今日 の ご飯。 献立ポン

献立ポン

今日 の ご飯

[プロフィール] 岐阜県岐阜市出身。 1975年入局。 鳥取、富山、札幌、東京アナウンス室で勤務。 現在はフリー。 「きょうの料理」を担当して21年目。 他に「ラジオ深夜便」(第1、3、5土曜日)を担当。 2005年「ギャラクシー賞個人奨励賞」受賞。 著書に『きょうの料理のヒミツ』(平凡社)『後藤アナのダジャレ教室』(小学館)『笑顔を引き出す会話力』(ベスト新書)。 趣味は散歩、南京玉すだれの研究と実演。 [視聴者のみなさんへのメッセージ] 63年目の長寿番組「きょうの料理」。 その時代時代に求められる料理を提案し続けた歴史があります。 去年から放送している「父さんのきょうからキッチン」は、シニアや料理初心者のみなさんに楽しくキッチン・デビューしていただける番組です。 これまで調理から逃げ回っていたワタクシが生徒となり、料理をイチから習っています。 料理に苦手意識持っていた方も、ぜひ私といっしょにキッチンを楽しみましょう!• [プロフィール] 大分県大分市出身。 平成16年入局。 鹿児島、大阪を経て現在は東京アナウンス室。 「おはよう日本」土日祝日のスポーツキャスターも務める。 保育園に通う2人の母。 好きなものは、おむすび、たまご、さば、かぼちゃ、あんこ、栗、桃、いも焼酎。 [視聴者のみなさんへのメッセージ] 講師の皆さんから料理の工夫や知恵のみならず、たしなみや生き方も学んでいます。 信念を大切に、いきいきと人生を送る皆さんの姿が魅力的で、「食」が生きることの根幹であり、とてもとても大事なものであることを毎回の収録で実感しています。 私の料理の腕の向上よりもはるかに成長していく子供たちの食欲。 得意料理がひとつでも増えますよう…!という切なる願望も胸に抱きつつ、新たな企画盛りだくさんの2年目の挑戦にワクワクしています。 [プロフィール] 岐阜県岐阜市出身。 1975年入局。 鳥取、富山、札幌、東京アナウンス室で勤務。 現在はフリー。 「きょうの料理」を担当して21年目。 他に「ラジオ深夜便」(第1、3、5土曜日)を担当。 2005年「ギャラクシー賞個人奨励賞」受賞。 著書に『きょうの料理のヒミツ』(平凡社)『後藤アナのダジャレ教室』(小学館)『笑顔を引き出す会話力』(ベスト新書)。 趣味は散歩、南京玉すだれの研究と実演。 [視聴者のみなさんへのメッセージ] 63年目の長寿番組「きょうの料理」。 その時代時代に求められる料理を提案し続けた歴史があります。 去年から放送している「父さんのきょうからキッチン」は、シニアや料理初心者のみなさんに楽しくキッチン・デビューしていただける番組です。 これまで調理から逃げ回っていたワタクシが生徒となり、料理をイチから習っています。 料理に苦手意識持っていた方も、ぜひ私といっしょにキッチンを楽しみましょう! [プロフィール] 大分県大分市出身。 平成16年入局。 鹿児島、大阪を経て現在は東京アナウンス室。 「おはよう日本」土日祝日のスポーツキャスターも務める。 保育園に通う2人の母。 好きなものは、おむすび、たまご、さば、かぼちゃ、あんこ、栗、桃、いも焼酎。 [視聴者のみなさんへのメッセージ] 講師の皆さんから料理の工夫や知恵のみならず、たしなみや生き方も学んでいます。 信念を大切に、いきいきと人生を送る皆さんの姿が魅力的で、「食」が生きることの根幹であり、とてもとても大事なものであることを毎回の収録で実感しています。 私の料理の腕の向上よりもはるかに成長していく子供たちの食欲。 得意料理がひとつでも増えますよう…!という切なる願望も胸に抱きつつ、新たな企画盛りだくさんの2年目の挑戦にワクワクしています。

次の

きょうの料理

今日 の ご飯

[プロフィール] 岐阜県岐阜市出身。 1975年入局。 鳥取、富山、札幌、東京アナウンス室で勤務。 現在はフリー。 「きょうの料理」を担当して21年目。 他に「ラジオ深夜便」(第1、3、5土曜日)を担当。 2005年「ギャラクシー賞個人奨励賞」受賞。 著書に『きょうの料理のヒミツ』(平凡社)『後藤アナのダジャレ教室』(小学館)『笑顔を引き出す会話力』(ベスト新書)。 趣味は散歩、南京玉すだれの研究と実演。 [視聴者のみなさんへのメッセージ] 63年目の長寿番組「きょうの料理」。 その時代時代に求められる料理を提案し続けた歴史があります。 去年から放送している「父さんのきょうからキッチン」は、シニアや料理初心者のみなさんに楽しくキッチン・デビューしていただける番組です。 これまで調理から逃げ回っていたワタクシが生徒となり、料理をイチから習っています。 料理に苦手意識持っていた方も、ぜひ私といっしょにキッチンを楽しみましょう!• [プロフィール] 大分県大分市出身。 平成16年入局。 鹿児島、大阪を経て現在は東京アナウンス室。 「おはよう日本」土日祝日のスポーツキャスターも務める。 保育園に通う2人の母。 好きなものは、おむすび、たまご、さば、かぼちゃ、あんこ、栗、桃、いも焼酎。 [視聴者のみなさんへのメッセージ] 講師の皆さんから料理の工夫や知恵のみならず、たしなみや生き方も学んでいます。 信念を大切に、いきいきと人生を送る皆さんの姿が魅力的で、「食」が生きることの根幹であり、とてもとても大事なものであることを毎回の収録で実感しています。 私の料理の腕の向上よりもはるかに成長していく子供たちの食欲。 得意料理がひとつでも増えますよう…!という切なる願望も胸に抱きつつ、新たな企画盛りだくさんの2年目の挑戦にワクワクしています。 [プロフィール] 岐阜県岐阜市出身。 1975年入局。 鳥取、富山、札幌、東京アナウンス室で勤務。 現在はフリー。 「きょうの料理」を担当して21年目。 他に「ラジオ深夜便」(第1、3、5土曜日)を担当。 2005年「ギャラクシー賞個人奨励賞」受賞。 著書に『きょうの料理のヒミツ』(平凡社)『後藤アナのダジャレ教室』(小学館)『笑顔を引き出す会話力』(ベスト新書)。 趣味は散歩、南京玉すだれの研究と実演。 [視聴者のみなさんへのメッセージ] 63年目の長寿番組「きょうの料理」。 その時代時代に求められる料理を提案し続けた歴史があります。 去年から放送している「父さんのきょうからキッチン」は、シニアや料理初心者のみなさんに楽しくキッチン・デビューしていただける番組です。 これまで調理から逃げ回っていたワタクシが生徒となり、料理をイチから習っています。 料理に苦手意識持っていた方も、ぜひ私といっしょにキッチンを楽しみましょう! [プロフィール] 大分県大分市出身。 平成16年入局。 鹿児島、大阪を経て現在は東京アナウンス室。 「おはよう日本」土日祝日のスポーツキャスターも務める。 保育園に通う2人の母。 好きなものは、おむすび、たまご、さば、かぼちゃ、あんこ、栗、桃、いも焼酎。 [視聴者のみなさんへのメッセージ] 講師の皆さんから料理の工夫や知恵のみならず、たしなみや生き方も学んでいます。 信念を大切に、いきいきと人生を送る皆さんの姿が魅力的で、「食」が生きることの根幹であり、とてもとても大事なものであることを毎回の収録で実感しています。 私の料理の腕の向上よりもはるかに成長していく子供たちの食欲。 得意料理がひとつでも増えますよう…!という切なる願望も胸に抱きつつ、新たな企画盛りだくさんの2年目の挑戦にワクワクしています。

次の

きょうの料理

今日 の ご飯

おすすめ時短中華メニュー 中華と聞くと作る手間がかかるイメージの方もいるのではないでしょうか! たまには中華を食べたいな!という旦那様もいらっしゃいませんか?中華料理もみなさんがおもっているよりもとても簡単に自宅でできちゃうんですよ。 そこで時短でおすすめの中華料理レシピをご紹介します。 鍋に〇を入れて沸騰させ、ハムを入れてサッと煮る 2. 水溶き片栗粉でとろみをつけ、スープをしっかり温めたら、溶き卵をほそ~く流し入れ、菜箸などで全体をかきまぜる 3. ごま油を入れて香りづけし、塩・こしょうで味を調え出来上がり! 朝の忙しい時間でもあっという間にできる中華スープです。 寒い朝には最適ですね。 体の芯からあたたまることができそうですね。 ハムなどを入れずに卵だけのシンプルな中華スープでも十分においしいようです。 塩・こしょうで味を調えます。 器に盛り、お好みで小葱と白いりごまを入れて出来上がり! 春雨と卵とお好きなお野菜で簡単にできる春雨スープは食欲のない朝にもおすすめです。 フライパンにごま油・にんにく・生姜を入れ火にかけ香りが出るまで弱火で炒め、細かく切った干しいたけを加え弱火で炒める 2. 豚挽肉・コチュジャンを入れかき混ぜながら、中火で炒める 隣のコンロでお湯を沸かす 3. 備え付けの粉末スープ・液だれを入れ弱火でかき混ぜながら炒め、水を入れ更にかき混ぜる 隣のコンロで麺を茹でる 4. 味を見て薄いようなら塩・こしょうで味を調える 5. 茹で上がった麺を湯切りして、ごま油を数滴たらし混ぜ合わせ4をのせ、ななめに切ったきゅうり・水菜を盛り付けて完成 インスタントラーメンの備え付けのスープを使うので味付けもとっても簡単です。 じゃじゃ麺にするとしいたけが苦手なお子さんも食べられたなんて話も聞きます。 また旦那さんのお夜食にもおすすめですね。 お米は、ご飯を炊く要領で普通にとぐ 2. 〇の材料は、小さめの角切り たけのこはぶつ切り 3. 3をサッと混ぜスイッチON! 普通に炊く 5. 炊き上がったら、ごま油大さじ1を入れて混ぜ出来上がり! 炊飯ジャーにすべて入れてあとは炊けるのを待つだけというとても簡単な中華風の炊き込みご飯。 いつもの炊き込みご飯の味付けを中華風にするだけで、また新鮮な味わい。 スープなどおともにすれば、ちょっとした中華料理店ですね。 熱したフライパンにごま油を入れ、肉を炒め殻と背ワタを取った海老を加えさらに炒める 2. 野菜を加えかき混ぜながら炒め、そばを入れ水を加えて麺をほぐしながら、炒める 3. ソース・塩麹・オイスターソースを入れかき混ぜ、水分が飛んで来たら完成 味付けは備え付けのものが中華風の味になっていますので、あとは簡単フライパンに入れて炒めるだけで簡単に上海風の焼きそばをおいしく召し上がれます。 ソース味のいつものやきそばに飽きてきたらぜひチャレンジしてみてくださいね。 なんちゃって焼売 画像: 材料 20個分 ・すりみor鶏ゴボウ:400g ・しゅうまいの皮:20枚 ・グリンピース:20個 1. しゅうまいの皮の中央にすりみ 鶏ごぼう をのせる 2. 手のひらで包むように、周囲を持ち上げ、形がととのったら置いて、皮の上の部分を開き20個作る 3. 開いた中央にグリンピースのっけて蒸し器に湯を沸騰させ、クッキングシートを敷いて、しゅうまいをのせる 4. キッチンペーパーをふんわりかぶせて蓋をし中火で13分! ひき肉ではなく、すりみを使ったシュウマイ風。 たまには気分を変えてひき肉をお休みさせてみても。 食べた感じはあまりシュウマイとかわらないので晩御飯で食べた家族の反応が楽しみですね。 トマトは8~10等分のくし型切り、レタスは食べやすい大きさにちぎっておく 2. 鍋に水600ccと添付のスープを加えて煮立て、餃子とトマトを加え2~3分煮る 3. 2に溶き卵を加え、ゆっくりかき混ぜながら卵に火を通し最後に、レタス・長ねぎを加え火を止める 焼き餃子もおいしいですが、たまにはスープ餃子も良いですね!餃子の皮のもちもちぷりぷり感がたまりません。 体もあたたまるので寒い冬の夜にはぴったりですね。 お好みの野菜を使ってもおいしくできますよ。 材料とドレッシングを和えたら完成 中華ドレッシングを作っておけばいつでも簡単にできる中華サラダ。 もやしやカニカマを取り入れてみてもおいしく食べることができます。 ドレッシングは多めに作って保存しておいても良いですね。

次の