ポケモン ダイパ リメイク。 リメイク

ポケモン ダイパリメイク、6月24日の大きなプロジェクトの発表で期待される

ポケモン ダイパ リメイク

リメイク作品の一覧 本編 2020年現在、ポケモンシリーズ本編では四つのリメイク作品が発売されている。 (、2004年発売) 1996年に発売された()のリメイク作品。 旧作から8年後の発売。 (、2009年発売) 1999年に発売された()のリメイク作品。 旧作から10年後の発売。 (、2014年発売) 2002年に発売された()のリメイク作品。 旧作から12年後の発売。 (、2018年発売) 1998年に発売された()のリメイク作品。 旧作から20年後の発売。 その他 (2019年公開) 1998年に公開されたのリメイク作品。 (、2020年発売) 2005年に発売されたのリメイク作品。 旧作から15年後の発売。 主なリメイク点 グラフィック、BGMの改良 スペックの高い最新のプラットホームを用いる利点を生かす意味でも行われる。 イベントの拡充 旧作品を忠実に再現するのがリメイク作品での基本と言えるが、旧作品とリメイク作品が発売する間に取り入れられた新要素(など)が、リメイク作品に盛り込まれる場合が多い(特にシナリオに直接関係しないイベントにおいてみられる)。 追加ストーリー のように、スペックが上がったことで旧作品にはなかった新たなストーリーが、シナリオクリア後に追加される場合が多い。 リメイク作品の発売は、旧作の発表から年月が経ることでプレイヤーの世代がかわることで、「旧作品を遊んでみたいが、現行ゲーム機では不可能」という、若年層のプレイヤーや、「昔遊んだ作品を最新のゲーム機で久々にプレイしてみたい」というオールドファンの要望に応えるといった効果を狙ったものが多い。 では、「に登場しなかったやのポケモンが入手できる」といううたい文句がある。 では、GBA版以降入手困難であった、、、、、、、及びその進化系などのジョウト地方のポケモンが入手しやすくなった。 また新要素(、など)が大量に追加され、シリーズ屈指のやりこみ要素を搭載している。 では、で入手するために2回の転送が必要であったホウエン地方のポケモンを多く捕まえられるようになった。 また、から始めたプレイヤーの為に、オメガルビー・アルファサファイア単体でのほとんどを捕まえられるようになった。 は、Joy-Conやを利用したテレビでのプレイや、野生ポケモンへボールを投げられる、という機能がついている。 前者3作品と比較すると、こちらは新規ユーザーの獲得が目的になっている点で、他のリメイクと異なるといえる。 ポケットモンスター金・銀のリメイクについて 2009年5月8日、のリメイク作品にあたるの発売が正式に発表された。 発表される前世間、「としてのリメイクがで発売されるのでは? 」という憶測が、当時しばしば見られ、それを取り扱っているサイトまで存在した。 また、ファイアレッド・リーフグリーン以上に憶測が飛び交っていた。 こうした現象が見られたのは、以下の理由によるものと思われる。 として1999年に発売されたは、発売の正式発表まで、2009年当時の現行のゲーム機()と唯一互換性のない作品となっており、プレイしていない若年層プレイヤーが多い。 がそのオリジナル作品が発売されてからにかかった8年の歳月に、の場合は発売から10年の歳月がかかっていた。 特に最初に選択する、、、また正規入手するために据え置き機を買わなければならない、での100連勝が非常に困難なのように、に登場したジョウト地方のポケモンの入手が困難であったこと。 結果的に見れば、開発・発売と同時に、も開発段階にあったと考えられること。 例えば、での草むらを逃げ回る伝説のポケモンが、据え置き機でまたはのストーリー上いずれか1匹(しかも低)しか入手できない・・ではなく、で1回のストーリーで全て入手できる・・であったこと(ライコウ・エンテイ・スイクンをプラチナで出現させていれば、その時点で金・銀のリメイクが発売される可能性が低くなっていた。 では、を伏線とするシーンが現れること。 冒頭のに関するテレビシーン。 の海岸にののが登場すること。 リッシ湖に行く途中の民家にいる住人が「ジョウト地方にある を知っているか? そこにいる虹色 銀色 のポケモンを見てみたい」と発言 ではこれに加えてのの踊りを見てみたいと言う内容の話をする。 では、のにあるでの戦いにおいて、のが「の息子は髪が赤い」と発言。 金・銀のライバルは髪の毛が赤であり「金銀のライバル=サカキの息子」であるという説が有力視されている。 また、ロケット団の幹部は「いつか必ずロケット団を再興する」という趣旨の発言をしている。 進化形の少なかったジョウト地方のポケモンの、進化前(、など)や進化後(、、など)がで多数登場したこと。 ポケモンの出身地に関するプロフィール欄で「ジョウトちほうからやってきた」というデータが存在すること。 のは、ジョウト地方から引っ越してきた。 において、らコーディネーターがに渡ったように、再度ジョウト地方を舞台にしたストーリーの展開が予想されること。 にやジョウト地方の チコリータ・ヒノアラシ・ワニノコ が登場すること。 海外版では、のリメイク作品をGBA版(ファイアレッド)をベースにして個人的に製作している者もおり(当然ながら非公式作品)、それを取り扱うサイトも存在する。 「金銀のリメイク」を心待ちにしているプレイヤーが世界中にみられる象徴といえた。 「ハートゴールド・ソウルシルバー」が発売された後、そういったサイトは閉鎖などで減少していった。 外部リンク• 関連項目•

次の

ポケモン「ダイヤモンド・パール」リメイク、2018年登場か リメイクがさらに濃厚になる!

ポケモン ダイパ リメイク

6月24日に大きなプロジェクト 株式会社ポケモンは、予告通り、「ポケモン新作発表会 Pokemon Presents」というものを配信しました。 その内容は、上の動画で全て見ることが可能です。 「ポケモン新作発表会 Pokemon Presents」では、「ポケモンスマイル」という歯磨きアプリの配信、 「ポケモンカフェミックス」という、スマホ&ニンテンドースイッチゲームの配信予告、 ニンテンドースイッチ「」発売の予告が行われています。 また、「ポケモンGO フェスタ 2020」でビクティニが登場するということや、ポケモンGOにメガシンカが追加されること、ガラルカモネギが追加されたことが発表されています。 さらに、ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」のDLC配信が始まり、2020年6月18日(木)から、ゼラオラのマックスレイドバトルのイベントが実施されることも明らかにされています。 そして、「ポケモン新作発表会 Pokemon Presents」では、最後に、今回紹介できなかった「大きなプロジェクト」の発表を、2020年6月24日(水)に改めて行うと案内しています。 ポケモン ダイパリメイク期待される 2020年6月24日(水)に発表すると予告された「大きなプロジェクト」は、現時点では当然ながらその内容は秘密にされています。 ただ、「ポケモン ダイヤモンド パール」のリメイク作品の発表を期待する声が多くなっています。 リメイクはよとか— がく わんわんおーこく GakuMARu0422 ダイパリメイクの妹です。 しかし、実際にはその発表はなかったので、次の6月24日の「大きなプロジェクト」だと期待する声が再度出て来る形になっています。 ちなみに、ポケモン ダイパリメイクは、ポケモン本編シリーズの開発の順番から言えば、それほど遠くない未来に本当にやって来るはずです。 ただ、ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」のダウンロードコンテンツを配信した直後に発表することは、プロモーション的には通常ありえないので、6月24日の「大きなプロジェクト」が「ポケモン ダイパリメイクの発表」になっている可能性はかなり低いです。 6月24日の「大きなプロジェクト」については、「ポケモン新作発表会 Pokemon Presents」のときにも予想されていた、「」などの情報が公開される可能性の方が高いと思われます。 また、こちらも初公開から全然続報が出ていない、についての情報である可能性もあります。 「名探偵ピカチュウ」については、実写映画の続編&外伝が3本計画されているとも言われているので、それと合わせての発表ならば、「大きなプロジェクト」とも言えるでしょう。

次の

ダイパのリメイクは2020年!?ポケモンの歴史から発売年を考察!

ポケモン ダイパ リメイク

リメイクまでの期間予想:約14年 2006年から14年後となるとまさに今年2020年ですね。 過去の例からみるに期間的にはリメイクがきても全然不思議ではないのです。 リメイクの発表くるか? ポケモンダイレクト放送が決まってから「ついにダイパリメイクか?」とたくさんの声があがっています。 期間的にはちょうどいいかんじなんですけど、ポケモン作品でいえば最近 「ポケットモンスター ソード・シールド」が出たばかりです。 ポケットモンスター ソード・シールド通称「ポケモン剣盾」は2019年11月15日に発売されました。 ローンチは 2020年初旬 を予定している。 始動の時期がちょうど今の時期なんですよね。 なので発表があるとしたらまずはこちらのサービスに関するものではないかと思います。 個人的には「ダイパリメイク」はもう少し先なのでは?と予想しています。 新作出たばかりで新サービスが動く時期も近いので今回の「ポケモンダイレクト」でリメイク情報が発表されることは 期待しないほうがよさそうです。

次の