィック、音楽に至るまで、開発者のエリック・バロン氏1人の手で作り上げられたいわゆるインディー作品ですが、そのクオリティやボリュームは、フルプライスのタイトルと並べても引けをとらない内容に仕上がっています。 すでに多くの人がプレイしていることかと思いますが、日本語PS4版が発売されたこの機に電撃PS編集部によりレビューをお届けします。 荒れ果てた農地を立て直して畑に種を植え、収穫を得る農業からはじまり、家畜小屋を建ててニワトリや牛を飼って卵や牛乳を生産する畜産、海や川に出かけて釣りにカゴ漁と、プレイヤーができることは非常に多彩。 収穫物はお金にかえて、新たな種や苗を買ったり、施設を建てることで事業の規模を拡大できます。 ボリュームもさることながらできることの自由度も高いので、プレイヤーごとに個性のある農場経営が可能です。 本作には四季があり、季節ごとに異なる作物を育てることが可能です。 餌やりや手入れなど、動物に愛情をもって接することでよりよい収穫物が得られるでしょう。 主人公は、ここでモンスターを撃退しつつ、各種鉱物を掘り出し、のべ棒などに加工することで、農作業に使う道具をアップグレードしたり、新たな設備を建設することが可能です。 さらにクリア後にはより稀少なアイテムが手に入る新たなダンジョンに挑めます。 会話を楽しんだり、プレゼントや行事での交流を通して、彼らとより親密な関係を築くことができます。 さらに、独身の住人とは、結婚して子どもを授かり、家族いっしょに暮らすことも可能です。 プレイヤーは自然とできる限りのことを詰め込んでいくので、時間当たりの行動の密度が上がってゲームプレイは充実しますし、1日が終わってもやりたいことは残っているので、「今日はここまでできたから、明日はこれをやろう!」という、目標がプレイヤーのなかにできていく感じがとても楽しいのです。 これがバランスの悪いゲームであれば、作業的なプレイに飽きたり、疲れて途中でやめてしまうのですが、遊んでいてそれを感じないのは、本作が絶妙なバランスの上に立っている証拠だと筆者は考えています。 日本では最後発となったPS4版『スターデューバレー』。 ゲーム本編にサントラCDとマップ、ガイドブックが付属している『スターデューバレー コレクターズ・エディション』を買うもよし、手頃な価格で楽しめるダウンロード版を買うもよし。 いずれも価格以上に楽しめることは間違いないので、ぜひこの機会にチェックしてください!.

次の