ノン フェイク ション。 フェイク混入ドキュメンタリー番組『ノンフェイクション』に岩淵弘樹ら

ザ・ノンフィクションの制作会社や取材、ギャラ事情ってどうなってるの?

ノン フェイク ション

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年1月) ノンフィクション(: non-fiction とは、史実や記録に基づいた文章や映像などの創作作品。 また、その形態。 やなど多肢にわたる。 製作上の綿密な調査や取捨選択など作成者の独自色が出る。 日本では雑誌記事の分類としてノンフィクションという言葉は使われていたが、概念として一般に認知されるようになったきっかけはが4月から月刊で刊行を始めた全50巻の『世界ノンフィクション全集』である。 その後ののの「」とのの「」によって広く知られるようになったと言われる。 のジャンルとして文学が定着していたに対して、日本ではなど戦争や事件があると、出版社が作家を現地に派遣して現地報告を書かせるのが主流であり、文学としては低く見られていた。 こうした作家の余技としてでなく、ノンフィクション・ライターが登場するようになったのはからにかけてである。 雑誌社系のの登場で、チーム取材による特集記事が需要が生まれ、文学者の余技ではない無名のライターによるノンフィクションの記事が成立した。

次の

ザ・ノンフィクションの制作会社や取材、ギャラ事情ってどうなってるの?

ノン フェイク ション

「ノンフェイクション」という番組がテレ東で放送されましてですね。 ドキュメンタリーとして追いかける対象の中に、ひとつだけ(一人だけ)フェイク、つまりニセモノが混じっているという番組。 今回放送されたのは「メンズ地下アイドル」がテーマ。 3人の男性地下アイドルのうち一人だけがニセモノ。 とがVTRを見るという立場なのだけど、特にクイズ形式になっているだとかそういうことではない。 見て感想を述べる。 「ハイパーハードボイルドグルメレポート」の小籔と同じ立場。 でまあ、番組の感想としては「ただニセモノが混じっているだけ」なのは「面白いのかそうでないのかよく分からない」である。 今回のドキュメンタリーはフェイクも含めて全て本物のドキュメンタリー監督である岩渕弘樹が担当。 だから本物もニセモノもドキュメンタリーとして普通の映像に仕上がっている。 それゆえ本物はもちろん、ニセモノも「それなりのドキュメンタリー」に仕上がっているのだけど、番組の意図が「当てさせる(あるいは騙す)こと」ではないせいか「ヒントとなるものが題材の雰囲気でしかない」のである。 たとえば格付けチェックであれば「その道の巨匠」と「駆け出し」が撮影することで、その違いに気づくか?というコンセプトになる。 しかしこの番組は両方とも同じ人が撮っているし、本当にただ単に「題材そのものが本当かウソか」なのだ。 しかもヒントはなし。 まあそういう意図なのだろうけど、自分は思ったよりそこに面白さを感じなかった。 原因のひとつとして、「このドキュメンタリーの中にフェイクが混じるという構造そのものに何かしらのフェイクが混じってくるのではないだろうか」とかなり過剰な期待をして見てしまったこともあるのかもしれない。 例えば「フェイクのアイドルはおらず、監督がフェイクだ」「最後のVTRでが別人に変わっている」「のユアタイムの1年間がフェイクだ」なんていう十重二十重のトリックがあるのではないか、くらいのことを見ていて漠然と考えていた。 でもそういう仕掛けは当然ない。 そもそも自分の見込み違いとして「フェイクだと分かるようにフェイクを作っていたわけではない」ということ。 例えばフェイクドキュメンタリーで自分が強烈にハマった「放送禁止」シリーズはそのドキュメンタリー内に「真実」が見え隠れするようにヒントが散りばめられている。 それを見つけるのが楽しみであったりする。 しかし今回「ニセモノが混じっている」んだけど「ニセモノを当てること」が主眼ではないため、ドキュメンタリーの中身に仕掛けがあるわけではなく、単純に「素材が架空で役者」というだけ。 それが「そうやってドキュメンタリーって作れるじゃん」という皮肉であるともいえるんだけど、自分には「単にニセモノ混ぜて作ってみよう」レベルまでの意気込みしか感じなかったんだよなあ。 惜しい。 もっと企画を練りに練って、現実とフェイクの境界線が見えなくなるまでこちらの頭をゴチャゴチャにしてほしかった。 まあ来週の「熟女セクシー女優の私生活」は見ますけどね。 監督とかフェイク混じってなくても見るよ。 むしろフェイクいらないじゃん。 企画的にはそういうことじゃないと思うんだけど、そう思われてしまう時点でちょっと失敗しているんじゃないかとは思う。 「フェイク」ついでに「クレイジャーニー」打ち切りの件を再度。 「やらせと演出の境界線」という論点で是か非か語られている感じがちょっともどかしい。 「動物を置くくらいのことは演出の範疇じゃないか」だとか「が許容されてなぜ今回のはダメなのか」とかいう意見を見たり聞いたりして、「うーん」と思う。 賛同できない。 前書いたものと意見はあまり変わってないので置いておきます。 前にも書いたけども、加藤先生がこの「演出」を知っていようといまいと(知らないわけがない、という追撃記事が出たけどもあまり話題になってないのか)、加藤先生の信用は少なからず傷ついたと思います。 無邪気な顔して捕まえていたけど、本当は知っていたんでしょ?と。 それがタレントなら「演出」「仕事」で済ませていいのかもしれないけど、学者の加藤先生がやると意味合いが少し変わってくるような気がするんです。 一応建前は「珍しい爬虫類を自らの手で捕まえる」なんだし。 そしてここを再度強調したいのだけど、信用を損なうのは加藤先生だけではなく、全てのクレイジャーニーとして出演した人たちなのだ。 これを許すわけにはいかないだろう。 調査によって「(加藤先生の企画内では)他に同じような演出が見つからなかった」となっているが、裏を返せば「全部のクレイジャーニーを調べているわけではないので、そこにはまだ何かあるのかもしれない」となるだろう。 最悪加藤先生が演出に加担していて、加藤先生「のみ」の信用が落ちるのは仕方ないかもしれない。 しかし「クレイジャーニー」に出演していたという理由で、あらぬ疑惑のまなざしを向けられるように「してしまった」ことそのものは、視聴者ではなく今までの出演者に対する大きな裏切りになる。 これが「加藤先生の生き物バンザイ」という単独番組であれば「それくらいの演出はいいじゃん」と思ったかもしれない。 けどバラエティといえども、人生をかけた生き様を映す「クレイジャーニー」であれば、やっぱりダメだよなあと自分は思う。 nageyarism.

次の

岩淵弘樹やバクシーシ山下など、ドキュメンタリー監督が作品の中にフェイクを仕掛ける!映像を観たケンドーコバヤシ&市川紗椰は、見破れるのか!?|テレビ大阪株式会社のプレスリリース

ノン フェイク ション

「ノンフェイクション」という番組がテレ東で放送されましてですね。 ドキュメンタリーとして追いかける対象の中に、ひとつだけ(一人だけ)フェイク、つまりニセモノが混じっているという番組。 今回放送されたのは「メンズ地下アイドル」がテーマ。 3人の男性地下アイドルのうち一人だけがニセモノ。 とがVTRを見るという立場なのだけど、特にクイズ形式になっているだとかそういうことではない。 見て感想を述べる。 「ハイパーハードボイルドグルメレポート」の小籔と同じ立場。 でまあ、番組の感想としては「ただニセモノが混じっているだけ」なのは「面白いのかそうでないのかよく分からない」である。 今回のドキュメンタリーはフェイクも含めて全て本物のドキュメンタリー監督である岩渕弘樹が担当。 だから本物もニセモノもドキュメンタリーとして普通の映像に仕上がっている。 それゆえ本物はもちろん、ニセモノも「それなりのドキュメンタリー」に仕上がっているのだけど、番組の意図が「当てさせる(あるいは騙す)こと」ではないせいか「ヒントとなるものが題材の雰囲気でしかない」のである。 たとえば格付けチェックであれば「その道の巨匠」と「駆け出し」が撮影することで、その違いに気づくか?というコンセプトになる。 しかしこの番組は両方とも同じ人が撮っているし、本当にただ単に「題材そのものが本当かウソか」なのだ。 しかもヒントはなし。 まあそういう意図なのだろうけど、自分は思ったよりそこに面白さを感じなかった。 原因のひとつとして、「このドキュメンタリーの中にフェイクが混じるという構造そのものに何かしらのフェイクが混じってくるのではないだろうか」とかなり過剰な期待をして見てしまったこともあるのかもしれない。 例えば「フェイクのアイドルはおらず、監督がフェイクだ」「最後のVTRでが別人に変わっている」「のユアタイムの1年間がフェイクだ」なんていう十重二十重のトリックがあるのではないか、くらいのことを見ていて漠然と考えていた。 でもそういう仕掛けは当然ない。 そもそも自分の見込み違いとして「フェイクだと分かるようにフェイクを作っていたわけではない」ということ。 例えばフェイクドキュメンタリーで自分が強烈にハマった「放送禁止」シリーズはそのドキュメンタリー内に「真実」が見え隠れするようにヒントが散りばめられている。 それを見つけるのが楽しみであったりする。 しかし今回「ニセモノが混じっている」んだけど「ニセモノを当てること」が主眼ではないため、ドキュメンタリーの中身に仕掛けがあるわけではなく、単純に「素材が架空で役者」というだけ。 それが「そうやってドキュメンタリーって作れるじゃん」という皮肉であるともいえるんだけど、自分には「単にニセモノ混ぜて作ってみよう」レベルまでの意気込みしか感じなかったんだよなあ。 惜しい。 もっと企画を練りに練って、現実とフェイクの境界線が見えなくなるまでこちらの頭をゴチャゴチャにしてほしかった。 まあ来週の「熟女セクシー女優の私生活」は見ますけどね。 監督とかフェイク混じってなくても見るよ。 むしろフェイクいらないじゃん。 企画的にはそういうことじゃないと思うんだけど、そう思われてしまう時点でちょっと失敗しているんじゃないかとは思う。 「フェイク」ついでに「クレイジャーニー」打ち切りの件を再度。 「やらせと演出の境界線」という論点で是か非か語られている感じがちょっともどかしい。 「動物を置くくらいのことは演出の範疇じゃないか」だとか「が許容されてなぜ今回のはダメなのか」とかいう意見を見たり聞いたりして、「うーん」と思う。 賛同できない。 前書いたものと意見はあまり変わってないので置いておきます。 前にも書いたけども、加藤先生がこの「演出」を知っていようといまいと(知らないわけがない、という追撃記事が出たけどもあまり話題になってないのか)、加藤先生の信用は少なからず傷ついたと思います。 無邪気な顔して捕まえていたけど、本当は知っていたんでしょ?と。 それがタレントなら「演出」「仕事」で済ませていいのかもしれないけど、学者の加藤先生がやると意味合いが少し変わってくるような気がするんです。 一応建前は「珍しい爬虫類を自らの手で捕まえる」なんだし。 そしてここを再度強調したいのだけど、信用を損なうのは加藤先生だけではなく、全てのクレイジャーニーとして出演した人たちなのだ。 これを許すわけにはいかないだろう。 調査によって「(加藤先生の企画内では)他に同じような演出が見つからなかった」となっているが、裏を返せば「全部のクレイジャーニーを調べているわけではないので、そこにはまだ何かあるのかもしれない」となるだろう。 最悪加藤先生が演出に加担していて、加藤先生「のみ」の信用が落ちるのは仕方ないかもしれない。 しかし「クレイジャーニー」に出演していたという理由で、あらぬ疑惑のまなざしを向けられるように「してしまった」ことそのものは、視聴者ではなく今までの出演者に対する大きな裏切りになる。 これが「加藤先生の生き物バンザイ」という単独番組であれば「それくらいの演出はいいじゃん」と思ったかもしれない。 けどバラエティといえども、人生をかけた生き様を映す「クレイジャーニー」であれば、やっぱりダメだよなあと自分は思う。 nageyarism.

次の