アラフィフ初産 母になる。 49歳で妊娠のジャネットだけじゃない、アラフィフ出産はセレブの常識!?

アラフィフ初産 45歳から出産したママたちの体験談、その現実とは?

アラフィフ初産 母になる

肝っ玉母ちゃん感満載のジーナ・デイヴィス さらにセレブの間では、40代後半いわゆるアラフィフでの妊娠・出産もざらにあること。 バツ3の末に4度目の再婚で46歳のときに女児、48歳のときに双子を出産した女優の ジーナ・デイビスのほか、49歳で第1子を出産した『ラブ・アクチュアリー』の ローラ・リニー、45歳で双子を生んだ『デスパレートな妻たち』のブリー役の マーシャ・クロスなどその数無限大。 ハル・ベリーは46歳で第2子、ジョン・トラボルタの妻 ケリー・プレストンは48歳で3人目を出産。 だいぶ前の話ではありますが、 スーザン・サランドンは42歳、46歳のときにそれぞれ子供を授かっているとか。 オーバー40の妊娠・出産には、自然妊娠の確率の低さや高齢出産におけるリスク、妊活にかかる高額費用などは無視することのできない問題が山積み。 セレブの新常識も一般市民の生活とはかけ離れた「ハリウッド王国」で起こっていることなのだと、きちんと区別して考えなければいけません。 わかっちゃいるけど……出産を諦めず働く女子にとって、自分と同世代もしくは年長者が元気に赤ちゃんを生み、出産後も活躍している姿はやはり励みになるもの。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。 ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。 WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中().

次の

これがリアルな声!高年齢出産と育児「アラフォー ワーママ」体験談

アラフィフ初産 母になる

高年齢出産とは、一般的に35歳すぎての初産をいいます。 でも、働くママにとっては最初の子を20代後半から30代前半に出産し、しばらく間があいてから「もう年齢もギリギリになっちゃう! もうひとり欲しい」と、アラフォー・アラフィフでママになる決意をする人もけっこういますね。 ひとりめにせよ、2人目にせよ、3人目にせよ!40代前後での出産、育休後に復帰したママ達のリアルな声をピックアップ。 若いママにもぜひ読んで頂きたい体験談です。 とにかく体力がない・・・けど「気合いだ、気合い!」 長女を産んだのは29歳。 次女を産んだのが37歳。 この8年の差は思った以上に大きかった。 まず産後、体型が戻らなかった(戻そうという気力もわかなかった)。 育休明け、保育園にいれて「また駅からダッシュが始まるなぁ」なんて経験者として余裕持ってたけど、ちょっと走っただけで息切れ。 そして1日保育園で遊んだわりには元気すぎるわが子に逆に引っ張られるようにズルズルと帰宅・・・そのままソファーに埋もれたくなる欲求にさいなまれつつ「気合いだ気合いだ気合いだ~!」と自分を叱咤激励する日々です、 それでも産んでよかった。 でも待ち望んでいた子どもでしたから嬉しかったです。 が、喜んでばかりもいられなかった。 とにかく寝不足が辛く、体調もずっと今ひとつ。 断乳し、育休復帰したものの、生理不順ともはや更年期なのか!? ずっと倦怠感が抜けず、病院で受診。 「どこも悪くないが年齢と共に疲労回復が遅くなるからね」と先生、 いっそ病名つけてよ!と思ったのが本音。 子どもが2歳すぎて夜もよく眠るようになって、ようやくひと息ついていますが、それでも 毎日「気力・意欲・腕力」と呪文のように唱えて踏ん張ってるところです。 初めて一緒に行った時、自分の体型や水着姿を20代ママと比べて落ち込んだし、何より子ども用プールでずっと一緒に歓声上げて遊んでる体力がまぶしかった。 わたしは「いいよ!楽しいから任せて!」という若いママにわが子もお願いし、タオルかぶってプールサイドで待機。 いや、もう一次会で充分です、二次会、カラオケあたりでほとんど爆睡してたし。 こんな大音量の中でよく眠れるねぇ~って言われたけど、 40代に「朝までコース」は無理だと実感しました。 保育園に入れた時、周りのママたちがみんな若いのにビックリ。 別に疎外されているわけではないんですが、気楽に話しかけてもらえず・・・。 同年代もいるにはいるんですが、皆さん上にお子さんがいて、その時のママ友同士の交流が強いみたいで、なかなか、どこのグループ?にも入れなかったです。 ただ、小学校に入ったら、親の年齢層もバラツキが多くなって、ようやくママ友らしき存在ができました。 ITで在宅ワークもありの職場だったので、保育園ではなく3歳から幼稚園に入れました。 けっこう親の出番が多い幼稚園で行事も多い。 育児アドバイスをくれたりもするんですが、「15歳も年下の女性に色々言われたくないなぁ」と思う時も。 年齢は関係ない!と自分に言い聞かせてはいるんですが、正直なところ、実際には明らかに若い子にアレコレ指図されるとムカっとくることはあります。 この年齢にして「ちっちゃいぞ、自分」と反省するのはやめました。 「もうムリ~」と思ったら子連れで出かけてホテルのベビールームに預けてエステ受けたり、シッターさん頼むこととか義母にちょっと嫌み言われても「私が稼いだお金だしねっ」と思えば、微笑んでやり過ごせる。 正直、お金が解決してくれること、ストレス解消ができること、は大きい。 やっぱり体力は若い頃みたいにはないんだし。 それをカバーするのは、お掃除代行サービスとか宅配の洗濯サービスとか。 自分の体力温存のためには何でも使います。 それに対して罪悪感とかもないですね。 できないことがあったら「それでも頑張りどころ」なのか「ラクな方法でスルーしていくところ」なのか、判断する力はあるのは、年の功なのかなと思います。 例えば子どもと過ごす時間は貴重だから、一緒にハイキングとかもするし。 でも日帰りはムリ。 何より体力とか、疲れがとれないとか、年齢と共に実感することも多くあるでしょう。 でもアラフォーママは意外と強い! 精神的に踏ん張りがきく人が多いのは、やはり「社会で色々なことを経験してきたから」かもしれません。 「この子が二十歳になる頃には」なんて、自分の年齢を数えて、うんざりしたり不安になったりしないこと、ですよ。 今や人生100年の時代じゃありませんか! 子どもを通して知り合う時にママ歴重視と年齢重視型がいますが、どちらでも結構。 どちらとでもなく「気の合う人がいたらいいな」とストレートに考えればいいだけです。 ちなみに「あれ、あたし、今いくつだっけ? 43か?44だっけか?」と、保育園や小学校から配布される提出物に自分の年齢を記入するときに、ひとりごとのようにつぶやく(そうです、ひとりごとが多くなるのもアラフォー以上の特徴ですね・・・)。 横にいた夫に「お前、もう46だろーが。 オレと5歳違うんだからさ〜」と呆れた顔で注意される。 これが本当の意味で歳とった証拠です。 むろん、私の実話です。

次の

アラフィフ初産 母になる

アラフィフ初産 母になる

最近では自民党の小泉進次郎氏と結婚を発表されたフリーアナウンサーの滝川クリステルさんも41歳で妊娠されましたが、40歳からの妊娠・出産と聞いても「よくあること」になってきましたね。 しかし、ひとりひとりにとっては「初めての妊娠・出産」です。 そのため、様々な不安を持つのも当たり前のことです。 35歳以上はいわゆる高齢出産と言われていることもあり、40歳前後の妊娠だからこその心配もあることでしょう。 今回は特にアラフォー世代で「初めての妊娠・出産」を体験したママたちの声をピックアップ。 大変だったこと、乗り切る方法、アラフォー出産の良かったこと、それぞれの体験・口コミが、これを見ている皆さんの参考になればと思います。 アラフォー(40歳~)の妊娠確率って?卵子の質が悪くなる!? 最初に少しだけ、40歳からの妊娠確率についてお話しします。 一般的に自然妊娠は30歳をすぎると徐々に低下し、35歳を境にしてさらに低下、40歳をすぎると急速に妊娠率は低くなります(参考:)。 30代後半から卵胞(卵胞は卵子がひとつ入っている)の数が急に減ることがわかっている以上、妊娠の確率はどうしても減っていくことになります。 ちなみによく「高年齢になると、卵子の質が悪くなる」といった記事をみかけますが、正確なデータや指標は現在のところありません。 ただし、とにかく女性のアラフォー世代は若い時と比べれば、実際に妊娠する可能性は少なくなってくるのは事実です。 筆者も35歳をすぎて出産を経験していますが、当時は「マルコウ」(高年齢出産)と言われて「なんだかなぁ」と違和感を感じたものです。 病院へ行く前から「マルコウのスタンプを母子手帳に押されるよ!」と言われたことも記憶に残っています。 ちなみに高年齢出産のスタンプなんて押されないので、ご心配なく! では、実際に40歳前後で妊娠・出産した女性の体験談を見ていきましょう。 アラフォー出産「自然妊娠?不妊治療?病院選びに出産準備はどうした?」 「不妊治療3年で妊娠」 私は35歳から不妊治療をし、体外受精まで行いました。 そこまでも大変な道のりで、正直、挫折しかけたこともあります。 産科と違い、不妊治療の婦人科は独特の雰囲気で、赤ちゃんが欲しいから頑張ろうと思っていても、毎月毎月「ダメか」が続くと精神的にもきついですし、現実問題としてお金もかかります。 ただ、アラフォーだからみんながみんな、自然妊娠しないってわけじゃないんですよ。 赤ちゃんがなかなかできないなぁと思ったら病院で一度検査してもらい、それから不妊治療をするのか、するなら「いつまで」なのか、あるいは自然妊娠を待ちながら、ダメならダメで自分たちのそれからのライフプランをどう考えるのか、色々と夫婦で話し合う必要はあると思います。 あと、なんとなくだけど、高齢出産だと流産率も上がる気がしていたので、妊婦の間は食生活や運動など生活習慣を正したり、仕事を少しセーブしたり、あと出産準備をあまり前からすると(赤ちゃんの洋服とか選んでいると)万が一ダメだったらものすごい落ち込む、と思っていたので、本当に直前まで、あえて、グッズの準備したりはしませんでした。 もう妊娠は無理だろうと諦めたのが39歳。 40歳を区切りにしようと考えていたからです。 それが治療をやめて半年、まさかの自然妊娠。 でも、後から「実は不妊治療をやめて、新しい生活スタイルをめざそうとしたら、なぜか妊娠した」という人はけっこういる、と聞きました。 なんだろう、プレッシャー状態からの解放感? いずれにしても、思わぬことでしたが、こんなこともあるんだと嬉しくて飛び上がりそうになりました。 ただ高齢出産はリスクも高いと聞くので、病院選びはかなり慎重に行いました。 すぐ近くにも産院はありましたが(看護師さんも手厚く、きれいで豪華な夕食などで有名)評判は良かったのですが、主人と実際に行ってみると20代から30代の女性が多く、総合病院での出産もあり得るといった説明もありました。 それならと最初から少し遠いのですが、拠点でもある大きな総合病院にと決め、自然出産しました。 ただ、もともと持病もあったので、高齢出産にも強いと言われる総合病院を選びました。 それはいいのですが、地方の片田舎にある実家へ里帰り出産というわけにはいかず、かといって狭いマンションに母親を呼ぶのも難しく、さらに何もひとりで出来ない父親を残して東京へ出るのも、ということで、結局、新生児のケアもしてくれるナニーさんを依頼しました。 実母は産後すぐに来て日帰り、退院後の2日間だけ近くのビジネスホテルに宿泊し、細々とした家の片付けなどしてもらいました。 その後はナニーさん(新生児専門のベビーシッターで簡単な家事もしてくれました)を2週間お願いしたので、けっこうな出費にはなりました。 流産率も高いから気をつけろ!とかとにかくうるさかった。 出産前後も「40過ぎだからねぇ、きついでしょ」と言われるのにゲンナリ。 40歳過ぎると周囲の知り合いは「先輩ママ」ばかりで、アドバイスやら注意やら、もう面倒くさかった。 ようやく妊娠にこぎつけたのは39歳。 切迫流産からはじまって、出産まで3回ほど入院し帝王出産。 産休どころの騒ぎではなく、結果として仕事は退職しました。 私は妊娠期間よりも、子どもが生まれて半年くらいが一番辛かったです。 22歳からずっと仕事をしてきた私が、いきなり言葉も話せない、ずっと泣いてばかりいる赤ちゃんとふたりきりの生活になり、出かけるといっても買い物くらい、主人以外の「大人と会話」する時間が極端に減ったことが、徐々にボディブローのように効いてきました。 赤ちゃんサークルとか参加しても、なんか話が噛み合わないし・・・。 待ちかねていた両親と義父母、会社の人も不妊期間が長かっただけにとても喜んでくれて、祝福してくれた。 その祝福が次第に「圧」に感じるようになってしまった。 ちゃんと産めるのだろうか、とか、夫もあんなに喜んでるのに何かあったらどうしよう、とか・・・。 どんどん落ち込んでしまい、落ち込むほど周囲が気を遣ってくれてしまい、余計にプレッシャーを感じた。 自分では明るい、カラっとした性格だと思っていただけに、そんなマタニティーブルーにかかる自分自身を責めたくなった。 出生前診断ではだいぶ悩みました。 子どもが欲しかったので嬉しいほうが大きかったですが、その割には情緒不安定になっていた時期のほうが多かった気がします。 20代のうちなら、さほど職歴も長くないわけですから、職場復帰もしやすい。 不安もあるけど、赤ちゃんお腹の中で育ってるんだなぁって思うと、ワクワクもするし。 ご対面まで待ちきれないなぁっていう感じ。 ・・・って気持ちになれたのは、安定期からマタニティスイミングとかヨガとかいろいろ出かけるようになったからかな。 もちろん、中には若いママ中心だったり、合わないところもありますよ。 そんなのお金払って行くんですから、ダメそうならさっさとやめる! 自分が気分よくなれるところを見つけて、そこで楽しく過ごすといいですよ。 でも、逆に面倒なママ友関係もなく、無理につきあったりすることもなく、さっぱりしてました。 私は私、という考えがブレないでいられるのは、やはり年の功だと思います。 悩みや不安を共有できる、同じ立場の人を見つけると、やはりわかり合えるって感じで気が楽になると思います。 その幸せは、38歳で待ち望んだ妊娠をし、切迫流産を乗り越えての出産だっただけに、涙があふれて止まりませんでした。 旦那も子供が出来てからは、なるべく早く帰宅してくれて(ベイビーに会いたいからだけど)いろいろ手伝ってくれるようになりました。 子供ができたら自然と「大変だよな」って声をかけてくれるようになった。 姑もすごく気を遣って「子どもがいない人生もいいものかも」と言ってくれてて、それはとてもありがたいんだけど、いつも申し訳ない気持ちだったし。 妊娠・出産したら、めでたしめでたし、って感じで。 それだけずっと、赤ちゃんができない時期、私自身も無意識のうちに子どもができないことを気に病んでいたのだなぁとも思うし、いろいろ全てから「解放された」と思いました。 あるけど、目の前でくぅくぅ笑ってる可愛いベビー見たら、「なんでもこいっ!」って感じ(笑)まぁ、これで保育園とか、ママ友とか、また子育ての大変さを実感していくことになるんだろうけど、それでも28歳で結婚してから10年以上、欲しくても授からなかった子どもができたこと、私はとても幸せに思います。 体調のこと以外では、アラフォーワーママは ・これまでのキャリアはどうなるのか ・ポジションを失うのではないかという不安 ・子育てと仕事の両立、体力的にできるのか ・もう退職してしまったほうがいいのか? こうした仕事に対する迷いや不安を持つ人が多い点でしょう。 そして、もうひとつは「周りはみんな先輩ママ」がゆえに、「上から目線」「先輩として後輩に諭すような」「励ましだか、脅しなんだか、はかりかねる」そんな言葉がけにイラっとした経験を多少の差こそあれ、しているようです。 いずれにしても、「これから起きるかもしれないこと」について、心配しすぎないこと。 「気で気を病む」と言いますが、心配をしすぎて自分を苦しめることのないよう、40年の人生を渡り歩いてきた、あなた自信のパワーを信じて、素敵な出産を迎えられるよう祈っています。

次の