あき おじ。 PKPD

虐待おじさんとは (ギャクタイオジサンとは) [単語記事]

あき おじ

シマノマインドスイッチに、こんな記事があった。 正にその通りだと思う!!自転車に乗ると気持ちいい本当の理由。 暮らしの質を高める自転車。 感性工学の視点から自転車の気持ち良さの秘密について迫ります。 自転車運動とウォーキングの気持ち良さの比較データや自転車が"暮らしの質を高める理由"もお届けします。 自転車はどうして気持ちがいいの?感性工学による快適性、安全性を追究した自動車開発に従事された、中京大学の井口弘和教授にお話を伺いました。 自転車は五感刺激が多い自転車運動は坂道を下ったときのスピード感、視界の変化、重力の変化が特徴的です。 景色の移ろいを目で、耳でしっかり捉えることができます。 視界が流れていくあの体験はウォーキングにはありませんし、エンジン音が響くオートバイやクルマでは鳥のさえずりや虫の声まで聞き取ることは難しい... 自転車に乗ると気持ちいい本当の理由 午前中は何時降って来るか分からない空模様だった。 午後は晴れるらしいけれど・・・昼食を済ませ、13時少し前にチョットそこまで行ってみます。 お寺の境内に咲く「紫陽花」も綺麗です。 もう「ひまわり」の季節・・・明るくなって来たから出掛けたのに、また降って来るのかな?真っ暗となった。 「航空記念公園」に来ました。 「日本庭園」に行ってみます。 今は「紫陽花」ですね。 では退散します。 降って来そうもないので「川越八幡宮」の「紫陽花」でも観に行こうかな?県道6号線(川越所沢線)に出て、走って行く。 怪しい天気なので、ココで帰路に向かいます。 そこは「30円ドーナツ」があった交差点、久々に寄って買って行こう!!お店に行くと、看板の名前が消えてるし、閉まっています。 (2016. 25)間違いなく同じ建物です... 「航空記念公園」の紫陽花 夏の日差しです。 顔から腕からしっかりカバーして八ツ面山に向いました。 夏鳥探して女山の公園を一回りし、次いで中腹のジョギングコースも一回り。 折角、ウンウン登ったのに、この間、見たのはお馴染みのホオジロ1羽。 夏鳥は難しい。 そこからの下りの勢いで古川緑地まで走ったが、結局ボウズ。 考えてみれば、冬鳥の追っかけほど夏鳥は追っかけてない。 女山への日参はジジには堪えるが、暫く、八ツ面山方面の回数を増やしてみよう。 帰り道、アオサギがドジョウゲットしたところをパチリ。 走行データD:26. 30T:1. 52A:15. 2M:34. 0O:107347. 68久し振りの山登りです。 ウンウン言いながらジグザグ走行でペダルを漕ぎました。 女山周りを一回り。 夏鳥を探したが、お馴染みのホオジロが1羽。 次いで、中腹のジョギングコースも一回り。 久し振りに八ツ面山登り 朝の天気予報では1日中曇り。 夜に雨が降るかもしれない、とのこと。 暑くならないのでちょうどいい。 多摩サイライドに出かけます。 ただし体調が悪い。 頭がスッキリしない。 多摩サイ雲は厚い。 でも涼しくて良いです。 二子橋を過ぎると霧雨が。 体が冷えて熱中症対策にもなるから、いいじゃん。 と思って走ります。 しばらくすると本降りに。 結構濡れます。 朝の天気予報で雨降らないって言ってたじゃん。 天気予報、当たんないなあ。 雨で空がもやっとしています。 なかなか雨があがりません。 仕方ないので、そのまま走り続けます。 雨もあり多摩サイは人が少ない。 10時を過ぎてやっと雨がやみました。 気温はあがりませんね。 雨でもいつものルートを完走。 平均時速は20km/hとめちゃ遅いですが、ジジイとしてはこんなもんでしょう。 雨降らないって言ってたじゃん。 想定外の雨中ライド 今日も不安定な空模様です。 雨は夜らしいけれど・・9時半頃にチョットそこまで行ってみます。 矢張り向かうは北方面、行きやすいから(笑)走っていると、小雨が降って来たが、直ぐに止んだ。 そして、着いた所は富士見市の「難波田城公園」です。 例の「古代蓮」である「行田蓮」は咲いているかチェックします。 咲いています!!今年は傍まで行けない・・・今年は、早朝開園も中止の様です。 次に向います。 何時もの田圃の中を抜けて行きます。 そして、ココも何時もの「伊佐沼」です。 ここの「大賀蓮」が全く咲く気配が感じられません。 川越市街地に向かいます。 一番街に来ましたが、観光客はまだまだ戻って来ていません。 寄り道せずに、目的地に向かいます。 着いた所は「川越八幡宮」です。 お目当ての「紫陽花」は見頃は過ぎていましたが、何とか観られるものを撮ります。 川越八幡宮の紫陽花.

次の

Aki: EIKI Corporation: Creampie,おじさんといっしょ,あき: feed.partizan.com

あき おじ

詳細は「」を参照 を受けて、度第2次では、海上保安体制の強化のため過去最大となる674億円が盛り込まれた。 そしてこのとき、尖閣領海警備体制の強化と大規模事案の同時発生に対応できる体制の整備を目的として、「あきつしま」に準じた設計のヘリコプター搭載型巡視船2隻が建造されることになった。 これが「れいめい」と「しゅんこう」である。 「」は、公称総トン数は「あきつしま」と同じく約6,500トンとされており、ヘリコプターも2機搭載可能ではあるが、定数としては1機搭載型として運用される。 同型船として、度予算で「あかつき」が、また同年度補正予算でも更に1隻が建造されている。 「しゅんこう」は、公称総トン数は約6,000トンに圧縮されているが、ヘリコプターの搭載定数は当初から2機として運用される。 同型船として、度補正予算で2隻が建造されている。 脚注 [ ] []• 40-42. 会計検査院 2020. 257-258. 会計検査院 2019年11月8日. 2020年4月15日閲覧。 海上自衛隊幹部学校• 参考文献 [ ]• 石橋, 幹夫「見直されるPLH勢力 海上警察権と海上保安庁 特集 海上保安庁 -- 海上保安庁のヘリコプター搭載型巡視船 」『』第762号、、2012年7月、 128-133頁、。 海上保安庁装備技術部「これから登場する新型船 特集 海上保安庁 : 創設70周年 」『世界の艦船』第881号、海人社、2018年7月、 152-155頁、。 海人社, 編纂. 「海上保安庁の新型船艇」『世界の艦船』第800号、海人社、2014年7月、 144-147頁、。 海人社, 編纂. 「警備救難業務用船 海上保安庁船艇の全容 」『世界の艦船』第881号、海人社、2018年7月、 39-90頁、。 海人社, 編纂. 「海上保安庁の大型船4隻 相次いで進水! 」『世界の艦船』第901号、海人社、2019年6月、 61-65頁、。 海人社, 編纂. 「海上自衛隊・海上保安庁 艦船の動向」『世界の艦船』第927号、海人社、2020年7月、 141-147頁。 邉見, 正和「PLH建造の経緯 特集2 海上保安庁のPLH 」『世界の艦船』第590号、海人社、2001年12月、 141-145頁、。 関連項目 [ ]• - (日本最大の公的機関の船 (JAMSTEC)の地球深部探査船)• (で最大の) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (2004年版海上保安リポート資料編)•

次の

【アニソン2on2ダンスバトル】あきばっか~のvol.6 BEST8第二試合 ネス&イト vs syu

あき おじ

おじさんのこと、ぎゅってして、離さないんだから その2• 「あき君。 昨日、お休みだったよね? カゼだったの?」 クラスメートの沙来(さら)君が、学校の長休みの時間に、そう聞いてきた。 「うぅん。 ・・・・・・でも、今日、お休み何人かいるよね? 結宇(ゆう)君とみぃ君、どうしたんだろう?」 「あっ。 あの二人!? 時々、夜更かししちゃうみたいだよね」 慌てたふうに、あわあわとする沙来君に、ぼく、首を傾げちゃったよ。 沙来君は、ハンカチで汗を拭うと、 「じゃあ、あき君はカゼじゃないんだね。 よかった」 って、ふんわりとした笑みを浮かべてくれた。 沙来君って、ホント、ふわふわした雰囲気のかわいらしい子なんだ。 ぼく、沙来君のこと、大好きだよ。 ぼくは、沙来君に、昨日あったことを、ちょっと自慢したくなっちゃった。 「うん。 実はね・・・・・・。 ぼく、トラックに乗ってたんだぁ」 「えぇ!?」 「カッコいいトラックに、ぼく、勝手に乗り込んじゃったの。 そしたらうっかり眠っちゃってて・・・・・・」 「運転手さん、どうして起こしてくれなかったのかなぁ? それに、あき君、怒られたでしょう?」 「うぅん。 ぼくたち、とっても仲良しになったの。 おじさんね、ぼくの心を、あったかくしてくれたり、 すっぱいおにぎりを甘くしてくれたりもしてくれたんだよ?」 「へー???」 今度は沙来君が首を傾げてたよ。 「でも、よかったね。 ステキなおじさんと出会えて」 「うん! でもね。 おじさん、ぼくに相談もせずに、パパに訴えられるって決めつけて、覚悟はしてるからって、行ってしまったんだ」 ぼく、それを考えると、泣きたくなるよ。 「え??? なんで、あき君のお父さん、そのおじさんを訴えるの?」 「うーん・・・・・・。 ぼくも分かんないの。 おじさん、ぼくのこと、好き好きってしてくれたんだけど、 それ、パパには許しがたいことらしいよ?」 「ちょ、ちょっと、あき君! しー、だよっ。 みんなに聞かれちゃう。 こっちでお話しよっ」 沙来君は、ぼくをぐいぐいと引っ張っていった。 誰も来ない理科室。 骨格標本の隣で、沙来君ったら、話を始めだしたんだ。 「えっと、好き好きって、どういうこと? 詳しく聞かせて?」 「えっとね・・・・・・」 ぼく、いくら友達だからって、沙来君にお話するのは、はずかしいんだけど・・・・・・。 だって、おしっこのお話なんだもん。 だから、ぼくは、骨格標本の顔を見て、もじもじとした。 「あき君。 ぼくね、あき君のこと、心配なの。 あき君は、そのおじさんのこと、どう思っているの?」 「沙来君。 ぼくのこと心配してくれるの?」 「うん。 実はね、ぼくも、最近、好きになったお兄さんがいるんだ。 そのお兄さん、ナオさんって言うんだけどね、 ナオさんも、あき君のおじさんと同じようなこと言ってたの」 「同じようなこと?」 「うん。 自分はぼくにはふさわしくないって、犯罪者なんだって」 「えぇ? 何か悪いこと、したの?」 「してないよ。 ぼくのこと、好きになっただけなの。 そのために、ちょっといきすぎたことをしたんだけど、 ぼく、ナオさんのそういったところ、全部許せるし、 ナオさんのこと、ぼく、大好きなんだ」 「・・・・・・」 ぼく、ふだん、ふんわりとしたところのある沙来君が、 しっかりと自分の意見を口にしたことに、感動しちゃったんだ。 「ナオさんに、恋してるの?」 「うん。 ぼくたち、おつきあいしているの」 「・・・・・・いいなぁ。 ぼくも、おじさんに会いたい。 会って、いっぱいぎゅうってしてもらいたい。 好き好きってしてもらいたいな」 ぼく、ぽろぽろぽろりんって、涙をこぼした。 「大人の人って、どうしてぼくたちのこと、無理してあきらめようとするのかなぁ?」 沙来君が、切なそうにそう言った。 「あき君が、そのおじさんのこと大好きなら、あき君だけは諦めないでいてあげてね」 「・・・・・・うん」 「そのおじさん、どこの人か分かってるの?」 「分からない」 沙来君は、もどかしそうに、何でもいいから覚えていることを話してって言ってきた。 ぼくは、勝手にトラックに乗った時の、場所を口にした。 「そこだよ! 聞き込みをしよう!」 一緒に行ってあげるって言われて、ぼく、うんって頷いた。 沙来君、なぜか「段ボール持っていってあげる」って言ってくれたけれど、 別にいらないんじゃないかなぁ?•

次の