ぱぴぷ速報 フジテレビ。 【悲報】フジテレビさん、ガチのマジで逝きそう: GOSSIP速報

フジテレビ、「テラスハウス」で撮影方針従わせる誓約書 定例記者会見で明らかに

ぱぴぷ速報 フジテレビ

フジテレビと産経新聞社は19日、両社による合同世論調査で、調査業務の委託先業者が実際には電話していない架空の回答を計上する不正があったと発表した。 不正は2019年5月から20年5月までの世論調査計14回で行われ、両社はこの調査結果に基づく放送と記事を全て取り消し、世論調査を当面休止するとした。 発表によると、不正があったのは内閣支持率や支持政党などを問う世論調査。 両社は19年5月から、無作為に選んだ電話番号約1000件への調査業務を調査会社「アダムスコミュニケーション」(東京都)に委託していたが、同社は業務の半分を無断で「日本テレネット」(京都市)に再委託していた。 日本テレネットは実際には電話していないにもかかわらず、架空の回答を計上していた。 不正は各回100件以上、14回で計約2500件に上り、日本テレネットの現場責任者は「電話オペレーターを確保するのが難しかった。 利益を上げるために行った」と話しているという。 調査結果には回答者の電話番号が記されていなかったため、フジ、産経両社は不正に気づくことができなかったという。 12日に不正が発覚したが、フジテレビの広報担当者は「発覚の経緯はお答えしていない」としている。 フジテレビは「不正データをチェックできず、誤った情報を放送した責任を痛感している」、産経新聞社も「報道機関の重要な役割である世論調査の報道で、誤った情報を届けたことを深くおわびする」とコメントした…(以下有料版で、残り478文字) 毎日新聞 2020年6月19日 19時50分 最終更新 6月19日 19時50分 以下ネットの反応.

次の

【悲報】フジテレビさん、ガチのマジで逝きそう: GOSSIP速報

ぱぴぷ速報 フジテレビ

当該のシーンは、7日に放送された第5回放送分で、主演の前田敦子(20)演じる 主人公が、寮で洗濯をする際、三浦翔平(23)演じる男子高生と会話をする場面。 前田が着ている黄色いTシャツの背中部分に「LITTLE BOY」、表に 「FOOL ON THE HILL FRIENDS」と記されていたことから、放送直後から ネットで一部の視聴者から「この文言は『愚か者どもに原爆を』とも解釈出来る」 などの声が上がっていた。 ・同社広報部は「リトルボーイに広島原爆の意味もあるとは気がつかず、スタッフが Tシャツを用意した。 今後は気をつけたい」としている。 (抜粋) ・広島県は10日、7日放送のドラマで、主役の前田敦子さん(20)が着ていたTシャツに 「LITTLE BOY(リトルボーイ)」の文字が書かれていたとして、「広島に投下された 原爆の通称名でもあり、今後配慮してほしい」とフジテレビに申し入れた。 7日が広島原爆忌の翌日だったこともあり、同県には「不謹慎だ」とするメールや 電話などが約130件、広島市にも約150件あった。 >8月7日放送当日の『イケパラ2011』ひとコマ。 事実として、確かに「太った男」 FAT MAN が「9」の大きなロゴ入りTシャツを着ている映像が流れたのは間違い無い。 おやおや、広島だけじゃ済まない方向へと。 もう問題は一般教養・義務教育で習う習わないの話じゃなくなった。 TV局は放送前に厳しくチェックしてると思うけどリトルボーイの意味を知らないなんてこと本当なのかな? ファットマンまで出てきてこれはもう確信的にあえてやったと思う?皆はこんなフジのことどう思うかな? >TV局は放送前に厳しくチェックしてると思うけどリトルボーイの意味を知らないなんてこと本当なのかな? >ファットマンまで出てきてこれはもう確信的にあえてやったと思う? ファットマンはあれですが、リトルボーイは有名ですね。 私の周りでも知人友人大概知ってます。 親が子供に買い与えたり、小学校の図書館や教室によくある様な歴史漫画にも載ってるものがありますし、道徳系の授業や社会科の授業でも触れる機会はありますので知ってる子は小学生でも知ってる事だと思います。 以降の学年でも、歴史の近代史の授業や現代社会の授業等で出てき得る内容です。 8月になれば原爆関係のドキュメンタリーやその他の放送が多くなりますし、新聞でも目にする機会は多いと思いますね。 ただ、放送に携わるメンバーで知ってる人が一切いないというのは考えにくいですし、万が一本当に知ってるスタッフが全くいないとしても、放送に関わる人間がそれではちょっとなあという感じですね。 >皆はこんなフジのことどう思うかな? 多少の苦情にも関わらず某健康詐欺番組をゴールデンタイムで何年も流し続けてた放送局なので、レベル的、モラル的にはこんなもんなんでしょうね。 金になりゃ良いを地で行ってる感はありますので、今回のも案外炎上パフォーマンス的なものなのかもしれないなとか思わないでもないです。

次の

緊急地震速報とは

ぱぴぷ速報 フジテレビ

緊急地震速報は、地震が発生した際に震源に近い地震計で揺れ(初期微動)をキャッチして、これから来る強い揺れ(主要動)を気象庁が瞬時に予測、警戒を呼びかけるものです。 地震には、最初に来る小さな揺れのP波(初期微動)と、後から来る大きな揺れのS波(主要動)があり、地震による被害はほとんどの場合、S波によってもたらされます。 P波は伝わる速度が速く、S波は伝わる速度が遅いため、この時間差を利用したのが緊急地震速報です。 震源に近い地震計でP波をキャッチし、気象庁が瞬時に地震の規模や震源地を予測、強い揺れ(S波)を推定します。 S波が遠くへ伝わる前に気象庁が発表します。 このため、猶予時間は短く、緊急地震速報が発表されてから強い揺れが来るまでの時間は、数秒から長くても数十秒しかありません。 このわずかな時間を有効に利用するためには、緊急地震速報を受け取った時の行動について普段から考えておくことが重要です。 あわてて急ブレーキを踏むと追突事故を起こすことが懸念されます。 また、人が多く集まる施設などでは、あわてて出口などに走り、人が殺到するとパニックや将棋倒しになるなど情報による混乱や二次被害を起こしかねません。 適切な行動を取って頂くために気象庁は「利用の心得」を作成しています。 緊急地震速報「利用の心得」 周囲の状況に応じて、 あわてずに、 まず身の安全を確保する! 気象庁作成「利用の心得」より 緊急地震速報は見聞きしてから、強い揺れが来るまでの時間が数秒から数十秒しかありません。 その短い間に身を守るための行動をとる必要があります。 家庭では ・頭を保護し丈夫な机の下などに隠れる ・あわてて外へ飛び出さない ・無理して火を消そうとしない 人がおおぜいいる施設では ・係員の指示に従う ・落ちついて行動 ・あわてて出口に走り出さない 自動車運転中は ・あわててスピードをおとさない ・ハザードランプを点灯し、まわりの車に注意を促す ・急ブレーキはかけず、緩やかに速度をおとす ・大きな揺れを感じたら、道路の左側に停止 屋外(街)では ・ブロック塀の倒壊等に注意 ・看板や割れたガラスの落下に注意 ・丈夫なビルのそばであればビルの中に避難 鉄道・バス乗車中は ・つり革、手すりにしっかりつかまる エレベーターでは ・最寄りの階で停止させすぐに降りる 山やがけ付近では ・落石やがけ崩れに注意.

次の