ナチュラル ドロップス。 エリクシノールのCBDオイル、ナチュラルドロップスの特徴と効果

ナチュラルドロップス 100

ナチュラル ドロップス

なぜElixinol社のCBDオイルなのか アメリカやカナダ、欧州各国などで医療用・娯楽用大麻が次々と合法化されていく中、日本国内ではいまだに大麻の使用はタブーとされています。 しかし、大麻草の茎や種子の部分から抽出されるCBD カンナビジオール は、日本でもその使用が違法とされていない大麻由来の成分です。 CBDは、2013年にアメリカでCNNの「WEED」というドキュメンタリーをきっかけにして世界各国で注目され始めました。 最近では日本国内でも芸能人やアスリートなどが愛用していたり、その健康効果の高さから密かに話題になっているということを聞いていた僕は、一度CBDオイルを使ってみたいと常々思っていました。 国内で数多あるCBD関連商品の販売企業の中でも僕が注目していたのがElixinol エリクシノール 社です。 Elixinol社は高城剛氏のメルマガや書籍で何度か登場していたり、東京の表参道駅に大きなビルボード広告を出していたりと、個人的に目にする機会が多い企業でした。 本社はオーストラリアにあるのですが、渋谷区に日本支社のオフィスがあり、日本の規格向けにデザインされたCBDオイルを生産しているというのも、安心できるポイントの1つだったように思います。 結構前からElixinol社のCBDオイルに興味があり一度使用してみたいと思っていた僕ですが、なかなか一歩踏み出すことができませんでした。 その大きな理由のひとつが、CBDオイルの値段です。 CBDオイルは、どこのメーカーのものであれそこそこ良い値段がします。 「果たしてそれだけの値段に見合った効果が得られるのか?」という疑問がCBDオイル購入への大きなハードルになっていたのです。 そんなある日のこと、とある用事で東京に滞在していた僕は自宅でなんとなくElixinol日本支社の公式ホームページを眺めていました。 すると、Elixinol社の商品取り扱い店舗の中に【新宿伊勢丹】の文字があるのを目にします。 ちょうどその時滞在していた場所が新宿区内で、伊勢丹までは歩いて行ける距離にあるところでした。 「実際に買うかどうかは別として、見るだけ見に行ってみよう」と思った僕はCBDオイルを販売しているという新宿伊勢丹の地下二階、【ビューティアポセカリー】というお店に向かうことに。 伊勢丹の地下二階に降りてみるとそこは化粧品や健康・美容アイテムのフロアになっており、お客さんは9割が女性。 なんだか若干居心地の悪さを感じながらもフロアを探し回っていると、隅のコーナーにElixinol社のCBDオイルが売っているのを発見! 初めて生で見たCBDオイルに若干興奮する僕。 しかし、値段は27mgで10,584円 CBD300mg配合 と分かってはいたものの決して安くはない買い物。 その時の僕の頭の中では、「目の前にあるCBDオイルを使ってみたいという気持ち」と、「もし何にも効果がなかったらどうしようという不安な気持ち」が戦っていました。 そこで僕はもう一度Elixinol公式サイトの取り扱い店舗のページを確認し、新宿内で他にCBDオイルを売っているお店がないかどうかを調べました。 そしたらなんと新宿伊勢丹の他にもルミネエスト内にある「ピープルトウキョウ」というお店で取り扱っているとの記載が。 「もしかしたらここよりも安くCBDオイルが買えるかもしれない」と思った僕は一旦伊勢丹を出て新宿駅のルミネエストに向かいました。 ルミネエストの地下二階、ピープルトウキョウに着いた僕は先程と同じようにCBDオイルを探すことに。 しかし今度は中々見つからなかったので、思いきって店員さんに聞いてみることにしました。 店員さんに案内された売り場にいくと、CBDオイルの容器が1つだけぽつーんと置かれていました。 その値段はなんと 3,900円。 さっきの半分以下の値段になっていることに驚いた僕ですが、容器をよく見てみるとラベルの上部に「100」という数字が。 つまりこのCBD oilには100mgしかカンナビジオール CBD 成分が入っていないということだったのです。 「さすがにこれだけ濃度が違うと効き目も弱くなるのでは?」と思った僕はまだ近くにいた先程の店員さんにこんな質問をしてみることに。 「店員さんはこのCBDオイル実際に使ってみたことあるんですか?」 「はい。 この100mgのものと、今は売り切れてるんですけど300mgの方も使ってみたことありますよ。 」 「あ、そうなんですね!どうでした?使ってみた感じは」 「そうですね~、100mgの方は正直あんまり効果が分かりづらくて、ちょっと体がふんわりするかな?程度でした。 300mgの方が効き目がハッキリしていて、リラックス効果が高かったです。 」 やはり300mgの方を購入した方がCBDオイルの効果は実感できるのか。。。 一度は安い方のCBDオイルに心を揺さぶられたものの、折角お金を出すのならと高い方 CBD300mg配合 の商品を買うことに決めた僕。 ピープルトウキョウにはもう300mgの方の在庫が無いということだったので、僕は再び新宿伊勢丹へ戻ることに。 300mgのCBDオイルを買うことは決定したのですが、「シナミント」と「ナチュラル」の2種類のフレーバーどちらを選ぶかで迷っていたのです。 商品説明によると、シナミントにはその名の通りシナモンとミントにはが含まれており、ナチュラルの方はココナッツオイルを使用した比較的シンプルなテイストになっているのだとか。 どちらもCBDの濃度は変わらないので効果は同じはずなのですが、できるだけ飲みやすい方を買いたいと思った僕は、またしても近くにいた店員さんに聞いてみることにしました。 「このシナミントとナチュラルって、どっちの方が飲みやすいとかありますかね?」 「そうですねー、、飲みやすさはその人の主観によるものが大きいので一概には言えないですが、シナミントの方が清涼感が強い味わいで、ナチュラルの方がオイルの風味が強い感じですね。 」 「ちなみに店員さんは両方とも使ってみたことはあるんですか?」 「はい!あります。 」 「個人的にはどっちの方が飲みやすかったとかあります?」 「私はナチュラルの方が飲みやすかったですね。 シナミントの方はミントのスーっとする感じが少し強くて。 」 「ミントがキツめだったってことですか?」 「あくまでも私個人的にはですけど。 あ、よろしければ匂いだけ試しに嗅いでみますか?」 「え?そんなことできるんですか!?」 「はい。 できますよ。 今持ってきますね。 」 そう言って店員さんが持ってきたのは、おそらく試供品であろう2種類のフレーバーのCBDオイル。 キャップを開けてもらった容器に鼻に近づけてみると、シナミントはやはりスースーとした匂いがして、ナチュラルの方は子供の時に飲んだ風邪薬のような匂いがしました。 匂いだけじゃいまいち分かんなかったけど、ここは店員さんの主観を信じてみるか、、、 「じゃあ、こっちのナチュラルの方1つください。 」 「はい!お買い上げありがとうございます!!」 こちらが幾多の葛藤を乗り越えてようやく購入したElixinol社のCBDオイル 300mg。 開封後は要冷蔵とのこと。 CBDオイルの摂取量 CBDオイルを実際に摂取してみた感想の前に、CBDオイルの摂取量とその摂取方法について簡単に説明していきます。 CBDオイルの摂取量については商品の容器とElixinol社の公式ページに記載があり、一日の摂取は1mlを目安にするとよいとのことです。 また、「ElixinoReview」という海外サイト Elixinol社との繋がりがない個人サイトのようです。 にて、Elixinol社が出している規定の摂取量について詳細な記述があったので参考までに載せておきます。 以下に記載されているのはCBDの摂取量 mg であり、CBDオイルの摂取量 ml とは異なることに注意してください。 These are as follows: General Health: 2. 5-15mg CBD by mouth daily To treat chronic pain: 2. 5-20 mg CBD by mouth daily To treat sleep disorders: 40-160 mg CBD by mouth daily どうやら健康な人と慢性痛がある人、睡眠障害がある人などで摂取量が変わってくるみたいですね。 僕の場合は「量が多いほうがより強い効果が得られそう」という単純な理由から、1回で1日の摂取目安である1mlを摂取してみることにしました。 かかりつけのお医者さんなどがいる方は、どれくらいの量を摂取かを相談するとよいかと思います。 CBDオイルの摂取方法は舌下投与がおすすめ!? CBDオイルは口から入れてそのまま飲み込む経口摂取でも良いのですが、Elixinol社の公式ページによると舌の下の部分に液を垂らす「舌下投与」の方がより吸収率が高いようなのです。 こういった摂取方法はやや面倒に感じましたが、少しでも吸収率を上げて効果を実感するために素直に従ってCBDオイルを摂取することに。 CBDオイルを摂取してみた感想 さて、ここからようやく念願のCBDオイル摂取タイムです。 Elixinol社のCBDオイルの容器は開けるのに少しコツが必要で、キャップの下の部分を押しながら左に回さなければなりません。 キャップはそのままスポイトになっていて、0. 25mlごとに目盛りがついています。 1mlのメモリのところまで吸い取ります。 液体の色は黄色がかっていて「The オイル」といった感じです。 吸い取った液をそのまま舌の下部分に垂らし、90秒程度待ちます。 この間口の中に溜まっていくつばを飲み込むことができないのが少しだけ大変です。 そして90秒立って、口の中の水分をすべて飲み込みました。 あれ、何も起こらないぞ?? もしかしてイ〇チキ商品をつかまされたか?? そんなことを思っていると、舌下投与をしてから数分後に効果がやってきました。 まず頭がスーっと冴えわたるような感覚がありました。 それはまるで脳みそに微量のミント液を垂らしたような清涼感。 そして腸のアタリがぐっと引き締まる感じが。 以前アメリカの医師がCBDオイルの効能について、 「集中とリラックスという相反するものが同時に起こる」と話していた記事を読んだことがあるのですが、これはCBDオイル接種後の何とも言えない感覚をうまく形容していると思います。 実際僕はCBDオイルを摂取した後にいつもよりやや仕事が捗りました。 作業中には雑念が入りずらく、いつもよりやるべきタスクを抵抗なく進められた気がしました。 もっとも、僕がCBDオイルの効能について事前に色々なソースから聞いていており、期待がかなり高まった状態で摂取していたのでプラシーボ効果もあったのではないかと思います。 「1万584円も払ったのだから効果があってほしい」という願望からくる錯覚も多分にあったでしょう。 向精神作用が強いTHCが入っているわけでは無いので当然なのかもしれませんが。 以上がElixinol社のCBDオイル「ナチュラルドロップス300」を使用して感じたことです。 まとめると「確かに清涼感を感じて集中力が上がった感じがしたが、高い期待を越えてくるほどの効果は実感できなかった。 」といった感じでしょうか。 ただ僕は心身ともに健康な状態でCBDオイルを使用しています。 もしかしたら不安症を持っていたり慢性的な疾患がある人だともっと効果を感じるのかもしれません。 ちなみにElixinol社のCBDオイルは公式ホームページからも購入することができます。

次の

【ナチュラルドロップス100】レビュー

ナチュラル ドロップス

CBDとは CBDはアサ科の植物である大麻草に含まれる成分で、「カンナビジオール」の略です。 大麻と聞くとマリファナをイメージしますが、CBDには向精神作用はなく安全性の高さが認められています。 大麻草の種子と茎から抽出したCBDは日本でも合法的に使用できる成分です。 エリクシノールについて 本社はアメリカ・コロラド州を拠点にヘンプ 産業用大麻 製品の生産と販売を手がけている会社で、エリクシノール社はその日本法人です。 CBDオイルを始めとするCBD製品の輸入、販売、卸が主な業務です。 設立されたのは2016年と新しいメーカーですが、アメリカ本社と連携をとり、日本においてのCBD普及に努めています。 エリクシノールのナチュラルドロップス 紹介する製品はエリクシノールを代表するCBD製品、ナチュラルドロップスです。 主な特徴 厳選したヘンプの麻の実から搾ったオイル エリクシノールのナチュラルドロップスは、直営農場と契約農家が栽培した最高品質のヘンプから作られます。 成熟した麻の実を使用することで、日本の厳しい法規制をクリアしました。 ココナッツオイルを配合してクセのない味と香り ナチュラルドロップスの原材料はヘンプオイルと食用ココナッツオイル MCTオイル のみ、余計なものを一切配合していません。 体に優しくCBD本来の効果を実感することができます。 ココナッツオイルを加えることで、CBDオイル特有の薬っぽい香りと苦味やえぐみを見事に消し、クセのない味と香りに仕上げています。 CBDに慣れていない方でも抵抗なく口にできるのがメリットです。 またヘルシーなココナッツオイルをブレンドすることで、1日分わずか8. 08kcalに抑えられています。 オイルといっても肥満を気にすることなく摂ることができます。 気分によって選べる3種類のフレーバー エリクシノールのナチュラルドロップスはナチュラル、シナミント、カモミールレモンの3種類のフレーバーを用意しています。 気分によってフレーバーを選んだり、時間によって使い分けできるのがメリットです。 すがすがしい気分の朝はナチュラル、気分を変えて仕事に打ち込みたい昼はシナミント、1日の疲れを癒してぐっすり眠りたい夜はカモミールレモンと使い分けるのも楽しいです。 配合量で選べる エリクシノールのナチュラルドロップスはCBDの配合量によって100、300、1000、3000の4つに分かれています。 ナチュラルドロップス100には1瓶に100mgのCBDを配合しています。 ナチュラルドロップス3000には1瓶に3000mgのCBDを配合しています。 価格は100が最も安価で、3000が最も高価です。 最初は配合量が少なく安価な100を試し、慣れてきたら300、1000とステップアップしていきましょう。 期待できる効果 ストレスをやわらげる CBDは脳を安定した状態に導いてストレスへの抵抗力を高めてくれます。 その結果としてストレスが脳に及ぼす悪影響が緩和され、自律神経の乱れが整えられます。 すると「交感神経 緊張や興奮を感じたときに優位に働く自律神経 」の働きが抑制されて、リラックス状態に導かれます。 強いストレスを感じたときはナチュラルドロップスを摂ってリラックスしましょう。 さわやかな朝を迎えられる ナチュラルドロップスを使うとさわやかな朝を迎えられます。 目覚めた直後に頭がぼんやりしているのは「副交感神経 心身が落ち着いた状態で優位に働く自律神経 」の働きが強いから。 普通であれば少しずつ交感神経の働きが強くなります。 ところが自律神経が乱れている方は、目覚めてから時間が経っても副交感神経が優位なままです。 CBDによって自律神経の乱れが整えられると、交感神経の働きによって頭がすっきりして体も元気になります。 集中力を高める CBDには「ECS エンド・カンナビノイド・システム 」という身体調整機能を改善する作用があります。 ECSは細胞同士のシグナルのやりとりをコントロールし、食欲、痛み、免疫、感情、運動機能などを調整するほか、神経保護、認知や記憶にも関係しています。 ナチュラルドロップスを摂ると、食欲、痛み、感情が安定して集中力が高まります。 夜ぐっすり眠れる CBDには安眠の妨げとなる不安を軽減する効果が期待されています。 夜寝る前にナチュラルドロップスを摂ると気持ちが落ち着いてぐっすり眠れるようになります。 禁煙を続けられる ナチュラルドロップスを摂ると心身がリラックスし、タバコを吸ったときに近い感覚になります。 実際にCBDオイルをタバコの代わりに使っている方もいます。 「健康のために禁煙したいけど続かない」という方は、ナチュラルドロップスを試してみましょう。 CBDにはニコチンのような中毒性はありませんから、体に気を使いながら「タバコを吸いたい」という欲求を抑えられます。 使い方 ナチュラルドロップスにはスポイトが付属しています。 スポイトで必要な量を舌に直接垂らすか、コーヒーや紅茶などのお好きな飲み物に加えて飲むのがおすすめの方法です。 水に加えても構いませんが、お世辞にもおいしい味ではないので清涼飲料水に加えて飲みましょう。 なお緑茶とアルコール類は吸収に悪影響を及ぼすので避けてください。 ナチュラルドロップスの購入方法 今回紹介したエリクシノールのナチュラルドロップスはのオンラインショップで購入できます。 また実店舗でも購入できます。 エリクシノールのCBD製品は関東から九州まで全国33の店舗で取り扱っています。 どの店舗で取り扱っているかはで確認してください。 オススメのCBD製品 CBDMAX(シービーディーマックス).

次の

【ナチュラルドロップス1000】レビュー

ナチュラル ドロップス

CBDとは CBDはアサ科の植物である大麻草に含まれる成分で、「カンナビジオール」の略です。 大麻と聞くとマリファナをイメージしますが、CBDには向精神作用はなく安全性の高さが認められています。 大麻草の種子と茎から抽出したCBDは日本でも合法的に使用できる成分です。 エリクシノールについて 本社はアメリカ・コロラド州を拠点にヘンプ 産業用大麻 製品の生産と販売を手がけている会社で、エリクシノール社はその日本法人です。 CBDオイルを始めとするCBD製品の輸入、販売、卸が主な業務です。 設立されたのは2016年と新しいメーカーですが、アメリカ本社と連携をとり、日本においてのCBD普及に努めています。 エリクシノールのナチュラルドロップス 紹介する製品はエリクシノールを代表するCBD製品、ナチュラルドロップスです。 主な特徴 厳選したヘンプの麻の実から搾ったオイル エリクシノールのナチュラルドロップスは、直営農場と契約農家が栽培した最高品質のヘンプから作られます。 成熟した麻の実を使用することで、日本の厳しい法規制をクリアしました。 ココナッツオイルを配合してクセのない味と香り ナチュラルドロップスの原材料はヘンプオイルと食用ココナッツオイル MCTオイル のみ、余計なものを一切配合していません。 体に優しくCBD本来の効果を実感することができます。 ココナッツオイルを加えることで、CBDオイル特有の薬っぽい香りと苦味やえぐみを見事に消し、クセのない味と香りに仕上げています。 CBDに慣れていない方でも抵抗なく口にできるのがメリットです。 またヘルシーなココナッツオイルをブレンドすることで、1日分わずか8. 08kcalに抑えられています。 オイルといっても肥満を気にすることなく摂ることができます。 気分によって選べる3種類のフレーバー エリクシノールのナチュラルドロップスはナチュラル、シナミント、カモミールレモンの3種類のフレーバーを用意しています。 気分によってフレーバーを選んだり、時間によって使い分けできるのがメリットです。 すがすがしい気分の朝はナチュラル、気分を変えて仕事に打ち込みたい昼はシナミント、1日の疲れを癒してぐっすり眠りたい夜はカモミールレモンと使い分けるのも楽しいです。 配合量で選べる エリクシノールのナチュラルドロップスはCBDの配合量によって100、300、1000、3000の4つに分かれています。 ナチュラルドロップス100には1瓶に100mgのCBDを配合しています。 ナチュラルドロップス3000には1瓶に3000mgのCBDを配合しています。 価格は100が最も安価で、3000が最も高価です。 最初は配合量が少なく安価な100を試し、慣れてきたら300、1000とステップアップしていきましょう。 期待できる効果 ストレスをやわらげる CBDは脳を安定した状態に導いてストレスへの抵抗力を高めてくれます。 その結果としてストレスが脳に及ぼす悪影響が緩和され、自律神経の乱れが整えられます。 すると「交感神経 緊張や興奮を感じたときに優位に働く自律神経 」の働きが抑制されて、リラックス状態に導かれます。 強いストレスを感じたときはナチュラルドロップスを摂ってリラックスしましょう。 さわやかな朝を迎えられる ナチュラルドロップスを使うとさわやかな朝を迎えられます。 目覚めた直後に頭がぼんやりしているのは「副交感神経 心身が落ち着いた状態で優位に働く自律神経 」の働きが強いから。 普通であれば少しずつ交感神経の働きが強くなります。 ところが自律神経が乱れている方は、目覚めてから時間が経っても副交感神経が優位なままです。 CBDによって自律神経の乱れが整えられると、交感神経の働きによって頭がすっきりして体も元気になります。 集中力を高める CBDには「ECS エンド・カンナビノイド・システム 」という身体調整機能を改善する作用があります。 ECSは細胞同士のシグナルのやりとりをコントロールし、食欲、痛み、免疫、感情、運動機能などを調整するほか、神経保護、認知や記憶にも関係しています。 ナチュラルドロップスを摂ると、食欲、痛み、感情が安定して集中力が高まります。 夜ぐっすり眠れる CBDには安眠の妨げとなる不安を軽減する効果が期待されています。 夜寝る前にナチュラルドロップスを摂ると気持ちが落ち着いてぐっすり眠れるようになります。 禁煙を続けられる ナチュラルドロップスを摂ると心身がリラックスし、タバコを吸ったときに近い感覚になります。 実際にCBDオイルをタバコの代わりに使っている方もいます。 「健康のために禁煙したいけど続かない」という方は、ナチュラルドロップスを試してみましょう。 CBDにはニコチンのような中毒性はありませんから、体に気を使いながら「タバコを吸いたい」という欲求を抑えられます。 使い方 ナチュラルドロップスにはスポイトが付属しています。 スポイトで必要な量を舌に直接垂らすか、コーヒーや紅茶などのお好きな飲み物に加えて飲むのがおすすめの方法です。 水に加えても構いませんが、お世辞にもおいしい味ではないので清涼飲料水に加えて飲みましょう。 なお緑茶とアルコール類は吸収に悪影響を及ぼすので避けてください。 ナチュラルドロップスの購入方法 今回紹介したエリクシノールのナチュラルドロップスはのオンラインショップで購入できます。 また実店舗でも購入できます。 エリクシノールのCBD製品は関東から九州まで全国33の店舗で取り扱っています。 どの店舗で取り扱っているかはで確認してください。 オススメのCBD製品 CBDMAX(シービーディーマックス).

次の