寝 すぎる と 腰 が 痛い。 腰が痛い時の寝方!腰痛を和らげます

寝過ぎで腰痛の原因と治し方!ストレッチでの改善の方法も紹介!

寝 すぎる と 腰 が 痛い

Sponsored Link なぜ起床時に腰が痛くなるの? 起床時に腰痛が起きる要因には、就寝中の身体機能の低下にあります。 人間の身体機能は、自律神経によって無意識にコントロールされています。 自律神経は活動に係わる「交感神経」と休息に係わる「副交感神経」があり、 この2つのモードを切り替えることで体内機能を円滑にコントロールしています。 就寝時は副交感神経の働きによって血圧や体温が低下します。 特に明け方の4時から6時の間は最も血行がゆるやかになり、体内の循環が乱れやすい状態になる時間帯です。 この時間帯に何らかの障害が起こることで、起床時に腰が痛くなる現象が生じるのです。 次章では、具体的な症状や病気についてみていきましょう。 長時間仰向けで寝ていると体重が腰に集中してしまい、腰回りの筋肉に痛みが発生します。 内臓や筋肉の重みを自覚することはありませんが、実は仰向けの体勢では背中や腰に大きく負担がかかっています。 特に腰は体重の4割近い重さが集中すると言われています。 日常的に仰向けで寝る人は沢山いますが、就寝中に寝返りをうつことができれば、適度に負荷が解消されるので腰痛は起こりません。 ところが、体の筋肉が固まっている人は寝返りをうまくうてず、仰向け状態で長時間寝てしまうことになります。 これによって起床時に腰痛が起こるのです。 このような腰痛の改善には、寝返りに必要な4種類の筋肉のストレッチ体操が有効な場合もあります。 毎晩寝る前に行いましょう。 <腰をねじるストレッチ>(左右それぞれで1日3セット) ・仰向けになり、片側の膝を立てて内側に倒す。 ・倒した膝を反対側の手で床におさえつける。 ・倒した脚側の手は頭の上に伸ばす。 ・その状態で6回深呼吸をする。 <ひじ立て・ひざ曲げストレッチ>(1日3セット) ・うつ伏せの状態でひじを立て、ひざを曲げて足を持ち上げる。 ・首の力を抜いて下を見ながら、6回深呼吸をする。 <ひざ抱えストレッチ>(1日3セット) ・仰向けになり、両手でそれぞれの側の膝を抱える。 ・両手を組んで両ひざを持ち、胸の方へ抱え込む。 ・その状態で力を抜き、6回深呼吸する。 <タオルを使った脚上げストレッチ>(1日3セット) ・仰向けに寝転んだ状態で、膝を立てる。 ・膝にタオルをかける。 ・フェイスタオルを両手で持ち、タオルの輪を片側の脚のつま先に引っかける。 ・膝を伸ばした状態でタオルを引っ張り、脚を真上まで持ち上げる。 (膝を伸ばすのが難しい場合はバスタオルで行って下さい) ・この状態で力を抜き、6回深呼吸する。 出典:news-postseven. 寝返りを打ちやすくするには、横向きに寝た時に体の中心線がまっすぐになる高さの枕が理想的です。 枕が低すぎる場合は寝返りがしにくくなっていますので、枕の下にタオルを敷いて高さを調節してみましょう。 その他に考えられる原因は何があるの? その他に起床時の腰痛の原因として考えられるものは次の通りです。 骨格の歪みによるもの 背骨や骨盤に歪みが生じ、神経を圧迫することで腰痛が起こることがあります。 この場合は日中も痛みが出ることが多いですが、 症状が軽度の場合、日中は筋肉がうまく骨の動きを補てんするために気が付かないことがあります。 起床時は筋肉が固まっているため骨の不具合をカバーできず、痛みが生じるというわけです。 具体的な症状としては、腰椎椎間板ヘルニアや腰椎脊椎管狭窄症などによる関節の機能障害があります。 この場合は原因となる疾患を治療しなければなりません。 症状が疑われる場合は整形外科を受診しましょう。 内臓疾患によるもの 内臓疾患による機能低下で痛みが発生することもあります。 明け方は特に体の循環が悪くなりやすく、元々内臓にトラブルを抱えていると異常が腰痛となって現れる可能性があります。 腰痛を起こしやすい内臓疾患には、腎臓や肝臓、子宮の病気などがあります。 この場合は起きる前から腰痛があり、起床後に時間が経過しても痛みが緩和しない場合が多いです。 また、 倦怠感や食欲不振、生理不順などの病気のサインにも注意し、症状が疑われる場合は病院を受診しましょう。 内臓の疲労によるもの 病気とはいかないまでも、内臓の疲労によって腰の痛みが発生することがあります。 この現象が起こりやすいのは腎臓です。 腎臓は体内の毒素を排出する役割を持っていますが、体内に疲労が蓄積すると毒素を処理しきれなくなり、うっ血して位置が下に下がってしまいます。 また、食べてすぐに就寝すると消化器に過度な負担がかかり、腰痛を起こすことがあります。 寝る3時間前には食事をしないようにしましょう。 冷えも腰痛の原因?部屋の環境も見直してみよう 就寝時に体の循環機能を保つためには、体の冷えを防ぐ環境づくりが重要です。 起きた時に体が冷たくなっているという人は、寝る環境を見直してみましょう。 特に注意すべきなのが、夏場の冷えです。 熱い季節は布団をかけずに寝ることが多くなります。 それでも寝苦しい時は冷房を強くかけたまま寝てしまったり、扇風機を体にあてたりする人もいると思いますが、これらは体にとってよくありません。 冷房をかけたまま寝ると明け方の体温が低い時間帯には過度に体が冷やされ、血流が滞ってしまいます。 先に述べたような腰痛だけでなく、心臓にも負担がかかります。 女性は血流が悪くなることで生理痛が悪化しやすくなります。 冷房をかけて寝る際は、タイマーで数時間後に切れるようにする、タオルケットをかけて寝るようにするなどの改善をしましょう。 まとめ 起床時に腰痛が起こる原因と対処法について調べましたが、いかがでしたか? 起床時の腰痛には、明け方の体内機能の低下が深く関係しています。 この時間帯に起こる腰痛には様々な原因がありますので、今回紹介した原因と対処法を参考にしてみてください。 また、体内機能の低下を防ぐ方法として、寝る環境が冷えすぎない工夫をすることも重要です。 熱い季節は冷房による冷えが起こりやすいので注意して下さいね。 Sponsored Link•

次の

寝て起きたら腰が痛い時の原因は?改善方法はある?

寝 すぎる と 腰 が 痛い

腰痛のときや腰の調子が悪いときはなるべく腰に負担がかからないような寝方をしなければ腰痛が悪化してしまう可能性があります。 腰が痛いときに睡眠をとると腰が休まって痛みが和らぐような気がしますが、寝方によっては、朝起きたときに腰が痛くなっていたり腰痛で睡眠途中に目が覚めてしまう人もいるようです。 睡眠は毎日絶対にとらなければならない行為であり、上手く睡眠をとることが出来れば腰の痛みも緩和することが出来るのです。 腰痛は悪化するとなかなか治らないことでも有名ですよね。 そうならないためにも、"正しい寝方"で腰痛がそれ以上悪化しないような睡眠方法を知っておいた方が良いでしょう。 また、もし今腰痛になっていなくても正しい寝方が出来ていなければ将来腰痛になってしまう可能性も考えられます。 それだけでなく、不眠症の改善や睡眠の質の向上にもなるので是非知っておきましょう。 そこで、こちらのページでは腰痛にも不眠にも効果的な正しい寝方についてご紹介していきたいと思います。 正しい姿勢で睡眠で寝る 腰痛のときはなるべく腰に負担をかけないようにする必要があります。 普通に考えると眠っているときは腰に負担がかかっていないような気がしますが、実は眠っている姿勢によっては腰に大きい負担をかけてしまうことになるのです。 腰に負担をかけないように睡眠をとるには、正しい姿勢で眠るのが非常に重要になってきます。 もし睡眠中に腰が痛くなるという人は、正しい睡眠姿勢で眠れていないのかもしれません。 まず、睡眠姿勢は大きく分けて"うつ伏せ寝"と"仰向け寝"があります。 あなたは普段どちらの姿勢で睡眠をとっているでしょうか? もしうつ伏せで眠っているのであれば今すぐ仰向けで眠るように修正しましょう。 何故かというと、うつ伏せで眠ると腰椎が反ってしまうので腰に大きく負担がかかってしまうのです。 つまり、うつ伏せで寝ると腰痛になったり腰痛が悪化しやすくなってしまうということです。 また、仰向けで眠っているという人も、もしかすると腰に負担がかかる姿勢で眠っているかもしれません。 というのも、膝を伸ばした姿勢で寝ていると腰に負担がかかってしまうのです。 これはよくやってしまうのですが、膝を伸ばしていると骨盤が引っ張られてしまい腰に負担がかかるのです。 仰向けで寝るときは膝を立てて寝るようにすると腰の負担が軽減されるのでおすすめです。 とはいっても、眠っている間は意識がないので膝をずっと立たせておくのは難しいですよね。 そこで、仰向けに寝ている人は膝の下にクッションや折りたたんだ毛布等を置いておくと眠っている間でも膝が曲がった状態になるので効果的です。 横向きに眠ると腰に負担がかからない 仰向けでなくても横向きの姿勢で眠るのも腰に負担がかからないのでおすすめです。 ただし、仰向けの時と同じように膝を軽く曲げて眠るようにしましょう。 仰向けと横向き、どちらが良いかは一度試してみて自分が眠りやすい方法を選ぶと良いでしょう。 そのときに、腰が痛くなっていないか確認しましょう。 腰が痛かったり悪化している場合は、睡眠姿勢を変えてみると良いでしょう。 腰に負担がかからない睡眠姿勢• 仰向けで膝を立てて眠る• 横向きで膝を軽く曲げて眠る 腰に負担がかからないマットレスを使う 普段はマットレスを敷いて睡眠している人はどんな硬さのものを使っていますか? 「腰痛に良いマットレスが欲しい・・・」 「腰痛が治るマットレスを探している・・・」 このようなマットレスをお探しではないでしょうか? 腰痛のときは腰に負担がかからないようなマットレスを使う必要があります。 いくら睡眠姿勢が良くても、マットレスが体に合っていなければ腰への負担が軽減されないこともあるのです。 自分に合ったマットレスを使えば腰への負担が減少するので、当然腰痛の悪化や睡眠途中の腰の痛みも軽減することが出来ます。 それでは、どのようなマットレスを使えば良いのかというと、それは人それぞれ異なるため一概に"このマットレスを使えば腰が痛くならない"ということをお伝えすることは出来ません。 例えば、体型、体重、背骨の形、寝相等、様々な要素が関連してくるのです。 また、マットレスには柔らかいタイプや硬いタイプのものがありますが、マットレスが柔らかくて腰痛になる人がいれば、マットレスが硬すぎて腰痛になる人もいます。 最近では低反発のマットレスや高反発のマットレス等、様々なものがありますが何が良いかは実際に使って試してみなければ分からないということですね。 また、自分の体型にフィットしたマットレスを使えば、腰痛がない人も良質な睡眠をとることが出来るようになるので、不眠症の人もマットレスを変えることで不眠症が解消できるということもあります。 そこで、自分に合った腰痛に優しいマットレスの探し方をご紹介したいと思います。 まずは、朝起きたときに腰に痛みや違和感を感じたり、身体が疲れているような感じがするのであれば、おそらくそのマットレスはあなたに合っていないと思われます。 これが最も簡単で分かりやすい方法なのです。 自分に合ったマットレスの探し方 マットレスが自分に合っているかどうかを確認するためには、絶対に自分で試さなければ分かりません。 いくら他の人が"このマットレスは腰痛に効く"と言ったところで、その人にとっては合っているかもしれませんが、必ずしも自分に合っているとは限らないのです。 もしかすると、同じマットレスを使っても腰痛が悪化する人と腰痛が緩和される人がいるかもしれません。 そこで探す方法ですが、朝起きたときに腰の痛みがなく、快適な睡眠がとれたと感じることが出来ればそれはあなたに合ったマットレスであると考えることが出来るのです。 腰に良いマットレスを探す場合は、自分で経験してみるのが一番確実で効果的なのでいろいろ試してみましょう! とはいっても、そんなにたくさんのマットレスを試すことは出来ないですよね。 最近ではマットレスを試すことが出来るサービスもあるので、もしこれから腰痛に優しいマットレスを探すのであればそういったサービスを利用して探してみましょう。 最近流行っているのは腰痛やヘルニア持ちの人に人気がある「 」という"体圧分散マットレス"です。 3ヵ月試して自分に合っていなければ全額返金してもらえるので万が一自分に合っていなくても安心です。 腰痛で悩んでいる人は是非お試しください! 腰痛に良い枕を使う 腰痛と枕はあまり関係がなさそうですが、使っている枕によっては腰に負担がかかってしまうことがあるので、枕選びも重要になってきます。 例えば、高すぎる枕は睡眠姿勢が悪くなる原因になり、腰に負担がかかりやすくなるのであまりお勧めは出来ません。 それだけではなく、首の筋肉に負担がかかり肩こりやイビキの原因にもなります。 また、枕の硬さも大切なポイントになります。 硬い枕でないと眠れないという人や柔らかい枕の方が気持ちよく眠れるという人もいるかもしれませんが、姿勢が歪まないようにするには適度な硬さの枕を使うのが良いでしょう。 柔らかすぎると眠っている間に頭の位置が下がってきて、睡眠姿勢が悪くなってしまうかもしれません。 また、硬すぎると頭に負担がかかるので快適に眠れなくなります。 適度に頭が沈み込むような枕を使うと首の負担も腰への負担も軽減することが出来るでしょう。 もし、朝起きたときに首や肩が痛いという人は枕が合っていない可能性があるので、一度枕を変えてみてもよいかもしれません。 しかし、枕もマットレスと同様に人それぞれ体型等によって合う枕と合わない枕が異なります。 最近はオーダーメイド枕や睡眠姿勢が良くなる枕等も販売されているので、自分に合った枕が分からない場合はいろいろ探してみると良いでしょう。 腰痛になったときの起き方 腰痛の時は寝方も重要ですが、起きるときも腰に負担をかけないようにする必要があります。 長時間眠っていると関節が緩んだ状態になっているので、目覚めてから急に起き上がると筋肉や関節を痛める可能性があるのです。 せっかく睡眠で腰を労わったとしても、起きるときに痛めては意味がありませんよね。 そこで、腰痛のときはまず横向きになるようにしましょう。 最初は片足ずつ置きやすい方に足を倒していき、それから体を横向きにして腕を支えにしてゆっくりと上半身を起こすようにしてみてください。 仰向けのまま起きるとお腹や足に力が入って、腰にも負担がかかってしまうのでなるべく腰に負担がかからないようにしましょう。 まとめ 腰痛は寝方で悪化したり良くなったりすることがあります。 正しい睡眠姿勢と腰に良い寝具を使えば、腰をいたわることが出来るだけでなく良質な睡眠が得られて快眠にもつながります。 睡眠中でも腰痛対策は出来るので、腰痛がひどい人も自分なりの睡眠方法を見つけて腰に優しい寝方を探してみましょう!.

次の

寝 すぎ て 眠い!それ危ないかも!原因と対策まとめ

寝 すぎる と 腰 が 痛い

Contents• ベッドで寝ると腰が痛いのは寝具が合っていないから。 結論から言うと、ベッドで寝ると腰が痛い時の原因はベッドのマットレスや布団が身体に合ってないからです。 改めてその2つの理由についてご紹介します。 寝ているだけで腰に負担をかけてしまっているから 身体に合わない寝具は寝ているだけで腰へ大きな負担をかけてしまっています。 睡眠時、身体にかかる負担の中で最も大きいのが腰への負担です。 この時、寝具があっていないと腰への負担を分散させることができないのです。 人間の理想の寝姿勢は立った姿勢のまま寝ること 人間の理想の寝姿勢は立った姿勢のまま寝ることです。 人間が直立している姿勢というのは、身体にかかる負担を身体全体にうまく分散することができる、理想的な姿勢になっています。 なので、寝ている時にも立った時と同じ姿勢を保つことが理想の寝姿勢になります。 しかし、ベッドのマットレスや布団が柔らかすぎたり、硬すぎたりする場合、この寝姿勢が保てず、腰への負担が大きくなってしまいまうのです。 柔らかすぎるマットレスの場合 例えば、柔らかすぎるマットレスを使った場合、腰が沈み過ぎてしまいます。 人間の身体の中で一番圧力がかかるのが腰部分なので、柔らかすぎるマットレスだと腰が沈み過ぎてしまうのです。 結果、寝姿勢がくの字のようになってしまい、寝ている間中、腰に負担をかけてしまうことになります。 硬すぎるマットレスの場合 硬すぎるマットレスの場合は腰が浮いてしまいます。 なぜかというと、人間の身体はお尻が出っ張っているため、硬すぎるマットレスを使った場合、お尻が沈まず、腰が浮いてしまうというわけです。 すると、寝ている間中、腰の筋肉が緊張してしまいます。 結果、朝目覚めた時に腰の筋肉が固まって強い腰の痛みを感じてしまうようになるのです。 寝返りが打ちづらいから。 実は寝返りが打ちづらいというのもベッドで腰が痛くなる原因の1つです。 先ほどお伝えした通り、寝ている時、身体の中では腰に一番大きな負荷がかかっています。 寝返りにはこの負荷を分散する役割があるのです。 寝返りで骨や筋肉への負荷を分散する 寝ている間、ずっと同じ姿勢でいると特定の部位に負荷が集中してしまいます。 しかし、寝返りを打つことで特定の部位への負担を分散することができます。 例えば、寝返りを打たなければ、寝ている間中、腰に大きな負荷をかけつづけることになります。 しかし、寝返りを売って横向き寝になれば、腰への負担が軽減され、腰を休めることができますよね。 これが、寝返りが必要な理由の一つです。 痛み物質などが溜まるのを防ぐ 寝返りには腰の負担を分散するという効果だけでなく、腰痛の原因物質などを溜まらないようにするといった効果もあります。 例えば、ベッドに仰向けで寝ている時、人の身体の背中部分には大きな圧力がかかっています。 この時、血管も圧迫されてしまっているので、血液の流れやリンパ液の流れが悪くなってしまうのです。 血液やリンパ液の流れが悪いと、鈍い腰の痛みなどを起こす物質が溜まりやすくなり、翌朝の鈍い腰痛の原因となってしまいます。 しかし、 寝返りを打つことで特定の部位の圧力がなくなるため、血液やリンパ液の循環を促すといった効果もあるのです。 ランキング発表 2. 腰痛対策には高反発マットレスがおすすめ ここまででご紹介したように寝具が身体に合っておらず、ベッドで腰痛になってしまう方におすすめなのが、高反発マットレスです。 その理由について改めてご説明します。 2-1. 高い体圧分散性で腰への負担を減らす 高反発マットレスの大きな特徴として、高い体圧分散性が挙げられます。 この高い体圧分散性により、寝ている間の腰への負担を減らすことができるのです。 その理由は高反発マットレスの高い弾性にあります。 高反発マットレスは、ものを上に置くとゆっくりと沈みますが、一定のところでストップし、元に戻ろうとします。 例えば、 高反発マットレスで寝た場合、腰部分がゆっくりと沈んでいきます。 しかし、一定のところでストップし、これ以上沈むことないように腰をサポートすることができるのです。 結果、出っ張ったお尻部分が適度に沈み、身体全体がマットレスにつくことになり、身体の面全体で圧力を分散することができるようになります。 体圧分散性とは? 体圧分散は寝ている時に一部に集中しがちな圧力を身体全体に分散する特性のことです。 例えば、寝ている間、腰には身体全体の40%の圧力がかかっていると言われています。 この特定の部位にかかる圧力を身体全体に分散することが体圧分散性になります。 2-2. 高い反発力で寝返りが打ちやすい 高反発マットレスの大きな特徴として、寝返りが打ちやすいということも挙げられます。 高反発マットレスはその名の通り、高い反発力があります。 そのため、寝返りを打とうとすると、高い反発力で寝返りをサポートすることができます。 ただし、基本的に高反発マットレスであれば、非常に寝返りが打ちやすいのですが、体重や体型によって寝返りが打ちやすいマットレスと打ちにくいマットレスがあります。 そこで、自分にとって寝返りが打ちやすいマットレスなのか確認する方法をお伝えします。 寝返りが打ちやすいマットレスの見極め方• マットレスの上に仰向けに寝る• 膝を立て、両手を胸にやり、クロスさせる• そのまま左右に2回ずつ転がる• この時、肩と腰が同時に転がるかをチェック もし、柔らかすぎるマットレスだったりすると、腰より先に肩が転がっていきます。 理由は柔らかいマットレスだと腰が沈んでしまっているためです。 寝返りが打ちやすくても硬すぎるマットレスは腰を痛める マットレスを選ぶ際の注意としては、寝返りさえ打ちやすければいいということではないことです。 いくら寝返りが打ちやすくてもマットレスが硬すぎれば意味がありません。 例えば、硬すぎるマットレスの場合、お尻が沈まないため、腰が浮いてしまいます。 結果的に寝ている間、腰が浮きっぱなしになるため、腰へ大きな負担をかけることになります。 マットレスを選ぶ際には、以下の2つのポイントに気をつけて選びましょう。 お尻が適度に沈み、身体全体がマットレスに支えられているか• 寝返りが打ちやすいマットレスなのか ランキング発表 3. ベッドで腰痛を感じる時の3つの応急処置 ここまでベッドで腰痛を感じる方向けに原因と改善策としてマットレスをご紹介してきました。 確かに、マットレスを変えるのが最も効果的な方法ではあります。 しかし、今、腰が痛いという方もいらっしゃるかと思います。 そこで、こちらの章では 今すぐできる、ベッドで腰痛を感じる時の応急処置についてご紹介していきます。 ぜひ、参考にしてみてください。 バスタオルを腰に巻くことで寝返りを打ちやすくする ベッドで腰痛を感じる一つの原因は寝返りが打ちづらいことです。 最も確実なのは寝返りが打ちやすいマットレスを購入することですが、今日からできる応急処置もあります。 それが、バスタオルを腰に巻くという方法です。 基本的には腰にバスタオルを巻くだけです。 しかし、 バスタオルを腰に巻くことで身体の出っ張りをなくすことができます。 結果、自然に寝返りを打ちやすくなるというわけです。 また、もう一つの効果として、バスタオルがコルセットの役目を果たすこともできます。 バスタオルを腰に巻くことで骨盤を安定させることができるというわけです。 バスタオルを縦に2つ折りにします• さらに2つ折りにします• お腹の骨盤のあたりに着物の帯のように巻きます• そのままベッドで仰向けになり、寝た状態でゆるみをなくします• ガムテープで止めれば完成です 非常に簡単な方法ですが、ベッドで腰痛を感じている方にとっては即効性の効果がありますので、ぜひ試してみてください。 腰に負担の軽い寝方で寝る バスタオルを巻く以外におすすめなのが、寝方を変えることです。 人によって寝方の好みはありますが、腰に良い寝方とそうでない寝方はあります。 以下に紹介する正しい寝方で腰の負担を減らすようにしていきましょう。 膝を立てて寝ることで腰への負担を減らす。 最も簡単なのが、仰向けの状態で膝を立てて寝ることです。 仰向けの状態で膝を立てて寝ると、腰の反りがなくなり、身体の背面が全てマットレスにつきます。 そうすると、身体の面全体に圧力を分散することができるのです。 腰の筋肉も緊張しなくなりますし、今すぐできる方法で効果も高いのでおすすめです。 横向き寝で腰への負担を減らす 横向き寝は腰への負担が最も小さい寝方です。 仰向けは人によっては腰が浮いて負担をかけてしまいますし、うつ伏せ寝は最も腰への負担が大きな寝方です。 横向き寝のポイントは身体の右側を下にして寝ること。 その理由は内蔵の働きを邪魔しないようにするためです。 胃腸など、人の内臓は出口が右側についています。 そのため、左側を下にしてしまうと、重力に対して逆流する必要がでてしまうため、内蔵に負担をかけてしますのです。 腰痛とは直接関係ないのですが、日々の体調に影響してくるので、意識すると気持ちよく眠れるようになります。 寒い時期になってくると、寒さで全身の血流が悪くなってしまいます。 その状態で寝ると、 腰の筋肉が凝り固まって、翌朝目が冷めた時に腰痛になってしまうのです。 その際、以下のような方法で腰を温めておくと、筋肉がほぐれて翌朝の腰痛になる可能性がぐっと下がります。

次の