うつろひたる菊現代語訳。 蜻蛉日記のうつろひたる菊の「正月ばかりに~ねむごろなるようなりけり」...

蜻蛉日記のうつろひたる菊の「正月ばかりに~ねむごろなるようなりけり」...

うつろひたる菊現代語訳

蜻蛉日記(かげろうにっき) 作者:藤原道綱母(ふぢわらのみちつなのはは) 「黒=原文」・ 「青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら 問題はこちら さて、九月(ながつき)ばかりになりて、出でに たるほどに、箱のあるを、手まさぐりに開けてみれば、 人のもとにやらむとしける文あり。 さて、九月ごろになって、(作者の夫の兼家が)出て行ってしまった時に、文箱があるのを手慰みに開けて見ると、他の女のもとに届けようとした手紙がある。 あさましさに見てけりとだに知られむと思ひて、書きつく。 意外なことだとあきれて(自分が)見てしまったということだけでも(夫の兼家に)知られようと思って、書きつける。 うたがはし ほかに渡せる ふみ見れば ここやとだえに ならむとすらん 疑わしいことです。 他の女性に送る手紙を見ると、ここへ(あなたが訪れること)は、途絶えようとしているのでしょうか。 など思ふほどに、むべなう、十月(かみなづき)つごもり方(がた)に、三夜(みよ)しきりて見えぬときあり。 などと思ううちに、思った通り、十月の末ごろに三晩続けて来ないときがあった。 つれなうて、「しばし試みるほどに。 」など気色(けしき)あり。 (それにもかかわらず、夫の兼家は)素知らぬ顔で、「しばらく(あなたの気持ちを)試しているうちに。 」などというそぶりである。 これより、夕さりつ方(かた)、「内裏(うち)に、逃るまじかりけり。 」とて出づるに、 ここ(私の家)から、夕方ごろ、「内裏(宮中)に断れそうにない用事があるのだ。 」と(夫の兼家が)出かけるので、 心得で、人をつけて見すれば、「町小路(まちのこうじ)なるそこそこになむ、止まりたまひぬる。 」とて来たり。 (私は)納得できず(おかしいと思って)、召し使いの者をつけて見させると、「町の小路にあるどこそこに、お止まりになりました。 」と(召し使いの者は)言って帰って来た。 さればよと、いみじう心憂しと思へども、言はむやうも知らであるほどに、二、三日(ふつかみか)ばかりありて、暁方(あかつきがた)に、門をたたくときあり。 思った通りだと、たいそう嘆かわしいと思うけれども、言いようも分からないでいるうちに、二、三日ほどして、明け方に門をたたくときがあった。 さなめりと思ふに、憂くて開けさせねば、例の家とおぼしきところにものしたり。 その(夫の兼家が訪れて来た)ようだと思うと、気に食わなくて、(門を)開けさせないでいると、例の家(町の小路の女の家)と思われるところに行ってしまった。 つとめて、なほもあらじと思ひて、 翌朝、そのままにしてはおくまいと思って、 嘆きつつ ひとり寝(ぬ)る夜の あくる間は いかに久しき ものとかは知る 嘆きながら一人で寝る夜が明けるまでの間は、どんなに長いものか分かりますか。 (いえ、分からないでしょう。 と、例よりはひき繕ひて書きて、移ろひたる菊に挿したり。 と、いつもよりは注意を払って書いて、色あせた菊に挿し(て手紙を送っ)た。 返り言、「あくるまでも試みむとしつれど、とみなる召し使ひの、来合ひたりつればなむ。 いと理(ことわり)なりつるは。 返事は、「夜が明けるまで待とうと試みたけれど、急用の召使の者が、来合わせたので。 (あなたのお怒りも)まことにもっともなことである。 げにやげに 冬の夜ならぬ まきの戸も おそくあくるは わびしかりけり」 まことにまことに、(冬の夜はなかなか明けないものであるが、)冬の夜ではない真木の戸も遅く開くのを待つのはつらいことですよ。 さても、いとあやしかりつるほどに、ことなしびたり。 それにしても、たいそう不思議なほど、(兼家は)何気ないふりをしている。 しばしは、忍びたるさまに、「内裏に。 」など言ひつつぞあるべきを、 しばらくは、(本来、他の女のもとに通うのを)隠している様子で、「宮中に。 」などと言っているべきなのに、 いとどしう心づきなく思ふことぞ限りなきや。 ますます激しく不愉快に思うことはこの上ないことよ。 lscholar.

次の

蜻蛉日記 「うつろひたる菊」解説

うつろひたる菊現代語訳

蜻蛉日記「町小路の女/うつろひたる菊」 問題 蜻蛉日記「町小路の女/うつろひたる菊」 問題 次の文章は、兼家が通い始めた翌年作者が懐妊し、八月末に男児を出産して間もないころの記事である。 これを読んで、あとの問いに答えよ。 九月ばかりになりて、出でにたるほどに、箱のあるを、手まさぐりに開けて見れば、人のもとにや a らむとしける文あり。 うたがはしほかに渡せるふみ見ればここやとだえにならむとす b らむ など思ふほどに、むべなう、 c 十月つごもり方に、三夜しきりて見えぬときあり。 つれなうて、「しばし試みるほどに。 」など、けしきあり。 これより、夕さりつ方、「内裏にのがるまじかりけり。 」とて出づるに、心得で、人をつけて見すれば、「町小路なるそこそこになむ、とまり給ひぬる。 」とて来たり。 さればよと、いみじう心憂しと思へども、言はむやうも知らであるほどに、二、三日ばかりありて、暁方に、門をたたくときあり。 d つとめて、なほもあらじと思ひて、 嘆きつつひとり寝る夜のあくる間はいかに久しきものとかは知る と、 例よりはひきつくろひて書きて、うつろひたる菊にさしたり。 返り事、「明くるまでも試みむとしつれど、とみなる召し使ひの来合ひたりつればなむ。 いとことわりなりつるは。 しばしは、忍びたるさまに、「内裏に。 」など言ひつつぞあるべきを、いとどしう心づきなく思ふことぞ、限りなきや。 問1 a・bの「 らむ」の文法上の異同を記しなさい。 2字で記しなさい。 1 例よりはひきつくろひて書きて、うつろひたる菊にさしたりには、どういう気持ちが託されているのか。 advanced Q. 60〜80字程度で説明しなさい。

次の

蜻蛉日記「うつろひたる菊・町の小路の女」原文と現代語訳・解説・問題|なげきつつひとり寝る夜

うつろひたる菊現代語訳

高等学校 : 国語 操作説明• 画面右上のボタンで指導案の並び順を切り替えることができます。 指導案のタイトルの前の をクリックすると、概要を開くことができます。 指導案のタイトルの前の をクリックすると、概要を閉じることができます。 背景に色が付いている指導案は、新教材キット(Web上で指導案を閲覧できる)です。 指導案名の右のアイコンの凡例です。 …… 単元(題材)の指導計画• …… 指導案• …… ワークシート• …… 配布資料• …… 視聴覚教材• …… 研究の報告• …… 実践の様子• …… 教師向け資料• …… その他 領域別 国語表現 9 二つの教材(随想『食と想像力』、評論『思い込みの危険性』)で学んだ後に、その発展学習として、それらの文章で示された「想像力の欠如」「思い込みの強さ」という視点を基に、現代社会で生じている問題とその解決策について生徒に考察させる話合いの学習を行いました。 この大単元の中の発展学習として行った部分を、事例として取り上げます。 「世の中の問題について話し合うことを通して、問題の解決策を考える」という言語活動を通して思考力の育成を目指しました。 生徒のものの見方、感じ方、考え方を広げたり深めたりするために、生徒に思考させる場面では、「比較」「分類」「理由付け」といった「思考のすべ」を発問に取り入れました。 また、インターネットを糸口として、学校図書館の書籍や資料等も利用した「課題探究的な言語活動」を展開します。 筆者と同じようなものの見方や感じ方をしている現代文の作品と相反する現代文の作品を提示し、古人のものの考え方と現代人のものの考え方の共通性を見出させます。 グループに分かれて日常遭遇する身近な問題について、自分の意見を述べさせるとともに他の生徒の意見を聞き、話し合わせます。 その手法を学ぶことは、複雑な現代社会の中で他者と共存するためにも重要な学習です。 この指導例は、漢字の配置によって視覚的に文章をとらえる作業を通して漢文の構成を熟考させ、それが現代の論説文の手法に通じることを理解させるために試みたものです。 併せて、訓読されている状態からの学習ではなく、漢文を直接読解する視点を生徒に持たせようと試みました。 秦代の文章ではあるが、六朝四六駢儷文に通じる対句や典故を多用した表現や文章全体の構成は、形の上から内容を探っていく学習に適しています。 また、そこに表われている中国古代の人物や事件・事象の背景が、歴史を学んできた3年生の興味・関心を喚起することも期待し、発展学習の教材として選定しました。 『伊勢物語』第23段「筒井筒」において、「恋愛」をテーマに、裁判の<陪審員制>の形式で話し合います。 友達と読み合わせ、何度も声を出し、聞き合う機会を増やすことで、古典を学ぶ過程を楽しませます。 ルールを作って評価し合い、暗唱を確かなものにします。 暗唱を通して、漢詩の情景や心情を捉え、優れた表現、漢詩独特の韻律に気付かせます。 また、学習プリントを用いて現代語の表現と古文の表現の違いや語句の意味・用法などを確認させます。 また、漢字を文字でなく記号(絵)のように覚えているのか、奇妙な文字も見られました。 漢字を間違えて書いたまま何度練習しても意味がありません。 そこで、なぞり書きをすることで、一度は正しい漢字を書いてから練習するような方法が必要と思い、練習シートを作成しました。 主に定期テストの前などにテスト範囲の漢字をプリントして配布し、学習させます。 「嫌い」という生徒の本音や「困らない」と考えるその原因がどこにあるかを知りたいと考え、作成したアンケートです。 知らなくて困ったという実体験に乏しいことが分かりました。 レベルはそれぞれ小学校の学年と対応しています。 興味をもって取り組んで、自分の習熟度がどのくらいかを自覚して欲しいと思い、数回に分けて実施できるように作成しました。

次の