お悔やみ 申し上げ ます 返し。 「お悔やみ申し上げます」や「御愁傷様です」への返事の仕方

「ご冥福をお祈りします」の意味や使い方は?返し方も例文で解説

お悔やみ 申し上げ ます 返し

1 そもそもお悔やみの言葉とは・・・ 親戚などある程度、遺族とかかわりがある弔問客以外、通夜・葬儀時に話す機会というのはほとんどありません。 言うならば、参列した弔問客は、短い挨拶時に「お悔やみ」の気持ちを遺族に表したいところなのです。 そういった場面で、「お悔やみ言葉」というのは端的に、遺族へ気持ちを伝えられる言葉として、多くの人に使われています。 この「お悔やみ言葉」のポイントとしては、故人の死を悼み、遺族を励ますという意味が込められています。 その「お悔やみ言葉」の中でも、いくつかマナーやタブーとされていることがあるので、この際一緒にポイントを押さえておきましょう。 1.長々と話し込むこと 遺族側は、さまざまな弔問客に対応したり、葬儀の進行などで何かと多忙です。 そんな中、引きとめて長々と話し込むのはタブーとされています。 煩わせないためにも、気持ちは端的に伝えましょう。 2.故人の死因について 遺族にとって、故人の死はやはり辛いものです。 いくら気になったとしても、故人の死因について詳細を根掘り葉掘り聞くことは非常に失礼です。 亡くなってしまったことに、純粋に哀悼の意をあらわしましょう。 3.重ね言葉について 「不幸がかさなる」という意味が込められてしまう、「重ね言葉」は葬儀の場には相応しくないとされています。 「たびたび」「ますます」などは避けて言葉を選びましょう。 また、重ね言葉ではないですが、「引き続き」など繰り返したり続きを思わせる言葉も、このような場には適当ではありません。 4.直接的な表現について 特に、生死に関しては直接的な表現は避けるべきでしょう。 「死去」ではなく「ご逝去」、「生きていた」ではなく「お元気な」「ご生前」というように配慮しましょう。 その他、不吉と思われる言葉を避けるなど、遺族が少しでも不快に思わないような気遣いが何よりも大事です。 2 返答の仕方 さて、一般的にはどういった返答の方法が適切なのでしょうか?参列者側はもちろん、前述したような言葉使いに細心の注意を払ってくれるでしょう。 こちら側としても、忌み言葉や重ね言葉は避けるのは当然のマナーでしょう。 その上で、返事を考えていきましょう。 【一般的な返答】 ・ありがとうございます 一番簡単で、返しやすいフレーズといえばこれでしょう。 しかし、トーンには気をつけましょう。 居ないとは思いますが、葬儀に相応しくないような元気なトーンでは、「嬉しさ」があまりにも出てしまいますね。 より良いのは「ご丁寧にありがとうございます」「お心遣いありがとうございます」などでしょう。 ・恐れ入ります これは、無難なフレーズとして覚えやすいでしょう。 もともと「恐れ入ります」は目上の人感謝の気持ちを表すことばなので、葬儀などの場でも相応しいです。 ・痛み入ります 少しかしこまった表現に「痛み入ります」という表現があります。 感謝の気持ちを表すというより、「恐れ入ります」などと同じ恐縮の意をあらわしたもので、より堅い表現でしょう。 あまり日常的に使わないので、言いたい場合は頭に入れておかなければ難しいかもしれません。 ・黙礼 言葉を発するほど気持ちの整理が付いていない場合は、黙礼することも決して失礼にはあたりません。 しっかりとお辞儀をすることで、その気持ちは相手に伝わりますので安心してください。 3 少しアレンジして、上記より長めに返答する場合もご紹介しておきます。 本日は、お悔やみをいただきまして、ありがとうございます。 本日は、ご多用のところ、足をお運びいただきましてありがとうございます。 生前は大変お世話になりました。 本日は誠にありがとうございます。 故人に代わりまして厚く御礼申し上げます。 早速のお悔やみをいただきまして、恐れ入ります。 突然のことなので気持ちの整理ができませんが、これも天命なのだと言い聞かせております。 少し長めに挨拶する場合、返答する場合は、その故人と弔問客との間柄を考慮して、言葉を選ぶと良いでしょう。

次の

「お悔やみ申し上げます」の返答や返し方は?使い方はどうする?

お悔やみ 申し上げ ます 返し

参列マナー 作成日:2019年11月14日 更新日:2020年01月24日 「お悔やみ申し上げます」への返事はなんて言えばいいのか解説します• この記事は小さなお葬式が書いています 訃報を受けたり葬儀に出席したりした際には遺族にお悔やみの言葉を伝えますが、どのような返事が適切なのかわからないという方もいるのではないでしょうか。 「お悔やみ申し上げます」と返事をする場合はどのようにすればよいのかという知識があると、急な訃報や葬儀にも適切な対応ができます。 日常生活のなかでいつ訃報を受けることになるかわからないため、事前に理解しておくことをおすすめします。 この記事では、「お悔やみ申し上げます」と返事をする際の注意点をご紹介します。 【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ お悔やみ申し上げますの返事で第一印象が左右される 訃報の連絡がきたり、葬儀に出席した際に遺族から挨拶をされたりすることがあります。 いずれの場合でも、「 お悔やみ申し上げます」と返事をすることが適切です。 お悔み申し上げますと返す際、その内容や返事のタイミングなどで、相手の第一印象は大きく変わります。 禁止されている言葉を使用したり、遅い時間に返事をしたりすると印象が悪くなってしまいます。 「常識的だな」「心がこもっているな」と思ってもらえるようなお悔みの言葉を返すよう心掛けましょう。 お悔やみ申し上げますと返事する際に心得たいポイント お悔みの言葉を返事として伝える場合、慣れていないと間違った言葉遣いをしてしまったり、不適切な内容になってしまったりすることがあります。 非常識な発言をしないことはもちろん、訃報を知らされた時の状況や相手との関係によって対応を考えましょう。 ここでは、ご遺族に「お悔やみ申し上げます」と言葉を返す際に注意すべき点を解説します。 返事を文章で書き起こすことが大切 訃報の返事を考える際、まずは返事の内容をひと通り書いてみましょう。 また、直接伝えるためのお悔みの言葉の内容も、 事前に考えて書いてみることをおすすめします。 文章にして目で確認することで、言葉遣いが適切か、内容はおかしくないかなどを確認できます。 文字にして客観的に見ることで、間違いに気づきやすくなります。 また、葬儀の場でも事前にある程度言葉を考えておくことで、何を言えばよいのかわからず焦ったり、言葉に詰まったりすることを避けられます。 忌み言葉など不適切な言葉を使わない お悔みの言葉を伝える時は、 忌み言葉などを使用しないよう気をつけましょう。 忌み言葉には「いよいよ」「重ね重ね」などの重ね言葉があります。 訃報を受けた際は「わざわざご連絡をありがとうございます」、葬儀で遺族と顔を合わせた際は「くれぐれも体調にはお気をつけください」などと言ってしまいそうになりますが、 「わざわざ」や「くれぐれも」は重ね言葉のためNGです。 忌み言葉を事前に確認しておき、使用しないように意識しましょう。 声のトーン 電話で訃報の連絡があった場合、相手の顔が見えないため直接話す時よりも 声のトーンに注意する必要があります。 わざとではなくても、不適切な声のトーンになってしまうと相手が違和感や不快感を持つかもしれません。 電話で訃報を知らされたら、 ワントーン低めの声にしてお悔やみの言葉を述べましょう。 早口になりすぎず、落ち着いたテンポで話すことも大切です。 表情で悲しみを伝えることができない分、声で表現することを心掛けましょう。 上司など誰に返事をするかも重要 「お悔み申し上げます」と返事をする場合、 その相手が誰であるかによって内容を変えることも必要です。 たとえば、付き合いの長い友人からと会社の上司からの報告に対する返事をする際に、表現方法や言葉の選び方が同じでは不自然になってしまうことがあります。 とくに、上司など目上の方から訃報を伝えられた際にどのように返事をすればよいか迷った場合は、一般的なマナーを参考にしましょう。 当たり障りのない内容になってしまっても失礼にはなりません。 お悔やみ申し上げますと返事する際の心配り 相手との関係性や状況によっては、訃報の連絡手段にメールが使用されるケースもあります。 文章の場合は、 分かりやすく読みやすいものにすることが大切です。 くだけた文章はNGですが、自分なりのメッセージを添えることでメールの文章に温かみが出ます。 ここでは、メールなどで「お悔やみ申し上げます」と返事をする際に気をつけたいことについて解説します。 段落分けをして読みやすくするのがポイント メールで「お悔やみ申し上げます」とメッセージを送る場合に、文章が少し長くなることがあります。 長文をそのまま続けて書くと、相手が読みにくいと感じたり、面倒になり最後まで読んでもらえなかったりする可能性があります。 せっかく一生懸命考えて書いたのに、読みにくいと思われてしまっては残念です。 そのため、メールの場合は相手に送る前に ある程度文章を段落分けして、読みやすい状態に整えましょう。 段落は空けすぎず、全体のバランスを意識すると読みやすい文章になります。 メールを開いてすぐ分かる内容にする お悔みのメッセージを送る時は、 相手がメールを開いてすぐにわかる内容にすることが大切です。 時候の挨拶は不要なほか、前書きがダラダラと長いと「何の目的のメールなのか」「何が言いたいのか」と思われてしまうかもしれません。 相手側も多くの人からメールの返信がきている可能性も高いため、読まれずに埋もれてしまう可能性もあります。 文章をお悔やみの言葉から開始するなど、ひと目でメールの目的や内容が伝わるようにしましょう。 テンプレートはあくまで参考にとどめる 「お悔やみ申し上げます」と返事をする際に、メッセージの内容や文言にはテンプレートを活用しましょう。 インターネットや本などにも記載されているため、テンプレートを利用することでマナーを守った返事ができるうえ、言い回しの参考にもなります。 ただし、テンプレート通りの返事だと、相手との関係性によっては「冷たい」「心がこもっていない」と思われてしまうこともあります。 テンプレートを参考にしながら、自分の気持ちが伝わるような内容を心掛けましょう。 送るタイミングを見極める お悔み申し上げますとメールやラインで送る場合、いつ送るかというタイミングも大切です。 「電話ではないのだからいつ送ってもよい」と考える方もいるかもしれませんが、夜遅い時間帯や忙しい時間帯に送ると、非常識だと思われてしまう可能性もあります。 深夜にメールを送ったことで、相手が着信音などで起きてしまうことも考えられます。 お悔みの言葉の返事を送る際は、 常識的な時間帯に送るようにしましょう。 早朝や深夜にメールを作成した場合は、日中に送れるように送信予約をしておくこともおすすめです。 文章を書き終えたら一度確認する 相手から訃報のメールやラインが送られてきた場合、「急いで返事をしなくては」とすぐに送ってしまうと、誤字脱字があったり、不適切な言葉があったりしたことに後から気づく可能性があります。 メールやラインを送った後は送信の取り消しができないため、慎重に送るようにしましょう。 文章を作成したら、まずは自分で読み返しておかしな所がないかチェックします。 直すべき部分は修正し、再度読み返します。 多少時間がかかっても、確認や修正はきちんと行うことをおすすめします。 お悔やみ申し上げますと返事する際の例文 お悔やみ申し上げますと返事をする際の例文をご紹介します。 返事を書く時は相手との関係性なども考慮したうえで、適切な文章を意識しましょう。 ・このたびは〇〇様のご逝去の報に接し、略式ながらメールにてお悔やみ申し上げます。 ・ご逝去の知らせに驚き、信じられない気持ちです。 お辛いことと思いますが、どうかお力を落とされませんように。 心よりお悔やみ申し上げます。 ・突然の訃報に接し、悲しみの気持ちでいっぱいです。 心よりお悔み申し上げます。 遠方のため、葬儀に参列できず申し訳ございません。 どうかお力を落とされませんように。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 ・このたびは〇〇様のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 ご冥福をお祈りいたします。 何か私にできることがあったら遠慮なく言ってね。 お悔やみ申し上げますと電話もしくはメールで返事するかは状況次第 相手から訃報を伝えられる場合、電話で知らされたり直接会って伝えられたりすることが一般的ですが、メールやラインなどで知らされるケースもあります。 メールは略式のため正式な連絡ではありませんが、場合によっては使われることもあります。 たとえば仕事の取引先の方からメールで訃報を受けた場合、わざわざ相手の会社に電話をして返事をすると迷惑になる可能性もあります。 状況よっては、メールで返事をしても問題ありません。 葬儀に関する相談するなら小さなお葬式がおすすめ 訃報を受けた時、 どのようにお悔みの返事をすべきか理解しておくことは大切です。 また、自分が葬儀を出す側になった場合も、訃報を知らせたり葬儀で挨拶をしたりすることになるため、マナーは知っておきましょう。 では、必要最小限のものだけでできる、小規模な葬儀や家族葬を取り扱っています。 規模は大きくなくても心のこもった葬儀がしたい方や、 葬儀費用を抑えたい方におすすめです。 葬儀に関するご相談は、小さなお葬式にお任せください。 まとめ ある程度の年齢になると、親戚や友人、職場の仲間や取引先などから訃報を受けることもあるでしょう。 訃報に対してお悔み申し上げますと返事をする際は、言葉遣いや伝え方を工夫しましょう。 メールで返事をする場合は、読みやすい内容にすることをおすすめします。 堅苦しくなりすぎるのではなく、 悲しい気持ちを伝えたり気遣ったりする言葉を添えることで、好印象になります。 基本的なルールを踏まえたうえで、お悔やみの言葉を考えてみましょう。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

【ご愁傷さまです/お悔やみ申し上げます】意味や使い方と返答は?

お悔やみ 申し上げ ます 返し

「ご冥福お祈りします」の意味とは? 「ご冥福お祈りします」を耳にしたことがあるという人でも、詳しい意味まで知っているという人はあまりいないのではないでしょうか。 まずはその意味から解説します。 「ご冥福」の意味は「死後の幸福」 「ご冥福をお祈りします」は、「亡くなられた後の幸福をお祈りします」という意味です。 「ご冥福」の「冥」は、死後の世界を意味する言葉で、「冥福」とはつまり死後の世界での幸福という意味になります。 亡くなった方が安らかに過ごせますように、という祈りを込めた言葉なのです。 実際に使う際には、敬意を示す言葉「謹んで」を頭につけて、「謹んでご冥福をお祈りします」とすることもあります。 本来は文章で使う「書き言葉」 「ご冥福をお祈りします」は、本来は文章で使う「書き言葉」です。 主に弔電の文章や、訃報を受けた後の手紙やメールなどの文章で使います。 ただし、近年では話し言葉として葬儀場などで使われるケースも増えているようです。 従来の使い方とは異なりますが、マナーとしては許容されつつあります。 「ご冥福をお祈りします」の使い方は? 対象は「亡くなった本人(故人)」であること 訃報に際し使う言葉は、「ご冥福をお祈りします」以外にもいくつかあります。 詳しくは後ほど紹介しますが、ほかの言葉との一番の違いは「ご冥福をお祈りします」の対象が「亡くなった本人」である点です。 通夜や葬儀の場で使われる言葉は、遺族の哀しみに寄り添うものから故人を悼む言葉まで様々ですが、「ご冥福をお祈りします」は「故人」に対する言葉となっています。 ペットに使う例も増えている 犬や猫などペットも大切な家族の一員という考え方は今や珍しいものではありません。 大切なペットを厳かに見送りたいと思う家族も多く、ペットの訃報に触れる機会も増えているのではないでしょうか。 そんなペットへの訃報にも「ご冥福をお祈りします」は使うことができます。 「いつまで」という明確な期限はない 葬儀のマナーでは、いつ・どんな時にといった状況を抑えておくのが大切です。 ただし、「ご冥福をお祈りします」という言葉に関しては、明確な期限はないとされています。 死後の幸福を祈る「ご冥福をお祈りします」は、通夜や葬儀から、四十九日の法要、さらには初盆やお彼岸など折に触れて使用されることがあるようです。 「いつまでならOK」「これ以降はNG」といった決まりはないので、数か月後に訃報を聞いたという場合でも、亡くなられた方を思い言葉をかけるのであれば使用しても問題ありません。 「ご冥福をお祈りします」への返信は? ビジネスシーンでは、メールで訃報のやりとりをすることも珍しくはありません。 メールでも「ご冥福をお祈りします」は使える表現ですが、問題はその返信です。 「ご冥福お祈りします」と言われた場合にはどう返すのが正しいのでしょう。 「お気遣い頂き」と感謝を伝える メール・会話を問わず、「ご冥福をお祈りします」と言われたら、「ありがとうございます」と感謝の言葉を返します。 「ご丁寧にありがとうございます」「お気遣い頂きありがとうございます」などとするのが一般的です。 「恐縮です」「痛み入ります」という表現も 近しい人を亡くした状況では、「ありがとうございます」という一般的な感謝の言葉はためらわれることもあります。 そうした場合には、「ご丁寧にご連絡をいただきまして恐縮です」や「お心遣い、痛み入ります」といった表現も使用可能です。 宗教ごとに違う?「ご冥福」の類語・例文 「ご冥福をお祈りします」は、実は故人や遺族の宗教によって使用を控えるべきという意見もあります。 その理由と、代わりに使える言葉を例文で紹介します。 元々は宗教を問わずに使える表現 「ご冥福をお祈りします」は宗教によって控えるべきとされるのは、「冥福」が仏教に由来するという見解からです。 しかし、「冥福」は、正しくは仏教用語ではなく、本来は宗教を問わずに使用できる表現です。 「ご冥福お祈りします」は、どの宗教の人に使っても問題はありません。 一方でキリスト教では天国が、浄土真宗では極楽浄土が、という風に、明確に死後の世界が定義されている宗教では、「冥福」(死後の幸福)という概念が不適切という見方もあるようです。 誤用ではないものの、捉え方に個人差があるため、宗教によっては使わないほうが無難です。 キリスト教では「安らかな眠り」 では、キリスト教で故人を思う言葉をかけるとしたらどういった言葉になるのでしょう。 キリスト教では、「安らかな眠り」という言葉を使い、「安らかな眠りにつかれますよう、お祈りいたします」という表現が一般的です。 神道では「御霊のご平安」 神道の場合は、「御霊(みたま)」という言葉を使い、「御霊のご平穏をお祈りいたします」とします。 なお、神式の考え方では、亡くなった人は先祖とともに家を守る神様になる、とされています。 浄土真宗は「哀悼の意を表します」が無難 仏教の中でも浄土真宗では先述したように「極楽浄土」という考え方があります。 そのため、死後の幸せは約束されたようなものなので、この場合は「哀悼の意を表します」という亡くなられたことに対する悲しみを表現する挨拶にとどめておくのが無難です 身内など遺族に対する「お悔やみの言葉」 「ご冥福お祈りします」は故人に対する言葉ですが、亡くなった方の身内、つまり遺族にかける言葉にはどういったものがあるのでしょう。 通夜や葬儀での挨拶にも使える言葉を紹介します。 身内など遺族には「ご愁傷様です」 遺族によく使うのが「ご愁傷様です」という言い回しです。 「愁傷」とは、嘆き悲しむという意味の言葉で、「ご愁傷様です」は不幸に際し「御気の毒に」という意味で、遺族との会話で使う表現です。 通夜や葬儀の受付での挨拶としても定型句となっています。 遺族には「この度はご愁傷様です。 なお、「ご愁傷様です」は弔電などで書き言葉としては使用できませんので注意しましょう。 「お悔やみ申し上げます」も定型句 「お悔やみ申し上げます」も通夜・葬儀でよく使う言葉で、「この度は誠にご愁傷さまです。 心よりお悔やみ申し上げます」などという表現も一般的です。 「お悔やみ」とは、人の死を悲しむ・弔うという意味があり、「お悔やみ申し上げます」とは「故人の死を悲しんでおります」「故人の死をとても残念に思います」というような意味となります。 遺族に対して使う言葉としては定型句として覚えておいてよいでしょう。 「哀悼の意を表します」は書き言葉 話し言葉ではなく、書き言葉としては「哀悼の意を表します」という表現があります。 こちらは、弔電などの文章で使う表現です。 「哀悼」とは人の死を悲しみ、悼むという意味の言葉で、「哀悼の意を表します」で故人を思い、心を痛めています、というような意味になります。 弔電では、「謹んで哀悼の意を表します」という風によく使われます。 英語では「R. P」 英語で「ご冥福お祈りします」という場合には、「May your soul rest in peace. 」という表現を使います。 「rest in peace」の頭文字を取って、「R. 」と書かれることもあります。 また、遺族に対して悲しみや残念な気持ちを伝える表現では、• といった言葉が用いられます。 いずれも、定型文として覚えておくとよいでしょう。 まとめ 「ご冥福をお祈りします」は、故人の死後の幸せを祈る言葉で訃報を受けた場合や通夜・葬儀の場で使用されます。 誤用ではないものの、キリスト教や浄土真宗など宗教によっては好まれない表現ですので、相手の宗教に注意して使うのがポイントです。 宗教に不安が残る場合には、ほかの言葉に言い換えた方が無難です。

次の