立川志らく 子供。 立川志らくが嫁と離婚しない理由は?2度の不倫許す訳とは?|TK HOTLINE

【画像】立川志らくの嫁 酒井莉加は韓国のハーフ!タトゥーが凄かった|LifeNews Media

立川志らく 子供

立川志らくが嫁と離婚しない理由は? 妻で一門の女将でもある酒井莉加(38)が弟子と不倫関係にあると報じられたことについて、 「離婚することは1億%ない」などとコメントした。 「私は 妻の事を信じておりますので、このことで 夫婦の絆が壊れることもございません。 離婚することも1億%ございません」と前を見据えて、コメントした。 「なぜそんなことが言えるかというと、 家族だから」とキッパリ。 「この程度の事で絆が崩れることはありません」とし、「私の妻、かけがえのない妻を世間の目から守る、命がけで守る、それだけです」と続けた 引用:gooニュース こちらが嫁である酒井莉加さんの不倫が発覚した次の日の番組での内容です。 4年前の不倫発覚の際にも「この程度で夫婦の絆が壊れることはない、妻を信じている」という理由で、弟子は破門したものの嫁である酒井莉加さんはお咎めなしでした。 しかし今回は2度目の不倫ということでしたが、同じく「信じている」という理由で離婚はしないと宣言しました。 しかし、立川志らくさんは嫁に 「私がものすごい悪いコト、監督不行き届きで、うちのカミさんは18歳年下でファンキー女将と言われているので、お酒飲むとわけわからなくなっちゃう。 これ以降、 酒を飲むなと。 弟子にも愛情をかけすぎるなと。 弟子にも子供みたいなものだから 『お前、いい加減にしろ』と小言を言いました。 引用:gooニュース ちょっと注意はされたようですね。 しかし、何故立川志らくさんはここまで嫁である酒井莉加さんを信じられるのでしょうか?.

次の

立川志らくの嫁と子供との画像が幸せすぎ!離婚した元嫁との関係は?|KININARU JORNAL

立川志らく 子供

Contents• 志らくの妻で、19人の弟子を取り仕切る「おかみさん」の酒井莉加(38)が、弟子と不倫関係に陥っていることが、「週刊文春」の取材で分かった。 酒井は18歳の頃から3人組のアイドルグループ「リンクリンクリンク」で活動。 2002年に志らくが監督を務めた映画「SF小町」への出演がきっかけで、2006年に結婚した。 劇団関係者が語る。 「劇団の主宰者である酒井さんは、志らく師匠の弟子で落語家を休業している25歳の劇団員といつも一緒にいます。 今や2人の仲は公然の秘密で、子どもを連れてランチや遊びに行くなど、もう夫婦同然の関係です」 「週刊文春」取材班は、2人のデート現場をたびたび確認している。 2月7日、2人はスーパーへ食料品の買い出しに行き、志らくが地方公演のために不在の自宅で夜を共にした。 以降、連日、2人はコンビニやスーパーの駐車場で1時間以上もの逢瀬を重ねていた。 こそこそ隠れながらというよりは、堂々としている印象を受けます。 離婚することも1憶%もございません』とコメントされました。 それから 「おはようございます。 本来ですと重要な話題をすぐにお届けしなくてはいけないのですが、志らくごときで、大変申し訳ないのですが、一言だけお時間をいただきます」と切り出すと、「実は、私のプライベートのことで、ちょっとゴタゴタがございまして、某週刊誌に私の妻と元弟子の不貞関係ということが掲載されました」 「それに関しては、 私は妻のことを信じております。 まぁ、このことで夫婦の絆が壊れることもございません。 離婚することも1億%ございません」 「なぜ、私がそういうことを言うかと申しますと、 家族だから。 この程度のことで絆が切れるということはない。 あとは、私のかけがえのない妻を世間の目から守る。 命がけで守る。 それだけでございます」 「 私が悪い事というか、監督不行届でございますので。 お酒を飲むとわけがわからなくなっちゃうんですよ。 だから、これ以上酒を飲むなと。 弟子にも愛情をかけすぎるなと。 弟子にも子どもみたいなものだから、お前いい加減にしろと、小言を言いました」 「こんなこと言うと、全然知らない人が『文春』買っちゃおうかって本が売れちゃうんですけど。 文春砲を食らってしまったわけです。 皆さん、立ち読みでいいですから」と呼びかけ「本当にお騒がせして、私ごときの話題で申し訳ございません。 ありがとうございました」 提供元:ORICON NEWS とコメントされました。 お弟子さんは破門されずに済みそうです。 これを聞いて、『このことで夫婦の絆が壊れる事もない』『妻を信じている』との立川志らくさんの発言。 これについて私は、立川さんが 自分がそう思っているだけ・そう思うようにするしかないんだろうなと思いましたし、そしてそれで良いと思っている部分もあるのでしょう。 しかし奥さんも大の大人です、すべてがお酒だけのせいでないことは明白、 奥さんは立川志らくさんと同じ気持ちではないような気がします。

次の

立川志らくが嫁と離婚しない理由は?2度の不倫許す訳とは?|TK HOTLINE

立川志らく 子供

新間小弓(しんま さゆみ)• 2012年9月生まれ 次女• 新間雪奈(しんま ゆきな)• 2017年3月生まれ 女の子2人の子供さんがおられます。 オーラがない。 — 志らく shiraku666 小さな恋人が描いたブルーフロッグマン。 — 志らく shiraku666 現在は 酒井莉加さんとの子供2人と一緒に生活されています。 志らくさん自身や奥さんのSNSにも登場して、非常に仲睦まじい様子で子供たちと仲良しで好かれているようです。 志らくさんにとって何より大切な家族だということがわかります。 立川志らくの離婚した元嫁との間にも子供がいた? 立川志らくさんには、 離婚した元嫁との間に子供さんが3人いたことがわかりました。 こちらについてはネットからの情報で、水道橋博士さんのブログの引用がありました。 18時、銀座・お江戸日本橋亭入り。 高田文夫プロデュース『日航名人会』 ここでも、司会のはずの高田先生は欠席。 昇太師匠が、司会の代役。 昇太師匠、志らく師匠と、久々に顔合わせ。 楽屋話に花咲く。 志らく師匠の離婚、初めてここで聞いた。 学生結婚で、子供も3人いたというのに… そういうものだ。 水道橋博士の「博士の悪童日記 現在は立川志らくさんは56歳ですから、学生時代となると35年前くらいになりますので、3人の子供たちはもう全員成人されているのではないでしょうか。 志らくさんの現在をみればわかりますが、元嫁との子供たちとは生活していないので 親権は元嫁にあり、元嫁と生活・成長していったのでしょう。 元嫁と3人の子供たちは一般人ですし話は全然でてきませんが、時に会ったりもしているのかもしれません。 立川志らくの元嫁のとの結婚・離婚について 立川志らくさんの 1度目の結婚は学生時代。 日本大学芸術学部演劇科に進学されており、その当時の大学生の時代に結婚されていたのです。 こちらもネット情報で立川談春さんの「赤めだか」からの引用で結婚に触れられているものがあります。 もう一人は、弟弟子でありながら先を越されて真打になった立川志らく。 「己の嫉妬と一門の元旦」で、語っているが、 体の弱い奥さんと学生結婚をしていた志らくは、早く二ッ目になって生活を安定させなければならず、 必死だったと言うが、当然、素質も十二分にあったのであろう。 二人とも結婚していて、自分の美学を押し通して修業の出来た独身の談春とは、心構えも違っていたのだろうと思う。 立川談春 赤めだかより 学生時代に結婚となるとデキ婚の可能性もあると思っています。 結婚の馴れ初めや離婚の理由などについては調査してみましたが、明かされていないようです。 奥さんが体が弱いとのことですが、身体が弱いのに3人も子供を作っていたら色々と大変だったのではないかと思います。 働くことも出来なかったでしょう。 離婚原因はわかりませんが、立川志らくさんは若く駆け出しで生活や仕事での成功のため必死で、奥さんや子供たちに時間を割く事もできずうまくいかなくなったのかなと想像してしまいます。

次の