ナンバー プレート h。 【意外と知らない】ナンバープレートが傷んだらどうする?

英字入り車のナンバープレートが登場!プレートの見方を紹介

ナンバー プレート h

事業用車両に使用できるひらがな 車両を事業用として登録している場合、普通自動車や特殊車両であれば「あ・い・う・え・か・き・く・け・こ・を」の10文字が使用できます。 軽自動車の場合には「り・れ」の2文字です。 自家用一般に使用できるひらがな われわれが通常、自動車を所有する場合、普通自動車には「さ・す・せ・そ・た〜と・な〜の・は・ひ・ふ・ほ・ま〜も・や・ゆ・ら・り・る・ろ」の29文字が使用されます。 また軽自動車の場合には「あ・い・う・え・か〜こ・さ・す・せ・そ・た〜と・な〜の・は・ひ・ふ・ほ・ま〜も・や・ゆ・よ・ら・る・ろ・を」の39文字が使用されます。 普通自動車よりも軽自動車に使用される文字が10文字多いということは、それだけの自家用登録としての台数が見込まれているというわけです。 レンタカー用に使用できるひらがな 最近、話題となっているカーシェアに使用されるのは、レンタカー登録の車両です。 レンタカーに使用できる文字は普通自動車の場合「わ」と「れ」。 軽自動車は「わ」です。 駐留軍人軍属私有車両等 日本に駐留しているアメリカ軍関係者が使用する車両の場合は特殊で、主としてアルファベットが使用されます。 普通自動車では「E・H・K・M・T・Y・よ」、軽自動車には「A・B」が使用されます。 ナンバープレートに表示されるひらながには、決して使用されないひらがながあるのにお気づきでしょうか?それが「お」「し」「へ」「ん」です。 なぜこれらの文字が使用されないのでしょうか。 一般社団法人全国自動車標板協議会によると、 まず「お」は、「あ」と文字の形が似ています。 ナンバープレートには違反車両や犯罪車両などを識別し、所有者を割り出しやすくするという役目があるため、文字の区別がしづらいという理由から、使用されていません。 また、発音が「を」と似ていて紛らわしいという理由もあります。 「し」は、「死」を連想させ、縁起が悪いという理由から使用されていません。 「へ」は、屁を連想させてイメージが悪いためで、これも発音したときに「え」と紛らわしいということもありそうです。 「ん」は、発音がしづらいためです。 ナンバープレートにひらがなが導入されたのは、1955年 昭和30年。 交通事故などの通報は音声通話に頼るしかない時代で、通話品質も決して良くはない時代です。 「ん」は電話越しには聞き取りづらかったため、使用されませんでした。

次の

アルファベット入りナンバープレートの取得方法・費用は?対象エリアは?使用できるアルファベットは?

ナンバー プレート h

新型スープラに日本のナンバープレートを埋め込んでみた。 バンパーの開口部が大きいため、空力性能にも悪影響なのはあきらか 日本のナンバープレート形状はダサい! ヨーロッパみたいな横長にならないのか! と思っているクルマ好きは少なくないだろう。 ベストカーWEB編集部小野もそのひとりだ。 その小野が吠えた。 ベストカーWEB編集部小野(以下編集部) 欧米のナンバープレートは横長で、デザインや空気抵抗に影響を与えないような形状ですが、日本のナンバープレートはムダに面積が大きくてダサいと思いませんか? そろそろ世界標準に近い形状にすべきだと、清水さんから提案してください。 8mm。 時代をさかのぼってみると、日本のナンバープレートは、大正時代には色や文字の大きさだけが定められていて、プレートには決まった大きさがなかったようだ。 戦後、昭和26年に、漢字一文字(地名)+数字が6ケタ(1段)に改められたので、現在よりかなり横長で、タテヨコ1:3くらいになった。 それが現在のような形になったのは、昭和30年(1955年、下の写真で中央一番上の黄色のナンバープレート)のこと。 当時のナンバープレートの大きさは、タテ155mm、ヨコ310mmで、今よりやや小ぶりだった。 全国自動車評板協議会では日本のナンバープレートの歴史を紹介している。 よく見ると一番左の列、上から5番目〜7番目のナンバープレートは横長じゃないか! 5番目のナンバープレートは昭和26年8月16日に発行された東京都で使用された自家用車のナンバープレート。 6番目と7番目は外国軍人用、一般外国人用のナンバープレート このサイズは、アメリカのものとほぼ同じ! おそらく日本のナンバープレートは、アメリカに倣いつつ、インチをセンチに換えて、切りのいい数字にしたのではないだろうか。 なにしろ日本は戦後7年間、アメリカに占領されていたのだから、アメリカに倣うのが自然な流れ。 外国といえばアメリカ、外人といえばアメリカ人という時代でもあった。 そう思って、一般社団法人全国自動車標板協議会に確認したところ、「ナンバープレートのサイズがどのように決められたのか、その理由まではわかりません」とのことだった。 いずれにせよ、自動車はアメリカとヨーロッパで発展してきたものなので、その一方の雄であるアメリカを真似て日本がナンバープレートのサイズを決めたとしても、無理からぬものがある。 特にフェラーリなどのスーパーカーの場合、深刻(?)な問題となっている。 たとえばフェラーリエンツォはちょうどナンバープレートが付くフロントバンバー中央下部から、空気を車体床下に導き、ダウンフォースを得る車体形状。 そのエア導入口をナンバープレートで塞がれたら、せっかくの空力設計がまるでパーだ。 ラフェラーリも思いっきり邪魔な存在だ。 バンパー中央に配置されているラフェラーリのナンバープレート ただ、「スーパーカーオーナーが困ってるから、ナンバープレートを横長に!」と叫んでも、世間の理解を得るのは困難。 自動車のナンバープレートというのは、基本的には各国が独自に決めていて、それぞれに歴史の積み重ねもある。 ただ、アメリカが日本と同じ1:2のナンバープレートである限り、世界のクルマは1:2と横長タイプ、両方のナンバープレートが付けられる形状を保つはず。 厳密には、アメリカに輸出していないイタリア車、フランス車には、日米型のナンバープレートを考慮せずにデザインされたモデルが少なくないが、とりあえず日本がガラパゴスになる心配はない。 ちなみに、アメリカの隣国であるカナダとメキシコも、ほぼアメリカと同サイズだ。 以下、代表的な世界のナンバープレートを載せたので見てほしい。 表示内容:1)Euroおよび国マーク/最も左のEuroのマークがあるこのナンバープレートは、EU圏内及びスイスにおいて利用可能なことを示している。 「D」は車両の所在地がドイツ Deutschland を示している。 2)車両の所在地 /KA:車両の所在する地域 市又は群毎に規定 を示しており、KAはKarlsruhe カールス ルーエ の略。 2006年に公布された自動車許可令によれば、車両の所在地が変更になり、市や郡の行政地域が変更になる場合であっても州内での変更であれば、ナンバープ レートを変更しなくても良いかどうかを州毎に決定。 この規定に基づき、2009年以降、ヘッセン州、シュレスヴィッヒ・ホルシュタイン州、ブランデンブルク州、ザクセン州およびチューリンゲン州などでは車両の所在地が市や郡の行政地域をまたがって変更になるものの、州内での変更の場合、昔のナンバープレートを変更する必要はなくなった。 3)車両の識別番号/ PA777:アルファベットと数字から構成される。 2006年以降、通常のメタル製のナンバープレートのほか、アクリル製の素材のものでも認められている。 このほか、3Mによって生産されているLEDによって自ら発光するナンバープ レートなどがあり、これによって視認性の向上を図っている。 希望ナンバーは機械的に付与されるが希望すれば希望する番号にすることが可能(別途追加料金100ユーロ程度発生) サイズは旧プレートが横39. 5cm、縦13. 5cm。 新プレートが横44. 5cm、縦13. 5cm。 色は黒字に白。 遠くから識別にしくそうだがシックでオシャレ。 クルマのデザインを壊すことがなさそうだ。 表示内容は自家用車両用ナンバープレートの場合、登録した地域(州や市など)はアルファベット1文字または2文字で表示。 この地域をさらに細分化した区域識別コードがあり、アルファベット2文字または3文字で表示(旧プレートでは2文字分のスペースしかなかったが新プレートでは3文字表記が可能)。 番号は数字1文字から4文字表示。 有効期限は月、西暦の下2桁で表示(交付から5年間有効、税の納付と引き替えに新しいナンバーが交付される)。 「D」はバンドン市、西バンドン市。 「1345」は番号。 「NO」はバンドン市のNO区域(区域識別コード)。 「12、14」は2014年12月。 1cm)。 青色が一般的な車両で、黄色はトラックやバスなどの大型車両、黒色は外資系企業、外交官など外国人が所有する車両、白色は軍隊・警察車両、裁判所や検察所の車両と分けられている 編集部 じゃ中国はどうなんですか。 いまや中国が世界最大の自動車市場じゃないですか。 清水 中国のナンバープレートは、漢字、アルファベット、数字の合計7ケタで、1:3の横長タイプ。 ちょうどアメリカとヨーロッパの中間的なタテヨコ比になっている。 編集部 日本のよりは、まだ中国タイプのほうがいいですね。 悔しいなぁ。 110のナンバーが誇らしげ! 実は日本でも数年前、ナンバープレートのサイズ変更が議論されていた。 2011年10月、国交省は「ナンバープレートのあり方に関する懇談会」を立ち上げ、そのなかで、「グローバルな動きを踏まえると、ナンバープレートの形状を横長化していく方が、我が国の国際戦略上も有利なのではないか」ということが、議題のひとつとされた。 そのほか、ナンバープレートが抱えるさまざまな課題(ご当地ナンバーや希望ナンバー、アルファベットの導入など)について、パブリックコメントが集められたが、754件のうち、ナンバープレートの形状(横長化の是非)に関するものが半数以上を占め、関心の高さを伺わせた。 わざわざ国交省に意見を送るくらいの人は、ご当地ナンバーや希望ナンバーなどよりも、形状のほうに断然興味があったということだろう。 ただし結果は、横長化に賛成が189件、反対が208件。 僅差で反対が上回った。 この結果を受けて、懇談会は2012年7月、このように結論した。 「自動車ユーザーからは、『我が国のナンバープレートも海外のような横長にした方がスタイリッシュであり、望ましい』というような声も少なからず出てきているところであるが、仮に、ナンバープレートの形状を見直すこととした場合、既存車両の改修、駐車場管理などで活用されているナンバープレート読取システムの改修など、 いわば社会的コストの発生が見込まれることから、慎重な立場をとる関係者も少なくない。 また、ナンバープレートの形状の見直しに関しては、さまざまな意見があるが、社会に深く浸透したナンバープレートの形状を見直すことに抵抗感を感じる国民も少なくないなか、現時点では、ナンバープレートの形状を実際に見直すだけの正当性やメリットを十分には説明できていないことも事実である。 編集部 そうだったんですか。 悔しいなぁ。 清水 まあ、アメリカの影響の強かった国は、1:2でしょうがないかもね。 隣の韓国も1:2だし。 と思いつつ一応調べてみたところ、驚愕の事実が判明した。 なんと韓国は、2006年11月から、アメリカ型からヨーロッパ型に、ナンバープレートのサイズを変えていた! 私が最後に韓国に行ったのは2010年。 その時に撮った写真を見直してみたら、アメリカ型とヨーロッパ型、両方のナンバープレートが混在していた! 新しめのクルマだけが、横長のヨーロッパ型になっている。 気づかなかった……。 韓国ではこの変更にあたって、ナンバー灯の位置の関係で後ろには旧ナンバーしかつかないボディ形状の中古車を登録する時、前だけ新型の横長プレート、後ろは旧型といった組み合わせも許容して対応したという。 ガーン! 2006年11月から横長タイプに変更。 サイズは横52cm、縦11cm。 表示内容は35は車種(2桁。 乗用車は01〜69)、乗り合いは70〜79。 貨物は80〜70など。 ハングル文字は用途。 6769は番号(4桁)。 事業用のみ所轄官庁(登録地)を表記。 2011年10月16日までは数字4桁のうち、末尾の2桁が奇数、偶数の2つが提示され、そのどちらかを選択する制度だったが、現在は無作為に10個が提示され、そのなかから選択できるようになった 編集部 清水さん、韓国にできたんだから、日本にだってできるはずじゃないですか! 清水 だな。 日本は高速道路の最高速度引き上げでも後れを取ったしなぁ。 中韓とも100km/hだったのを、数年前に120km/hにしてるんだよね。 アジアでいち早く先進国の仲間入りをした日本が、交通政策では明らかに後れを取っている! それにしても、日本人が横長ナンバープレートのメリットに気付く日は、いつか来るのか……。

次の

ナンバープレートにアルファベットが:車のナンバーが変わる

ナンバー プレート h

新型スープラに日本のナンバープレートを埋め込んでみた。 バンパーの開口部が大きいため、空力性能にも悪影響なのはあきらか 日本のナンバープレート形状はダサい! ヨーロッパみたいな横長にならないのか! と思っているクルマ好きは少なくないだろう。 ベストカーWEB編集部小野もそのひとりだ。 その小野が吠えた。 ベストカーWEB編集部小野(以下編集部) 欧米のナンバープレートは横長で、デザインや空気抵抗に影響を与えないような形状ですが、日本のナンバープレートはムダに面積が大きくてダサいと思いませんか? そろそろ世界標準に近い形状にすべきだと、清水さんから提案してください。 8mm。 時代をさかのぼってみると、日本のナンバープレートは、大正時代には色や文字の大きさだけが定められていて、プレートには決まった大きさがなかったようだ。 戦後、昭和26年に、漢字一文字(地名)+数字が6ケタ(1段)に改められたので、現在よりかなり横長で、タテヨコ1:3くらいになった。 それが現在のような形になったのは、昭和30年(1955年、下の写真で中央一番上の黄色のナンバープレート)のこと。 当時のナンバープレートの大きさは、タテ155mm、ヨコ310mmで、今よりやや小ぶりだった。 全国自動車評板協議会では日本のナンバープレートの歴史を紹介している。 よく見ると一番左の列、上から5番目〜7番目のナンバープレートは横長じゃないか! 5番目のナンバープレートは昭和26年8月16日に発行された東京都で使用された自家用車のナンバープレート。 6番目と7番目は外国軍人用、一般外国人用のナンバープレート このサイズは、アメリカのものとほぼ同じ! おそらく日本のナンバープレートは、アメリカに倣いつつ、インチをセンチに換えて、切りのいい数字にしたのではないだろうか。 なにしろ日本は戦後7年間、アメリカに占領されていたのだから、アメリカに倣うのが自然な流れ。 外国といえばアメリカ、外人といえばアメリカ人という時代でもあった。 そう思って、一般社団法人全国自動車標板協議会に確認したところ、「ナンバープレートのサイズがどのように決められたのか、その理由まではわかりません」とのことだった。 いずれにせよ、自動車はアメリカとヨーロッパで発展してきたものなので、その一方の雄であるアメリカを真似て日本がナンバープレートのサイズを決めたとしても、無理からぬものがある。 特にフェラーリなどのスーパーカーの場合、深刻(?)な問題となっている。 たとえばフェラーリエンツォはちょうどナンバープレートが付くフロントバンバー中央下部から、空気を車体床下に導き、ダウンフォースを得る車体形状。 そのエア導入口をナンバープレートで塞がれたら、せっかくの空力設計がまるでパーだ。 ラフェラーリも思いっきり邪魔な存在だ。 バンパー中央に配置されているラフェラーリのナンバープレート ただ、「スーパーカーオーナーが困ってるから、ナンバープレートを横長に!」と叫んでも、世間の理解を得るのは困難。 自動車のナンバープレートというのは、基本的には各国が独自に決めていて、それぞれに歴史の積み重ねもある。 ただ、アメリカが日本と同じ1:2のナンバープレートである限り、世界のクルマは1:2と横長タイプ、両方のナンバープレートが付けられる形状を保つはず。 厳密には、アメリカに輸出していないイタリア車、フランス車には、日米型のナンバープレートを考慮せずにデザインされたモデルが少なくないが、とりあえず日本がガラパゴスになる心配はない。 ちなみに、アメリカの隣国であるカナダとメキシコも、ほぼアメリカと同サイズだ。 以下、代表的な世界のナンバープレートを載せたので見てほしい。 表示内容:1)Euroおよび国マーク/最も左のEuroのマークがあるこのナンバープレートは、EU圏内及びスイスにおいて利用可能なことを示している。 「D」は車両の所在地がドイツ Deutschland を示している。 2)車両の所在地 /KA:車両の所在する地域 市又は群毎に規定 を示しており、KAはKarlsruhe カールス ルーエ の略。 2006年に公布された自動車許可令によれば、車両の所在地が変更になり、市や郡の行政地域が変更になる場合であっても州内での変更であれば、ナンバープ レートを変更しなくても良いかどうかを州毎に決定。 この規定に基づき、2009年以降、ヘッセン州、シュレスヴィッヒ・ホルシュタイン州、ブランデンブルク州、ザクセン州およびチューリンゲン州などでは車両の所在地が市や郡の行政地域をまたがって変更になるものの、州内での変更の場合、昔のナンバープレートを変更する必要はなくなった。 3)車両の識別番号/ PA777:アルファベットと数字から構成される。 2006年以降、通常のメタル製のナンバープレートのほか、アクリル製の素材のものでも認められている。 このほか、3Mによって生産されているLEDによって自ら発光するナンバープ レートなどがあり、これによって視認性の向上を図っている。 希望ナンバーは機械的に付与されるが希望すれば希望する番号にすることが可能(別途追加料金100ユーロ程度発生) サイズは旧プレートが横39. 5cm、縦13. 5cm。 新プレートが横44. 5cm、縦13. 5cm。 色は黒字に白。 遠くから識別にしくそうだがシックでオシャレ。 クルマのデザインを壊すことがなさそうだ。 表示内容は自家用車両用ナンバープレートの場合、登録した地域(州や市など)はアルファベット1文字または2文字で表示。 この地域をさらに細分化した区域識別コードがあり、アルファベット2文字または3文字で表示(旧プレートでは2文字分のスペースしかなかったが新プレートでは3文字表記が可能)。 番号は数字1文字から4文字表示。 有効期限は月、西暦の下2桁で表示(交付から5年間有効、税の納付と引き替えに新しいナンバーが交付される)。 「D」はバンドン市、西バンドン市。 「1345」は番号。 「NO」はバンドン市のNO区域(区域識別コード)。 「12、14」は2014年12月。 1cm)。 青色が一般的な車両で、黄色はトラックやバスなどの大型車両、黒色は外資系企業、外交官など外国人が所有する車両、白色は軍隊・警察車両、裁判所や検察所の車両と分けられている 編集部 じゃ中国はどうなんですか。 いまや中国が世界最大の自動車市場じゃないですか。 清水 中国のナンバープレートは、漢字、アルファベット、数字の合計7ケタで、1:3の横長タイプ。 ちょうどアメリカとヨーロッパの中間的なタテヨコ比になっている。 編集部 日本のよりは、まだ中国タイプのほうがいいですね。 悔しいなぁ。 110のナンバーが誇らしげ! 実は日本でも数年前、ナンバープレートのサイズ変更が議論されていた。 2011年10月、国交省は「ナンバープレートのあり方に関する懇談会」を立ち上げ、そのなかで、「グローバルな動きを踏まえると、ナンバープレートの形状を横長化していく方が、我が国の国際戦略上も有利なのではないか」ということが、議題のひとつとされた。 そのほか、ナンバープレートが抱えるさまざまな課題(ご当地ナンバーや希望ナンバー、アルファベットの導入など)について、パブリックコメントが集められたが、754件のうち、ナンバープレートの形状(横長化の是非)に関するものが半数以上を占め、関心の高さを伺わせた。 わざわざ国交省に意見を送るくらいの人は、ご当地ナンバーや希望ナンバーなどよりも、形状のほうに断然興味があったということだろう。 ただし結果は、横長化に賛成が189件、反対が208件。 僅差で反対が上回った。 この結果を受けて、懇談会は2012年7月、このように結論した。 「自動車ユーザーからは、『我が国のナンバープレートも海外のような横長にした方がスタイリッシュであり、望ましい』というような声も少なからず出てきているところであるが、仮に、ナンバープレートの形状を見直すこととした場合、既存車両の改修、駐車場管理などで活用されているナンバープレート読取システムの改修など、 いわば社会的コストの発生が見込まれることから、慎重な立場をとる関係者も少なくない。 また、ナンバープレートの形状の見直しに関しては、さまざまな意見があるが、社会に深く浸透したナンバープレートの形状を見直すことに抵抗感を感じる国民も少なくないなか、現時点では、ナンバープレートの形状を実際に見直すだけの正当性やメリットを十分には説明できていないことも事実である。 編集部 そうだったんですか。 悔しいなぁ。 清水 まあ、アメリカの影響の強かった国は、1:2でしょうがないかもね。 隣の韓国も1:2だし。 と思いつつ一応調べてみたところ、驚愕の事実が判明した。 なんと韓国は、2006年11月から、アメリカ型からヨーロッパ型に、ナンバープレートのサイズを変えていた! 私が最後に韓国に行ったのは2010年。 その時に撮った写真を見直してみたら、アメリカ型とヨーロッパ型、両方のナンバープレートが混在していた! 新しめのクルマだけが、横長のヨーロッパ型になっている。 気づかなかった……。 韓国ではこの変更にあたって、ナンバー灯の位置の関係で後ろには旧ナンバーしかつかないボディ形状の中古車を登録する時、前だけ新型の横長プレート、後ろは旧型といった組み合わせも許容して対応したという。 ガーン! 2006年11月から横長タイプに変更。 サイズは横52cm、縦11cm。 表示内容は35は車種(2桁。 乗用車は01〜69)、乗り合いは70〜79。 貨物は80〜70など。 ハングル文字は用途。 6769は番号(4桁)。 事業用のみ所轄官庁(登録地)を表記。 2011年10月16日までは数字4桁のうち、末尾の2桁が奇数、偶数の2つが提示され、そのどちらかを選択する制度だったが、現在は無作為に10個が提示され、そのなかから選択できるようになった 編集部 清水さん、韓国にできたんだから、日本にだってできるはずじゃないですか! 清水 だな。 日本は高速道路の最高速度引き上げでも後れを取ったしなぁ。 中韓とも100km/hだったのを、数年前に120km/hにしてるんだよね。 アジアでいち早く先進国の仲間入りをした日本が、交通政策では明らかに後れを取っている! それにしても、日本人が横長ナンバープレートのメリットに気付く日は、いつか来るのか……。

次の