あの花 5話。 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

あの花 第5話 ゆきあつマジイケメン: マリブクラブ

あの花 5話

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 そのめんまの願い 事がきっかけとなり、それぞれの領域でそれぞれの生活を送っていた幼馴染達は再びかつてのように集まりはじめる。 OP「青い栞」Galileo Galilei ガリレオ・ガリレイ ED「secret base~君がくれたもの~ 10 years after Ver. 」本間芽衣子,安城鳴子,鶴見知利子 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-15• 2020-07-15• 2020-07-15• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-13• 2020-07-13• 2020-07-13• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-10• 2020-07-10• 2020-07-10• 2020-07-09• 2020-07-09• 2020-07-09• 2020-07-09• 2020-07-09.

次の

「あの花」観てるんだが悲しすぎるだろこの話……: GOSSIP速報

あの花 5話

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 見てみたらちょーよかった。 ということで読書感想文的なー? 話自体は難解とか複雑っていうことはなく、シンプルなもの。 ストレートな友情ものだ。 テーマも設定もシンプル。 テーマがシンプルということは、結局言いたいこととか昔から繰り返し取りざたされているので、「なにを言いたいのか」で勝負するのは難しい。 そうすると、どのように表現するか、という話になってくるんだけども、そこに設定が絡んでくる。 そこに複雑な設定を持ち込めば、設定自体のおもしろさで魅せるという方法をとることができるが、この作品の場合はそうじゃない。 ストレートにテーマの部分で「ええ話やなー」と思わせるものだ。 それは難しい。 シンプルなテーマということは、その結論には意外性はない。 そして、それをいかに表現するか、であるのだから、その手段はいろいろあった方がやりやすいからだ。 なんだけどまあ割と真っ正面からやられた感。 まあシンプルなテーマでシンプルな設定だからストレートになるのは自然なんだけど。 そういうのの良さを再認識させられた感かなー。 でまあ、テーマも設定もシンプルだから考察するほど謎がおおい話じゃなかったんだけども、解釈が難しいところがあるのもまた事実。 とりあえず、みんながはまるっていうかおそらく作り手側が意図的に答えをぼやかしている部分はともかくとして、個人的にはまったところ。 それはめんまの願いについて。 めんまは何か願いを叶えてほしくてじんたんの前に現れたという。 そしてその願いは、「みんな」じゃないとかなえられないという。 そして、めんまの願いは最終話で明かされる。 それは「じんたんを泣かす」こと。 より正確に言うなら、「じんたんに、我慢をせずに涙を流してほしい、というじんたんの母親の想いをかなえる」ということ。 そしてそれはじんたんのことを想ってのことであったこと。 ここではまった。 「じんたんを泣かすことってみんなじゃなきゃかなえられないことなの?」と。 というのは、作中では、「めんまがじんたんを泣かすシーン」は8話に描写されている。 まあ最終話でもあるけどその時点ではすでに願いは叶っている。 そしてこれは「めんま」が泣かしたといえるし、「みんな」が泣かしたわけではないように思える。 そして、おそらくこのときのじんたんの涙でめんまの願いは叶えられたものと思われる。 9話には前兆とおぼしき描写、手と手を合わせたシーンや河原で足下を映すシーンの「違和感」のある描写、めんまの体に起きはじめていた「違和感」を現す描写がなされているし、10話の最初の仏壇に手を合わせるシーンではより明確に描写されている。 花火が上がる前に、もう少し待って、とも言っている。 つまり、8話の後でちゃんと成仏が始まっている。 従って、めんまの願いはめんま一人でかなえることができたわけで、みんなじゃなきゃかなえられなかったわけではなかった。 ということで一人もんもんとはまっていたわけだけども、答えは至極単純だった。 めんまは、その願いはみんなじゃなきゃかなえられないと「思っていた」だけだった。 実際にそうかどうかはともかくとしてだ。 めんまが「あの日」、じんたんに内緒でみんなを集めようとしたのは、どうしたらじんたんを泣かすことができるのか相談するためだった。 めんまは、自分一人でその願いを叶えられるとは思っていなかったから、みんなと相談しようとした。 そして、そう思っていたから、一話で「みんな」じゃなきゃかなえられない願いだと言ったわけだ。 まあ、これは普通に最終話だけでわかるんだけど、なーんかはまってしまった。 実際の結果と言ってることが違ったのが、単なる思いこみっていうシンプルな結論になかなか至れなかった。 っていうか結構物語で提示されている条件が、単なる思いこみでしたっていうことは割とないきがする。 なもんで、なかなか思いつけなかったわけだ。 そして、みんながその意味を考えるであろうところ。 俺たちは 大人になっていく どんどん通り過ぎる季節に 道端に咲く花も移り変わっていく あの季節に咲いた花は なんて名前だったんだろう 小さく揺れて 触れればちくりと痛くて 鼻を近づければ わずかに青い 日向の香りがした 次第に あの香りは薄れていく 俺たちは 大人になっていく だけど あの花は きっとどこかに咲き続けてる そうだ 俺たちは いつまでも あの花の願いを 叶え続けていく この文の解釈。 まず、「俺たち」とは超平和バスターズの面々であることは間違いない。 でまあ、こっから先は逆に言えば、なんも決まっていない気がする。 決まっていないっていうのは、解釈は自由ってこと。 そういうわけで個人的解釈。 俺たちは大人になっていく どんどん時は過ぎていき、周りの様子も移り変わっていく あのときのめんまとの出来事はなんと言えばよかったのだろう 思い返せば心は小さく揺れ、少し寂しくて わずかに若さを感じ、ぽかぽかとする、そういう思い出 次第にその記憶も色あせていく 俺たちは大人になっていく だけど、めんまとの思い出はきっといつまでも心の中にあり続ける そうだ、俺たちはいつまでも、 「超平和バスターズはずっとなかよし」でいつづける こんな感じかなー。 正直後半の方が解釈は自信がある。 最後に2chから拾ってきたおまけ。 投稿ナビゲーション.

次の

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

あの花 5話

「あの花」と略して言うことが多いですが、タイトルも 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 」とかなり覚えづらいです。 でした。 超平和バスターズが再集結 超平和バスターズは集まることが多くなり、秘密基地の 「超平和バスターズ」の言葉は 「超平和バスターズはずっとなかよし」に変更されていました。 めんまは、天国のような白い背景のところで1人 「次は何に生まれ変わろうか」模索していました。 最後に、じんたんが花について振り返るセリフがあります。 一話と最終話の対比。 牛乳瓶に飾られた6輪の花と、秘密基地に刻まれた「超平和バスターズ」の文字。 以上から、タイトルの意味を考察していきます。 ピンク色の花もあります。 直訳としては、 「過去のことを思い起こしながら、その懐かしさを愛すること」です。 ワスレナグサの花言葉は「真実の愛」「私を忘れないで」。 「時代は変わりゆくも、この愛する気持ちや、絆・友情は永遠のもの」という意味です。 」 を「あの花」って勘違いしてる人いると思うけど。 正確には画像の矢印のように斜め読みで「あのはな」が正解だから。 薄く〇されてるのはそれを意味してるんです。 タイトルの 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 」ですが、分解して見ていきます。 「あの日」「見た花の名前」「僕達はまだ知らない」の3つに分けます。 めんまにとっても、超平和バスターズにとっても忘れることのできない日となりました。 「見た花の名前」 それは、めんまが転落した崖にヒントがありました。 「勿忘草」です。 そのことを、今もずっと引きずっていて 「あの日」のこと忘れることができませんでした。 その印象は強く残っており、周辺に咲く 「勿忘草」の記憶も覚えているほどでした。 その後、ぽっぽはこの気持ちを忘れないために 「勿忘草」を肌身離さず持つようになります。 まだ知らないとは、 (幼すぎて)まだ知らなかった。 (精神年齢が低すぎて)まだ分からなかった。 という意味です。 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 以上から、 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 」を直訳していきます。 「勿忘草」の花言葉は、 「私を忘れないで」「真実の愛」「真実の友情」 でした。 自分が死んだせいで、自分が大好きな超平和バスターズのみんなが仲が悪くなっていることに悲しくなっていたのです。 ここで、 「勿忘草」の登場です。 「勿忘草 めんま 」はどこかに 咲き続けている 生まれ変わっている いつまでも 「勿忘草 めんま 」の 願い 私を忘れないで、みんなのことが大好きだから、みんなずっと仲良くしてね を叶え続けていく その願いを守れるぐらい俺達は 大人へと成長していく 以上のように、直訳できます。 さまざまな考察があるかと思いますが、個人的にはこの考え方が1番まとまりが良かったです。 略称は斜め読みが正しい認識 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 」の略称は 「あの花」と思っていました。 の略し方は【あのはな】 【あの花】じゃないの? と何度かツイート見ましたが、斜め読みなんですよね。 斜め読みだから【あのはな】だから、漢字ではないの。 パチンコ・スロットの 全国導入は明日からです。 僕の諭吉がかくれんぼしません様に。 — 日直島田【優等生台みーつけた】 courage05x2 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 」が意味する内容について考察してきました。 「ハルジオン」や 「勿忘草」など登場する花にもヒントが隠されていました。 ぜひ、みなさんも 「あの花」をご覧ください! すばらしい解釈をありがとうございます! たまたま、昨日、「あの花」を見直して、 涙腺が崩壊して(笑) 今日も仕事が手につかず、タイトルについて考えていて、 検索してみて、このサイトにたどりつきました。 漠然と、勿忘草でめんまの「自分のことを忘れないで」という 気持ちを花で代弁させていると思っていましたが、この解釈を見て すべてしっくりしました。 ありがとうございます! あのめんまが書き残したメッセージや、最初のページに伏線があったんですね、ようやくすっきり、めんまが去って行った日の秋晴れの空のような気持ちになれました。 あらためて、良い作品だと思いました。 今、「鬼滅の刃」にハマっている六歳の甥っ子がもう少し大きくなったら、夏休みに「あの花」を見せてやりたいと思います。

次の