米寿祝い。 米寿祝い(88歳)とは?基礎知識とお祝い方法・マナーをご紹介

【米寿祝いの挨拶】乾杯や謝辞の文例を紹介

米寿祝い

長寿祝いの種類 長寿を祝う節目の年齢には、還暦や古希、喜寿などの名称があります。 本来は数え年で祝いますが、現在では満年齢で祝うことが多くなってきています。 ただし、還暦だけは数え年で61歳、満年齢60歳でお祝いします。 以下、主な長寿のお祝いをご紹介します。 還暦(かんれき)…61歳(満60歳) 生まれた年の干支に還ることから、「還暦」と呼ばれるようになりました。 赤いちゃんちゃんこの風習があり、赤が長寿祝いの色とされています。 古希【古稀】(こき)…70歳 中国の唐時代の詩人、杜甫の詩の一節である「人生七十古来稀なり」に由来しています。 現代では還暦よりも本格的な長寿の祝いと考えられているようです。 紫が長寿祝いの色とされています。 喜寿(きじゅ)…77歳 「喜」という字の草書体が七を3つ重ねた形になり、七十七と読めることに由来しています。 紫が長寿祝いの色とされています。 傘寿(さんじゅ)…80歳 「傘」の略字が八と十を重ねた形になり、八十と読めることに由来しています。 黄(金茶)が長寿祝いの色とされています。 米寿(べいじゅ)…88歳 「米」の字をくずすと八十八と読めることに由来しています。 黄(金茶)が長寿祝いの色とされています。 卒寿(そつじゅ)…90歳 「卒」の略字である「卆」が九十と読めることに由来しています。 白が長寿祝いの色とされています。 白寿(はくじゅ)…99歳 百から一を引くと「白」となることに由来しています。 白が長寿祝いの色とされています。 紀寿(きじゅ)または百寿(ひゃくじゅ)…100歳 100年が一世紀ということから紀寿、また100歳であることから百寿と呼ばれています。 白が長寿祝いの色とされています。 100歳を超えた長寿祝いには、108歳の茶寿や111歳の皇寿、120歳の大還暦があります。 また、250歳で天寿というものもあります。 長寿祝いの祝い方 お祝いをされる方が主催となりお祝いの会を開いていましたが、現代では家族や身近な人がお祝いの会を開くことが一般的なようです。 特に決まった祝い方はありませんので、お祝いされる方の意向に沿った形がよいでしょう。 健康状態によっては長時間の祝宴や旅行の招待などは負担になる場合もありますので、祝い方に配慮する必要があります。 長寿祝いのお祝い品&金額の相場は? 人生の区切りとなるお祝いなので、消耗品以外がおすすめ! 還暦では赤い頭巾やちゃんちゃんこを贈る風習がありますが、その他の長寿祝いでは特に決まったものはありません。 人生の区切りとなるお祝いなので、消耗品ではなく記念になるプレゼントや思い出に残る旅行や食事会などを贈るのがおすすめです。 もし迷ったときは、傘寿で傘を贈るなど、長寿祝いの名称にちなんだものや長寿祝いの色の品を選ぶとよいでしょう。 プレゼントの金額の相場は、贈る相手が両親の場合は2~3万円、祖父母の場合は1~2万円、親戚などの場合は1万円前後、それ以外の場合は数千円程度とされています。 少し高価なプレゼントを贈りたい場合は、家族や兄弟などと共同購入するのがよいでしょう。 おすすめのギフト「を贈る体験型ギフト」 ギフトを贈るときに特別な気持ちをしっかり伝えたいなら、リンベルのスペシャルラッピングサービスを利用することもできます。 このサービスで使用される和紙や紐は、ラッピング技能士の資格を持ったプロの講師やデザイナーにより共同で開発されたものです。 デザインは3種類あり、贈る相手の好みや届けたい気持ちに合わせて選ぶことができます。 包装は、ラッピング職人がひとつひとつ手作業で丁寧に担当しています。 「おめでとう」の気持ちを届けるにはぴったりの美しい仕上がりに、受け取った相手もきっと喜んでくれるはず。 メッセージカードもついているので、気持ちをしっかり伝えることができます。 大切な人へギフトを贈る際には、ギフトを紐解くときの感動まで届けられるスペシャルラッピングサービスをぜひ利用してみましょう。 長寿祝いで喜ばれるギフトを贈ろう 人生の区切りとなる長寿祝いでは、後からでも思い出せる記念に残るものを選びながら、「おめでとう」の気持ちをしっかりと伝えることが大切です。 後で「あのときやっておけばよかった」と後悔することのないように、長生きをお祝いする心のこもったギフトを選びましょう。 ギフトを選ぶときのポイントは、相手の好みや状況に合わせたものを贈ることです。 両親や祖父母など身近な人に贈るときは、相手の嗜好やライフスタイルをよく知っているので、それほど迷わずに選べるかもしれません。 しかし、相手のことをそれほどよく知らない場合はどうでしょうか。 贈り先が何を必要としているのか、普段どのような消耗品を使っているのかなどがよくわからない場合は、ギフト選びがなかなか決まらず困ってしまうこともあります。 そんなときは、カタログギフトを贈るとよいでしょう。 カタログギフトには、グルメやグッズ、体験型チケットなどさまざまなアイテムが掲載されており、好きなものを自由に選ぶことができます。 受け取った人が一番欲しいものを選べるので、贈るものに迷ったらぜひカタログギフトを利用してみましょう。

次の

【まとめ】88歳・米寿祝いの常識!知っておきたいNGプレゼントと喜ばれるプレゼント|介護のお仕事研究所

米寿祝い

【エムール】リクライニングチェア 高座椅子 参考価格: 17,989円(税込) サイズ:外形 約縦17. 5cmx横17. 5cmx奥行9. 華やかで記念に残る、米寿のお祝い|おすすめ3選 特別な節目である米寿。 米寿を迎える方が、自分の歩んできた道やこれまでの人生を振り返り、毎日を大切にゆっくり過ごせる日々であってほしい。 そんな思いが伝わる、 眺めるだけで心が和み、日常が豊かになる記念品もおすすめです。 大切な思い出をフォトフレームで飾る 米寿のお祝いらしく、華やかな塗のフォトフレームです。 朱色と金色で描かれた紅葉と桜の柄が、お部屋を華やかに演出します。 【山田平安堂】 飾皿 参考価格: 16,500円~(税込) サイズ:直径24. 長寿を美味しく味わう、米寿のお祝い|おすすめ3選 美味しいものを食べることは、生きる喜びでもあります。 米寿を迎える方に、美味しいものを味わって食べてもらいたい、たくさん食べて長生きしてほしい。 そんな思いが伝わる、 米寿お祝いにおすすめの美味しいギフトを集めました。 見て楽しい、食べて美味しい和菓子セット 縁起のよい絵柄を散りばめた一段重箱に、創業110年の老舗「赤坂青野」の銘菓を詰め合わせた逸品です。 和菓子を食べた後は重箱として、記念に残る米寿の贈り物ではないでしょうか。

次の

米寿祝い(88歳)とは?基礎知識とお祝い方法・マナーをご紹介

米寿祝い

米寿祝いとは? 米寿祝いとは、数え年で88歳を迎える年に行う長寿祝いのことです。 米寿という名は、「米」の文字が「八十八」を組み合わせた形であることに由来します。 八十八は、末広がりの漢字がふたつも並ぶ、非常に縁起がよい齢。 そのため、室町時代以降、米寿を盛大に祝うようになったといわれています。 かつては、長寿にあやかれるようにという意味合いを込めて、米寿祝いの宴の参加者へ「米」にちなんだ斗掻(桝に盛った米を平にならすための棒)を贈っていました。 現在では、米寿祝いでは日頃の感謝の気持ちを伝えるとともに、さらに長生きができるよう、願いを込めてプレゼントを贈る習慣があります。 なお、本来米寿祝いは数え年で祝うものとされてきましたが、徐々に満年齢で祝うことも増えてきました。 米寿を迎えた本人の健康状態を踏まえながら、家族や親族一同が揃って元気な顔を見せられるタイミングで米寿を祝いましょう。 米寿祝いのプレゼントの金額相場 米寿祝いの相場は、地域や祝う相手の立場によって異なります。 一般的には、両親には2~3万円程度、叔父や叔母などの親戚には5000~2万円程度、祖父母には1~3万円程度が相場と言われています。 相場以上のプレゼントを贈ると、相手も受け取りにくくなってしまうもの。 周りの親族とのバランスも考慮したうえで、相場に合わせた素敵なプレゼントを選んでみましょう。 米寿祝いのプレゼントの選び方 黄色いカラーのプレゼントが定番 By: 米寿祝いは、収穫を迎える稲や太陽の色である、黄色いカラーの贈りモノが定番とされています。 黄色や金のちゃんちゃんこや座布団、扇子を贈るのが一般的です。 しかし、最近では黄色の小物やお花、普段の生活で使えるモノなど工夫を凝らしたプレゼントも増えています。 相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら、黄色をキーワードにして自由に選んでみましょう。 相手のライフスタイルを考えて選ぶ 88歳ともなると、自宅で静かに過ごすことが多くなるもの。 そのため、湯飲みなどの普段自宅でよく使うモノや、部屋に飾って楽しめるモノがおすすめです。 夫婦揃ってご健在の場合には、お揃いの茶碗や箸なども人気があります。 また、思い出のアルバムや家族からの寄せ書きなど、ゆっくりと人生を振り返りながら楽しめる記念品もおすすめです。 なお、体調面に問題がなく元気な方の場合には、近場への家族旅行や食事会に招待するのも喜ばれます。 相手のライフスタイルや趣味嗜好を踏まえたうえで選ぶことが大切です。 食べ物やお酒をチョイスするのもおすすめ 食べ物や飲み物も、喜んでもらえる米寿祝いの贈りモノのひとつ。 ラベルに名前を入れたお酒やメッセージ入りのお菓子など、さまざまなタイプが販売されています。 しかし、年齢を重ねると食が細くなるものなので、なるべく賞味期限が長く少しずつ食べられるモノを贈りましょう。 また、米寿祝いの名にかけて、お米が贈られることも多く、味にこだわったブランド米に佃煮・海苔などをセットにしたモノもあります。 贈る相手の嗜好に合わせて選んでみてください。 プレゼントとしてふさわしくないモノ 米寿祝いのプレゼントに「櫛」はふさわしくありません。 その理由は、「苦」や「死」を連想させるためで、お祝いにはふさわしくないと言われています。 また、お葬式の香典返しに使われることが多い「お茶」も避けましょう。 米寿祝いに熨斗(のし)は必要? 一般的に、お祝いごとの贈りモノには熨斗(のし)を添えます。 米寿祝いの贈りモノにも、忘れずに熨斗紙を掛けましょう。 熨斗紙を掛けることで、「改まって米寿祝いの贈りモノを渡す」という意思表示ができます。 また、米寿祝いの水引には「花結び(蝶結び)」を使用しましょう。 花結びは、何度も結び直しができることから「何度あってもよいこと」という意味が込められており、お祝いごとに適しています。 なお、表書きは「祝米寿」「感謝」「米寿御祝」と書くのが一般的です。 さらに、米寿にちなんで数本の稲穂を熨斗に挟んでおくと粋な演出として喜ばれます。 米寿祝いのおすすめプレゼント 日本ロイヤルガストロ倶楽部 名入れどら焼き10個セット 親戚や友人へのちょっとしたプレゼントとしておすすめのどら焼きセットです。 どら焼きには「祝米寿」の文字のほか、10字以内のオリジナル文章が食用インクで印字可能。 個包装は中身が見える透明タイプなので、どら焼きを出さなくてもメッセージの内容が楽しめます。 小麦粉も国産のモノを使い、熟練の職人が手焼きで仕上げています。 お祝いに集まったみんなで食べれば、米寿祝いの場を盛り上げられるプレゼントです。

次の