ゲーミングpc スペック。 【フォートナイト】ゲーミングPC(240FPS)おすすめ・比較

【ガチゲーマーが選ぶ】ゲーミングPCのおすすめスペックは?コスパの良いパソコンを紹介

ゲーミングpc スペック

PCスペックの見方がわからない方へ まず最初にドラクエ10,FF14等との事ですが最新のゲームPCならノートパソコンでも十分にプレイが可能です。 パソコン選びでゲームで重要視する部分はスペック等の項目によく書かれているCPU、GPU グラフィックボード、ビデオカード 、メモリ、画面サイズの4項目です。 カッコ内が大事な部分でざっくり説明すると、 2. 50GHzが処理スピード、TB時というのは ターボブーストテクノロジーの略で一時的に CPUの電圧を上げ処理スピードを上げる物です。 6MBスマートキャッシュは 一時的にデータを溜めておく領域です、大きい方が良いです。 HT対応というのは ハイパースレッティングの略です。 これは最初に4コアとの記載がありますが簡単には 脳が4つあると思ってください。 これがHT対応となっていると倍になります。 つまり実際は4つコアがありますがそれが 8つの同時処理が可能になるという事です。 (ただし単純に2倍の性能になるわけではなく20%増くらい)幾分、快適になります。 ここもCPUと同じで GeForce GTX850M(2GB)等と書かれますが簡単に言うと メーカー名、型番(メモリサイズ)です。 ()内のメモリサイズについても同じく大きい方が良いです。 オンラインゲームは特にメモリの容量を必要とするので大きい方が良いですが、ゲームだけをするのであれば実は 6Gあれば間に合います。 動画編集や、インターネットを同時に使いたい場合は8GB、できれば16GBが欲しいです。 私はデュアルディスプレイにしてiiyamaと三菱の27インチを使っています。 色々書きましたが、ノートパソコンだと本体のサイズなどで中に入るものが決まってくるのでBTO(自分で部品を選んでメーカーが作る物)などで比較的簡単にパーツが選べます。 上記に書いた事を参考に選んでいただければと思います。 難しい様であればメーカーがゲーム用として推奨するパソコンも販売されていますのでそれを購入するのも手だと思います。 最後になりましたが、パソコンは良いパーツを選ぶほど高額になります。 際限がありませんのでゲームにどの程度の快適さを求めるかで、妥協点を決めた方が良いでしょう。 その方が安く購入できます。

次の

ゲーミングPC(デスクトップ)選びの完全ガイド 2020

ゲーミングpc スペック

ゲーミングノートPCとは? By: ゲーミングノートPCとは、最新のゲームが快適にプレイできるハイスペックなノートパソコンのこと。 3D描写が少ない処理の軽いゲームであれば、一般向けのパソコンでもある程度は快適にプレイできますが、フォートナイトやApexのような最新の3Dゲームになると、グラフィックや複雑な処理などが追い付かず、プレイ中に動作がカクカクしたり、ゲームが起動できなかったりする場合があります。 その点、ゲーミングノートPCは、ゲームをプレイするうえで重要なCPUやGPUなどのスペックが高いため、処理の重い3Dゲームもストレスなく快適にプレイが可能です。 ちなみに、パソコンは長時間負荷がかかり続けると、発熱量が増えてパフォーマンスに大きな影響を与えてしまいますが、ゲーミングノートPCにはあらかじめ高度な冷却システムが備わっているので、長時間のゲームも発熱をしにくく安心して楽しめます。 ゲーミングノートPCの選び方 各種スペックをチェック CPUはCore i7以上がおすすめ By: ゲーミングノートPCが採用しているCPUは大きく分けて、Intel社の「Coreシリーズ」、AMD社の「Ryzenシリーズ」の2種類があります。 最新のゲームをノンストレスで楽しみたいなら、Intel社の「Core i7・i9」や、AMD社の「Ryzen 7」など、ハイエンドクラスのCPUがおすすめ。 それほど負荷のかからないゲームであれば、Intel社の「Core i5」や、AMD社の「Ryzen 5」といったミドルクラスのCPUでも快適に楽しめます。 ちなみに、CPUは同じシリーズでも、クロック周波数・コア数・スレッド数などの違いによって細かく型番が分類されているので、選ぶ際にはスペックの違いもしっかりチェックしておきましょう。 GPUはGTX 2070以上のものを GPUとは、3Dグラフィックスなどの画像描写を行う際に使われる半導体チップのこと。 ゲーミングノートPCのグラフィックス性能を大きく左右する重要なパーツのひとつで、どんな種類のGPUを選ぶのかによってゲームがサクサク動くかどうかが決まってきます。 現在、ゲーミングノートPCが採用しているGPUは、NVIDIA社の「GeForceシリーズ」と、AMD社の「Radeonシリーズ」の2種類。 最新のゲームを高グラフィックで楽しみたいなら、最低でもNVIDIA社の「GeForce RTX2070・2080」や、AMD社の「Radeon RX 5700」など、ハイエンドクラスのGPUが必要です。 画質設定にこだわりがないのであれば、NVIDIA社の「GeForce GTX1650・1660Ti」や、AMD社の「Radeon RX 570・580」など、ミドルクラスのGPUを選んでも快適にゲームが楽しめます。 メモリは16GB以上あると安心 ゲーミングノートPCのストレージには、「HDD(ハードディスクドライブ)」と「SSD(ソリッドステートドライブ)」の2種類があります。 ゲームをサクサク楽しみたいなら転送速度の速いSSD、コストパフォーマンスを重視するなら価格の安いHDDがおすすめです。 ストレージ容量はプレイするゲームにもよりますが、最近の3Dゲームは1本あたりの容量が約20~60GBと大きいため、最低でも「512GB~」、ゲームをたくさん楽しみたいなら「1TB~」を目安に選びましょう。 ちなみに、転送速度とコストパフォーマンスのどちらも重視したい方向けに、最近ではSSDとHDDのよいところを組み合わせた「デュアルストレージ仕様」のモデルもあります。 画面サイズをチェック By: ゲーミングノートPCの画面サイズは、大きく分けて13インチ・15インチ・17インチの3種類があります。 それぞれの画面サイズの特徴をしっかりと理解して、使う用途やシチュエーションにあったモノを選びましょう。 選び方の目安として、常に持ち歩いてどこでもゲームを楽しみたいなら13インチがおすすめ。 コンパクトで扱いやすく外出先にも気軽に持ち運んで使えますが、画面が小さいゆえにチャットなどの文字が見にくい、映像に迫力がないなどの欠点があります。 取り回しは少し悪くなりますが、画面の見やすさや映像の迫力を重視するなら、画面サイズのひと回り大きな15インチがおすすめです。 お気に入りのゲームを大迫力の映像で楽しみたいなら、さらに画面の大きな17インチもありますが、使えるシチュエーションが大きく限られるため、あくまでも携帯性は重視せず自宅に据え置いて使いたい方はチェックしておきましょう。 ゲーミングノートPCのおすすめメーカー エムエスアイ MSI 価格と性能のバランスに優れたゲーミングノートPCです。 最大4. 10GHzで駆動する「Intel Core i5-9300H」や、NVIDIA Game Readyテクノロジに対応した「GeForce GTX 1050」を搭載。 画質設定にこだわりがなければ、最新のゲームもサクサク快適に楽しめます。 ストレージ容量には「HDD 1TB」を採用しているので、たくさんのゲームを楽しみたい方にもおすすめです。 リーズナブルな価格ながら、2基のファンで本体を冷却する「Acer CoolBoost」、臨場感あふれるサウンドが楽しめる「Waves MaxxAudio」、全情報を素早くモニタリングできる「NitroSense専用キー」など、便利な機能を多数搭載。 リフレッシュレートは最大144Hzの高速駆動に対応しているので、動きの激しいFPSやレースゲームも滑らかな映像でプレイ可能です。 携帯性に優れたゲーミングノートPCです。 6インチの見やすい大きなディスプレイを搭載していながら、薄さ21. 7mm・軽さ1. 86kgのコンパクトなボディを実現。 自宅はもちろん外出先にも気軽に持ち運んで使えます。 Androidエミュレータソフト「MSI APP PLAYER」を使えば、普段遊んでいるスマホゲームが大画面で楽しめるのも大きなポイントです。 スペック面では、第9世代の「Intel Core i5-9300H」や、ミドルクラスの「NVIDIA GeForce GTX 1650 Max-Q」を搭載。 最新の3Dゲームもノンストレスで快適に楽しめます。 合計4つのUSBポートに加えて、HDMIやギガビット有線LANなど、便利なインターフェイスが充実しているのも魅力のひとつです。 基本性能が充実したレノボのゲーミングノートPCです。 一回の充電で最大約10時間使える「長時間バッテリー」を採用。 外出先でもバッテリー残量を気にせず長時間ゲームが楽しめます。 CPUには第9世代の「Intel Core i5-9300H」、GPUにはエントリー向け「GeForce GTX 1050」を搭載。 ストレージ容量は1TBと大容量なので、たくさんのゲームを楽しみたい方にもおすすめです。 これからゲームを始める初心者の方にピッタリの1台です。 第2世代の「AMD Ryzen 7 3750H」を搭載したゲーミングノートPC。 ミドルクラスのGPU「AMD Radeon RX 5500M」との組み合わせで、最新の3Dゲームもサクサク快適に楽しめます。 ディスプレイには、リフレッシュレート120Hz対応の「ゲーミング液晶パネル」を搭載。 動きの速いゲームも滑らかな映像でプレイが可能です。 機能面では、キーカスタマイズに対応した「SteelSeriesゲーミングキーボード」や、2台の外付け液晶モニターに映像出力可能な「MATRIX DISPLAY」、大迫力のサウンドが楽しめる「ステレオ2スピーカー」を搭載。 冷却システムには、7本のヒートパイプと2基のファンで内部の熱を外部へ排出する「Cooler Boost 5」を採用しているので、長時間のゲームも発熱を気にせず安心して楽しめます。 3インチの大画面ディスプレイを搭載したゲーミングノートPC。 お気に入りのゲームが臨場感あふれる大迫力の映像で楽しめます。 リフレッシュレートはノートパソコン最速クラスの240Hzに対応しているので、レースゲームやバトルロイヤルゲームなど動きの激しいゲームでも滑らかな映像でプレイが可能です。 スペック面では、第10世代の「Intel Core i9 10980HK」、リアルタイムレイトレーシングに対応した「GeForce RTX 2070 SUPER」、SSDとHDDのよいところを組み合わせた「デュアルストレージ」を搭載。 ネットワークの帯域を自動的にゲーミング向けに最適化する「Killer LAN」を使えば、遅延かつ安定したネット接続でゲームが楽しめます。 オムロンのメカニカルキースイッチを採用したゲーミングノートPCです。 高さ2. 5mmのゲームに最適なキーストロークと、最大1500万回の耐久性を誇るキーストローク寿命を実現。 高速入力と安定した操作性でどんなゲームも快適にプレイが可能です。 8個のコアを搭載した第9世代「Intel Core i9 9980HK」をはじめ、ハイエンドGPU「GeForce RTX 2080」や、HDD 2TBとM. 2 SSD 1TBを組み合わせた「大容量デュアルストレージ」など、全体的なスペックが高いのも魅力。 パソコン内部を強力に冷却する独自の「WINDFORCE Infinity」を採用しているのも大きな特徴です。 By: エイスースの最新技術が詰まったハイエンドゲーミングノートPC。 8コア16スレッドのハイエンドCPU「Intel Core i9 9980HK」に加えて、大容量メモリ「DDR4 PC4-21300 64GB」や、SSD 1. 536TBとハイブリッドHDD 1TBを組み合わせた「大容量デュアルストレージ」を搭載。 リフレッシュレートは144Hz、応答速度は3msに対応しているので、動きの激しいゲームも快適にプレイが可能です。 GPUには、ノートPC向けの薄型タイプではなく通常版の「GeForce RTX2080」を採用しているので、処理の重いVRコンテンツや高解像度のゲームもノンストレスで楽しめます。 ホコリやゴミを排気ごと吹き飛ばす大型ファンと、強力な8本のヒートパイプを組み合わせることで、高負荷時でもパソコン内部の温度を均一に保つことが可能。 ワンランク上のゲーミングノートPCが欲しい方におすすめの1台です。 世界トップクラスのスペックを備えたエイスースのモンスターマシーン。 ターボ時5GHzで駆動する「Intel Core i9-9980HK」をはじめ、リアルタイムレイトレーシング対応の「GeForce RTX 2080」や、大容量の「DDR4 PC4-21300 64GB」など、ハイエンドパーツを多数搭載。 ストレージには512GBの大容量SSDを3個搭載しているので、思う存分好きなだけゲームが楽しめます。 ほかにも、本体から取り外して使える「着脱式キーボード」、埃やゴミがヒートシンク付着するのを防ぐ「セルフクリーニング冷却システム」、高速なLAN接続を実現する「Intel Wi-Fi 6」など、便利な機能を多数搭載。 迫力ある映像が楽しめる「17. 3型ワイドTFTカラー液晶」を採用しているのも魅力です。 最新のクーリングシステム「AeroBlade 3Dファンテクノロジー」を採用したゲーミングノートPCです。 59枚のブレートを用いたメタル製ファンを3基と、5基の銅製ヒートパイプを組み合わせることで、パソコン内部の熱を効率的に排除し冷却。 長時間負荷がかかるようなゲームも発熱を気にせず安心して楽しめます。 CPUには第9世代「Intel Core i7 9750H」、GPUにはハイエンドクラスの「GeForce RTX 2080 Max-Q Design」を搭載しているので、最新の3Dゲームはもちろん、VRコンテンツやマルチタスクも快適に動きます。 デルの人気シリーズ「ALIENWARE」のハイエンドモデルです。 デスクトップPC並みの性能を備えた「GeForce RTX 2070 Max-Q Design」を搭載。 複雑な3Dグラフィックのゲームも高速で描画することが可能です。 プレミアム素材の「マグネシウム合金シャーシ」を採用することで、ほかのゲーミングノートPCとは違った高級感のあるスタイリッシュなデザインに仕上がっています。 機能面では、視点をより精確に追跡できる「Tobii視線追跡機能」、パソコンの設定をひと目で確認できる「ALIENWARE COMMAND CENTER」、目に有害なブルーライトを軽減させる「ブルーライトカット」を搭載。 薄さわずか18. 5mm・重量2. 63kgのコンパクトボディを実現しているのも大きなポイントです。 コンパクトなボディにレイザーの最先端技術を詰め込んだモデル。 ディスプレイには15. 6インチの「有機EL 4Kタッチディスプレイ」を搭載しており、お気に入りのゲームが色鮮やかな高精細映像で楽しめます。 CPUには第9世代「Intel Core i7 9750H」、GPUには「GeForce RTX 2080 Max-Q Design」を搭載。 独自の冷却システム「真空密閉・液体充填式銅製ベーパーチャンバー」を採用することで、常に最大限のパフォーマンスが発揮できるのも魅力です。 最新の3Dゲームが快適に楽しめる高いスペックを備えていながら、薄さわずか17. 8mmとコンパクトサイズを実現。 室内はもちろん外出先にも気軽に持ち運んで使えます。

次の

マイクラPC版のPCスペックはどれくらいがおすすめ?

ゲーミングpc スペック

Steamとは? Steamとは、全世界で1億3000万人以上が利用しているPCゲーム配信サイトです。 Steamでは、毎日数多くのゲームタイトルが発売され、毎日セールが実施されています。 配信されているゲームの価格は500円以下で購入できるタイトルもあれば、7000円以上するタイトルも配信されています。 面白いインディーゲームは、1000円~3000円程度で販売されています。 インディーゲームとは、個人や小規模チームで開発されたタイトルのことです。 Steam Steamを利用するためのPCスペック Steamでゲームを購入してプレイするには、をダウンロードする必要があります。 Steamクライアント自体の推奨スペックは、「WindowsXP以降、Mac OSX以降」「メモリ512MB以上」「CPU 1Ghz以上」となっています。 Steamで購入したゲームを快適にプレイできるPCスペックは、ゲームによって変わります。 このページの後半では、多くのPCゲームを遊ぶためのコスパの高いスペックを紹介しています。 Steamの早期アクセスゲームについて Steamでは、開発途中のゲームも販売されており、それを「早期アクセスゲーム」と呼んでいます。 早期アクセスのタイトルは、開発中のためゲーム動作が最適化されていないものもあります。 そのため、早期アクセスゲームのグラフィックが綺麗な3Dゲームは非常に重いという場合が多々あるため、プレイするには高いPCスペックが必要になります。 Steamゲームの推奨スペックを一部紹介 Undertale Undertale アンダーテール は、ドットの2Dゲームなので軽いPCゲームになります。 なので、グラボを搭載していなくても遊べるSteamゲームです。 RTX20シリーズの発売以降、GTX10シリーズのシェアは徐々に下がってきています。 新しくパソコンを購入する際は、これらのRTX20シリーズが搭載されたパソコンを購入しましょう。 RTX2060: 様々なゲームを高画質以上でプレイしたい人向け。 価格を抑えた最新グラボ• ゲーマーに人気上昇中の最新グラボ• とりあえずグラボを搭載しておきたい方や予算が最優先な方におすすめです。 Steam おすすめパソコン ガレリア ZZ i9-9900K 「Core i7-9900K」「RTX 2080Ti」「メモリ16GB」を搭載した高性能のモデル。 CPUもグラボも最新モデルを搭載し、メモリは16GBを標準搭載。 これまでにないPCゲーマー向けの超ハイスペックとなっています。 CPU、メモリ、グラボが最強なため、4~6年以上も使い続けることができ、対戦ゲームでは相手よりも優位に立てるため、好成績を残すことができるでしょう。

次の